投稿

5月, 2023の投稿を表示しています

Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:プエルトリコでのSmackdownとBacklash、入場売上で100万ドル突破!プエルトリコでの初のテレビ生中継イベントを成功に

イメージ
 WWEがプエルトリコを席巻してからまだ1週間しか経っていません。先週の金曜日と土曜日に SmackDownとBacklashを開催し、プエルトリコのファンを大いに喜ばせました。そして、それらのファンは、週末の間にWWEが大金を稼ぐのを助けたようです。 WWEはプレスリリースで、 SmackDownとBacklashが共に100万ドルのゲートを稼ぎ出したことを明かしました。SmackDownは14,282枚のチケットが売れて1048000ドルを稼ぎ、Backlashは15,145枚のチケットが売れて1447000ドル以上を稼いだと発表しました。WWEによると各番組の観客動員数はそれぞれ16,496人と15,552人に達し、使用料を差し引いた純売上高はそれぞれ1.016ドルと1404000ドルを超えたとのことです。 Backlashは2005年1月のNew Year's Revolution以来となる、プエルトリコでのWWE PLEまたはペイ・パー・ビューの開催を代表して、WWEのためのプエルトリコ旅行を成功させたといえます。さらに、これまでプエルトリコではテレビ中継されないライブイベントしか開催されておらず、最後のイベントが行われたのは2021年10月だったため、Smackdownの生中継はこの種のWWEのイベントとしては初めてのことでした。 SmackdownとBacklashは、主にプエルトリコ出身のタレントを中心に作られており、ゼリーナ・ベガは『スマックダウン』の女子タイトルでレア・リプリーに挑戦して失敗し、ダミアン・プリーストはプエルトリコ出身のレコーディング・アーティスト、バッド・バニーとサンファン・ストリート・ファイトと呼ばれるバックラッシュの名勝負で戦いました。この試合には、プエルトリコのレスリング界の伝説とされるカリートとサビオ・ベガの元WWEタレント2人が出場しました。 Wrestling .Inc