Wrestling is my life

国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年6月16日水曜日

AEW:Forbes誌ロングインタビュー、トニー・カーンが語るWWEとの戦争「レスリング・ビジネスは長い歴史の中で今が一番熱いんです」

0 件のコメント :

 

 

AEWの若干38歳のCEOは、ビンス・マクマホン率いるWWEい20年以上ぶりの真の脅威をもたらしました。これは億万長者vs億万長者の戦いの内側です。

ジャクソンビル・ジャガーズの黒いポロシャツ、腕を組み、サングラスで目を隠したトニー・カーンは、自身が運営するオール・エリート・レスリングの最新のプロモビデオで茶目っ気のある、威圧感のない笑みを浮かべていました。彼はAEWに対する最大のライバルであるWWEが新日本プロレスとの提携に向けて交渉中であるとの報道に反応しました。WWEの新社長であり最高収益責任者であるニック・カーン(なお、無関係)を攻撃し、毎週TNTで放送する「Dynamite」と5月30日に開催されたPPVを前に、注目を集める好都合な口実としました。

2021年6月11日金曜日

WWE:実娘シャウル・ゲレロが語る故エディ・ゲレロの姿「父はこのビジネスをとても愛していて、常にレスリングのことを考えていました。」

0 件のコメント :

 

二世レスラーが増えてきた現代ですが、ファンや家族からの期待の大きさは変わっていません。

シャウル・ゲレロはクリス・ヴァン・ブリートとのインタビューで、今は亡き偉大なエディ・ゲレロの娘として、リングの中でキャリアを追いかける事がどのようなことなのかを語りました。

「父がどのようにして、自らの半分の時間をエディ・ゲレロとして過ごしていたのか分かりません。父はこのビジネスをとても愛していて、常にレスリングのことを考えていました。誰も彼にはなれない。いい意味で圧倒されていました。復帰を発表した時には、プロモーターから沢山の声をかけてもらい、とても謙虚な気持ちになりました。彼等は私を一番上のポジションに置きたがりましたが、私は「6年もレスリングをしていない」と言い続けました。」

「私が初めてプロレス界に入った時、世界で最も大きく、最も権威のある会社に入りました(2010年ディベロップメント契約、FCWデビュー)。それはとてもありがたいことですが、同時に最大のプレッシャーも伴います。ゲレロ流の「go hard or go home(努力するか、家に帰るか)」はもちろんのこと、大きな期待を背負っていて、トレーニングに行くだけでパニックになっていました。」

シャウルはエディ・ゲレロというキャラクターに魅了されたと言いますが、エディ・ゲレロという男に「怖い」と感じる事もあったと話します。

「私の父は、子供の頃から私を怖がらせていました。父がルコールやドラッグに苦しんでいた事はよく知られています。残念ながら、私が12歳、13歳になるまで、父の姿を見る事はほとんどなかったと思います。父との関係は複雑な物でした。本当の意味で父を知ったのは、13、4、5歳のときで、私が15歳の時に亡くなりました」

エディは2005年11月13日、心不全のために亡くなりました。シャウルはその日がどんな日だったかを振り返りました。

「父の妹のリンダといとこたちに起こされました。しかし、誰が亡くなったのか教えてもらえませんでした。私達をリビングルームに連れて行き、何が起こったのかを教えてくれました。母はいなかったので、姉とは別に私に話してくれたと思います。母は完全に取り乱していました。最悪の日でした。」

亡くなってから15年経った今でも、エディは全盛期と同じようにプロレス界で愛されています。シャウルは、父との思い出を振り返って、カメラが回ってない瞬間にこそ最高のものがあったと語りました。

「彼はいつでもフと優しくしてくれます。ある日、私がステップチームの練習に参加していると、彼はみんなのためにマクドナルドを大量に買ってきてくれました。ある日、私と子供達が退屈しているのを見て、水鉄砲をたくさん買ってきてくれました。もちろん彼は一番強いナーフのスーパーソーカーを買ってきて、バトルになりました。そういうことをよくしてくれました。彼は大きな心を持っていて、シラフの時は素晴らしく、ロッカールームで話し相手になってくれました。」

Wrestling Inc

PWG:PWG is back!ついに2021年初のショーの開催が決定!

0 件のコメント :

 

PWG is back!

2019年12月以来、1年半ぶりにプロレスリング・ゲリラがイベントを開催します。現在のところ、2021年8月1日に「8月にプロモーションを復活させる」というツイートにみで、ショー名や会場の発表はされていません。

PWGは長年に渡り、今ではプロレス界のトップスーパースター達を排出してきました。ダニエル・ブライアン、ケビン・オーゥエンズ、アダム・コール、ロデリック・ストロング、ヤングバックス、オレンジ・キャシディ、キャンデス・ルレイなどが、カリフォルニア州リセダのPWGで活躍し、キャリアを積んできました。

世界的なパンデミックの影響で、1年以上ショーを開催していませんでした。2019年12月20日の「The Making of a Versity Athlete」以来の開催となり、ブレイク・クリスチャン、ジェイク・アトラス、オレンジ・キャシディ、バンディード、ジョナサン・グレシャム、ザ・ラスカルズが出場していました。現在では彼等はWWEまたは北米の他のプロモーションと契約を結んでいます。

Fightful

WWE:大量リリースは安く再契約するための交渉手法?あこぎな手段に内部から批判も

0 件のコメント :

 

WWEの関係者は、さらなるリリースを検討していると報じられています。WWEは予算削減の一貫としてリリースを行ったと言われていますが、マット・メン・ポッドキャストのアンドリュー・ザリアンの情報によると、WWEはさらに契約の削減のためにより多くのリリースを行う予定とのことです。

また、今週初め、WWEのバックステージではアレイスター・ブラックを復活させるべきとの意見が出ていると報じられましたが、WWEの中でもレスラーを完全にリリースするつもりはなく、再契約の交渉をするための動きに過ぎないという見方もあるようです。

このようなビジネスのやり方は公式ではありませんが、契約途中であろうが解除を行うことで、再契約時により少ない金額で優位に交渉を行う事が出来るという事実から、非常に不満を抱かれていると言われています。この方法をWWEが頻繁に行っている物ではありませんが、慣習として存在しているのは初めてではありません。もし事実であれば、会社にとって新しいビジネスの方法と言えます。

WWEの経営陣は契約を減らしたいと考えており、6月2日に行われたリリースは最終的なリストではないと言われています。

Wrestling Inc

2021年6月10日木曜日

NWA:ミッキー・ジェームスがこれからの女子プロレス、インディペンデント・シーンで見た女子プロレスについて語る。「これは私達のものです。今でも私はインディペンデントです。ブランドを構築しています。会社を作っています。」

0 件のコメント :

 

NWA Powerrr Post Showの最新回で、全女性向けPPV「NWA Empowerrr」を発表したミッキー・ジェームスが参加し、NWAの中での自分の役割を語りました。

