投稿

6月, 2023の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:ナタリア、NXTへの移籍についてステップダウンとは思わないと明かす、自身のキャリアにおける重要な試合にNXTでのシャーロット・フレアーとの試合を上げる。

イメージ
  ナタリアはNXTに行くことに問題はありません。 この数週間、多くのWWEロウやスマックダウンのタレントがNXTに登場しており、その中にはブロン・ブレイカーでタイトルを防衛したWWE世界ヘビー級チャンピオンのセス・ロリンズも含まれていました。ナタリアはNXTにも精通しており、2022年5月にはNXTブランドでコーラ・ジェイドと競合しました。 WrestleBingeのBill Apterから、NXTへの再進出を受け入れるかどうかを尋ねられたナタリアは、 「NXTへの進出を提示されたことがあるたびに、それをステップダウンとは見ない。私のキャリアの中で最も重要な試合の一つは、トリプルHからNXTに行ってシャーロット・フレアーという新人と一緒に仕事をしないかと誘われた時でした。2014年のことで、本当に、サウジアラビアでのレイシー (エヴァンス) との試合以外にも、2014年にシャーロットと行った試合が私のレッスルマニアの瞬間でした。この試合は自分のキャリアの中で最も特別な試合で、リングで自分にできることを示すことができただけでなく、誰も本当に知らなかったか、まだ誰も信じていなかった真新しい女性を相手に「これが彼女の能力ですが、私の能力を見てください。 」と言うことができたからです。シャーロットとのこの試合は、今日でもブレット・ハート対ロディ・パイパー、ブレット・ハート対ミスター・パーフェクト、カート・アングル対レイ・ミステリオのように語り継がれている歴史に残る試合の一つでした。シャーロットとの試合はとても特別で、それはNXTで起こった。私は去年、コーラ・ジェイドと凄いライバル関係にありました。ショーンは私がコーラと格闘するために降りてくることを望んでいた。NXTに行けて光栄です。 「この1週間、メインイベントに出演していました。誰かに「あ、メインイベントに出てるけど、RAWに出たくない? 」と言われましたが、当社には自分が上だと感じる領域はありません。メインイベント、NXT、スマックダウン、どんなクォーターであれ、WWEは特別です。私にとっては、自分の中で再建の段階を経るだけです。今はリア (リプリー) と競争している気すらしない。実際に自分と競争していると感じています。自分が大丈夫であることを自分に証明しなければならない。この種の話をすることが重要なのは、多くの場合

WWE:肩の負傷で離脱していたリヴ・モーガンが劇的復帰!!MITBでWWE女子タッグ王座奪還へ向かう!!

イメージ
  5月12日に放送された『WWE・スマックダウン』でリヴ・モーガンが肩を負傷し、番組を休まざるを得なくなりました。この怪我により、彼女とラクエル・ロドリゲスはWWE女子タッグチームのタイトルを明け渡すことになりました。 モーガンは6月23日放送の『WWE・スマックダウン』でテレビに復帰し、ロドリゲスと再会して当時のWWE女子タッグ王者ロンダ・ラウジー&シェイナ・ベイズラーと対決しました。 5月の帰国前にトロント・サン紙のインタビューに応じたモーガンは、 「おそらくあと4週間は外出するだろう」 と語っていましたが、6月24日のライブイベントでリングに復帰しています。 モーガンは 「初めての怪我なので、最初のうちは間違いなく劇的だった。傷つくことに慣れていないし、休みを取ることにも慣れていませんが、一度行くと止まらないので、この休みに感謝しながら、持っている間は楽しむようにしています。」 モーガンはロドリゲスと組み、WWEマネー・イン・ザ・バンクでラウジー&バズラーと対戦します。 Fightful

