投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:ジェフ・ハーディー「娘がハーディー・ガールズになるなら、俺がトレーナーになるよ」

イメージ
WWEインターコンチネンタル王者ジェフ・ハーディーは引退後、自分の娘以外の人間をトレーニングするつもりはないと話しました。彼は今週BTスポーツの取材を受け、引退後はWWEの創造的な舞台裏で仕事もしたいが、音楽のキャリアも続けたいと言います。   「究極的には、音楽に関わってるのが好きなんだ。でも、人生の残りの期間の中で、密かにプロレスに関わっていると思う。クリエイティビティのように、作家のように、舞台裏だったり、アイデアを提案するだけの人間だったり、何でもいい。」 ハーディーは9歳と4歳の娘がレスラーになる以外は他人のトレーニングを見ないと話します。   「俺は自分の娘でない限り、他人を鍛える事はしない。娘たちがレスリングをしたいなら、ハーディー・ガールズになりたいなら、俺がトレーナーになる。」 「今は女子王座、タッグチーム女子王座があるんだ。何年も前に『女子タッグタイトルがあったらかっこいいな』と言っていたのを覚えてる。そして、今がある。とてもクールだ」     WrestlingInc  

WWE:ドミニク・ミステリオのプッシュはいつまで続くのか

イメージ
WWE会長兼CEOであるビンス・マクマホンがドミニク・ミステリオを高く評価していることは周知の事実です。彼はプロレスビジネスはおろか、WWEにおいて新参者ですが、彼はマンデーナイトRAWのトップスターの一人として位置づけられています。 PWinsider.comによると、WWEの関係者はドミニクがトップ25%、RAWにおけるトップ3、4のベビーフェイスの一つであると考えられています。ドミニクの活躍はこれまでのところ関係者に感銘を与えており、彼はこのまま高く評価され続ければ、プッシュは継続される事となります。 ドミニクはデビュー以来、まだ5試合しかしていません。公式試合はサマースラムでのセス・ロリンズとのストリートファイトマッチでした。この試合はESPNで行われたNFLの2試合に対し、視聴率を高めるためにセッティングされました。 週末、WWEネットワークではドキュメンタリー番組である「WWE Day off」を公開し、ドミニクの試合に感嘆するビンス・マクマホン映しました。ロリンズに破れ、バックステージのゴリラポジションにやってきたドミニクはビンスに感謝の意を伝え、ビンスもまたドミニクのパフォーマンスを祝福しました。   Sescoops          

WWE:カート・アングル、マット・リドルのマネージャーを打診されていた

イメージ
WWEホール・オブ・フェイマーであるカート・アングルは4月のタレント、スタッフの解雇とともに放出されました。しかし5月には、マット・リドル vs ティモシー・サッチャーのケージ戦で特別ゲストとしてレフェリーを務めました。試合後にはリドルはスマックダウンのロスターとしての昇格が発表されました。 Wrestling Incのインタビューで、この際、リドルのマネージャーとしての役割をWWEは打診してきたが、カートがこれを断った事を明かしました。しかし、WWEと彼はまだ良い条件だと話します。   それはWWEはアングルに対し、トレーニングセンターでコーチになることを打診していたというのです。   「トリプルHには、センターに実際に行く事はあまりないが、電話やZOOMでレスラーと話したり、映像を見たり、テクニックやプロモについて彼等と話をすることについて話しました。僕にとっては簡単なスケジュールだった。 何も実現しなかったけど、それでいいんだ。彼等は数ヶ月前にそのアイデアを持ち出してきたんだけど、それでいいんだ。僕は今いる場所でいいし、彼等が僕をあちこちで使い続けたいと思うなら、それでいいんだ。」   Wrestling News.Co    

