投稿

8月, 2021の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ルビー・ソーホー(元ライオット)が新たなショートムービーを投下、彼女の行き先はやはりシカゴ?

イメージ
 ルビー・ソーホーがニューヨークに到着しました。 元ルビー・ライオットは、数週間前からツイッターで自分のショートムービーを公開し始めました。最初の動画では、オーランドからニューヨークのペンステーションまでを移動している様、2つ目の動画では、ソーホーは車を盗み、曲を聴きながらドライブを楽しんでいました。その中で、かつて所属していたライオット・スクワッドのWWEテーマが流れると、彼女は何かを感じ取ったような反応を示していました。 Ruby Soho. pic.twitter.com/rX2kH3XBk3 — Ruby Soho (@realrubysoho) August 31, 2021 昨夜公開された新しい動画は、ビッグアップルに到着した彼女が壁にスプレーで「[heart]Less」と書いているところを警察に発見され、別の壁に「The Riot Is Over」と書いている男の横を通り過ぎます。この時、壁には意図的にオメガのマークが隠されいるとか。 その後、ソーホーはバーに入る際に、古い「Heidi Lovelace」のIDを見せてしまい、新しいID「Ruby Soho」のIDカードを見せて入場します。お酒を手に入れた彼女が街を歩く様で動画が終了します。 この動画の中に「Destination:- - - - - - -」というグラフィックが描かれており、これが彼女がどこに向かっているかを指すのではないかと憶測を呼んでいます。一部のファンの間で、7つの空白が『C h i c a g o』を指していると考えています。シカゴでは今週、AEWのPPV「All Out」そして、TV収録が開催されます。 また、この動画の中で、Rancidのシングル「Ruby Soho」が再生されています。バンドのボーカル、ラース・フレデリクセンは6月に自身のポッドキャストにルビーを出演させて、新たな入場曲の権利確保に協力する事に同意しています。彼女の新たなリングネームは95年にリリースしたアルバム「…And Out Come The Wolves」に収録されているこの曲から着想を得て、名前をとても大事にしていると述べています。 彼女の行き先についてはまだ明らかになっていません。今月初めに最終的にAEWからデビューすると言う報道もあ りましたが、複数の企業が興味を示しており、一部の企業では

NWA:新NWA世界ヘビー級王者になったトレバー・マードック、一夜明けた感想を語る「覚えているのは、俺が感情的になっている時に、リックが「君がチャンピオンだ」と言った事だ。」

イメージ
 新NWA世界ヘビー級王者トレバー・マードックは、NWA73周年記念興行でニック・アルディスを破って1日経たないうちにBusted Open Radioに出演、勝利について語りました。言うまでもなく、彼は上機嫌でした。 「興奮しているし、疲れているし、ボロボロだけど、幸せだよ。他にどんな言い方をすればいいのか分からない。俺は非常に幸せだ。ほとんどの人にとって夢は叶わないものだが、昨晩夢が叶ったんだ。ハーリー(レイス)が一緒にいてくれれば、これ以上のことはないだろう。」 マードックはリック・フレアーがお祝いに駆けつけてくれた事、家族と一緒に祝った事、NWA王座を机の上に置いて寝たことなど、その夜のことを色々と話してくれました。この試合はマードックの引退に繋がる可能性もあった(試合はタイトルvs引退だった)ため、マードックは言葉を失ってしまいました。 「まず、リックがあんな風に出てくるとは思わなかった。泣かないようにするのが精一杯だったよ。覚えているのは、俺が感情的になっている時に、リックが「君がチャンピオンだ」と言った事だ。俺は頭を抱えてしまって、それがきっかけで、もやもやしていたものが少しずつ目を覚まし、ついにこれを成し遂げたんだと実感でしたんだ。偉大なるNWA世界チャンピオンを目の前にして、ただただ信じられなかった。後から見直さなきゃいけないこともあったけど、感情が昂って渦中にいたんだ。あの一戦が自分の最後の試合になると言い出すのを期待されているのも感じたから、言葉に詰まってしまったよ」 この週末はアニバーサリーショーと前夜に行われた女性だけのショー「EmPowerrr」によってNWAは大きな成功を収めました。マードックは自分の試合に集中していたため、アニバーサリショーのほとんどを見逃してしまったが、今週中には見るつもりだと明かしました。 「第一試合を見た後、俺はモニターから離れたんだ。あいつらがあまりにも素晴らしい試合をしていて、これ以上自分を緊張させたくなかった。女子のEmPowerrrも73の男性陣も、みんなは別のレベルにステップアップしていた。今夜はゆっくり座って、全員に敬意を払って試合を見たいと思ってるんだ」 「正直、俺の頭の中じゃ、自分のやってること以外のプロレスを考えられなかった、というか、頭の中がいっぱいで、他の人の物をみたら、あの夜にやっていたこ

WWE:団体内部でアダム・コールの契約終了はオフィシャルに。早ければ今週AEWに現れる可能性も加速!