「エグゼクティブ・プロデューサーであり、共同オーナーです。とても素晴らしい事です。ビリー・コーガンと私は昔からずっと良い友人でした。自分に合ったものを見つけられるようにしたかったんです。ここでレスリングをするとか、あそこでするとか、色々な事を話したり考えたりしてきました。私は、前回はそうやって、全てのラウンドをこなしました。」

2021年6月9日水曜日

AEW:トニー・カーンがリオ・ラッシュ引退に対しメッセージ「彼が自分と家族の幸せを確信して、選択したことを嬉しく思います。」

0 件のコメント :

 

AEW会長トニー・カーンはリオ・ラッシュの引退発表について声明を発表しました。

「今日、リオ・ラッシュから連絡があり、今夜プロレスからの引退を発表する予定であることを聞きました。このニュースは予想外でしたが、彼が自分と家族の幸せを確信して、選択したことを嬉しく思います。

AEW:サミー・ゲバラ、ジェリコからのアドバイスを語る「あの人、ちょっと変わった考え方をする人なんだ、俺には分からないけど。彼は天才。」

0 件のコメント :

 

AEWのサミー・ゲバラは、Busted Open Radioのインタビューを受け、クリス・ジェリコがどれだけ助けてくれたかを語りました。

「(どんなアドバイスをもらったかという質問を受けて)たくさんある。瞬間と瞬間の間に時間をかけること、構成をすること。彼はこの分野では最高の人材です。俺が生きているよりも長く続けているのには理由があるんだ。だから、彼が何か言ってくれた時には、受け止めるようにしてる。彼が見ているものを俺が見てなくても、彼の考えがどこから来たのかを理解しようとしてみるんだ。そうすると最後には「なるほど、これは意味アリ」って思えるんだ。

WWE:サムスンのストリーミングサービスでWWEが見られる!なんと月額550円(しかし、米国のみ)

0 件のコメント :

 

アメリカにおけるWWEネットワークの本拠地であるPeacockがサムスンのスマートテレビに登場します。

これにより米国のWWEユニバースは定番のPPVからスティーブ・オースチンのブロークンスカル・セッションやWWEアイコンズなどのオリジナル・シリーズまでお気に入りのWWEネットワーク番組のストリーミングをスマートTVにて見る事が出来ます。

今後の予定されている全てのPPVを含むWWEネットワークはピーコック・プレミアムで、月額5ドルお得な4.99ドル(日本円にして月550円弱)で見る事が出来ます。

サムスンは2020年の統計で世界シェア30%を超えており、14年連続でシェア1位を誇っています。特に8KとなるQLEDテレビの分野では急進を見せており、2018年のシェアから倍近い52.4%ものシェア率となっています。

Fightful

NWA:NWA史上初の女子だけのPPV開催、プロデューサーはミッキー・ジェームス!全世界のトップ選手を所望

0 件のコメント :

 

ベテランのプロレスラー、ミッキー・ジェームスがNWAに加入しました。今夜のNWA PowerのシーズンプレミアはFITE TVで幕を開け、ジェームスとプロモーションオーナーのビリー・コーガンが2つのPPVの開催を発表しました。

NWAは8月28日、29日、セントルイスに帰ってきます。2つのPPVの収録が行われ、28日の「NWA In Power」はNWA初の全女性のPPVとなります。29日は「NWA 73」と題したNWA73周年記念ショーになります。

AEW:シャーロット妊娠?はたまた結婚式の日取りが確定?アンドラーデが意味深なツイートを投稿

0 件のコメント :

 

元WWEスーパースターであるアンドラーデと婚約者シャーロット・フレアーはいくつかの「良いニュース」を祝っているようです。木曜日、幸せなカップルの写真を次のようなキャプションでツイートしました。

2021年6月7日月曜日

新日本:海外メディアに語った鷹木のIWGP世界ヘビー級にかける思い「俺のはロープと体全体を使うからな、俺のパンピングボンバーはレインメーカーよりも強力だよ。」

0 件のコメント :

 

 

6月7日に開催されるDominionでは新日本プロレスの未来がかかっています。最も権威のあるタイトルであるIWGP世界ヘビー級王座を巡り、オカダ・カズチカと鷹木信悟が対戦します。

オカダは5度のIWGPヘビー級チャンピオンにして、720日間という史上最長の在位期間を誇り、まさしく偉大な選手の代名詞と言えます。オカダが勝てばIWGP世界ヘビー級王座に改称されてから初の戴冠となります。ウィル・オスプレイが怪我で王座を返上したこともあり、オカダが王座を奪還するのは理に適っていると言えるでしょう。

ROH:鼓膜破裂のドラゴン・リーが戦線復帰!タッグ王座、TV王座奪還が始まる

0 件のコメント :

 

鼓膜破裂の怪我により離脱していたドラゴン・リーが,失ったタイトルを取り戻す機会を得ました。ROH19周年記念興行を欠場、当時、タッグ王座とTV王座を保持していましたが、防衛戦が行えず、ROH理事会により同じラ・ファッション・インゴベルナブレのメンバーであるケニー・キングがTV王座、ベスティア・デル・リングが代役として試合を行いましたが、どちらも防衛する事が出来ませんでした。

NWA:カイリー・レイがNWAとの契約を発表、インパクトとの契約問題解消、引退は撤回の模様

0 件のコメント :

 

NWAがカイリー・レイとの契約を発表しました。この契約はNWAのPPV「When Our Shadows Fall」で発表されました。PWInsiderによると、レイは2020年10月ImpactのPPV「Bound for Glory」を直前に欠場、プロレスラーからの引退を発表していましたが、Impactとの契約が残っている状況となっていました。

ここ数週間、ImpactとNWAの双方は契約の合意に向けて動いていましたが、約5日前に合意が成立、Impact側がレイのNWAとの契約を認めました。

When Our Shadows Fallでレイはタリン・テレルと組み、サンダー・ロサ、メリーナ組の勝利しました。

Wrestling Inc

2021年6月6日日曜日

【四方山話】サイバーファイトフェスにはWWEも成し遂げていないある秘密が存在していた。

0 件のコメント :

 

ここからのお話はあくまでも妄想100%の四方山話です。

サイバーファイトフェスを仕事の合間に見ていたわけですが、実はこの興行、単なるサイバーエージェント下の団体が寄り集まってお祭りをやったというだけの代物ではないのではないかという感情が芽生えて来たのです。いくつかの点からそれを解き明かしていきたいと思います。

AEW:PPV「Double or Nothing」総売上げは「Revolution」に及ばず!しかし、収益としては3億円をマーク

0 件のコメント :

 

AEWのPPV「Double or Nothing」は1つのイベントとしては最高の総売上げを記録するには至りませんでした。

Wrestlenomicsのブランドン・ターストンのレポートによると、全世界の全てのプラットフォームでの購入が115,000件、AEWとPPV配給会社に600万ドルの総収入があったとのことです。予測によると過去最高の記録は「Revolution2021」で700万ドル弱の興行収入を記録しています。