AEW:AEW x NJPW Forbidden Doorのバックステージにクリス・ヒーローの姿??今後はAEWの裏方として参加か。

イメージ
  クリス・ヒーローはAEW x NJPW Forbidden Doorのバックステージにいましたクリス・ヒーローは、 「#ForbiddenDoorでちょっとしたコーチングをしているだけ」 というキャプション付きで、アナウンサーのクリス・チャールトンと一緒に写っている写真をソーシャルメディアに投稿しました。 Just doing a little coaching at the #ForbiddenDoor pic.twitter.com/b19LYU7JzS — Chris Hero (Is Back) (@ChrisHero) June 26, 2023 Fightful Selectは6月17日にヒーローに関する以下のレポートを公開しました。Fightful Selectが入手した情報によると、クリス・ヒーローは少なくともバックステージではオール・エリート・レスリングに参加する可能性があると見られています。今夜シカゴで行われるAEW Collisionデビュー戦の舞台裏で、同社と試験的に協力する予定だと聞いています。 ヒーローは引退したわけではなく、現在はウェスト・コースト・プロの仲人を務めていると以前語っていました。 Fightful

AEW:『ファイナル・カウントダウン』の使用は一回10億ドル??AEW x NJPW Forbidden Doorでのブライアン・ダニエルソンの入場はトニー・カーンのアイデアだったと明かされる。

イメージ
  トニー・カーンは、将来のある時点でファンが再びAEWで 「ファイナル・カウントダウン」 を聴くことができるかもしれないとからかいます。 6月25日、スペシャルドリームマッチでオカダ・カズチカと対戦したブライアン・ダニエルソンがAEW x NJPW Forbidden Doorのヘッドラインを飾りました。ヨーロッパの 「ファイナル・カウントダウン」 を楽曲として使用するダニエルソンの登場自体が特別な瞬間でした。この曲は『リング・オブ・オナー』での在職以来初めてクラシック曲を使用しました。 AEW x NJPW Forbidden Doorのポストショー・メディア・スクラムの最中、ダニエルソンはこの曲の使用について尋ねられたが、彼はその曲を要求すらしなかったと述べました。代わりに彼は、カーンがそのアイデアを思いついたと述べました。 「彼らは1回のプレイで10億ドルを要求しています (笑) 。正直言って、頼んでもいません。トニーがそのアイデアを思いついた。本当にかっこいいと思いました。出かける直前にちょっと腹が立って、『ファイナル・カウントダウン』の演奏が聞こえてきた。文字通り笑顔になりました。『Ring of Honor』で最後に披露して以来、この曲を聴いたことがないと思うのが当然だ」  スクラムの後半で、カーンはペイ・パー・ビューの 「ファイナル・カウントダウン」 を得るプロセスについて尋ねられた。彼はこの曲は高価な曲だと述べており、以前からこの曲に取り組んでいました。カーンは、レスラーの契約と同じくらい高額な1回限りの興行契約でしか手に入れることができなかったが、それだけの価値があると思ったと述べました。 「とても高価な曲だよ、ファイナル・カウントダウン。ペイ・パー・ビューに向けてしばらく取り組んでいたのは、素晴らしい瞬間であり、試合に特別なものを与えると信じていたからだ。ファイナル・カウントダウンといえばブライアンがいつも連想されるし、オカダ対ダニエルソンでみんなが欲しがっていたピースをみんなが欲しがっていたのは、このケーキの上に乗ったチェリーだと思ったんだ。ファイナル・カウントダウンには興奮しましたが、1つのショーの契約しかできなかったようなものでもありました。非常に高額な一夜限りのもので、レスラーの契約と同じくらい高額だったが、それだけの価値があり、ショー

AEW:ウィロー・ナイチンゲールがジュリアのNJPW STRONG女子王座への挑戦を受諾!!

イメージ
  ウィローは挑戦を受け入れます。 6月25日のSTARDOM SUNSHINE 2023で、ジュリアは海外に出てNJPW STRONGに出場したいと発言しました。また、現役NJPW STRONG女子チャンピオンのウィロー・ナイチンゲールと対戦したいとも語りました。 NJPW x AEW Forbidden Doorに続いて投稿されたビデオで、Willowは挑戦を受け入れました。 「Forbidden Doorの朝起きて、AEW世界女子選手権でトニ・ストームと対戦する準備をしていたが、Twitterにログインしてジュリアの発言を見たの。新日本STRONG女子チャンピオンになることは、私にとって非常に大切なことであり、心の底から大切なことだし、もちろん、最高の人たちに対してそれを守りたいと思ってる。私はここアメリカではよく知られていますが、日本の女子レスリング界について何か知っている人なら、ジュリアが誰なのか正確に知っています。だからジュリア、君の挑戦を聞いているよ、君とケンカして、日本のファンにウィロー・ナイチンゲールの本当の姿を見せられるのを楽しみにしているよ」  Fightful

