Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

Lucha:ルーシュ、ドクトル・ワグナーと遭遇、ロスインゴオリジナル再び合体!?


CMLLから解雇された制御不能の男は、ありえない旅を続けている。ROH世界ヘビー級王者である一方で、メキシコの様々なローカル団体には積極的な出演を続けている。当然、プロモーターはこれまでCMLLが独占し続けてきたトップ選手に対し、刺激的なカードを提案しているわけだが、この一ヶ月でとんでもないカードが連続していたのである。

▼ドクトル・ワグナーJr.との危険な遭遇

日本のプロレスファンにもお馴染みのドクトル・ワグナーJr.は今もAAAのトップレスラーであり、今年のトリプレマニアでのブルー・デモンJr.との血染めのメインはコンクリート片で殴られるという衝撃的なラストで度肝を抜いた。

今日、メキシコのLucha libre Realで行われたメインの一戦、ドクトル・ワグナーJr.、エル・イホ・デル・ワグナーvsルーシュ、ベスティアデルリング(父ピエロー)という一戦、戦前、ルーシュとベスティアはワグナー親子にワグナー王朝の終了を宣告。


試合は、案の定反則負け。ルーシュはリングの上でワグナーと1vs1で向かい合うという演出を見せるが、既にルーシュはAAAのリングに上がっているので、今度はAAAの大舞台でこの2人のマッチアップの可能性が出てきた。

▼アルベルト・デル・リオのお膝元では

Nacion Lucha ribreにて10月30日に行われた試合では、あの男との再会があった。この団体、今年の6月にアルベルト・デル・リオとチャボ・ゲレロ・Jr.によって発表され、アルベルトがオーナーを務める新興団体である。

ここで再会したのが、なんとラ・マスカラである。ロス・インゴベルナブレスのオリジナルメンバーだが、CMLLを解雇され、ユニットを離れてしまっていた。

マスカラが解雇された理由について触れると、彼はアルバラード家、つまりブラソデブラタなどブラソスの一族であり、長男ブラソデオロとレディ・アパッチェの息子というエリート中のエリートである。新日本のファンにお馴染みのマキシモは従兄弟という間柄になる。

父、オロは長いことルチャドールの組合の幹部だったが、 内部から労働者の権利を守っていないなど厳しい目を向けられていたのは周知の事実。彼が亡くなった後に行われた会議の中で、ゲレーロ親分ことウルティモ・ゲレーロから批判的な言動があったことに激怒した彼等はゲレーロの乗るスポーツカーを破壊してしまい、CMLLを解雇されたのだ。ヒールどころの話ではない………

CMLLを離れた彼はマキシモの弟で、AAAのトップ選手サイコクラウンと合体。マスカラは今年に入りAAAを離脱し、このNacion Lucha libreへ辿り着いたのでした。そこへ、急転直下、ルーシュとベスティアも解雇されてしまい、こんな所で顔を合わせることになったのだ。



 マスカラとドラゴン・リー、そしてルーシュの間には2016年深い関係性がある。4月、マスカラがアンヘル・デ・オロからCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取した際、オロについていたリーと口論になった。これに兄であるルーシュは反論、マスカラと仲違いしてしまう。

マスカラは同志であるルーシュ、父ベスティア、それに弟ドラゴン・リー、もう1人の弟カリスティコ、つまりムニョス家全体との抗争を宣言する。9月に開催されたCMLL83周年記念大会のメインにて、ドラゴン・リーとのマスカラ・コントラ・マスカラに挑み、敗北。しかし、これがきっかけでルーシュとの関係は修復された。

いわば、彼等の物語は現在のメキシコマットにおいては1つの押さえておくべきトピックとなっている。2018年にThe Crashでサプライズとしての合体はあったが、今回のように試合で組むというのは2年ぶりのこととなる。

試合はLAパーク、エル・イホ・デ・ドス・カラス(デル・リオの実弟)、アルベルト・デル・リオ vs ロス・インゴの3人。試合は御大LAパークの入場中にマスカラが襲撃。グチャグチャになったところで、20分を過ぎて滑り込んできたデル・リオが飛びつき腕ひしぎで試合を決めると、マスカラを怒りのテーブル葬。さすがロドリゲス家(ミル・マスカラス、ドス・カラス、エル・シコデリコなど名門一家)、美味しいところは逃さない。

いつものように悪態をつきながら、帰っていくロス・インゴの面々であった。


CMLLを飛び出したことによって、不可能と思われていた顔合わせが次々と叶っている。特にNacionは権利上の関係があり、AAAのトップ選手が上がるのは難しいと見られており、ルーシュらが上がることでマスカラと合体、ロス・インゴの続きが見れるとなればアルベルトの財布は膨らむばかりだ。(………アルベルトがプロレス今年辞めるって言ってたのはなんだったんだろう)



https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/rush


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!