国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月29日金曜日

STARDOM:今からでも遅くないスターダム Ep2 岩谷麻優

0 件のコメント :

▼スターダムの主役は誰かと聞かれたら、岩谷麻優である

これから見始めるなら、渡辺桃と言った。それでは、今、この団体の主役は誰かと言われたら、岩谷麻優ということになる。

元引きこもり、家出同然で山口県から飛び出してきて、勝つのだって簡単なことじゃなかった少女が辿り着いた夢は今まさに光り輝いている。

線は細い。元々、走るどころか歩くのもままならないとGMになった風香が語るレベルなのだが、レスラーとしてのキャリアが8年を越えようとした今も、それは変わらない。体質的なものも大きいだろうが、特に外国人は大柄なタイプが多いスターダムではより際立って見える。

だが、試合で見る岩谷はその線の細さとは裏腹に、非常にバネがある資質の良さを感じる。元々、柔道や陸上の経験があったと本人が語るが、デビュー当時の風香の言い分からするとようやく隠れた才能が芽生えたというべきか。瞬間的な動きの中に輝きを持つ、それが岩谷のプロレスだ。


▼紆余曲折した岩谷の階段

デビューはスターダムの旗揚げと同日。対戦相手は星輝ありさ。今は同じユニットSTARSで岩谷は"赤いベルト"ワールド・オブ・スターダム、星輝は"白いベルト"ワンダー・オブ・スターダムを保持する。いわば、シングルの最強を誇るのは、STARSという位置づけと言えるだろう。

2014年、ワンダー・オブ・スターダム王者としてシングルの王者になるまでは3年の月日がかかった。それ以上に、岩谷が人として立ち上がることにはもっと時間がかかった。衝動的な性格と本人も、様々な人達も語るが、逃亡しては戻りを繰り返してきた。ロッシー小川の本にもあるが、突然動物のトリマーになるから辞めると言い出したこともあった。

それでも、いつしかイオやカイリと共に走っているうちに、彼女自身が強くなっていった、と言える。

どこか危なっかしくて、裏腹さを秘めた岩谷の姿は、女子プロレスラーらしさかもしれない。

▼もう1段上の階段は

岩谷はスターダムは色々起こる場所だから、精神的に慣れました、と語る。家出同然で飛び出してきた子が、大人になった。

だが、共に走ってきた人達がWWEへ挑戦し、岩谷自身が今、赤いベルトを穫ったことで求められているのは"スターダムのアイコン"として何を見せるかだ。

団体規模はこの1年で急成長をしていくことになるだろう。おそらくそこで最初に見るのは、王者としての岩谷の存在ということになる。拡大する団体を先頭に立って突っ走る旗を持たされたのが彼女の役目である。

岩谷の歴史は言わば、団体の歴史と言っても過言ではない。ここから岩谷自身が何を見せるのかということがスターダムという団体の重要事項ではないか。

確実に積み重ねてきた彼女の階段の次の一歩を歩く時が来ている。

"WWEではない"新しい女子プロレスの階段である。

▼"負け犬の顔を持つベビーフェイス"

2018年のPWI女性部門で岩谷は9位に入っている。これは、カイリよりも高い順位だ。ROHで女子王座を穫ったこともある岩谷だが、外国人は彼女の何を評価しているかというと、思い切りのいい受け身と負けたところからの這い上がる様の見せ方にあるようだ。

あるコメントでは、自分が見に行くといつも負けている、と書かれていたが、確かに常勝チャンピオンではない。だからこそ、ヒールが際立つ重要なベビーフェイスとしての役目が岩谷にはあると言える。

その一方、彼女のフィニッシャーであるドラゴンスープレックスの破壊力には多くの賞讃が集まる。高く弧を描く独特のドラゴンスープレックスの美しさと強さは彼女の代名詞と言える。

スターダムは少しずつ海外での興行を増やしているが、岩谷のキャラクター、立ち位置というのは試合を通して伝わりやすいものが存在しているからこそ、海外でも高く評価されるのではないだろうか。これは今からみ始める人にとっても、分かりやすい。

▼2020年の展開は

と言いたいところだが、岩谷にはその前に攻略しておかねばならない一戦がある。12.24後楽園大会で衝突する大江戸隊の花月とのワールド・オブ・スターダム王座戦である。

大江戸隊はアーティスト・オブ・スターダム王座を失い、現在、全てのベルトが手元にない状況。さらには、アンドラス宮城の離脱、葉月の引退と新たな局面を迎えており、ここで花月がベルトを穫ることで弾みを得たいというのが本音だろう。岩谷はこれを黙らせる必要がある。

ここを攻略したとして、他のユニットも黙ってはいないだろうが、このタイミングで見たいのは盟友星輝ありさとのシングルである。共にシングル王座を持つ、同ユニットの2人による頂上決戦にして、あのデビュー戦の相手と今戦うというのは、非常に意味深いと思うのだ。

復帰以後の星輝の勢い、実績というのを岩谷も認めている。もし、その全てを受け止めた試合になったら、これから先のスターダムがどこまで行けるのか全員に知らしめることになるだろう。


【NEXT:STARDOM:今からでも遅くないスターダム Ep3 木村花】


https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/STARDOM





0 件のコメント :

コメントを投稿