国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

NOAHへの疑問から一晩経ち

0 件のコメント :
今まで反応をもらえてなかった方から反応をもらえているようで、ありがとうございます。
辛辣なことを書き並べたので、もうちょっと掘ってみようかと公式チャンネルで公開されているものを一晩かけて見てみたわけですが、幾つか気になった点をお話したいと思います。

1.ヘビーよりジュニアが充実してる

元々、NOAHジュニアは丸藤、KENTAに始まり、鼓太郎や外国人選手も豊富で新日とは違うカラーが印象的な集団でしたが、ヘビーに比べると今もジュニアは割と好調なのではないでしょうか。
一時離れていた鼓太郎が戻り、小川と組んでいるのに始まり、大阪プロレスを離れ、もう長い事NOAHで活躍する原田、小峠、タダスケがいたり、DOVEプロレスから入ってきたHAYATA、YO-HEYのような若い連中もいます。
今、 ジュニア王座は田中稔が持っていますが、なにせ田中の技が非常に冴えている。チェーンレスリングの中の動き1つにしても、相手を上回ってやろうという気概 が見えますし、テクニカルなところも非常にキレが良い。かつてIWGPジュニア王座を争っていたころと寸分違わぬといっても過言ではない動きを見せてくれ ます。
気になるのは、NOAHの純粋な若手がここからどう育ってくるかだと思うのです。今、現状として色々な場 所から流れ着いてきた人間は非常に多種多様で技術力のある人間が揃っているため、ジュニアとして見た時に充実してはいますが、NOAHが育てた新人が出て こなければそれが続く事はないのではないでしょうか。

2.一番歓声が大きいのは火野問題

何試合も見ている中で気になったのは、興行の中で一番大きい歓声を受けているのが、火野が両腕を後ろに組み、相手のどんな攻撃を食らっても立ち塞がるポーズに入った時でした。
頑丈な火野の代名詞のようなムーブですし、お客さんが沸くのは当然です。しかし、全体を通して、そこが歓声のピークになっているということは終盤のフィニッシャーの読み合いから試合が決まるその瞬間までに客をコントロール出来ていないという証拠だと思うのです。
こ れには1つ、大きな問題があって、対立構造が非常に見えずらいように感じました。近年、世代闘争のような流れと、はぐれNOAHとも言うべき杉浦軍、フー リガンズ………他タッグ名程度のユニットのようなものが非常にバラバラと存在していて、何を目的に、何を狙っているのか大義がどこに存在しているのかが分 かりにくい。
個人的にプロレスというのは、上手いヒールが試合を作るものだと思っていて、ヘビーにはそれを担える人間が少ないのではないかと感じたのです。
火野はK-DOJOの頃からずっとヒールとして立ち回ることが多く、観客からヒートを買う技術、その上で自分の凄さを魅せる技術に関して、非常に長けた選手と言えます。さらには今、タイプの違う名伯楽KAZMAもいるわけで、きちんと学んでもらいたいものです。

3.清宮への期待は本物か

キャリアが短い中で、去年1年清宮が結果を出してきたというのは事実です。(それが例え、団体の押し方だったとしても)運動神経が良いのも確かです。しかし、根本的に試合の組み立てが出来ていないように見えるのです。
キャリア3年といえば、新日でいえば早い奴は海外修行のチャンスを掴むこともあるでしょう。ただし、そのレベルでようやくフィニッシュまで繋げれる流れを1つ、2つ作ったレベルです。
清 宮の試合を見ていると、序盤から中盤にかけて攻めに転じるところでうまく繋げれない場面を多く見ます。その割にロープフェイントから場外への飛び込みなど インスパイアされたようなムーブは見せます。試合の展開を変えるために使ってるドロップキックにしても精度が高いというわけでもないので、どこか片手落ち の動きだけをトレースしたようなちぐはぐさを覚えます。
例えば、拳王や中嶋の蹴りはそれぞれ少林寺や空手をベー スにした自分の身に付いている武器と言えます。じゃぁ、清宮に相応のものがあるかと言われると疑問があります。フィニッシャーはタイガースープレックスで すが、そこに繋げるための頭部へのダメージを蓄積させる理詰めの展開がないのです。単純なテクニックの話ではなく、サイコロジーの話であり、それは自分が 勝つためだけではなく、お客さんがその勝利を見た時にどのように感じるのかという部分の話だと思うのです。

【NOAHは一体、何をすべきなのか】

真っ 先に手をつけるべきは、公式チャンネルで配信している内容です。これまでにも何度も紹介しているAEWの流れというのはヤングバックスが自分達で撮影、編 集しSNSで展開してきた映像が世界中の団体をまたにかけたヤングバックスというレスラーのストーリーの説明になっていました。
日常的な風景を織り交ぜながら、団体の公式映像や興行だけでは分からない、機微の溢れた映像を展開することで、彼等にまつわる物事を整理してきました。それは興行の中の煽り映像の類いとは異なる手法だったと言えます。
同じ国内のW-1は早い段階から、週ごとの興行内で起きた出来事やマイクの内容を映像で公開してきました。これはWWEがRAWやSMACKDOWNの内容をトップ10形式でダイジェストで見せているように流れとレスラーを知るのに非常によく出来ていると言えます。
新日本のように自前のオンデマンドサービスを揃えるのは至難の技です。公式チャンネルを持っているのであれば、試合を流すだけではなく、選手の主義主張が伝わるような仕掛けが第一に必要なのではないでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