国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

スターダム、ハイスピード王座流出!初参戦の里歩一発穫り

0 件のコメント :

DEATH山さん。から3カウントを奪ったスターライト・キッドがハイスピード王座への挑戦を表明したその瞬間、風香GMが次期挑戦者として呼び込んだのは、元アイスリボンの里歩だった。そして、彼女は初参戦にして、鮮やかにベルトを奪った。
このハイスピード王座は体重などに制限は無いが、スピードの速い試合をする選手のみが挑戦出来る王座である。NEOで創設され、NEOが無くなった後にス ターダムへ管理委譲されたという経緯があり、小柄で空中技が得意なスターライト・キッドは未だ手が届かない、悲願の王座だった。
しかし、里歩にとっても、このベルトは自分のルーツに繋がるベルトだ。このベルトの初代王者決定戦は、彼女がデビューしたアイスリボンの前身である我闘姑娘 出身の夏樹☆たいようとRayの二人で争われた。王者だったDEATH山さん。こと米山は夏樹とこのベルトをかけて何度も戦って来たライバルである。彼女 の手に渡るのは、半ば運命だったとも言える。
試合後、会場の物販列は近年見た事のない程並んでいたと言う。今までスタダームに関わりのなかった選手であり、初参戦初戴冠というインパクトは里歩を応援しているファンだけでなく、スターダムに来ていたお客さんにも強く響いたのかもしれない。
スターダムという団体は、選手の試合内容だけでなく、こういう物販での数字の反応やお客さんのリアクションに対しても、現実的な一面がある。フリーの参戦選 手にお客さんが取られるというのは、選手の側にも緊張感が走るのではないだろうか。ハイスピード王座を巻いたのであれば、大江戸隊の葉月やQueens QuestのAZMも黙ってはいないだろう。今や世界で名前を上げる里歩の前に立つのは誰なのか。
 

【シンガポールにあの人が】

今 朝発表になった情報だが、シンガポールのSPWの9月15日の大会に、ケニー・オメガが現れる事が発表された。SPWは現在、OWEの選手も参戦してお り、CIMAなどもリングに上がっている。シンガポールといえば、盟友マイケル中澤がAEW合流前、ジムトレーナーとして人脈を作っていた経緯もある。
また、WWE、新日本も単独公演を行うなど、シンガポールは世界戦略のうちの1つに見定められている。AEWもまたそこに割り込もうという戦略のようだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