投稿

5月, 2023の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:プエルトリコでのSmackdownとBacklash、入場売上で100万ドル突破!プエルトリコでの初のテレビ生中継イベントを成功に

イメージ
 WWEがプエルトリコを席巻してからまだ1週間しか経っていません。先週の金曜日と土曜日に SmackDownとBacklashを開催し、プエルトリコのファンを大いに喜ばせました。そして、それらのファンは、週末の間にWWEが大金を稼ぐのを助けたようです。 WWEはプレスリリースで、 SmackDownとBacklashが共に100万ドルのゲートを稼ぎ出したことを明かしました。SmackDownは14,282枚のチケットが売れて1048000ドルを稼ぎ、Backlashは15,145枚のチケットが売れて1447000ドル以上を稼いだと発表しました。WWEによると各番組の観客動員数はそれぞれ16,496人と15,552人に達し、使用料を差し引いた純売上高はそれぞれ1.016ドルと1404000ドルを超えたとのことです。 Backlashは2005年1月のNew Year's Revolution以来となる、プエルトリコでのWWE PLEまたはペイ・パー・ビューの開催を代表して、WWEのためのプエルトリコ旅行を成功させたといえます。さらに、これまでプエルトリコではテレビ中継されないライブイベントしか開催されておらず、最後のイベントが行われたのは2021年10月だったため、Smackdownの生中継はこの種のWWEのイベントとしては初めてのことでした。 SmackdownとBacklashは、主にプエルトリコ出身のタレントを中心に作られており、ゼリーナ・ベガは『スマックダウン』の女子タイトルでレア・リプリーに挑戦して失敗し、ダミアン・プリーストはプエルトリコ出身のレコーディング・アーティスト、バッド・バニーとサンファン・ストリート・ファイトと呼ばれるバックラッシュの名勝負で戦いました。この試合には、プエルトリコのレスリング界の伝説とされるカリートとサビオ・ベガの元WWEタレント2人が出場しました。 Wrestling .Inc