WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

PWGバトル・オブ・ロサンゼルス、最後の一人に衝撃のエントリー

PWGで開催される大型シングルトーナメント、バトル・オブ・ロサンゼルスのエントリー者が続々と発表されていたのだが、今朝、衝撃的な名前が最後の一人としてインターネットを駆け巡った。
こ こまでROH、AEW、CMLL、そして多くのフリーレスラーが名前を連ねていたのだが、突如発表された名前はなんと大日本プロレスの関本大介である。先 月もアメリカ遠征をしており、海外での人気の高いレスラーの一人ではあるが、この選択はやはりPWGの嗅覚の良さと言わざるを得ない。




関 本は日本インディー界屈指のパワーファイターであり、明徳義塾で野球をやっていた時には練習そっちのけで筋トレに明け暮れ、後の朝青龍に腕相撲で勝ったと いう逸話もある。関本がただのインディーというだけで終わらないのは、人知を越えたその肉体と記憶に残る真っ向勝負、さらに全日本でも世界タッグ、アジア タッグ王座、チャンピオン・カーニバル優勝、DDTのKO-D無差別級、KO-Dタッグ、NOAHでもグローバル・リーグを何度も沸かせて来た。新日本と は若手主体の興行で強過ぎる外敵役として海野などを叩き潰して来た。
特筆すべきは、今年の2月に開催された 「ジャイアント馬場没20年追悼興行〜王者の魂〜」にて、全日の三冠王者宮原と組み、棚橋、ヨシタツと戦ったメイン。言わば周りはメジャーのトップクラス の選手ばかりが立つ中、堂々と渡り歩き、試合後の棚橋のコメントでもラリアット、逆水平について触れ、新日本vs関本が面白いんじゃないかと語ったのだ。
新 日本を中心に見ている人にとっては馴染みの薄い選手かもしれないが、実は日本のパワーファイターの多くは、インディーにまだまだ多くいる。関本のタッグ パートナーである岡林裕二も柔道、重量挙げ出身で、デビュー当時から新人離れした体の厚みを誇っていたし、以前NOAHの記事で触れた火野裕士 (ZERO1火祭り優勝おめでとう)はK-DOJOの出身である。今や全日本プロレス所属で諏訪魔とタッグを組む石川修司はDDTでデビューをした。この 人達がぶつかれば、リングが軋むようなプロレスが見れるのである。
 
今 年のバトル・オブ・ロサンゼルスで言えば、兄のペンタゴンJrと共にケニーとのAAA世界ヘビー級王座戦が決まったレイ・フェニックスがAEW代表とし て、AAAからROHに移籍したバンディードがROH代表として、ドラゴン・リーがCMLL代表としてノミネートしており、00年代を代表するトップル チャドーラがなんとアメリカで交わる可能性があるという面白い事態になっている。
さらに、この中にROH代表と してあのジェフ・コブの名前もあるのだ。関本のフェイバリットムーブはジャーマンスープレックスであり、死ぬ時はジャーマンでブリッジをしたまま死にたい という名言を残すほどにこだわりを持っている。もしも、ジェフとのスープレックス対決が実現したら、それだけでDVDが1本作れるような大事になる可能性 もあるだろう。
 
特に今年のバトル・オブ・ロサンゼルスは、AEWの 動向によりアメリカインディーの中の風景が大きく変わったこと、過去の出場者の多くがWWE NXTに現在所属していることなどから、非常に注目度が高くなっていると見られている。そこにただ一人、最後のサプライズとして公開された関本の発表は非 常に好意的に受け止められているようだ。一体、この大舞台でどんな戦いを見せてくれるのだろうか。

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明