AEW:サンダー・ローザ「ここではみんな自分の物語を書いているようなもの」

イメージ
NWA女子王者でTJPWインターナショナル・プリンセス王者であるサンダー・ローザがAEW Dynamiteデビュー直後にトーク・イズ・ジェリコポッドキャストに登場しました。 彼女はAEWへの出場機会、PPV"ALL OUT"での志田との試合について話しました。(ALL OUT開催前に収録されています) 「最初にAEWから連絡があって、現在の契約状況について聞かれたの。私はNWAと契約しているため、他の場所では働けません。」 「だから、私は首脳部に連絡したの。正直言って期待はしてなかったけど、テキストメッセージを受け取って何となく分かったわ。電話が来て『お前はALL OUTに出るんだ』って言われた。誰かにALL OUTに出たいか聞かれたかって?やるわ、気にしない。私の個人的なキャリアから言えば、常に人々が私の才能を見て、私の全てを見てくれるのを待っていたの」 「メールを送って、お願いして、お願いして、お願いして、ということをする前に、私の頑張りを見てもらいたい。そうすると、『彼女は、会社にとって一緒に仕事をするのが素晴らしいことなんだ』と言ってくれる。まさしくそうなったわけだけど、本当に嬉しい」   ローザはNWA女子王者が別のプロモーションでその団体のタイトルに挑戦する事の意義について話しました。   「そう、女子プロレスにとって、NWAの歴史の中で、他のレスラーが他の会社に行って、他のチャンピオンと戦った事は無いとおもう。」 「だから、これが前例になるし、私は賛成している。私は歴史を作り、ビジネスに変化をもたらす事が全てで、それは運によってか、あるいはそれが起こるのをみているだけよ」   ローザはコブラ・ムーンというリングネームでルチャ・アンダーグラウンドで北米デビューを果たしています。かつての経験とAEWでの経験を比較しました。 「それはとてもクールなことだったの。今まで働いていた全ての会社と全く違う。」 「ルチャ・アンダーグラウンドでは5人のライターがいたけど、ここではみんな自分の物語を書いているようなものなの。ライターがいて、ストーリーがあって、これをしなければいけない、これを伝えなければならない。それだけ。ここは違うの」 「ここでは、人々は自分の創造性を発揮して、何ができるか試してみる事が推奨されているのだと思う。何か違う事をしたいと思

AEW:マット・カルドナ、新日への出場を問われ"100%"と答える

イメージ
元WWEのザック・ライダーとして知られ、4月15日のWWEから解放されたマット・カルドナは現在、AEWで活躍をしていますが、AEWとの契約は短期的な契約と見られています。 パンデミック中の日本旅行は厄介で、検疫期間が設けられています。2週間を失う事は難しく、今は日本への渡航を予定はしていないものの、彼はいつでもチャンスに備えています。 ツイッターでのQ&Aの中で、新日本プロレスへの出場を検討しているかと聞かれると、彼は"100%"と解答しました。 現在、フロリダに在住し、AEWの収録をしているジャクソンビルには問題なく辿り着いています。日本は別の話ではあるものの、物事がクリアになれば、彼は機会が与えられ次第、新日本プロレスに関わる事になるでしょう。 AEWとの契約により、多くのスターはAEWのロスターの一員として、日本で試合を行う事ができます。制限として、他のテレビ放送会社のために米国内で競争することが出来ません。ミロもこのような特権を持っており、マット・カルドナも同じような特権を所持していると見られています。   100% https://t.co/c1bGkOkDO1 — Matt Cardona (@TheMattCardona) September 12, 2020 RINGSIDENEWS

AEW:エディ・キングストンが語るLAX再結成の可能性について

イメージ
  LAXは長きに渡り、TNA、IMPACTを牽引してきたラテンアメリカ系の凶悪ユニットです。エディ・キングストンはポッドキャストに出演し、元メンバーが集まるAEWでLAX再結成の可能性について語りました。   「いや、俺は断固として思っている。サンタナ、オルティス、ディアマンテとAEWでLAXの改革を行いたくはない。サンタナ、オルティスはクリス・ジェリコと組むのに忙しい。俺は前に進まないと行けない、ディアマンテも。グループを維持することは出来ないんだ。」 「俺はクリス・ジェリコがインナー・サークルでやっていることには同意できないかもしれないが、でも彼は俺の息子達の世話をしてくれている。これは脅しではないが、もしジェリコが俺の息子達に手を出したら?その時はやる。でも、今は?」   もしも、自身がインナー・サークルに加わることになったら、という質問にはこう答えています。   「俺達が集まる必要は無い。彼等がインナー・サークルを脱退する必要も無いだろう?俺が参加する理由も無い」     Sescoops    

