国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

NOAHはいつになったら掛け違えたボタンに気付くのか

0 件のコメント :



NOAHがヤバい。
あまり直接的な批判めいた記事は書かないようにしているのだが、今のNOAHには擁護出来る部分が無さ過ぎる。というか、そもそも今のNOAHの状況をあまり知らない人の方が多いと思うので、まずはそこの整理をしたい。
 

【NOAHに何が起きている?】

・旗揚げ記念メイン丸藤vs鼓太郎で後楽園ホール1200人
NOAH の中心であり、日本のプロレスの至宝の一人丸藤と、NOAH生え抜き第一号であり今はフリー参戦であるものの、丸藤とは共に三沢の付き人をやった兄弟弟子 である鼓太郎の頂上決戦という、おそらく今NOAHが出来る最大級の黄金カードを出したにも関わらず、動員は1200人満員に留まったのだ。一体、 NOAHだけはガチと言っていたあの人達はどこへ行ってしまったのか。

 

・清宮は会社のプッシュ?

今、GHCヘビー級王者は清宮海斗、23歳、キャリア3年半の若者である。試合の中で運動神経の良さが見れる時もあるが、キャリア故のバタつく場面もあるのは確かだ。
拳王などからは会社の犬、会社からプッシュされて王者になっている、などと揶揄されるものの、現在5度の防衛に成功している。また清宮は今日から開催されるシングルのリーグ戦、N-1 VICTORYに不参加を表明している。
・N-1 VICTORY直前公開会見で言いたい放題
最初に会見の模様を書き起こされた記事を張ったが、17日このリーグ戦に先立ち公開会見が行われた。そこで参戦した選手がコメントをしたのだが、これが非常に今のNOAHの現状を表していた。
 

【公開会見のあまりにも杜撰なやりとり】

今 回、10選手参加のリーグ戦となっており、優勝者は11.2両国大会のメインでGHCヘビー級王者への挑戦権が与えられる。レスラーそれぞれに言いたい事 があるのは分かる。しかし、NOAHを業界1位に引き戻すとか言ってる割には、そのために何をするのかが共通認識されていないように思うのだ。

・拳王の清宮に対する批判

リーグ戦に出なかった清宮に対し、逃げ腰のチャンピオンと切り捨てた拳王だが、試合内でのちぐはぐさこそあれど既に5度防衛している王者への評価は会社のプッシュ、という一点だけで成立しているだろうか。
と いうのも、まず清宮が王座を取った最初の防衛戦の相手こそ拳王であり、その後この二人はタッグを組んでいる。しかし、今年の4月グローバルタッグリーグで は"海王"として参戦するも、拳王の方から「俺はお前のかませ犬じゃない」と解散、その後は徹底的に反清宮の姿勢を取っている。
個人的に、プロレスというのはヒールがきちんと仕事をしてブーイングを得ることで、ベビーフェイスが声援を得るという構造だと思っている。どうも拳王の発言を聞いていても、観客のヒートを買い切っていないように感じるのだ。
会 社がプッシュしていると言えば言うほど、これまで防衛戦をしてきた自分や丸藤、杉浦、中嶋はそれでも王座を取れなかったという事実が浮き彫りになるわけ で、非常に小物感が強い。拳王自身はみちのく時代から強さは知っているだけに、プロレスを勉強してほしいとさえ思ってしまう。

・丸藤の「日本人と飽きた」

昨年、優勝決定戦を負傷欠場した丸藤はコメントの中で「日本人と決勝とか試合も飽きたんで」と発言した。
いや、今回出場している日本人選手はNOAHの選手であり、その連中と飽きたと言われると、N-1以外の試合の時にどういうモチベーションで試合をしているのか疑問に思わざるを得ない。それがNOAHの温さの原因なのではとすら感じてしまう。

・外国人選手から名前が出たのは

今回のリーグ戦、提携を発表したMLWから王者のアレックス・ハマーストーン。AAAからイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.が参戦しているが、ハマーストーンは丸藤の名前を出し、他の選手は仲良しこよしでやっているんじゃないかと挑発。ワグナーは望月の名前を出した。
これに対し、他の所属選手から揶揄するコメントが出なかったのだ。これに反応するだけで、外敵との接触に1つテーマが出来るのに何故出来ないのか。この辺のにぶさがNOAHの試合に対する感度、カードへの興味の持たせ方の甘さが滲み出ている。
ワ グナーに指名された望月は、名前を出された事に驚きながら、初戦の中島戦は10年前に自分が負けてる事を引き合いに出しリベンジを誓い、反対のブロックで は丸藤がさっきまで気になっていたものの、丸藤からは日本人に興味ないと言われたので他の選手で、と駆け引きを演じてみせた。
他の選手は、皆、興味ない、誰でもいい、全員倒すという言葉を立て並べて、1試合1試合のテーマを持たせる事すらしてないのが、壊滅的ではないか。
・谷口のセンスの無さはどうにかならないのか
突然のギャル語で意味が分からな過ぎて、N-1 VICTORYという新しいリーグ戦のイメージをどうしたいのか、自分がどういうレスラー像を進みたいのかが全く分からない。拳王が殴るべきはまずはこっちではないのか。

・いくらなんでも潮崎のコメントが薄過ぎる

王者が清宮なのも分かる。だが、ファンが本来望んでいるのは、潮崎の覚醒ではないのか。年齢、キャリアを考えても、潮崎には丸藤からNOAHを引き継ぐ必要があったはずだ。1度外に出て戻ってきたのも確かだ。
だっ たら、清宮がいないこのリーグ戦で話題を全部かっさらうぐらいのコメントをするべきではないか。なのに、言っている内容が全選手の中で一番薄っぺらい。こ れでは潮崎が何のためにNOAHにいるのか、NOAHで何をしたいのかが丸っきり伝わらない。むしろ雄弁なのはAXIZとしてタッグを組む中嶋勝彦という のは、あまりにも皮肉ではないか。
 

【言葉でやるプロレスが苦手なのは分かるが】

旧全日の空気を色濃く残すのはNOAHだということは重々承知しているのだが、それは新日とは違い大型選手が有無を言わさずリングの中で躍動するが故に説得力を生んでいたからであって、スーパーヘビーもいない今のNOAHでは成立しない。
今回の会見だけではなく、試合後のマイクなどでも観客の反応を引き込めていない様子をよく見る。
後 楽園の動員にしても、全日本プロレスと比べると弱い。正直、今の全日は新日よりも動員することが少なくないのだが、大型選手が揃っている事と若手選手が 育ってきている事、王者の宮原を始め、マイクで観客を1つにする術を持っている事が少しずつ熱を集めているように感じるのだ。
新しいNOAHというのを掲げるのであれば、正直、今回の公開会見の内容をまずは見直してほしいし、会社の方針として王者をどう扱うのかというのをしっかり見据えてほしい。それよりもまずはプロレスがなにかということを考え直すべきではないだろうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