WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

スターダム:アンドラス宮城の暴走!花月とのシングル戦へ!!


アンドラス宮城は常々,頭のいいレスラーだと思っている。タッグトーナメントでの度重なる誤爆。自分をスターダムに連れて来た花月とのチグハグな関係性。それは試合の中だけではなく、SNSにおいても積み重ねられていて、先週の段階で彼女のTwitterアカウントは削除されていた。

▼糸を紡ぐような物語

ある意味、オーソドックスな方法ではあったのだが、6人タッグ戦途中から試合に介入せず、味方である花月達を看板で殴打。 これに激怒した花月が大江戸隊からの追放、シングルでの一騎打ちを言い渡した。

アカウントが消えた時点で何らかの行動に出ると思われてはいたのだが、大方の予想通りになってしまった、という言い方が正しいだろう。

しかし、彼女の仕掛ける物語が一段違うのは、スターダムは明日も新木場で興行を行う、という点だ。ビー・プレストリーvsスターライト・キッドvsアンドラス宮城、つまりユニットとは関係ない1人での試合なのだ。



彼女が今日、仕掛けた物語は明日、新木場で更新をされることとなる。

▼SNSを差し引く、という考え方

有名な話だが、彼女はグラフィックデザインの出身である。デザインというものを考える時に重要なことは要素を差し引いていくことだ。何でもかんでも書いてあればよいというわけではなく、適切に、かつインパクトを持たせるために差し引いていく、という思考が基本的な部分に存在している。

これまでの彼女のSNSは、興行の中で伝え切れないものを広げていく行為だった。団体の中で主たる話題にはならないものの、彼女の行動、発言、SNSが試合自体の意味を広げて来たのだ。

印象的なのは、今年のシングルリーグの最中、執拗に対戦相手と1試合毎に手を変え品を変え、SNSでテーマを構築していた。

それが、SNSのアカウントを消して、大きな行動に出た瞬間、アカウントがないことによって、彼女の意思や次の行動は翌日の現場に行かなければ、手に入れることは出来ないのである。

今、SNSをどう活用するか、フォロワーをどう利用するかが重要と言われている業界の中で、今までフォローしていた人を捨てるという行為はマーケティングからすれば無謀にも程がある。しかし、これによって確実に明日、スターダムを見に来るという行為の価値は上がっていると見ることも出来るのだ。
 

▼アンドラス宮城の今後の行方は

極めて個人的な見立てではあるが、果たして今の大江戸隊が純粋なヒールユニットとして機能していただろうか。Youtubeの大江戸隊のコーナーを見ていると、そこが徹底されているかとなると難しい気がする。

かといって、これでアンドラス宮城がフェイスターンするとも思えない。彼女があの姿になって以来、スタンスとしてはヒールを貫いてきているからだ。そう考えると、例えば、明日の対戦相手であるビー・プレストリーを自身のユニット立ち上げに引き抜いたとすれば、スターダムのユニットのバランスが大きく変化するのではないか。

それが他の外国人にまで波及したとすれば、彼女の行動は非常に刺激的に見える。一体、何を考え、動き出したのか。その答えは明日まで待つ必要があるようだ。



https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/JoshiPro

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について