国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月27日水曜日

11.27 AEW DARK 試合結果 自信喪失のケニー、AEWでのAAAタイトル防衛に挑む

0 件のコメント :

先日のBeing The Eliteの冒頭、すっかり意気消沈してしまったケニーにマイケル中澤が、お前にはAAAタイトルがあるじゃないか、お前はチャンピオンだろ!と励ましたことにより、AEWでの王座戦が決定という前口上があってのAEW DARK。

実況はエクスカリバー、解説にはショーン・スピアーズ。

▼トレント vs ペンタゴンJr.
シングルとしての成績で言うと、ペンタゴンJr.に分がある。


トレントの入場を見送りにきてくれるオレンジ・キャシディ。 ロープワークからフェイント、動けないトレントの腹部に強烈な蹴り。しかし、ロープ飛び越えのDDTを狙ったペンタゴンJr.をスープレックスで投げ切る。トレントの場外弾を避けると、スーパーキックから蹴りの連打でトレントの動きを止める。

1度阻止されるものの、トレントは特大のトペ・コンヒーロ!しかし、コーナーでの攻防、スイングDDTをすり抜けたペンタゴンJr.がスリングブレイド。再びコーナーでの攻防からセカンドロープに足がかかって動けないトレントの腹部にフットスタンプ!これは2カウント。

ペンタゴンJr.のパンプハンドルスラムを丸め込みで切り返す、盟友チャッキーTも得意とする走り込んでの膝でペンタゴンJr.の動きを奪う。エプロンでの攻防、ガットショットからパーフェクトパイルドライバー。観客からは大歓声。リングに戻って勝機を逃さなかったトレントのデュード・バスター! なんと3カウント!

▼ビッグ・スゥォル vs シャナ
スターダムにも来日経験があり、現在、里歩がもつハイスピード王座も手にしたことがあるシャナ。一方、先日の参戦の後、バックステージに戻るとスタッフが走ってきてすぐに契約を申し出られたという噂のビッグ・スゥォル。日本人レスラーが目立つ女子の中で新たな流れとなるか。

力比べでロープにもつれ合う両者。リング中央でのロックアップを申し込むビッグ・スゥォル。腕取りはシャナが勝る。 試合が進むにつれ、ビッグ・スゥォルのパワーが目立ち、打撃でシャナの動きを止めていく。さらにロープ越しの胴締めフロントネックロック!!

両者膝をついての平手打ち。スゥォルは目の前でダンスを踊って挑発。ロープ際、場外に体を出してダウンしたスゥォルの顔面を蹴り上げるシャナ。さらにはダウンしたスゥォルの顔面を串刺し式にドロップキック。ボディスプラッシュはカウント2。

コーナートップ、下向きに据えたスゥォルの後頭部をフットスタンプ、カウントは2。走り込んだシャナを担ぎ上げて投げ捨てるとニーアタック。シャナがこれを返すと、ドラゴンスープレックス。一瞬、形が崩れるも、これでカウント3

▼オーサム・コング vsリヴァ・ベイツ
"ライブラリアン"コンビとしていい具合のジョバーを演じるリヴァ。ピーター・アヴァロンがいつものように喋っていたら、遮るようにオーサム・コングのテーマがヒット。でもこの人はフロムトーキョー、ジャパンではない。

分厚い図鑑を目の前で閉じて目くらましするも、エルボーからバックスピンブロー!一気に担ぎ上げると、全方位に見せつけるように回り叩き付ける。思わずピーターが介入しようとするも、オーサムに睨みつけられ入れない。そのまま片手で押さえ込み3カウント。さらにはリヴァの青い髪の毛を一部切り取ってしまう狂気性を見せる。他の女子に対しても同じことをしていくのか。

▼AAAメガチャンピオン王座戦 ジャック・エバンス vs ケニー・オメガ
試合前からレフェリーにつっかかるなど落ち着きの無いエバンス。テイクダウンからネックロック、言葉で侮辱し続けるエヴァンス。しかし、ケニーのコタロークラッシャーの衝撃をスピンで殺すとそのまま立ち上がる!

ケニーのバックハンドチョップが体格に劣るエバンスに冴え渡る。カナディアンバックブリーカーからエバンスの両足を腰で固定したまま反った顔面を固定する危険な固め技。強烈なフェイスバスターで切り返したエバンス。しかし、ケニーはエルボーの連打から背面へのエルボー、もう1度バックブリーカー。 さらに、背中への強烈過ぎる蹴り。蹴り足を捉えたエバンス、しかし同様にケニーに蹴り足を掴まれるとこれをトンボを切り脱出。ケニーにフロントフリップのニールキックを浴びせると、トップロープで反転してのムーンサルト。

コーナーに詰められるも、コーナートップに飛び乗ってのムーンサルトでケニーの突進を避ける。さらに、スタンディングのスカイツイスタープレス。これはカウント2。ケニーは強烈な打撃の連打から、クイックドラゴンスープレックス。バックを取ったエバンスが嫌がるももう1度。

エプロンに出た2人、ケニーが断崖式スープッレクスを狙うもエバンスは阻止。しかし、場外に降りると、硬い床でのクイックドラゴンスープレックス!!さらにリングに戻っての蒼い衝動式牛殺し。エクスカリバーの「ウシゴロォーーーシ」は言いたくなる。畳み掛けるもエバンスはこれをキックアウトしてみせる。

エバンスの540°スプラッシュを膝で迎撃したケニーが走り込んでの膝!タイガードライバーもカウント2。Vトリガーからの片翼の天使で完璧な3カウント!!


https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW

0 件のコメント :

コメントを投稿