投稿

8月, 2022の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ジェイ・リサールとのパートナーとしてモーターシティー・マシンガンズが登場!!!FTR、ウォードローとの対戦が決定!!!

イメージ
  モーターシティー・マシンガンズがAEWにやってきます。 8月24日放送のAEW Dynamiteでサンジェイ・ダットは自らとサトナム・シンは予定されていたジェイ・リーサルとの6人タッグ戦でFTR、ウォードローと対戦しないことを発表しました。代わりに、リーサルのパートナーとして現在、IMPACTで活動するクリス・セイビン、アレックス・シェリーのタッグ、モーターシティー・マシンガンズを連れてくるそうです。 シェリーとセイビンは、キャリアの大半を過ごしたIMPACTで活躍中です。シェリーは最近、IMPACT世界選手権試合でジョシュ・アレキサンダーに破れました。リーサルはTNA/IMPACTに所属していた時、この二人と時折、対峙してきました。 Fightful

WWE:NXTに里村明衣子も襲来!!NXT女子王者マンディ・ローズ vs 挑戦者ブレア・ダベンポート vs NXT UK王者里村のトリプルスレットマッチが決定!!!!!

イメージ
"最後のボス"がNXTに現れました。 9月4日に開催予定のNXT Worlds Collideにて男子のNXT/NXT UK王座は統一されることが決定していましたが、女子の王座はトリプルスレットで統一されることとなりました。 WAIT A MINUTE!!! @satomurameiko has arrived on #WWENXT ! @WWE_MandyRose @BDavenportWWE pic.twitter.com/mhe8lyX7vX — WWE (@WWE) August 24, 2022 すべてのきっかけとなったのは、ブレア・ダベンポートで、インディ・ハートウェルを相手にNXTデビュー、その後、NXT UK女子王座のナンバーワンコンテンダーとなったものの、ブレアはNXT女子王座への挑戦を表明。王者であるマンディ・ローズが彼女の挑戦を受けるために出てきたものの、そこへNXT UK王者である里村明衣子が割って入り、トリプルスレットでの統一戦となりました。 It's official for #NXTWorldsCollide ! #WWENXT @WWE_MandyRose @satomurameiko @BDavenportWWE pic.twitter.com/MEjJRQn5wu — WWE NXT (@WWENXT) August 24, 2022 NXT UKは解体が決定しており、これまで所属していた中で20人あまりの選手、スタッフが放出されています。将来的にはより大きなNXTヨーロッパの構想があります。 Fightful

WWE:RAWにジョニー・ガルガノが帰還!!!HHHはまだまだ止まらない??

イメージ
ジョニー・ガルガノが帰ってきました。 8月22日放送のWWE RAWで、元NXT王者は衝撃的なリング復帰を見せました。彼がNXTで行ったすべてをファンに思い出させました。マイクを握った彼は、自分の将来を取り巻く不確実なことを話し、かつてWWEでタイトルをかくとくすることを夢見ていたと語りました。そして、夢を追いかければ何でも可能だということを息子に見せたかったと明かし、WWE RAWに来ること、WWEに戻ってきたことで自分自身に賭けたと述べました。 Believe in yourself. Nobody will do it for you. Welcome to #WWERaw , @JohnnyGargano ! https://t.co/prY2obXNor — Triple H (@TripleH) August 23, 2022 The Wayでガルガノが面倒を見ていたセオリーがリングに現れ、マネー・イン・ザ・バンクではブリーフケースを獲得するなど、ガルガノが去ってから多くのことが起こったと述べ、そのどれもがガルガノなしではあり得なかった。しかし、ガルガノがこのリングではルーキーであるのに対し、自分は実質ベテランであるほどに成長したと加え、ガルガノがうまくできないのであれば、そのまま消えてしまえばいいと告げると、握手を要求したセオリーに対しスーパーキックを見舞いました。 NO WAY, @_Theory1 ! @JohnnyGargano just made his choice on #WWERaw . pic.twitter.com/gg1LlhU3Q4 — WWE (@WWE) August 23, 2022 Fightful