Wrestling:カイリー・レイは2024年4月に復帰を予定、今年4月にイサイアス・ベラスケスとの間に子供が出来たことを発表

イメージ
カイリー・レイはすでに正方形のリングへの復帰を計画しています。 カイリーは4月、パートナーのイサイアス・ベラスケスとの間に子供が生まれることを発表しました。The Wrestling Perspective Podcastのデニス・ファレルは、妊娠後の彼女のキャリアについて、彼女のキャリアに関するゲームプランがあるかどうか、そしてそれは彼女が望む場所であるかどうかを考えているか、カイリーに尋ねました。 カイリーは 「妊娠に関して言えば、これも初めての出産です。だから、2ヶ月の回復期間を撮影していたのは、ちょっと世間知らずだったと思います。半年くらいだと聞いています」  7年のベテランである彼女は、今でも週に1回はトレーニングをしているといいます。 「まだレスリングをやりたいのはわかっている。私は今でも週に1回はトレーニングに行き、ウォーミングアップやできる訓練をしています。他の人とスポットやドリルをするとは限らないし、それは事故が起こりうるからだ;神は恐ろしいことが起こることを禁じている。私は自分のできることを絶対に制限していますし、腹がここまで出てくるとそれはもっと減るでしょうし、もう前に進むことはできません。私が一貫してトレーニングを信じているのは、何をしていても使わないと失うと思うからです。妊娠期間を通して、それが理にかなっているなら、あまり多くを失わないようにしています。私はそのセットドリフトにしがみついている。楽しみ、成長し、学び、努力し続けるだけでいいと思います。正しい間違いを言うのではなく、自分が犯した間違いから学びたい」 と語りました。 カイリーは1月にリングに復帰したいと考えているが、最近になって子供ができてから二か月では不可能であることを知り、2024年4月の復帰を希望している。 「未来は予測できない。何が起ころうと、私はまだレスリングを愛していることを知っているし、おそらくいつもそうするだろう。できる限り続けていきたいと思います。私は当初、1月にワーキングマッチに復帰したいと言っていたが、それは不可能だと聞いている。だから2024年4月に向けて調整しています。そしておそらく赤ちゃんはそこから何が起こるかに足を踏み入れるだろう」  「言っていいのかわからないけど、私はちょっと、責任とは言いたくないけど、助けが必要なときや圧倒されたときに手を差し伸

AEW:イギリスで開催予定のAll In2023が6万6500枚のチケットを売り上げ、2016年のレッスルマニア32以来の大記録に!?

イメージ
 AEW All Inはプロレス業界の記録を塗り替え続けています。 デイブ・メルツァーは最新のWrestling Observer Newsletterで、現在All Inは、ウェンブリー・スタジアムから始まる同社の最初の英国イベントのために約835万ドルのゲートで販売された66,500枚のチケットであると報告しました。その結果、プロレスイベントの有料入場者数としては、WWEがテキサス州ダラスのAT&Tスタジアムで開催した 「WrestleMania 32」 以来の記録となりました。 議論の余地があると言う人もいるかもしれませんが、2016年のWWEの発表によると、入場料1730万ドルで入場者数101,763人を記録し、1987年のレッスルマニアIIIの入場者数記録を更新しています。WWEは2022年にAT&Tスタジアムに戻ってWrestleMania 38を開催したが、これは二夜に渡るイベントとなりました。第一夜は77,899人、第二夜は78,453人を動員し、総入場者数は156,352人でした。 All Inは、AEWが2019年に設立されて以来、最も多くの人が参加したイベントになる予定です。それまでの最高観客動員数は2021年、ニューヨーク市のアーサー・アッシュ・スタジアムで開催された「AEWダイナマイト:グランドスラム 」での推定20,177人でした。そのエピソードでは、ブライアン・ダニエルソン対ケニー・オメガとブリット・ベイカー対ルビー・ソーホーが、その夏のいくつかのメジャー・デビューに続いて登場しました。 AEWの2番目に観客数が多かったショーは、2022年に新日本プロレスと共同でプロモーションしたペイ・パー・ビューのForbidden Doorでした。この出来事はシカゴのユナイテッド・センターから発信されました。 この記事の執筆時点では、AEWはウェンブリー・スタジアムでの英国デビュー戦の試合を発表していません。ファンは今週の日曜日にトロントで行われる2回目のForbidden Doorイベントに続いて、トップストーリーの方向性を知ることが期待できます。 Wrestling Inc