また、このイベントは2020年3月にロックダウンがおこなわれて以来、初の有観客となり、レスリング・オブザーバー・ニュースレターによると、4,700枚のチケット、約30万ドルの収益を上げたと報じられています。キャリア、ケーブルシステムがPPVの売上げを回収した後、PPVの購入、チケット、グッズの販売などを含めると、AEWの収益は約300万ドルになったと見られています。

最高収益となったRevolution2021ではケニーとモクスリーが有刺鉄線電流爆破マッチを行ったため、国内外のプロレスファンの間で話題になりました。

Fightful

2021年6月5日土曜日

AEW:モクスリー、パンデミック時代のプロレスに教訓は存在せず「パンデミックはもう終わりだ。俺はライブでやりたいんだ。」

0 件のコメント :

 

多くのレスラーがパンデミック時代のプロレスを”学びの場”と呼んでいますが、元AEW王者のジョン・モクスリーの場合はそうではありません。レスリング・オブザーバーのインタビューで過去1年間、誰もいないアリーナでプロレスをした経験について語りました。モクスリーはファンのいない空のアリーナで何かを学んだか聞かれ、どの会社も実現する方法を考え出しているものの、自分は「何も学ばなかった」と返しました。

AEW:「自分が"All Elite Wrestling"の新しい顔役になる」アンドラーデが突然の参戦!ローデス家とフレアー家の抗争は新時代に突入するのか?

0 件のコメント :

 

アンドラーデ・エル・イドロがAEWに到着しました。6月4日放送のAEW「Dynamite」でマーク・ヘンリーが登場し、初めてマイクを握りました。自分がスクリューを回して、より活発にし、AEWと自身がアナリストを務める新番組「Rampage」をより良い物にするために協力すると述べ、トニー・シヴァニから再びリングでの活躍を見られるかと聞かれると、「イエスとは言わないが、まだたくさんのことが残っている」と述べました。

そこへ、ヴィッキー・ゲレロが割って入ると、2人をリングの外に追い出して、呼び込んだのはアンドラーデ・エル・イドロ。元WWEスーパースターである彼は自ら、かつてラテン系の顔役と呼ばれていたと述べ、共は自分が"All Elite Wrestling"の新しい顔役になると言いに来た、と明かしました。

WWE:ソーニャ・デビルが自身のセクシュアリティをカミングアウトした瞬間、WWEでオープンである反応について語る「自分がなりたいと思う人になってもいいということを人々に伝えるためです。」

0 件のコメント :

 

ソーニャ・デビルは彼女自身のセクシュアリティについて、テレビの前でカムアウトしています。彼女がどのような街で生まれ、どのような経緯でカムアウトするに至ったかを語っています。

私が育ったニュージャージー州南部の小さな街は、とても保守的で、ゲイであることを公表している人を私はあまり知りませんでした。そのため、幼い頃から自分は「人と違う」かも知れないと感じていても、自分がゲイかもしれないという事実を理解するのは難しい事でした。オープンにする選択肢はないと思っていたので、その感情はクローゼットに入れたままでした。しかし、隠していたにも関わらず、本当の自分の一部を受け入れることができた方法がありました。それはスポーツです。

私は16歳の頃から総合格闘技に打ち込んでいました。高校の伝統的なスポーツに飽きていた私は、テレビでMMAを見始め、夢中になりました。私は、MMAで女性が活躍する前、UFCが女性のファイトを許可する前からプロのファイターになりたかったのです。母はいつも私の最大のサポーターだったので、高校3年とさらに4年もの間、毎日、家から1時間以上離れたMMAトレーニングに車で連れて行ってくれました。そこでは柔術とボクシング、ムエタイなどの練習をしていました。

私には様々な趣味があり、幼い頃から演技やパフォーマンスも自分の一部だったと言えます。19歳の時、演技と格闘技の両方を追求するために、アメリカを横断してロサンゼルスに来ました。そこで出会ったのが、今では師匠であり友人でもあるマリア・メノナスと彼女の夫であるケビン・アンダーガロです。ある日、彼等が電話をかけてきて、WWEを考えてみないかと提案してくれたんです。

21歳の私は2015年にリアリティ番組「タフ・イナフ」のオーディションを受ける事になりました。オーランドに連れていってもらい、私は恋に落ちました。WWEはパフォーマンス、競争心、演技、キャラクターなど私の好きな事が全て詰まっています。ハリウッドと格闘技の長所を一つの職業に融合させた物なんです。私にとって、WWEは夢のような世界ですが、この世界に入るのは決して簡単ではありませんでした。



WWE「タフ・イナフ」の初放送では、ビキニとハイヒールを履いて、リングインタビューをしなければなりませんでした。(ちなみに、これは私にとって最も快適な服装ではありません。今は得意のタキシードで出演しています。)そのインタビューでは、WWEの観客に人物像を紹介するためのインタビューだったのですが、幹部の1人が「交際している人はいるのか」と尋ねたのです。

あたしは固まってしまい、困惑してしまいました。みんなが見ているんです。その時点で、私は母と父と妹以外にはカムアウトしていませんでした。頭の中で、全国放送で嘘をつくべきかどうか考えました。本当のことを言うべきか、家で見ている彼女に理由を話さなければいけないと思いました。私は心の底から真実を話すことにしたんです。

「えぇ、彼女がいます」と答えたんです。すると、みんなも一緒に笑ってくれて、初めて口に出して自分が言ったことが分かる笑顔になれました。緊張した瞬間でしたが、結果的には自分の人生の中で驚くべき重要な瞬間になりました。面接の後、パフォーマンス・センターの2階に駆け上がって、「自分は何をしたんだろう?一体何をしたんだろう?」という気持ちになりました。でも、後悔はありませんでしたし、初めて自分のセクシュアリティについて心から安心出来ました。これを最後に言い切ってしまえば、とても気持ちが良く、笑顔が絶えませんでした。恋人や家族に電話をすると、「やっと本当に自分を世間に見せられて誇らしい」と言ってくれました。

私はテレビでカミングアウトすることが、他の人々にとってどれほど重要なことなのかを知りました。このように公の場でカミングアウトをした後、私は緊張し、混乱、恐怖、興奮など様々な感情が入り交じっていました。正直なところ、自分のセクシュアリティをオープンにすることは、WWEで有名になるチャンスを妨げる事になると思っていました。幸運な事に結果はその逆になりました。会社からもファンからも、愛とサポート以外の何物でもなく、私のセクシュアリティがWWEでのキャリアに支障をきたすことはないということが明らかになったのです。

テレビ出演から1年ほど経った頃、私のカミングアウトが多くの人々にどれだけの影響を与えていたかを知るようになりました。ソーシャルメディアを通じて、「テレビであなたを見て、両親にカミングアウトする勇気をもらいました」とか、「あなたの大胆な行動を見て、自分が何者であるかを安心して受け入れられて、WWEでは自分が代表的な存在であることを知る事が出来ました」というメッセージが大量に送られてきました。私は自分がオープンであることを他の人に役立てる事が出来れば、同時に自分自身のセクシュアリティを自分の肌で自分の肌で感じる事が出来るようになるのではないかと感じたのです。これは私の子供時代のほとんどがそうではなかったのです。