イメージ
 アダム・コールは既にWWEとの契約が終了したと公式に考えられています。 PWInsiderによると、従業員に対し、彼が会社を辞めたことを知らせるメモがメールで送られているそうです。この類いのメールは、異なる部署が同期していることを確認するために送られます。例えば、ウェブ部門はサイトの資料やソーシャルメディアへの投稿に彼を含めないようにすることを確認することになります。現在、WWE.comのロスターページに彼は掲載されていますが、これはすぐに変更されると思われます。 コールは金曜日以降正式にフリーエージェントとなり、競業非止義務はないため、他のレスリング会社と自由に交渉する事ができます。ビンスが彼の残留を望み、数週間前のスマックダウンのバックステージで会合を行い、会談はうまくいったと言われていましたが、コールは新しい契約にサインしないことを選びました。先週、彼はSNSから自分のグッズのWWEショップのリンクを外し、WWEショップのサイトでは彼の商品を25%オフで販売しています。 AEWが彼の行き先として有力視されています。早ければ今週中にもAEWのTVに出演する事が出来、今週シカゴで水曜日にDynamite、金曜日にRampage、日曜日にPPV「All Out」が開催されます。しかし、All Outには少なくとも1つ大きなサプライズ( ダニエル・ブライアンの復帰? )が用意されているので、コールが彼等と契約した場合、デビューは数週間延期される可能性があります。ヤングバックスは既に アダム・コールの登場を示唆するようなbio を披露しています。 Wrestling News.co  

WWE:パフォーマンスセンターの新タレント発表!ウーソズの弟、ブキャナンの息子が参加。他メンツはアスリートだらけ!

イメージ
 WWEはパフォーマンスセンターの新人タレントを発表しました。 このクラスには2人の2世レスラーが含まれます。WWE殿堂入りを果たしたリキシの息子であり、スマックダウン・タッグチャンピオンのザ・ウーソズの弟であるジョセフ・ファトゥ。そして、元WWEタッグチャンピオンのブル・ブキャナンの息子であるベン・ブキャナンも契約しました。 ボビー・スティーブソンも彼等のクラスに含まれます。彼はWWEサマースラムに出演し、今年の東京オリンピックのレスリング金メダリストであるゲイブル・スティーブソンの兄です。 また、WWE殿堂入りであるディーボン・ダッドリーのトレーニングを受け、NBAレジェンドのダリル・ドーキンスの甥ジョシュア・ドーキンス、2016年体操米国代表メンバーであるジェシカ・ウォーニコ、サウスダコタ大学元フットボール選手のブレイディ・ブッカーも発表されました。 【ボビー・スティーブソン】 弟は2020年東京オリンピック金メダリストのゲイブル・スティーブソン。身長6フィート、体重220ポンド。弟と同じくミネソタ大学出身、元世界チャンピオンのブロック・レスナー、RAWスーパースターのシェルトン・ベンジャミンも所属していたレスリング部出身。2017年にはミネソタ州とNCAAクオリファイで二度の優秀者を修める。 【ベン・ブキャナン】 アラバマ州ランボーン出身、20歳。アラバマ州高校レスリング元チャンピオン。19-20年285ポンド級で無敗。身長6フィート4、250ポンド。元WWEタッグ・チャンピオンのブル・ブキャナンの息子。 【ブレイディ・ブッカー】 サウスダコタ大学ミドルラインバッカーとして活躍、カレッジフットボールの世界から参加。弓の名手でもある21歳。イリノイ州ラサール出身、身長6フィート3、体重245ポンド。 【ジェシカ・ウォーニコ】 ミネソタ州プレイヤーレイク出身、21歳、体操、ボディビル、クロスフィットアスリートとして活躍。体操選手として、タンブリング、トランポリンを専門、2016年米国代表チームメンバー。 【ジョセフ・ファトゥ】 スマックダウンタッグチャンピオンであるジミー&ジェイ・ウーソの弟、リキシの息子、身長6フィート2、体重240ポンド。スポーツエンターテイメントの分野で2年の経験があり、大学ではフットボールをプレイしていた。 【ジョシュア・ドーキンス】 フ

NEWS:モクスリーがサミ・キャラハンと"The Switcblades"を再結成!対戦相手はデイビー・リチャーズ、エディ・エドワーズの"The Wolves"!!