STARDOM:何故Forbidden Door2にSTARDOMの選手はラインナップされなかったか、AEWのCEOトニー・カーンが明かす「重要なのは日付を見つけること」

イメージ
  トニー・ストーム vs ウィロー・ナイチンゲールを含む、AEW x NJPW Forbidden Doorカードのほとんどが発表されたことで、イベントに参加するSTARDOM選手への扉は永久に閉ざされたように見えました。当初、このスーパーショーにSTARDOMが出演するという噂がありましたが、イベントが近づくにつれてそのニュースは遠くなり、ビザの問題からSTARDOMのタレントが出演するかどうかについても議論されてきました。 木曜日の午後、Forbidden Doorのメディアとの電話会議で、AEWオーナーのトニー・カーンはスターダムのタレントが番組に出演しないことについて質問されました。カーンによると、すべてはスケジュールの問題だと明かされました。ただし、彼はすぐに、どこかでSTARDOMと協力したいと言っています。 「イベントを並べたとき、STARDOMが『Forbidden Door』と同じ日にイベントを予定していたことを知りました。彼女たちがこのショーに参加することを非常に困難だと思ったし、私はプロモーターとしてそれを完全に理解している。将来的にはもっとSTARDOMと一緒に仕事をしたいと思っています... STARDOMが一緒に仕事をすることに興味を持っていることは理解しています。重要なのは日付を見つけることです」 。 STARDOMは、Forbidden Doorと同日にショーを行い、東京・国立代々木競技場第二体育館でStardom Sunshine 2023を行います。カードには元WWEのスター選手であるKAIRIが登場し、ヘッドラインはLoser Leaves Unitのスティールケージでの12人の女性タッグマッチが行われます。 Wrestling Inc

新日本:Forbidden Door2前最後のAEW Dynamiteをなんと当日夜にNJPW Worldで太っ腹放送!!実況解説、村田、元井の布陣で日本語実況付きの大盤振る舞いが決定!!

イメージ
 新日本プロレスのファンの中には、今週の日曜日に行われるAEW×NJPWの合同ペイ・パー・ビューを前に、簡単に追いつく方法があるようです。 NJPWは、水曜日の 「AEWダイナマイト」 をNJPW Worldで日本の加入者向けに放送することを (Twitterで) 発表しました。番組では日本語による解説が行われ、村田アナと元井氏が明日のアクションをコールします。 ※アメリカでの本放送は日本時間朝9時から、NJPW Worldでは夜7時から日本語実況にて放送。FITE民は朝から反応してるのでネタバレを踏みたくない人はTwitterを閉じておくのが良いと思われる。 来週6/22(木)1️⃣9️⃣時より《生配信》決定! #AEWxNJPW #ForbiddenDoor 直前 AEW Dynamite をみんなで見よう! 現地時間6/21(水)放送の【 #AEWDynamite 】#23-25 を日本語実況版として放送当日にお届け! ※ 実況:村田アナ 解説:元井さん ※ 日本語字幕は付きません #AEW #NJPW #njpwworld pic.twitter.com/hqsd90UDbP — njpwworld (@njpwworld) June 15, 2023 特にNJPWファンは、NJPWの長年のスター鈴木みのるが活躍することになっている明日の 「ダイナマイト」 に興味があるかもしれません。彼はクリス・ジェリコとサミー・ゲバラと組んで、アクションアンドレッティ、ダリアス・マーティン、ARフォックスと対戦する予定です。 また、ブライアン・ダニエルソンが 「ダイナマイト」 に出演し、対戦相手のオカダ・カズチカと言葉を交わします。ダニエルソンと対決するためにオカダが現れるかどうかは未知数だが、確かにその可能性は高いと思われます。 報道によると、ケニー・オメガとヤング・バックスは今週の番組には出演しませんが、現在のストーリーを進めるためにプレテープで特集されます。「ダイナマイト」 への出演はまだ発表されていないが、CMパンクは明日も出演する見込みだと報じられています。 今週末のForbidden Doorでは、今年のWrestle Kingdomからの再試合でオメガ対ウィル・オスプレイが行われるほか、期待されていたダニエルソン対オカダ・カズチカが予定されていま