AEW:元WWEスーパースター ミロがAEW参戦サプライズから一夜明けコメント

イメージ
 ルセフとして知られる元WWEスーパースターであるミロは、昨夜のAEW Dynamiteでの衝撃的な登場を”全ての言葉を意味する”と自身のYoutubeチャンネルでフォローアップしました。「ただのプロモではなく、自分の実際の気持ちだった」と明かしました。  デビューが近付くにつれ、テンションが上がっており、AEWで唱われた"The Best Man"は単なるギミックではなく、自分が"世界最高のプロレスラーである"と話します。   「他の場所と違って、AEWでは実際に観客がいるんだ。約1000人の観客がいて、ファンの前にいるのは素晴らしい感覚なんだ。」と登場の瞬間、鳥肌が立っていた事を話しました。 キップ・セイビンに紹介され現れたミロはAEWのセグメントでこうマイクしています。「同じ家の元、ガラスの天井の下、イメージの真鍮の指輪、てめぇのケツにぶち込んでやる」と過激なニュアンスでWWE離脱をアプローチしています。 WrestlingNews.Co      

NEWS:テッサ・ブランチャード帰還!カイリーレイと女子タイトル防衛へ

イメージ
テッサ・ブランチャードは今週土曜日、数ヶ月ぶりにリングで試合をすることが発表されました。自身の保持するWarrior Wrestlingの女子タイトルをかけて、現在IMPACTに所属するカイリー・レイと防衛戦を行います。 テッサは、6月にIMPACTとの関係を解消し、彼女の持つインパクト世界王座は剥奪されました。パンデミック発生以降、テーピングに登場せず、婚約者のダガと暮らすメキシコから必要なプロモを送らなかった、と言われています。 インパクト離脱時にはWWEなどの他のプロモーションが彼女との契約に興味を持っていると報じられましたが、同時にSpeakingOutの流れで数多くの女子選手から過去の発言、いじめなどの告発を受けています。その舞台の一つは来日中のスターダムで発生していたとも言われています。 サミ・キャラハンとのインタージェンダーマッチで、男女の垣根を越えた熱戦を見せる一方、バックステージでの問題行動も度々報告されており、フリーランスとなった彼女がどのような選択をするかは注目が集まっています。 WrestlingNews.Co

WWE:ジェフ・ハーディー、"ウィロー"をWWEユニバースに紹介したいと発言

イメージ
BT Sportのインタビューでジェフ・ハーディーは"ウィロー"をWWEユニバースに紹介したいと発言しました。 TNA時代にこの面白いキャラクターを紹介し、受け入れられましたが、TNAがキャラクターを二度復活させようとしましたが、ハーディーは離脱を繰り返してきました。     「数年前、俺はジェフ・ハーディーになって、ウィローと呼ばれる人間になっていた。ウィローは一種のレスリングにおけるペルソナだった、俺のもう一つの夢なんだ。俺はWWEユニバースにウィローを持ってきて何が起こるか見てみたいと思ってる。ウィローと"The Fiend"の間に何かクレイジーでクールな事が起こりそうな奇妙な予感がする」   WrestleingInc    

WWE:サードパーティー禁止に対し、ペイジが反抗の模様

イメージ
既知の通り、WWEはタレントに対し、Twitchなどのサードパーティーサービスの利用を禁止する通達を出しました。様々な憶測を呼んでいますが、ペイジは昨日の彼女のストリームで自身のTwitchアカウントに対し、いくつかの変更を行うことを宣言しました。 Twitchアカウントは既に「OfficialPaigeWWE」から「SarayaOfficial」にチャンネル名を変更、グラフィックも変更される予定となっています。   「みんなが知っているように、これは全て現行されることになっています。Saraya-私の本名に変更されます。私達のTwitchを無くすつもりはないわ、私達はここに残るの。どこにも行かない。Twitchは私達の家です。私はTwitchの女王だから、私のストリームを無くす事はありえない。私達はここいます。みんな、私が持っている、サラヤだよ、サラヤに変更します。理解してくれてありがとう。サラヤに慣れるには少し変な感じになると思いますが、それはそれでいいんです。」   WWEは声明として、パフォーマーのステージ名に投資をしており、契約書の文言に関わらず、当社の成功のためには最大の資産を保護し、個人レベルではなく、全社的に第三者とのパートナーシップを確立することが不可欠であり、その結果、関係者全員により多くの価値を提供することになります、と述べています。 これはF4WOnlineが報じており、WWEのシニアディレクターでタレントリージョンズのマーク・カラノからタレントへWWEが実名の権利を所有していることをタレントに伝えたと言われています。これが事実である場合、単純な名前の変更だけでは問題が発生する可能性があります。 WWEは期日までに行動しない場合、契約の解除、罰則を宣言しています。   WrestlingInc