イメージ
 ジョン・モクスリーが"The Switchblades"という言葉を商標登録したというニュースが以前報道されていましたが、その秘密がついに明かされました。 ハロウィン前夜に開催されるThe Wrestling Revolverにて、ジョン・モクスリーとサミ・キャラハンの"The Switchblades"とデイビー・リチャーズ、エディ・エドワーズの"The Wolves"という伝説的な2つのタッグが再結成し、衝突する事が発表されました。 この試合は、ジョン・モクスリーはAEW、デイビー・リチャーズはMLW、サミとエドワーズはImpactとそれぞれが別々な団体に所属している為、Forbidden Doorの向こう側での新たな再会と言えます。 この2組には2010年wXwでのxWx世界タッグ王座での因縁があり、08年にROHで誕生、09年にはケビン・スティーン(現オーウェンズ)、エル・ジェネリコ(現サミ・ゼイン)が持つROH世界タッグ王座を奪取、勢いそのままにwXw王者組だったThe Switcbladesへと挑戦するという流れがありました。 その後も様々なインディー団体でThe Wolvesはタッグ王座を取りつつ、ROHではタッグパートナー同士でのROH世界ヘビー級選手権を経て、12年12月、ボビー・フィッシュ、カイル・オライリーを相手に再結成。ヤングバックス、ブリスコ・ブラザーズ、アレックス・コズロフとロッキー・ロメロのフォーエバー・フーリガンズなどこの時代を彩る名タッグと数々の名勝負を繰り広げてきました。日本でもフォーエバー・フーリガンズの持つIWGPジュニアヘビータッグ王座に挑戦しています。 Fightful  

WWE:テッサ・ブランチャードはWWE NXTへ向かっている?AEW行きはデイブ・メルツァーが否定

イメージ
 昨年、インパクトレスリングを退団し、フリーエージェントのままのテッサ・ブランチャードですが、ファンの間で、WWE NXTに行く可能性があるのではないかと言われています。 ブランチャードは、テッド・デビアスの100万ドル冊の束を持っている写真をTwitterで公開しました。これは先週のNXT TVでキャメロン・グライムスとデビアスが共演した時に、空中を飛んでいるのが見られたものです。 pic.twitter.com/0JHpT2JB3m — Tessa Blanchard (@Tess_Blanchard) August 30, 2021 ブランチャードのプロレスビジネスにおける将来については、4月にブランチャードと夫であるダガがAEWと交渉していると言われていましたが、デイブ・メルツァーがこれを否定しています。またWWEがブランチャードに興味を持っているという報道もありません。 Wrestling News.co  

WWE:ドゥードロップ(元パイパー)が語る初の女性プロデューサーの存在、名プロデューサーTJとの会話

イメージ
 今年の夏の初め、WWE殿堂入りであるモーリー・ホーリーは、WWEで初めて女性のプロデューサーに就任しました。Wrestling Incのブライアン・ウォルとの独占インタビューで、RAWスーパースターであるドゥードロップはバックステージでの森ーのリーダーシップを賞賛しました。 「もちろん、私は子供の頃からのプロレスの大ファンだったので、彼女と一緒に仕事をする事は夢のようでした。彼女と話をして、彼女の視点や経験を得る事は私にとって非常に有益です。誰とでも話をしようとしますが、女性の視点は絶対に必要です。」 多くの人があらゆる試合のプロデュースに貢献していますが、女子の試合でTJ・ウィルソンこと元タイソン・キッドのDNAは入っていない人物を捜すのは難しいでしょう。彼は今日のWWEで最高のプロデューサーの1人であり、特に女性タレントのための仕事には定評があります。ドゥードロップも女子部門の選手が最小に意見を求めるのはTJであることが多いと言います。 「彼はとても素晴らしい頭脳の持ち主です。私達が何かを考えたら、彼のところに行って話をします。そうすると、「じゃぁ、これはどう?」と言ってくれます。12年もレスリングをやっていて、そういう視点で見ていなかった事が信じられないくらいです。彼はレスリングの天才なんです。」 Wrestling Inc  

NWA:"絶対王者"ニック・アルディスついに敗れる!トレバー・マードックが感動のNWA世界ヘビー級王座初戴冠、リック・フレアーも祝福!