STARDOM:海外メディア超ロングインタビュー、中野たむが明かすタイトルマッチ、最大のライバル、団体外で対戦したい相手「世界で一番カワイイのは………………」

イメージ
  今週の日曜日、STARDOMのスペシャルPPV「STRADOM×STARDOM」が愛知県名古屋市ドルフィンズアリーナから生中継で行われます。5STARグランプリ真っ最中に開催されるこの大会は、STARDOMにとって今年1番のビッグショーになることは間違い無いでしょう。この週末は朱里が初代ワールド・オブ・スターダム王者である高橋奈七永を相手に防衛戦を行い、上谷沙弥がKAIRIを相手にワンダー・オブ・スターダム王座を懸けて戦うダブルメインイベントが開催される予定です。ダブルメインイベントは流石に大物揃いですが、それだけではありません。 第三試合では、FWC(葉月&コグマ)が中野たむ&なつぽいのCOSMIC ANGELSを相手にゴッデス・オブ・スターダム王座を防衛戦を行い、タッグチームマッチのクラシックとなる予感を漂わせています。この試合は、たむがなつぽいという新たなパートナーを得て、再びタッグ王座を追求する重要な一戦となります。 たむのキャリアをここまで追ってきたのならば、彼女がいかにユニークで特別なレスラー化キャリアを積んでから何年も経ってから知ったことでしょう。コズミックエンジェルスのリーダーは近年、スターダムの主要メンバーとしてプロレス界に足跡を残そうとしており、素晴らしいの一言に尽きます。2021年のワンダー・オブ・スターダム王座戦は、スターダムの歴史の中でも最も愛された王座の一つであり、タムは王座防衛の一つ一つにストーリーを持たせ、前回よりも大きな意味を持たせてきました。2021年12月の「STARDOM Dream Queendom」で上谷に王座を奪われたが、STARDOM×STARDOMや5STARグランプリで再び栄光を手にするチャンスを求めている彼女はSTARDOMのロースターの重要なメンバーであることは変わりはありません。STARDOMが発展していく中で、彼女が常に最前線にいることは間違いないのです。 Fightfulのスコット・エドワードは、STARDOM×STARDOMでの試合を前に、中野たむのインタビューを行い、タイトルマッチ、ワンダー・オブ・スターダム王座、最大のライバル、タムロード、STARDOM以外で対戦したい相手などについて語りました。 Q:STARDOM×STARDOMでは、なつぽい選手とタッグを組んで、FWCとゴッデス王座

AEW:AmazonUKのリークにより、ユークスが開発中のゲームの詳細や試合ルールが明らかに!!AEW因縁の有刺鉄線電流爆破マッチも搭載で、海外団体としてはECW以来か??

イメージ
  AEWのコンソールゲーム「AEW Fight Forever」の詳細情報がリークされました。 Amazon UKの新しい投稿では、有刺鉄線電流爆破マッチなどいくつかのマッチタイプやゲームの特徴を見ることができます。 商品説明は下記となります。 「AEW Fight Forever」は、数百万本のセールスを記録したプロレスゲームを数多く手がけている株式会社ユークスが開発し、懐かしいアーケードレスラーの感覚とオールエリートレスリングの革新的なフィニッシャーやタンデムオフェンスムーブを融合させた作品です。AEWは現在、TNTとTBSのネットワークで毎週開催されるRampageとDynamiteのショーでリングに上がる大物レジェンドたちと、AEWの新しいタレントたちが登場し、嵐を巻き起こしているところです。AEW Fight Foreverはそのタレントロースターの中からベスト中のベストを1つのゲームに集結させたものです!オンライン協力プロレスは、シンプルなコマンドで一連のチーム操作ができるタッグマッチで、完全にレベルアップしています。 主な特徴は以下の通りです。 懐かしいアーケードレスリングの雰囲気とAEWの革新的なフィニッシャーやオフェンスムーブを融合。タレントは伝説的な選手とAEWの新しいスター選手で構成されています。 ・シングル ・タッグ ・3WAY ・4WAY ・ラダー ・カジノバトルロイヤル ・エニウェアフォール ・ライツアウト(ハードコアルール) ・有刺鉄線電流爆破 ・オンラインCo-opマルチプレイ これまでアメリカのプロモーションでゲームに有刺鉄線マッチが登場したのは、ECWだけです。 Amazon UKの投稿では、2022年12月31日が発売日となっており、PS5、Xbox、PS4、Xbox One、Switch、PCで発売されることが決定しています。AEWは元々9月発売を目指していたが、延期された模様です。パブリッシャーはTHQ Nordicになります。 Fightful

WWE:サーシャ・バンクスとナオミとの和解は成立??アメリカ専門メディアの中でも確定的とされつつも………………?