AEW:今週のDynamiteでブライアン・ダニエルソンがオカダ・カズチカを呼び出す??Forbidden Door2前最後のテレビ放送にオカダは現れるのか??

イメージ
  Forbidden Doorに先駆けてAEWにオカダ・カズチカが出演するかもしれません。 AEWは、ブライアン・ダニエルソンが今週水曜日のダイナマイトでオカダを呼び出す、と発表しました。エピソードはシカゴで行われ、Forbidden Door前の最後のDynamiteです。 TOMORROW at Wednesday Night #AEWDynamite , @bryandanielson will call out @rainmakerXokada live on TBS, ahead of the historic Okada vs Danielson Dream Match at #ForbiddenDoor on PPV THIS SUNDAY! Don’t miss Wednesday Night Dynamite LIVE on @TBSNetwork at 8pm ET/ 7pm CT TOMORROW! pic.twitter.com/Msh8upd47b — Tony Khan (@TonyKhan) June 20, 2023 Wrestling Observer

AEW:明日のDynamiteにヘルニア手術から復帰のエディ・キングストンが登場!!KENTAの王座に挑戦&G1出場決定の世界で一番熱い夏に向けて何を語る??

イメージ
 4月に行われたRing of HonorのSupercard of Honorでクラウディオ・カスタニョーリに敗れて以来、ヘルニア手術を行っていたエディー・キングストンはAEWやROH TVからほとんど姿を消していました。 しかし、自称 「マッドキング」 は、失われた時間を取り戻す準備ができており、キングストンの既知の敵の多くに対処することを意味すると言えます。そして、AEWの火曜日の午後のTwitterによると、キングストンは水曜日の夜に"Dynamite"することを宣言しています。 「先週AEW Dynamiteで復帰し、シカゴのWednesday Night Dynamite LIVEでMad King Eddie Kingston TOMORROWからのメッセージをお届けします!」 After making his return last week on #AEWDynamite , we will hear from Mad King #EddieKingston TOMORROW on Wednesday Night Dynamite LIVE from Chicago! Don’t miss Wednesday Night #AEW Dynamite TOMORROW at 8pm ET/ 7pm CT LIVE on @TBSNetwork ! pic.twitter.com/XpHFQgtBib — All Elite Wrestling (@AEW) June 20, 2023 キングストンは、水曜日の"Dynamite"でBlackpool Combat ClubがThe Eliteに敗れた後のカスタニョーリへ乱入し、AEWに復帰しました。キングストンは、旧友でありライバルでもあったジョン・モクスリーと対面する前に、さらに因縁深いカスタニョーリをレイアウトしました。エリートはキングストンとの間で事態がエスカレートする前にモクスリーを攻撃し、竹下幸之助はキングストンをレイアウトするために駆け下り、直後にケニー・オメガとウィル・オスプレイが登場する、怒涛の展開の中で行われました。 キングストンの復帰は、AEWとROHのスター選手たちにとって忙しい夏の幕開けとなり、彼は再びAEWとROHのテレビ界から姿

AEW:AEW CollisionでのCMパンクの大演説にバックステージのケージはガタガタ音を立てたとFightfulが報じる、"ソフト"発言は尾を引くか??