イメージ
 ついに、ニック・アルディスの治世に終止符が打たれました。NWA73でトレバー・マードックがNWA世界ヘビー級選手権を獲得しました。 試合後、マードックはリングサイドに座っていた家族に迎えられ、祝福の抱擁を交わすと、リック・フレアーもリングに上がり、マードックを祝福しました。マードックは勝利後、「ハーリー・レイスが自分を導いてくれた」と語り、NWAと自分を応援してくれていたファンに感謝しました。 マードックは、NWA 「When Our Shadows Fall」でタイトルを獲得したに見えたものの、レフェリーがマードックの勝利を取り消し、DQ裁定でアルディスの勝利を与えました。「The Gathering」ではアルディスが直接マードックを破り、王座を防衛。試合後、マードックはもう1度試合をしたいと述べ、自分のキャリアをかけてもいいと明かしていました。 これでマードックはNWA世界ヘビー級王座に初めて君臨しました。一方、アルディスは2018年10月21日のNWA70de コーディー・ローデスを破り戴冠以降、1044日に渡ってベルトを保持、32回のタイトル防衛を成功させました。 Fightful  

WWE:ペイジの契約は来年6月まで!本人はレスリング復帰を目指してる模様

イメージ
 今日の初めにペイジがWWEの契約がいつ終了するかについてコメントしたことが報道されました。Twitchストリームの中で彼女は来年の6月に終了する事を明かしました。 「私の契約は来年の6月に終わります。彼等が私に新しい契約を与えたいと思うかどうかは誰にも分かりません。彼等がそうしたいと誰が言うの?もしそうだったら、Twitchを契約の一部にしたいと思っています。」 ペイジは2019年11月に契約を結んでおり、当初の報道では4年間の契約を結んだと見られていましたが、さらに短くなったと見られています。またペイジはツイッターで「まだ終わっていません」という短い一言を残しています。 このニュースはアップデートされており、Instinct Cultureのデニス・サルセドによると、Twitchで配信を行ったペイジがレスリング復帰のための努力をしている事、それはサプライズにしたいと考えている為、いつ復帰するか誰かに話すつもりは無い。また、明日ではないが、精神的には準備ができていて、自分の経過を記録するつもりだと述べました。 Wrestling Inc      

NWA:ロンダ・ラウジーとサーシャ・バンクスが女性だけのPPV「NWA EmPowerrr」を絶賛!ラウジーは2倍の金額を払ってもいいとまで!

イメージ
  NWA初の女性だけのPPV「NWA EmPowerrr」はミッキー・ジェームズがプロデュース、ショーではオーサム・コングがリングからの引退を発表し、アリシン・ケイとマルティ・ベルが新NWA女子タッグチャンピオンとなりました。 メインイベントではチェルシー・グリーンが女子インビテーショナル・カップ・ガントレットで優勝、今夜のNWA73周年記念PPVにてNWA女子世界王者であるカミーユと対戦します。カミーユはショーの中でAEWスターであるレイラ・ハーシュに対しタイトルを防衛しています。 ロンダ・ラウジーはこのショーをチェックし、インパクト女子王者であるデオンナ・プラッゾ vs メリーナの一戦を"素晴らしい"と評価しました。またラウジーはレッド・ベルベットの大ファンでもあり、彼女の出場した女子タッグトーナメント決勝戦についてこう述べています。 「レッド・ベルベットは皆の中でも特に目立っていて、全員のケツをシバき上げてたのがとても印象的だった」 ショーの後、ラウジーは自分が見たものに2倍の金額を払うと賞讃しました。 「なんてPPVなの!正直なところ、2倍払ってもいいくらいです。おめでとうチェルシー・グリーン、それに今夜の素晴らしいショーをみせてくれた女性達」 また、サーシャ・バンクスもショーのプロデューサーでありPPVのオープニングを飾ったミッキー・ジェームズに賞讃のツイートを送りました。 Ronda Rousey @RondaRousey Daaaaaamn that was awesome 👏🏼 👏🏼👏🏼👏🏼👏🏼 @DeonnaPurrazzo @RealMelina #EMPOWERRR 10:28 AM · Aug 29, 2021 1.8K 231 Ronda Rousey @RondaRousey Holy frickin moley those ladies had such a hard match to follow and not only maintained he momentum of the night but accelerated it - btw @Thee_Red_Velvet still managing to stand out amongst everyone kicking all