イメージ
  サーシャ・バンクスとナオミがもうすぐWWEに復帰する可能性があるようです。 WrestlingNews.coは月曜日に「サーシャとナオミが復帰するための合意が成立した」と報じました。レポートでは今夜のRAWまたは近い将来、トリプルHの政権下で彼らが戻るのを見るかもしれないという話がバックステージにあると報じていました。 二人は、5月にタッグ王者としての取り扱いに抗議し、RAW放送前にベルトを置いて立ち去っていました。WWEは二人を無期限出場停止、女子タッグ王座は新王者を決めるトーナメントを開催すると予告していたものの、行われていません。 Wrestling Observer Liveでブライアン・アルバレスはこの報道を取り上げました。 「100%確認したわけではないが、みんな聞いているし、ある情報筋によると、「そうだ、サーシャとナオミは復帰する契約をした」と言っています。だから2時間以内にはもっとわかると思う。それが真実だと思うし、かなり確かだと思う。しかし100%とは言えない」 Wrestling Incのラジ・ギリは6月にサーシャがWWEからリリースを受けたと報道していましたが、WWEはその発表をオフィシャルにはしていません。 デイブ・メルツァーも先週のSports Illustratedのポッドキャストで、WWEがサーシャとナオミとの和解を試みていると聞いたと明かしています。 Wrestling Observer

WWE:ブロック・レスナー引退??ビンス引退が引き金となりリングを降りる決意か?契約合意したという噂も………………??

イメージ
  ブロック・レスナーの今後に様々な憶測が生まれています。 Battered. Bruised. Beaten. But he's is still leaving with his hat. There will never be another Brock Lesnar! 👏 #SummerSlam pic.twitter.com/bBl1PmdJ2S — WWE on BT Sport (@btsportwwe) July 31, 2022 土曜日のサマースラムの一戦の後、トラクターで傾いたリングに登ったレスナーは観客に向けて、カウボーイハットを手に取り、観客に手を振りました。彼が会社を休むのか、それともリング上での競争から完全に引退するのか、ファンの間で噂になっています。ソーシャルメディア上では、ビンス・マクマホンの引退と共にザ・ビーストも去るのではないかという意見もあります。これには、レスナー自身が、マクマホンのことを父親のような存在であり、永遠に恩義を感じている人物と語っていることもあります。また、この噂は先月、マクマホンが引退したその日、カチンと来たレスナーが会場を立ち去り、大慌てでスタッフが事情を説明し、収録に参加したという一幕もあります。 一方で、レスナーとWWEは契約に合意したと見られており、すぐに引退することはないという見方もあります。事実、Day1のキービジュアルにレスナーが採用されています。 来月のイギリスでの興行には名前がありませんが、11月5日にはサウジアラビアでのクラウン・ジュエルが開催されます。これはサウジアラビアとの10年間のパートナーシップを通し、8回目のイベントであり、レスナーはこれまで全てのイベントに参加してしています。 Wrestling Inc

AEW:元WWEクルーザー級王者トニー・ニーズが明かすブライアン・ダニエルソン205Live参戦の噂、AEWでこの続きは観れるのか??

イメージ
現在、AEWで活躍するトニー・ニーズは"WWE 205 Live"のトップネームの一人でしたが、クルーザー級部門はなかなかプッシュを得ることが出来ませんでした。元クルーザー級チャンピオンが自らのキャリアを鑑みると、様々な男の名前が上がってきました。 「間違いなくノーム・ダール(現NXT UK)との試合は、ストリートファイトのようだった、とても楽しかった。セドリック(・アレキサンダー)とは何度も試合をしたけど、多分レッスルマニアに出るためにやった試合だったが、あれも素晴らしいものだ。バディ・マーフィー(現在・マシューズ、AEW所属)とのレッスルマニアの後にやった試合も絶対に好きな試合だ、試合内容だけじゃなくて色々な理由がある。あの週末、全てのファンに見てもらう最後の試合だったけど、それでもよい反応が得られたから、特別な感じがするんだ。」 "WWE 205 Live"はファンが長期的に期待するような注目を集めなかったものの、ショーを盛り上げるためのアイデアが投じられなかったというわけではありません。ニーズは当時、ブライアン・ダニエルソンがクルーザー級での戦いを所望していたと明かし、他のロースターと試合をしようとしていたことを明かしました。 「彼は(ムスタファ・)アリを呼んできて試合をさせたりしてたけど、こちら側に足を踏み入れてるようなもので、「よーし、あんたもこっち側だ」って感じだった。実際に彼は来たがってた。205でキラーマッチをするために有名人を呼んだり、いつもいろんなことをしていた。一度、ブライアン・ダニエルソンともしてみたかったし、それだけで梯子をかけれるわけじゃないけど、でも、それは間違いなく目前だったし、絶対に素晴らしいことだったんだ。」 Wrestling Inc

ROH:PPV「Death Before Dishonor」のデジタル購入は36,100件、40万ドル近い収益に!購入者の68%がForbiddenDoorも購入していた模様。

