国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

プロレスで覚える「物事の転がし方」

0 件のコメント :
先程、サンフランシスコで開催されていた新日本プロレスの興行が終わりました。メインは、IWGPヘビー王座戦、ケニー・オメガvsコーディーの1戦。さらに、メイン後には今後の勢力図を大きく変える事件も起きたのです。
ま ずは、彼等の所属するBullet Clubというユニットの歴史を紐解きましょう。新日に所属していた外国人選手が結託し、プリンスディヴット、バッドラックファレ、タマトンガをオリジナ ルメンバーとなって、結成されました。当時の外国人選手はなかなかベルトに絡むような戦いに組み込まれず、自分達が強いということを主張として組まれまし た。
様々なネットワークを駆使し、その勢力を拡大する中でケニーもここに加わります。次第に頭角を表し、Bullet Clubのリーダーへと成り上がります。ケニーは同時にアメリカでも活動しており、親友であるヤングバックスとアメリカインディー団体で活躍していました。
一方、コーディーはプロレス史上に名を残す名レスラーダスティ=ローデスの息子として、WWEの選手として活動していましたが、自らの求めるレスリングをするため離脱。アメリカで他の団体に出始めると、ケニーやヤングバックスと遭遇し、結託するようになったのです。
し かし、究極のエリートであるコーディーは次第にリーダーであるケニーの存在が目障りに。事あるごとに衝突していた両者はBullet Club全体を巻き込んで、分断する事態に陥ります。ケニーは親友だったヤングバックスとも仲をこじらせてしまい、たった一人になってしまいました。
先月、オカダ・カズチカとの一騎打ちて悲願だったIWGPヘビー級王座を奪取したケニーの前には、なんとか仲直りをしたかったヤングバックスが現れ、これを祝福。コーディーも花道に姿を現したものの、何も声をかけずにバックステージへと消えていったのです。

という感じで、この一戦にいたるまでのストーリーを解説しましたが、この流れには今までプロレスではありえなかった手法でここまでの複雑なストーリーを紡いできました。
それは【Youtube】
ヤングバックスの二人は、常に自分達で動画撮影、編集、アップロードを手掛け、週に一本以上のペースで自分達や周りのレスラーに何が起きているのかを見せてきたのです。
これまで世界的にプロレスは、テレビが主体となった構造でした。週一、二回の放送があり、選手にSNSの活用を促してはきましたが、リングの上で起きていることを補足するまでには至らなかったのです。
そ こを、新日本プロレスで起きたいざこざをアメリカのプロレスのバックステージで話していたり、試合後のホテルで自らの行動を悔いたり、そのレスラー同士な ら起こりうるであろうリアリティのある動画をYoutubeで自ら出していくことでストーリー自体への期待を膨らませていきました。

試 合は、テーブルやラダーが飛び交う危険な試合となりましたが、ケニーが勝利。試合後には互いに握手をし、ついにこじれていた関係は雪解けしたかと思われた その時、Bullet Clubオリジナルメンバーであるタマトンガが実弟タンガロアや実父キングハクを連れて、ケニー達を襲撃したのです。
こ れに他のBullet Clubメンバーもバックステージから飛び出してきますが、タマトンガ達が全員蹴散らしてしまいます。一度、バックステージに戻ったコーディーが騒ぎを聞 きつけ痛めた左足を引きずりながらリングに戻ると、倒れたケニーの前に立ち、パイプ椅子を渡されます。またしてもケニーを裏切るのかと思われた瞬間、コー ディーはタマトンガの腹部に椅子を叩きつけました。タマトンガ達の離反というサプライズがありましたが、残されたコーディーは倒れ込んだケニーとハグを交 わし、ついに再び一つになったのでした。

もう一つのポイントがあります。プロレスには【サプライズ】がつきものです。かつての新日本プロレスならアントニオ猪木が白昼の新宿伊勢丹でタイガー・ジェット・シンに襲撃されるなど、常にメディアで取り上げられるようなサプライズを仕掛けてきました。
今ならSNSのトレンドに上がるかどうかというのも一つの指標になるかと思います。ですが、単発の炎上ではなく、きちんとこの次に何が起こるんだろうという期待のあるサプライズである必要があります。
昨今、話題に上がればいいという風潮を強く感じますし、得てしてそういう人はまるで自らがヒールであるかのように振る舞うのですが、果たしてそれで儲かっているのは誰でしょうか。
みなさんが今していることに、【サプライズ】はありますか?今していることに、ファンはいますか?その人たちに上手くSNSで伝わっていますか?

0 件のコメント :

コメントを投稿