イメージ
  CMパンクは先週の土曜日の夜、イリノイ州シカゴで行われた 「AEW Collision」 の初回放送でオール・エリート・レスリングに復帰しました。Fightful Selectによると、放送開始時にパンクのプロモーションによって 「ケージがガタガタ音を立てた」 と伝えています。 この記事では、パンクがマイクに巻かれていたAEWキューブを外したことに、舞台裏の人物が注目していたと指摘しています。パンクは以前、スタンフォードのプロモーションで働いていたときにWWEのマイクキューブを使ってこのようなことをしていました。パンクが 「出るべきものを出している」 と感じる人もいれば、「ハングマン」 アダム・ペイジとの関係が露呈した後、ロッカールームにいる一部のファンに人気のある選手に関して 「へなちょこ(ソフト)だ」 とコメントしたのは偽りがないと考える人もいたといいます。なお、パンクとペイジの間には秘密保持契約は結ばれていませんが、パンクとThe Eliteには、現実に起きたとされる口論に関して秘密保持契約が適用されています。 (ペイジとパンクはパンクが離れる直前、ストーリーがあったが、ペイジが試合中に誤って怪我をさせたところから、パンクが強い恨みを持っておりかなり関係が良くない) カーテンの向こう側の人々が注目したパンクのプロモーションのもう一つの台詞は、彼が自分のことを 「ワン・ビル・フィル」 と呼んだことです。内部では、五年間で10億ドル前後と噂される「ワーナー・ブラザース・ディスカバリーとの包括的なAEW放送契約の可能性 」のことを指しているのではないかと推測されていると同報告書は述べています。リングの真ん中で行われたパンクの「偽造バックス( counterfeit bucks )」 発言に関しては、ザ・ヤング・バックスが軽い気持ちで受け止めたことが示唆されている。 パンクはイリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナで今週放送される 「AEWダイナマイト」 に出演すると噂されており、新日本プロレスのKENTAと今週末のペイ・パー・ビュー 「AEW x NJPW Forbidden Door」 で対戦する可能性が報じられています。 Wrestling Inc

AEW:新作モバイルゲーム「AEW:Figure Fighters」は24年リリース!!フィギュアになったAEWのレスラーが3Dアニメーションで試合!?Eメール登録受付中

イメージ
All Elite WrestlingとWarner Bros.Discoveryは、新しいモバイルゲーム 「AEW:Figure Fighters」 を発表しました。このゲームは2024年にリリースされる予定です。このゲームは無料でプレイでき、3 DアニメーションでAEWのレスラーたちがリング上で戦います。 AEWおよびWBDから: Warner Bros.Discovery SportsとAEWは新しいカジュアルモバイルゲーム「AEW:フィギュアファイター」の開発を発表した。この無料ゲームはAEWのレスラーたちがリング上で戦う3 Dアニメーションバージョンが提供され、ファンはファンダムを拡大して番組を愛することができる。ファンは好きなレスラーを集めてレベルアップしたり、さまざまなゲームモードでプレイしたり、数々のチャレンジをこなしたりできる。 このゲームの開発は、Immutable Xとの継続的なパートナーシップに支えられ、ゲームにおける革新へのWBD Sportsのコミットメントを促進する。 「AEW:フィギュアファイター」は開発初期段階にあり、2024年のリリースを予定している。 www.AEWFigureFighters.com で最新の更新プログラムとお知らせにサインアップしてください。 Fightful

AEW:メルツァー曰く、今週のDynamiteにもCollisionにもケニー・オメガの生出演はなし!!Collisionの会場は翌日Forbidden Doorの開催地と同じだが……………??