人生の最初の20年間、私はこの素晴らしいものを無駄にしていたような気がします。そして今、私はこの素晴らしいものを屋根の上から叫びたいと思っています。だからこそ、誇りをもった大人として、私の仕事は表現がとても重要なのです。若い人達には、レスビアンであったもいいし、自分にとって正しいと思えるセクシュアリティやジェンダー・アイデンティティであってもいいということを知ってもらう必要があります。私は自分らしくありたいと思っていますし、願わくば、誰を愛しているかに関わらず、全ての人を受け入れる事を出来るだけ多くの人に勧めたいと思っています。

WWEの活動範囲はとても広いので、私は自分のプラットフォームを使って、自分が見たいと思う変化を起こす事が出来ます。この6年間、私はソーシャルメディアのチャンネルを使って、LGBTQ+コミュニティだけではなく、固定観念にとらわれた男女の役割を変えたり、スポーツにおける男女平等を推進したりしてきました。私は、Comic-con、The Trevor Project、GLAAD、HRC Galaなどのグループと提携し、クィアコミュニティを支援し、意識を高めるための取り組みやキャンペーンを展開してきました。



もし、数年前にこのような状況になっていなかったら、私はカミングアウトするまでにもっと時間がかかっていたかもしれません。私はカミングアウトしたことによって、初めて自分の人生を生き始めたような気がしています。そして今、自分が自分らしくあることで、WWEや世界を変えようとしているのです。もちろん、スポーツへの愛情から最高のパフォーマーになるために努力していますが、WWEや業界の他のLGBTQ+の人々のために道を開く事を何よりも大切にしています。

最終的には、私のストーリーを共有する事で、他の人に刺激を与える事が出来ればと思っています。どのような形であれ、カミングアウトは個人的な方法であり、その方法は人それぞれです。カミングアウトすることを恐れてはいけません。しかし同時にカミングアウトすることをプレッシャーに感じてもいけません。自分の道を歩み、自分のタイミングを見つける事を信じてください。

だからこそ、私はWWEやその他の公的なプラットフォームで自分のストーリーを伝え続けているのです。それは自分がなりたいと思う人になってもいいということを人々に伝えるためです。私の最大の目的は変化を促し、受け入れられるような会話を作る事です。

自分が何者であるか、誰を愛しているかに関わらず、自分自身を誇りに思ってください。

Womenshealthmag

2021年6月4日金曜日

WWE:新日本との提携最新話が到着、関連するとすればWWE NXT、ダニエル・ブライアン出場は無し?

0 件のコメント :

 

レスリングオブザーバーニュースレターの最新貞応によると、WWE社長兼最高収益責任者のニック・カーンは、新日本プロレスとの協力関係の可能性を持ち出した最初の人物ではありませんでした、先週、カーンが新日本との公式なアメリカにおけるパートナーになる可能性について話していた事が報じられました。これは3月下旬から4月上旬に遡ると言われており、ダニエル・ブライアンが新日本の試合に出場する可能性について、交渉の中で大きな話題になっていると明らかにされました。

しかし、この交渉に近い人達が、最初はカーンのアイデアではなかったが、最近はカーンがWWE側の指南役になっており、WWE会長兼CEOのビンス・マクマホンにこの取引の可能性を追求するように求められたという説があります。議論されている取引はWWE NXTに関連している可能性が高く、新日本のトップスターがWWEに連れてこられてWWEのトップスターに負けるとか、その逆のような先週のソーシャルメディアで議論されたような荒唐無稽な憶測ではないと指摘しています。

また、ダニエル・ブライアンに関しても、当初の交渉の中では含まれていましたが、最近は主要な局面になく、最新の話し合いの中では一切話題に出ていないと関係者が明かしています。

新日本の関係者は、自分達にとって有益でなければ、どんな取引にも同視しません。WWEは過去にも話をしようとしたことがありますが、話は進まなかったことが指摘されています。異なる点は今までカーンが関与していなかった、という点です。今回の話はプロレスリングNOAG、スターダム、大日本、ドラゴンゲート、AAAを買収しようとした時に全ての契約が成立しなかった時と同じような状況になる可能性があると言われています。

新日本は現在、海外の様々な団体と協力関係にありますが、WWEとの独占契約により、AEWとインパクトは日本のトッププロモーションと協力することができなくなる可能性があります。AEW社長、トニー・カーンが最近ニックに対し、WWEと新日本の話についてツイッター上でプロモをしていましたが、2団体がすぐに契約を結ぶのであれば、あのプロモはしなかったのではないかと推測されています。

Wrestling Inc

2021年6月3日木曜日

WWE:大量リリースにより再び浮かび上がるWWE売却の噂?ストローマンなどトップガイのリリースに暗躍するのはニック・カーンか

0 件のコメント :

 

 

最近、ネット上やWWE社内では、会社売却の可能性について様々な憶測が飛び交っています。WWEはここ最近、多くの予算削減を行っており、2020年4月中旬、5月中旬、そして今日、ブラウン・ストローマン、ラナ、アレイスター・ブラック、ルビー・ライオット、バディ・マーフィー、サンタナ・ギャレットの6名が発表されました。5月にはWWE社長兼最高収益責任者のニック・カーンを中心とした大規模な企業再編が行われ、スタッフもリリースが行われています。カーンは2020年8月に就任しましたが、今回の企業改革は込むキャスト、FOX、ディズニーなど噂が上がるWWE売却を煽る初めての行動ではありません。

WWE:ミロ(元ルセフ)が妻ラナのWWE解雇を受けてWWEを批判するツイートを投下

0 件のコメント :

 

本日未明、WWEは6人のレスラーのリリースを発表しました。その中には現AEW TNTチャンピオンであるミロの妻であるラナが含まれており、彼は妻の解雇に反応し、WWEを非難するツイートをしました。

AAA:コナンがルチャレスラー初、プロレスの試合映像をNFTで出品!レイ・ミステリオvsフベントゥ・ゲレーラ門外不出の一戦がコレクターズアイテムに

0 件のコメント :

 

 

日曜日のPPV「Double or Nothing」のメインイベントのハイライトは、コナンがサプライズで登場した事です。その瞬間は完璧に演出されていました。タリー・ブランチャードとFTRはサンタナ、オルティスとのバーファイトで劣勢に立たされていましたが、コナンの手助けにより窮地を脱しました。コナンはLAXの一員としてサンタナ、オルティスと共にインパクトで活動していましたが、彼が指導者となった事で、2人はスクリーン上でもオフラインでも全く新しい高みに到達しました。

2021年6月2日水曜日

AEW:コーディーのLGBTQプライド月間チャリティーTシャツを巡り炎上、ブランディが参加意義を説明

0 件のコメント :

 

 

