国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月5日土曜日

WWE:ソーニャ・デビルが自身のセクシュアリティをカミングアウトした瞬間、WWEでオープンである反応について語る「自分がなりたいと思う人になってもいいということを人々に伝えるためです。」

0 件のコメント :

 

ソーニャ・デビルは彼女自身のセクシュアリティについて、テレビの前でカムアウトしています。彼女がどのような街で生まれ、どのような経緯でカムアウトするに至ったかを語っています。

私が育ったニュージャージー州南部の小さな街は、とても保守的で、ゲイであることを公表している人を私はあまり知りませんでした。そのため、幼い頃から自分は「人と違う」かも知れないと感じていても、自分がゲイかもしれないという事実を理解するのは難しい事でした。オープンにする選択肢はないと思っていたので、その感情はクローゼットに入れたままでした。しかし、隠していたにも関わらず、本当の自分の一部を受け入れることができた方法がありました。それはスポーツです。

私は16歳の頃から総合格闘技に打ち込んでいました。高校の伝統的なスポーツに飽きていた私は、テレビでMMAを見始め、夢中になりました。私は、MMAで女性が活躍する前、UFCが女性のファイトを許可する前からプロのファイターになりたかったのです。母はいつも私の最大のサポーターだったので、高校3年とさらに4年もの間、毎日、家から1時間以上離れたMMAトレーニングに車で連れて行ってくれました。そこでは柔術とボクシング、ムエタイなどの練習をしていました。

私には様々な趣味があり、幼い頃から演技やパフォーマンスも自分の一部だったと言えます。19歳の時、演技と格闘技の両方を追求するために、アメリカを横断してロサンゼルスに来ました。そこで出会ったのが、今では師匠であり友人でもあるマリア・メノナスと彼女の夫であるケビン・アンダーガロです。ある日、彼等が電話をかけてきて、WWEを考えてみないかと提案してくれたんです。

21歳の私は2015年にリアリティ番組「タフ・イナフ」のオーディションを受ける事になりました。オーランドに連れていってもらい、私は恋に落ちました。WWEはパフォーマンス、競争心、演技、キャラクターなど私の好きな事が全て詰まっています。ハリウッドと格闘技の長所を一つの職業に融合させた物なんです。私にとって、WWEは夢のような世界ですが、この世界に入るのは決して簡単ではありませんでした。



WWE「タフ・イナフ」の初放送では、ビキニとハイヒールを履いて、リングインタビューをしなければなりませんでした。(ちなみに、これは私にとって最も快適な服装ではありません。今は得意のタキシードで出演しています。)そのインタビューでは、WWEの観客に人物像を紹介するためのインタビューだったのですが、幹部の1人が「交際している人はいるのか」と尋ねたのです。

あたしは固まってしまい、困惑してしまいました。みんなが見ているんです。その時点で、私は母と父と妹以外にはカムアウトしていませんでした。頭の中で、全国放送で嘘をつくべきかどうか考えました。本当のことを言うべきか、家で見ている彼女に理由を話さなければいけないと思いました。私は心の底から真実を話すことにしたんです。

「えぇ、彼女がいます」と答えたんです。すると、みんなも一緒に笑ってくれて、初めて口に出して自分が言ったことが分かる笑顔になれました。緊張した瞬間でしたが、結果的には自分の人生の中で驚くべき重要な瞬間になりました。面接の後、パフォーマンス・センターの2階に駆け上がって、「自分は何をしたんだろう?一体何をしたんだろう?」という気持ちになりました。でも、後悔はありませんでしたし、初めて自分のセクシュアリティについて心から安心出来ました。これを最後に言い切ってしまえば、とても気持ちが良く、笑顔が絶えませんでした。恋人や家族に電話をすると、「やっと本当に自分を世間に見せられて誇らしい」と言ってくれました。

私はテレビでカミングアウトすることが、他の人々にとってどれほど重要なことなのかを知りました。このように公の場でカミングアウトをした後、私は緊張し、混乱、恐怖、興奮など様々な感情が入り交じっていました。正直なところ、自分のセクシュアリティをオープンにすることは、WWEで有名になるチャンスを妨げる事になると思っていました。幸運な事に結果はその逆になりました。会社からもファンからも、愛とサポート以外の何物でもなく、私のセクシュアリティがWWEでのキャリアに支障をきたすことはないということが明らかになったのです。

テレビ出演から1年ほど経った頃、私のカミングアウトが多くの人々にどれだけの影響を与えていたかを知るようになりました。ソーシャルメディアを通じて、「テレビであなたを見て、両親にカミングアウトする勇気をもらいました」とか、「あなたの大胆な行動を見て、自分が何者であるかを安心して受け入れられて、WWEでは自分が代表的な存在であることを知る事が出来ました」というメッセージが大量に送られてきました。私は自分がオープンであることを他の人に役立てる事が出来れば、同時に自分自身のセクシュアリティを自分の肌で自分の肌で感じる事が出来るようになるのではないかと感じたのです。これは私の子供時代のほとんどがそうではなかったのです。

人生の最初の20年間、私はこの素晴らしいものを無駄にしていたような気がします。そして今、私はこの素晴らしいものを屋根の上から叫びたいと思っています。だからこそ、誇りをもった大人として、私の仕事は表現がとても重要なのです。若い人達には、レスビアンであったもいいし、自分にとって正しいと思えるセクシュアリティやジェンダー・アイデンティティであってもいいということを知ってもらう必要があります。私は自分らしくありたいと思っていますし、願わくば、誰を愛しているかに関わらず、全ての人を受け入れる事を出来るだけ多くの人に勧めたいと思っています。

WWEの活動範囲はとても広いので、私は自分のプラットフォームを使って、自分が見たいと思う変化を起こす事が出来ます。この6年間、私はソーシャルメディアのチャンネルを使って、LGBTQ+コミュニティだけではなく、固定観念にとらわれた男女の役割を変えたり、スポーツにおける男女平等を推進したりしてきました。私は、Comic-con、The Trevor Project、GLAAD、HRC Galaなどのグループと提携し、クィアコミュニティを支援し、意識を高めるための取り組みやキャンペーンを展開してきました。



もし、数年前にこのような状況になっていなかったら、私はカミングアウトするまでにもっと時間がかかっていたかもしれません。私はカミングアウトしたことによって、初めて自分の人生を生き始めたような気がしています。そして今、自分が自分らしくあることで、WWEや世界を変えようとしているのです。もちろん、スポーツへの愛情から最高のパフォーマーになるために努力していますが、WWEや業界の他のLGBTQ+の人々のために道を開く事を何よりも大切にしています。

最終的には、私のストーリーを共有する事で、他の人に刺激を与える事が出来ればと思っています。どのような形であれ、カミングアウトは個人的な方法であり、その方法は人それぞれです。カミングアウトすることを恐れてはいけません。しかし同時にカミングアウトすることをプレッシャーに感じてもいけません。自分の道を歩み、自分のタイミングを見つける事を信じてください。

だからこそ、私はWWEやその他の公的なプラットフォームで自分のストーリーを伝え続けているのです。それは自分がなりたいと思う人になってもいいということを人々に伝えるためです。私の最大の目的は変化を促し、受け入れられるような会話を作る事です。

自分が何者であるか、誰を愛しているかに関わらず、自分自身を誇りに思ってください。

Womenshealthmag

0 件のコメント :

コメントを投稿