イメージ
デイブ・メルツァーによると、今週水曜日のAEW Dynamiteにも土曜日のAEW Collisionにも、ケニー・オメガは生出演しないとのことです。 今週水曜日のショーはイリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナから発信され、土曜日のショーはカナダのトロントのスコシアバンク・アリーナ (日曜日のペイパービュー、Forbidden Doorと同じ会場) で行われます。 先週のダイナマイトの最後で竹下幸之助にリベンジしようとしていたところをオスプレイに奇襲されています。 Wrestling Observer

WWE:ベイリーの中にはまだNXTのベビーフェイスの頃の感情が??The Bumpのインタビューで真相を明らかに。

イメージ
  ベイリーはここ数年、ヒールの仕事で多くの賞賛を得てきましたが、彼女の 「ハガー」 のギミックを楽しんだファンにとって、この話題はうれしい驚きかもしれません。ベイリーは最近の『The Bump』のインタビューで、自分の悪役の中にハッピーゴーラッキーな性格の要素がまだ残っていることを強調し、将来のある時点で時計を戻す予定であることを示唆しました。 「深いところにまだ私を突き動かし、押してくれる小さな部分がある。私の心の中には、年老いて不機嫌だからこそ、すべてに価値があると言う小さな部分があります。私を信じず、私を見ることもできず、私が必要なものを持っていないと思っているこれらの愚か者にとって、私はこの無意味なことのために年を取りすぎている」  「だけど、あの古いNXTベイリーの小さな欠片がそこにあって、『大丈夫だよ、おい。それだけの価値はある。これが君の夢だ。続けて、10歳の時にやろうとしたことをやりなさい。』」 ベイリーの最終的な動機は変わらず、競争相手を昇格させ、彼女が見つけたよりも良い状態で業界を去ることです。多くの人は、WWE初の女子グランドスラムチャンピオンはすでに成功していると主張するでしょう。 34歳の彼女は2度目のマネー・イン・ザ・バンク優勝という形で、帽子にもう一つの羽を付けようとしています。7月1日、ベイリーとDamage CTRLの仲間であるイヨ・スカイは、ベッキー・リンチ、ゾーイ・スターク、ゼリーナ・ベガ、そしてまだ明かされない参加者と、このつかみどころのないブリーフケースを狙います。このブリーフケースを調達することで、6人の女性のうちの1人が、新たに考案されたWWE女子世界選手権とWWE女子世界選手権を追求できるようになります。 WRESTLING INC

WWE:故ウマガの息子がブッカーTの団体でプロレスデビュー!!"BloodLine"などをタグ付けして、アクションを予感か?

イメージ
故ウマガの息子であるジラ・ファトゥはテキサス州ヒューストンのブッカーのリアリティ・オブ・レスリングでトレーニングを積んでおり、7月15日のROWサマー・オブ・チャンピオンズで正式にプロレスデビューします。ブッカーは自身のツイッターでファトゥのデビューに対する意気込みを語り、 「BloodLine」 や 「SamoanDynasty」 というハッシュタグをつけて、ファトゥにWWEでのキャリアを準備させることが目標であることをほのめかしました。 ‼️ The Debut of Zilla Fatu ‼️ Saturday, July 15th in Humble, Texas at the Humble Civic Center come see the must anticipated debut of @Zillafatu !! #SummerOfChampionsIX #BloodLine #SamoanDynasty 8233 Will Clayton Pkwy Humble, TX 77338 🎫 Tickets 🎫 https://t.co/UZFA0DCNEi pic.twitter.com/8nHLfLi26C — Booker T. Huffman (@BookerT5x) June 20, 2023 7月15日のイベントには、ファトゥの他にも 「WWE NXT」 のスーパースター、トリック・ウィリアムズ、WWE卒業生のアリシア・フォックス、ベテラン審判のニック・パトリックらも出演が決まっています。 ファトゥがWWEの 「The Bloodline」 に参加するというアイデアは想像できないことではありません。最近になってウーソズが脱退して以来、ファンの間ではローマン・レインズとソロ・シコアが新たなメンバーを加える可能性が浮上しており、MLWのスターであるジェイコブ・ファトゥとランス・アノアイ、NJPWのスターであるタマ・トンガとタンガ・ロア、さらにはRikishiのもう一人の息子であるサミコ T.ファトゥまでもがBloodlineのメンバー候補として挙がっています。さらに、The Rockの娘であるエイヴァ・レインは、現在 「WWE NXT」 ブランドの一員であり、最終的にはThe Bloodlineのメンバーとしてメインメンバーに招集され