AEWのEVPであるコーディー・ローデスはLGBTQプライド月間を記念して、新しいチャリティTシャツを火曜日にリリースしました。コーディーはツイッターでこのシャツの売上金を「National Center for Transgender Equality」に寄付すると発表しました。しかし、この投稿はツイッター上で批判を受ける形となり、あるファンがコーディーの名前がこのプライド・シャツに付けられなければいけないのかと疑問を抱いたようです。

AEW:マーク・ヘンリーがWWE離脱に先駆けビンス・マクマホンとかわした会話を明かす「必ずしも望んでいないが、もし君が必要だと思ったら、行ってくれ。」

0 件のコメント :

 

AEWに加入したマーク・ヘンリーが今朝Busted Open Radioに参加し、どのようにしてWWEを離れ、AEWに参加したかを明かしました。

「私の契約は終わっていました。最近のことではありません。5ヶ月?6ヶ月前?私はオフィスでのポジションが欲しかったし、付随する様々なものも欲しかったんです。ビンス本人と会話をしました。彼は「構わない。お前の望むことは聞く」と言ったんだ。私は大掃除が行われていて、多くの削減が行われている事を聞かされました。これからたくさんの事が起きるはずです。」

2021年6月1日火曜日

AEW:初代女子王者里歩の最新状況、メルツァー曰く「里歩は行き来するのではなく、アメリカに移住することになる」

0 件のコメント :

 

デイブ・メルツァーは最新のレスリング・オブザーバー・レイディオにて、里歩の最新の状況をアップデートしました。

これまでは、日本を行き来し、女子トーナメントやPPV「Revolution」の時のように検疫を受けていたが、アメリカに移住することになると指摘しました。

もし、移住するという形になれば、今後のAEW Dynamiteで行われるツアーへの帯同、新番組やDarkへの出演機会も増える形になり、AEW初代女子王者が帰還すると言えるでしょう。新たなニュースが待たれます。

Wrestkingnewssource

AEW:新女子王者ブリット・ベイカーが明かすロッカールームでのサポート、女子部門に対する批判「皆さんの前で部門として共に学び、成長して来ました。それが私達の魅力」

0 件のコメント :

 

志田光を破り、新たにAEW女子世界おうじゃになったブリット・ベイカーは昨夜のプレススクラムに登場し、タイトル獲得について語りました。彼女はチャンピオンになるまでの道程で、AEWのロッカールームでどのように助けられたかを話し、トニー・カーンは彼女の最も大きなサポーターであったことを明かしています。

2021年5月31日月曜日

AEW:トニー・カーン、志田光に対するアジアンヘイトに対しコメンテーターを解雇した件について語る。

0 件のコメント :

 

 

トニー・カーンは、AEW Dynamiteでのスペイン語実況席の行動に不満を感じていました。ウィリー・ウルビーナは志田の女子王者としてのセレモニーを行う前のコマーシャルブレイク中に、彼女のアクセントをバカにする発言を行いました。PPV「Double or Nothing」後のメディアスクラムにて、社長兼CEOであるトニー・カーンは即解雇にいたる決定と何が起こったかを耳にしたときの反応についてコメントをしました。

AEW:ランス・アーチャーがジェイク・”ザ・スネーク”・ロバーツから学んだことについて語る。「日本では、人を叩きのめす狂気の怪物のようなカヲスなキャラクターだったからな。」

0 件のコメント :

 

 

WrestleTalkに出演したランスアーチャーはAEWへの参加を決めたこと、パンデミック前に満員の観客の前でパフォーマンスをしたこと、レスリング界のレジェンドとのペアについて語っています。ジェイク・”ザ・スネーク”・ロバーツから学んだ事の中で、マーダーホーク・モンスターは自分のキャラクターのボイスを開発する上でジェイクが最も有益だったと語っています。

AEW:「Double or Nothing」にリオ・ラッシュとマーク・ヘンリーが登場!ヘンリーはコーチ兼新番組Ranpageの実況解説としての契約に!

0 件のコメント :

 

今夜のAEW PPV「Double or Nothing」でリオ・ラッシュがAEWデビューを果たしました。

元WWEクルーザー級チャンピオンであり、AAAクルーザー級王者、MLWミドル級王者であり、GCWと新日本のスーパーJカップにも出場するラッシュは、カジノ・バトルロイヤルに出場。プライベート・パーティーとの攻防を見せましたが、脱落してしまいました。あくまでのワイルドカードとしての出場であり、今後も継続した参戦になるかは不明です。

2021年5月30日日曜日

AEW:【アップデート】女子世界王者志田に対しアジア人へのヘイトを行ったスペイン語実況アナウンサーを解雇処置

0 件のコメント :

 

 

PWInsiderによると、AEWは昨夜のDynamiteでAEW女子世界王者の志田光に対しアジア人へのヘイトを交えた行動を行ったウィリー・ウルビーナを解雇しました。

ウルビーナはこれまでにImpactや新日本プロレスのスペイン語実況席を担当していた事もあります。

2021年5月29日土曜日

AEW:スペイン語実況席で女子世界王者である志田の喋りを揶揄するトークが流出、アジア人へのヘイトスピーチとして炎上

0 件のコメント :

 

 

5月28日放送の「AEW Dynamite」で、女子世界チャンピオンとして歴史的な活躍をした志田光に対し、「1周年式典」が開催されゴールドプレートとダイヤモンドで飾られたベルトが贈呈されました。しかし、このセグメントが始まる前に、スペイン語実況席のマイクがつけっぱなしになっており、彼等の会話はFite TVのコマーシャルブレイク(TV放送中、インターネットの配信側ではAEWのロゴが表示されている)中に音声が誤って流れてしまいました。ここで、彼等は志田のアジア訛りのアクセントをバカにしている様が流れました。

2021年5月28日金曜日

WWE:リリースされたアイコニックスがレッスルマニアの思い出、今後の動きを語る「私達はパッケージ商品です。」

0 件のコメント :

 

WWEからリリースされたばかりのアイコニックスですが、Busted Open Radioのインタビューで、ビリー・ケイとペイトン・ロイスはレッスルマニア35でWWE女子タッグ王座を獲得した時、リリース後に何をしていたか、今後どこのリングに上がるのかについて語りました。

ビリーはレッスルマニア35での思い出について語ります。

「この話をすると、いつも鳥肌が立ちます。とても特別な事だったわ。一緒にWWEに行く事を目標にして、それを達成して、女子タッグ部門を盛り上げる事を目標にして、それを実現したってこと。そして、レッスルマニアで優勝した事。レッスルマニアで優勝したと言える人は少ないでしょう。私達は本当に感謝していますし、私達のキャリアのハイライトといえるものでした。私達が努力して来た事野全てが、あの一夜に集約されたのです。バックステージからリングに向かうと、"海"にはたくさんの人がいたのを覚えています。手を繋いでリングに向かったんです。そして、私は"すごい、これ全部なんだ"と思いました。15年間かけて作って来たものが、あの1試合に集約されていて、私が望んでいた通りのものでした。もう一度見たら、泣いてしまうかもしれません。本当に特別なことでした。」