イメージ
今週のレスリング・オブザーバー・ニュースレターのデイブ・メルツァー曰く、先週土曜日に開催されたROH 「Death Before Dishonor」のPPVは36,100件の購入があったようです。そのうち、9100件がケーブルTV、それ以外はストリーミングでの購入でした。 この数字は、4月の「Supercard of Honor」の19200件(15500ストリーミング、3700ケーブル)から大きく上昇しています。 しかし、元々の有料配信サービスであるHonorClubでこのショーは放映されていないこと、スーパーカードはレッスルマニアの金曜日だったが、今回は他に大きな興行の被らない土曜日開催だったことを要因として指摘しています。 なお、ショーは3100人の観衆を集め、プロモーションの歴史の中で4番目に大きな動員となりました。 なお、今回のPPVを購入したうちの68%(推定24300人)近くがAEW×NJPW Forbidden Doorを購入、また同程度の人数がAEW Double or Nothingも購入したことがわかっています。 メルツァーは、デジタル購入の数字が大切なのは、国内独占販売元がディスカバリーの所有するBleacher Reportだから、と指摘しています。この番組はおよそ、ディスカバリーに40万ドル近い収益をもたらしており、番組自体の価値と共に、年に何度もPPVショーを開催する事で、ディスカバリーにより利益をもたらすことができることに基づき、トニー・カーンはディスカバリーと毎週のテレビ番組の契約をする際にプラスに働くと付け加えました。 Wrestling Observer

WWE:2023年も新年一発目、元旦興行「Day1」の開催が決定!!アトランタ開催が発表される。

イメージ
  PPV「Day1」はアトランタに戻ります。 WWEは金曜日のスマックダウン収録中に2023年1月1日(日)にステートファーム・アリーナにDay1が戻ってくることをTwitterにて発表しました。 World Wrestling Entertainment returns to Atlanta’s State Farm Arena with @WWE Day 1 on Sunday, Jan 1st, NEW YEARS DAY! See your Favorite Superstars from Monday Night RAW & Friday Night Smackdown compete at the 1st Premium Live Event of the New Year! 🔗: https://t.co/5XMrpyXAC8 pic.twitter.com/SG2a3bULKO — State Farm Arena (@StateFarmArena) July 30, 2022 WWEは今年初め、元旦にプレミアム・ライブ・イベントを開催するという新しい伝統を1日目のイベントとして開始しました。当初、WWEユニバーサル王座戦としてブロック・レスナーvsローマン・レインズが予定されていましたが、レインズが陽性反応が出たため、WWE王座4Wayにレスナーが登場し、前王者ビッグE、ケビン・オーウェンズ、ボビー・ラシュリーを破り、王座奪取に成功しました。 Wrestling Observer

WWE:負傷欠場中のビッグEがトライアウト審査に参加、トリプルH下の新体制に自信と興奮を見せる。「この経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。」

イメージ
  ビッグEはトリプルHの元で、WWEに何が起きるか見ることができることに興奮しています。彼は現在、首の骨折で休養しており、レスリングに復帰出来る可能性があるか再び評価されるのは来年3月行こうと言われています。しかし、常に忙しくしており、最近はテネシー州ナッシュビルで行われたサマースラムのトライアウトに参加したそうです。 トリプルHの元で、WWEが取ることができる新しい方向性について話しました。 「たくさんあるよ、電話でそれについて話したい人が殺到したんだ。ボスとしてのハンターとの経験を話すと、NXTで感じた、信じられない程の創造的な心を持っている人だ。彼と意気投合したタレントは山ほどいるはずだ。この会社の歴史における次の時期、そしてこの経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。だから、物事がどのように展開するか興味津々だ。きっといいものになる。ファンのみんなも、これで火がつくと思うし、一度ファンになった人も、もう一度見てくれるだろうし、すでにファンの人もこれからの展開に期待してくれると思います。」 EはトリプルHから連絡がありトライアウトに参加したこと、彼がどのようにこれらの大学選手と関わっているのかについて触れました。 「トリプルHは電話をかけてきて、何かやりたいことはないかと聞いてきたんだ。プレッシャーはなかった。『もしテレビから離れたいなら少し離れていていい、理解するよ』と言われたんだ、でも、この言葉が響いたのはトライアウトの平均が23歳だと言われたからなんだ、俺は23歳で契約した。みんな大学生アスリートだ、2009年、俺も同じ立場で、突然それが終わって「さぁ、どうする?自分の時間と人生の多くをスポーツに捧げ、食事も睡眠もトレーニングも、突然無くなってしまった」プロレスに救われ、WWEに救われ、欲望を注ぎ込むものがあったんだ。ジェームスとはラスベガスでNILの活動をしたこともあって、すでにとても良い関係を築いていたし、ちょっとしたカンファレンスでもそのことについて話してもらった。若いアスリートたちが自分のスポーツを終えて、さてどうしようかと悩んでいる姿に共鳴したのです。自分の経験を活かし、何かできることがあれば、ぜひ参加したいと思います。」 Fightful