国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

激震!ブシロードがスターダムを買収、新日本プロレスと同一傘下に

0 件のコメント :








スターダム買収という話は前々から一部で噂されていた話ではあるが、その先がブシロードというのは驚いた。正確には、ブシロードの子会社でキックボクシングの興行などを手掛けてきたキックスロードが買収し、今後現体制から少しずつ変更を行っていくとされている。
ブシロードがプロレスに関わるとどうなるかというのは、正直新日本プロレスで手の内を見せているし、スターダムがそれに応えれるレベルにあるかといえば、カイリ・セインや紫雷イオがWWEへ渡って活躍していることからも分かるはずだ。
記 事にもある通り、女子格闘技というジャンルで見ても世界的に盛り上がりを見せていて、例えばUFCチャンピオンであるロンダ・ラウジーがWWEに現れたり するなどMMAとプロレスのクロスオーバーも起きている。加えて、日本の女子プロレスの優位性については、これまで様々な形で記事にしてきたが、アメリ カ、イギリス、東南アジアといった様々な国で男子のプロレス以上に精力的に拡大しているとも言える。
新日本プロレスが海外遠征で動いている国ならばオセアニア以外はほぼ全ての国で日本の女子プロレスのどこかの団体がアクションしているという状態であることからもそれが伺える。
そういう目線で見た時に、国内でどの団体と組むかと考えたらスターダムが名前が上がるのは当然のことだろう。
しかし、スターダムは今年のWWE日本公演の際にトリプルHと小川社長がコンタクトを取ったという話があった。今週に入り、NXT JAPANについて大きな話題があると言われていたことから、女子部門はスターダムなのではないかという話もあったのだ。
もしかすると、その条件でブシロードと話を進めたのだとすれば、やはり一枚上手というべきだろうか。
 
ス ターダム自体の収益は上向いているが、ここから先のプロモーション力というのが問われていた。Youtubeなどでの動画プロモーションに関しても述べた ことがあるが、新日本プロレスで現在行っている手法が持ち込まれるとすれば、一気に日本の、だけではなく、世界のトップレベルにまで化ける要素は揃ってい ると思う。
ただ、先日発生したジュリアの引き抜き疑惑もそうなのだが、小川社長が関わることでコンプライアンスや業界の了解をはみ出すような事案がよくよく発生しているという自体は思わしくない。
例えば、社長ではなく現場統括的な動きに変わっていくとしても、新日本でもブッカーである邪道の方法論に批判が起きているのは事実だ。スターダムの場合、それが法的な問題を抱える状況になった時に親会社のブシロードはどう対応するのかというのは注目である。
 
おそらく、今すぐに新日本との合同興行ということはありえないだろう。今の新日本側のカードの充実っぷりを考えると、そこに挟み込む猶予はない。むしろ、女子プロレスが女子プロレスとして成立していることに注目をしているように思うのだ。
そ こで疑問がある、AEWとの関係だ。新日本プロレスはAEWとは今のところ接触する理由は無いという立場を取っている。スターダムと新日本プロレスが全く 異なる要素としてあるなら問題はないが、スターダムから王者であるビーや里歩が参戦している状況にある。これをどう捉えるか。
 
これは国内のパワーバランスが大きく崩れることになるだろう。

《その他の女子プロレスの話題はこちら》

0 件のコメント :

コメントを投稿