2021年5月27日木曜日

WWE:フィン・ベイラー、NXTに戻る事になった経緯、メインロースターに戻る意向について語る。「結果的に誰が、何が、自分自身や自分のキャラクターに忠実であるかを少し見失っていたのかもしれません。」」

0 件のコメント :

 

 

フィン・ベイラーはFOXスポーツのライアン・サティンに、現在のギミックやNXTに戻る事になった経緯、メインロースターに戻る意向があることを話しました。ベイラーは実生活での自分という点から見ると、現在のキャラクターが最もそれに近いと感じているようです。

新日本:タマ・トンガがパンデミック禍での「外人の動揺」報道に反応「誰かが「gaijin」と言うと、俺達は日本人のレスラーと同じ船に乗ってないように分断されます。誰もが不安を抱え、それを理解しようとしているんだ。」

0 件のコメント :

 

 

ウィル・オスプレイが首の負傷によりIWGP世界ヘビー級王座を返上したニュースに続き、Voice of Wrestlingが新日本のパンデミックに対する対応について「gaijin unrest(外人の動揺)」があると報じました。

AEW:JRがオートン vs ケニー・オメガ世界最高レスラー論争に釘を刺す「何が原因で炎上しているのか本当に理解できません。正しい答えも間違った答えもないのです。」

0 件のコメント :

 

 

ポッドキャスト「Grilling Jr」の最新エピソードで、ジム・ロスが欄ディ・・オートンを世界最高のレスラーと述べたことが話題になりました。一部のファンはJRがケニー・オメガを腐したと受け取ったようですが、そうではありませんでした。オメガはジェリコが自身を世界一だと宣言したツイートに対して、JR(とジム・コルネット)に対して言及していました。

AEW:PPV事前番組で初代女子王者里歩がNWA女子世界王座に挑戦することが、インスタのストーリーから流出?

0 件のコメント :

 

 

AEWのPPV「Double or Nothing」の事前番組「Buy in」で行われる試合が偶然にも明らかになってしまいました。AEWイタリア実況席コメンテーターであるサルバトーレ・トーリシがInstagramのストーリーでポスターをアップしてしまい、NWA女子世界王者のセレーナ・ディーブがRihoを相手に防衛戦を行う事が判明しました。

ディーブにとって5回目の防衛戦となりますが、全てAEWの番組で行われています。先週のAEW Dynamiteで行われた防衛戦で、レッド・ベルベットに勝利しています。この一戦は2月17日、DynamiteでおこなわれたAEW女子エリミネーター・トーナメントの1回戦でRihoがディーブを破った試合の再戦になります。

ベルベット戦を除けば、ディーブ、Rihoともに3月以来のメジャーな試合となります。ディーブは膝を負傷しており、これは2月のRiho戦で痛めたと見られています。RihoはAEW Dark:Elevationで伊藤麻希との一戦以来となりますが、この試合の後、日本に帰国していたことが数週間前に報じられていました。

Wrestling Inc

2021年5月24日月曜日

AEW:ジェリコの"世界最高レスラーはケニー"ツイートにケニー・オメガが反応、しかしJRへの皮肉たっぷりでヒール王者っぷりを発揮

0 件のコメント :

 

AEWチャンピオンのケニー・オメガは、先日、クリス・ジェリコがケニーを現在の世界で最高のプロレスラーと呼んだツイートに反応しました。ジェリコは、最新のツイートでケニーを賞賛し、ベストバウトマシンが現在の世界で最高である事はまぎれもない事実だと書きました。

WWE:アダム・コールとセス・ロリンズ、対戦だけではなくタッグ結成に色気?

0 件のコメント :

 

2年前の「サバイバー・シリーズ」の後に行われた激戦で、アダム・コールとセス・ロリンズは「マンデーナイト・ロウ」のメインイベントでこの2人が衝突しました。今週の「The Bump」100回目の放送で、両名が顔を合わせ、夢の対決について語りました。この2人は他のプロモーションで何度も対戦していますが、コールはこの試合を彼のキャリア全体を決定づける瞬間と位置づけています。

AEW:タイ・コンティ、WWEリリースの真相を明かす。「クソ!無職だけど幸せだわ!家も買ったし、ずっと欲しかった車だって買った!なんていい生活なんだ!」

0 件のコメント :

 

タイ・コンティはAEW Unrestrictedポッドキャストにて、WWEをリリースされた当時の事を振り返りました。

「私は数ヶ月間、リリースを求めていました。私は幸せではありませんでした。私は不幸で、何の計画も無かったんです。ここから出て行きたいと思っていて、釈放されたらどうしようなんて考えた事もありませんでした。もちろん、彼等は何度も断って来ました。何度もミーティングを重ねて、私は、いや、もう終わりにしよう、お願いだから行かせてください、と訴えていました。ですが、彼等は「いいえ、あなたは行かせません」と言われて、AEWのことを言われたんです。」

2021年5月21日金曜日

WWE:ロンダ・ラウジーとカート・アングルがミルクトラックの前で記念撮影?秘密の新プロジェクトが始まった模様

0 件のコメント :

 


元RAW女子チャンピオンのロンダ・ラウジーとWWE殿堂入りカート・アングルが再びチームを組んで、新しいプロジェクトに取り組む事になりました。

アングルは、昨日、ソーシャルメディアで2人の写真を公開し、新プロジェクトを予告しました。"Rowdy's dairy home delivery"と書かれたトラックの前に立ち、「@ronderrouseyとあなたのオリンピックヒーローが何をしてくれるのか、楽しみにしていてください。やったー!後ろにあるのはロンダのミルクトラックです。ショーの撮影は素晴らしい一日でした。」とのキャプションが添えられました。



このプロジェクトについてはまだ何も語られていませんが、ラウジーと夫のトラビス・ブラウンが所有するカリフォルニア州のBrowse Acres農場が関与していると思われます。

ラウジーとアングルの関係は、元UFCスターがWWEデビューした試合にまで遡ります。オリンピック金メダリストであるカート・アングルと組み、レッスルマニア34でトリプルH、ステファニー・マクマホンと試合をしました。レッスルマニア35以降WWEを離れており、今年4月に第一子を妊娠、4ヶ月であることを公表しています。

Sescoops

WWE:ロック様の娘シモーヌ・ジョンソンのデビューはもう少し先?ゼリーナ・ベガと謎の撮影

0 件のコメント :

 

ザ・ロックの娘であるシモーヌ・ジョンソンは、WWEパフォーマンス・センターの関係者に感銘を与えています。デイブ・メルツァーによると、彼女は今年、スクワットのカテゴリーで最も上達した開発タレントだったようです。2020年2月からトレーニングを行っており、5月にはWWEと契約を行っております。

彼女はまだWWEの番組に登場していませんが、WWEユニバースは様々なニュースで彼女の名前が出てくるのをよく聞いています。シモーヌは最近パフォーマンスセンターでゼリーナ・ベガと何かを撮影したと言われています。この後、復帰が予定されているゼリーナと撮影したものが最終的にWWEのテレビ番組で使用されるものなのか、もっと補助的な映像なのかは確認されていません。しかし、シモーヌとゼリーなのコンビは,今後のWWEで2人のキャリアに大きな意味を持つものになります。

なぜなら、WWEスタジオの映画で「Fighting with my Family」にてAJリーの役を演じるためにゼリーナ・ベガを雇ったのがロックであるためです。後にベガはWWEとのレスラーとしての契約を勝ち取りました。もし、この2人がNXTやWWEのメインロースターで一緒になったら、詩的だと言えるでしょう。

Sportskeeda

IMPACT:副社長ドン・キャリスが退社、グッド・ブラザーズ、ケニー・オメガとの関係は一体どうなる?

0 件のコメント :

 

複数の情報筋によると、ドン・キャリスは現在、インパクトの共同エグゼクティブ・バイス・プレジデントとしての仕事をしていない模様です。PWInsiderとFightful Selectが報じたところによると、既にアンセム・スポーツ&エンターテイメント、インパクトを含むブランドの幹部ではなく、パフォーマーとして会社に残っているという状況のようです。

キャリスは先月正式にインパクトでの仕事を終えたと報じられました。昨年にかけてインパクトのクリエイティブ・チーム以外の責任を徐々に減らしていき、4月に正式にクリエイティブチームを去りました。インパクトとしてはキャリスの退社に伴い、チームのスリム化を行いましたが、現在、彼の公認は決まっていません。現在のコアメンバーは共同エグゼクティブ・バイス・プレジデントだったスコット・ダモア、トミー・ドリーマー、RDエバンス、ジミージェイコブスとされています。

なお、キャリスとインパクトの関係は良好な状況にあり、今回の退社は劇的なものではありません。今後もグッドブラザーズ、そしてケニー・オメガのマネージャーとして引き続き出演します。最新のTV収録ではコンテンツ撮影のため初日のみ登場し、残りの3日間はいませんでした。

今週末、アンセムの企業サイトからキャリスの名前が消されたため、様々な憶測がされていました。レスリングインクでは12月初旬に年明け1月にキャリスとインパクトの契約期限が迫っていると報道していました。今後に関する憶測としてはAEWにてフルタイムで移籍をするという情報がありますが、いつ実現をするかスケジュールは分かっていません。

インパクト社内では、当初からスコット・ダモアが物事をリードしてきたため、キャリスの退団に驚かない者もいると指摘されています。インパクトは2017年12月にキャリスを新たな共同副社長として採用し、ダモアと一緒に働く事を発表しました。

Wrestling Inc

2021年5月20日木曜日

AEW:TBSジェネラルマネージャーが語るAEW番組の移動について「TBSとTNTは共にプロレスの歴史があるので、AEWをTBSで放送する事は自然な流れだと思います。」

0 件のコメント :

 

 

4月27日、NHLとターナー社はレギュラーシーズン、スタンレーカッププレーオフ、ファイナルの試合をTNTとTBSで放映する7年間のメディア権契約を正式に発表しました。2021-22年のシーズンから開始が予定されており、これがAEWの放送に影響するのではないかと注目を集めていました。今夜、AEW Dynamiteが22年にTBSへ移管されることが発表となりました。

TBS、TNS、truTVのジェネラル・マネージャーであるブレット・ワイツはニューヨーク・ポストに対し、この影響を語りました。

「TBSとTNTは共にプロレスの歴史があるので、AEWをTBSで放送する事は自然な流れだと思います。もちろんNHLも関係しています。また、NBA、COVIDスケジュール、大量の様々な事情も関係しています。消費者がどこにいるのか、プロレスファンがどこにいるのかを考えたとき、できるだけ多く番組の消費する機会を提供したいと考えました。TBSには拡大のためのネットワークとして、また最高のプラットフォームとしての機会があると考えました。」

ターナー社とNHL契約が締結された際、トニー・カーンはAEWが移転するならば、AEWにとって良い条件でなければならないと述べていました。

また、ワイツ氏はTNTで毎年4度放送される「スーパーカード」について、トニー・カーンと協力して特集の内容を練っていると明かしました。

TBS、TNT、truTVのアソシエート・ジェネラル・マネージャー兼プログラミング&オペレーション担当上級副社長のサム・リンスキーはDeadlineに対し、カーンの会社の拡大を支援する事を楽しみにしていると語り、故ブロディ・リーの台詞を引用しました。

「トニー・カーンが我々のネットワーク上でレスリングの領地を拡大し、TNTのスリルライドブランドとTBSのグッドタイムにあったコンテンツをファンに提供するのを手助け出来るのは喜ばしい事です。」

「今日は水曜日、それが何を意味するかわかるよね。」

トニー・カーンは声明の中で、TBSにおけるプロレスの歴史についてコメントし、今回の新たな拡張により、同ネットワークが世界の誰もが認めるプロレスの発信地として確立されるだろうと述べています。

「長年のプロレス愛好家として、長年のファンにも新しいファンにもAEWを紹介する特権を持っている私にとって、オール.エリート・レスリングが2022年からTBSを本拠地とするというニュースを共有することは、個人的にもプロとしても大きな意味があります。アメリカのプロレスの歴史は何年も前にWTBSとして南東部にプロレスを配信し、最終的には全国の大規模な視聴者に配信したTBSの貢献を認めずには語れません。TBSは現在もプロレスに対してかつてと同じ情熱を持っていますが、AEWと私達のファンに、より多くのプライムタイムの番組、コンテンツ、そしてグローバルな機会を提供し、TBSを世界でも有数のプロレスの発信地として確立していきます」

Fightful

AEW:ジョン・モクスリー、旅の大変さを語る「毎日、毎日、一日のほとんどをくだらないクソったれな気分で過ごしている。」

0 件のコメント :

 

 

ジョン・モクスリーがプロレスのキャリアが体に与えたダメージ、特に移動によるダメージについて語ります。世界的なパンデミックが怒る前、WWEやAEWのような世界規模で展開する会社の特徴はツアーでした。特にAEWは約20年ぶりに毎週定期的にツアーを行うブランドとして名を馳せていました。

WWEで約7年間、定期的にツアーに出るという苦しい生活を送っていたジョン・モクスリーは、Inside The Ropesのゲイリー・キャシディと対談し、移動がプロレスの最も大変な部分だと考えている事を明かしました。

「ハイレベルでプロレスをやっていると、一番大変なのは確実に移動だ。多くの人が、旅をして金をもらえるんだから、プロレスはウケるパートだって言っていたが、それはボーナスパートだ。毎晩15分から20分、リングの上にいることが自らをリリースする瞬間だ。」

「毎日、毎日、一日のほとんどをくだらないクソったれな気分で過ごしている。最高の気分になるのは、例えそれが肉体的に厳しい試合であったとしても、試合の直後なんだ。アドレナリンが出て、リラックスしていて、ハイになっていて、気分がいいんだ。バックステージに戻って、血と汗と体中の傷で一杯になった時、その時が一番いい気分になるんだ。」

パンデミック中の多くの仕事とは異なり、ズームでプロレスの試合を進行する事は出来ません。

「毎晩移動していると、夜の終わりには最高の気分になる。旅は大変だ。キャリアを何年も棒に振る事になるし、10年以上も慢性的な痛みに悩まされ続けていると、それにも慣れてしまう。だが、これは契約の一部だ。プロレスの試合をズームでやることは出来ないから、仕方の無いこと。これはやるべきことなんだ。スコットランドに行ったり、日本に行ったり、そういう場所で、ライブで、プロレスをしなければいけないんだ。」

AEWは7月から再び旅に出る予定です。

Fightful

AEW:2022年、AEW DynamiteはTNTからTBSへ移動!さらに第二の番組「AEW Rampage」の初放送日も解禁!

0 件のコメント :

 

今朝公開されたBusted Open RadioにてAEW社長兼CEOのトニー・カーンが出演し、ワーナーメディアとの新契約を発表しました。この新契約により、AEW Dynamiteは2022年にTBSに移籍します。

また、新しい番組「AEW Rampage」が金曜日の夜10時に初放送されることも明らかになりました。初放送はTNTの1時間番組で、8月13日(金)に放送されます。この番組は2022年にDynamiteと共にTBSへと移管されます。

TNTとは2022年、四半期ごとにテレビ特番の放送を開始することとなるようです。また、AEWがTNT、TBSとの契約に関し再交渉に入ったとカーンは明かしています。詳細は近日中に発表される予定です。

Wrestling Inc

2021年5月19日水曜日

WWE:ロブ・ヴァン・ダムが語るマリファナとの旅の始まり「最初はバッドトリップした」

0 件のコメント :

 

 

ロブ・ヴァン・ダムが、マリファナとの付き合い方とその始まりについて語っています。

ロブ・ヴァン・ダムは、マット・リドルやMSKがテレビでマリファナを吸っている事をほのめかすジョークを公然と言うずっと前から、自分のキャラクターとマリファナが結びついた最初のメインストリームのレスラーでした。

マリファナはリングの内外を問わず、ロブのキャラクターの大部分を占めており、自身のCBDブランドを立ち上げたり、ビンス・マクマホンから殿堂入りの際にローリングペーパーを贈られたりしています。

WWE Iconsのスペシャル番組で、ロブ・ヴァン・ダムは大麻との旅がどのように始まったのか、また、元ヘブンリーボディのジミー・デル・レイがこの旅のどのような責任を負うのか明かしました。

「実は91年のことだ、ジャマイカでプロレスのショーをやったんだ。ガンジャが豊富にあったので、少年達はみんな興奮していた。俺は吸わなかったんだ、吸いたくなかった。でも、みんなでカバナに行ったとき、少年達がマリファナを回していて、ジミー・デル・レイが「どうぞ」と言ったのを覚えている。「いや、いいよ、俺はいい」って言ったんだけど、「ヒット・イット・ユー・プリマ・ドンナ、死にはしないよ」って言われ「ああ、そうか」と思ったんだ。一口だけ吸ったんだけど楽しかったわけじゃない、バッドトリップして、壁をじっと見て、より被害妄想的になった。「彼等は私が今、酔っていると言うだろう。なぜ私は壁を見ているのだろう」と。それが最初の経験だった。」

「俺が尊敬している素晴らしい体型のアスリートたちの多くが大麻を吸っている事に気付いたんだ。それを見て、自分も吸ってみようかなと思った。それが新しい世界を切り開いたんだ。」

現在、RVDは自身のCBDブランドを立ち上げており、RVDCBD.comでチェックすることが出来ます。

Fightful

WWE:中邑真輔が振り返る渡米での苦労、ブロック・レスナー戦への期待

0 件のコメント :

 

 

今週のオーラルセッションでは、元NXTチャンピオンの中邑真輔が新日本プロレス時代からアメリカに渡るまでの輝かしいキャリアについて語りました。英語のトレーニングは受けていたものの、アメリカ英語とそれに伴うマナーを理解するのに苦労したと振り返ります。

「中学校で英語を勉強しました。でも、先生は日本人でしたから、完璧に話せるかどうかは別です。それぞれの先生がイギリス英語を教えていました。アメリカに来たときは、サイレント・レターが何かも分からなかった。水を貰おうと思っても"water"の発音ができない。辞書を持ち歩いていました。レスリングはボディコミュニケーション。プロレスは世界共通の言語なんだ。だから、試合をする時にムーブを知らないといけない。英語を話せるようになったのは、ロッキー・ロメロをはじめとする多くの友人のおかげです。ブライアン・ダニエルソンと一緒に住んでいた事もあります。ブライアンにお願いして、私達の会話力が落ちないようにしてもらっていました。」

英語が話せないからインタビューを受けられないとパケットに言った時のように、あちこちでちょっとした風変わりな寸劇が行われ、中邑のマイクでのコメディアンとしての才能が披露されました。しかし、プロモのカットは今でも緊張するかと聞かれると、「はい、今でも緊張します」と答えました。

「そうですね。今は、短い台詞しか言われません。例えば、有名なジョークでも、僕はアメリカで育ってないから知らないんですよ。」

WWEに来て以来、中邑は様々な功績を残して来ましたが、"キング・オブ・ストロングスタイル"は、アメリカのプロレス界で自分自身を見つけるのにまだ苦労していると話します。

「まだプロレスで苦労しています。アメリカに来て、WWEに来て、チャレンジしています。僕は自分自身に挑戦するためにここに来たんです。」

パケットはビンス・マクマホンに助けを求めたり、アイデアを提案したりすることがあるか尋ねました。しかし、彼のオフィスに足を踏み入れる事はほとんどないといいます。

「彼にアイデアを提案する事はあまりありません。試合後に少し話したり、試合前にプロモのアイデアがあれば話したりします。それに慣れる必要がありますね。」

最後に、中邑はもし機会があれば、WWEのリングでブロック・レスナーと対戦したいと語りました。この2人は新日本時代に良い日も悪い日も経験しています。パケットは新日本時代にレスナーと一緒に仕事をした感想や、レスナーが王座を奪ってから剥奪されるまでのロッカールームの様子を尋ねました。レスナーは2005年にIWGPヘビー級王座を獲得しましたが、契約上の問題から3度目の王座防衛以降は防衛する事を拒否し、中邑のような選手がビッグタイトルのチャンスに恵まれないままになっていました。

「機会があれば、もちろん。僕も若かったし、彼も若かったし、分からないけど。(他のレスラーの反応としては)プロ意識に欠けていた、ってね。」

Wrestling Inc

2021年5月18日火曜日

WWE:ゾンビ・ランバージャックマッチに対し、クリス・ジェリコは先週の批判を揶揄「こいつは業界を30年後退させた」

0 件のコメント :

 

元WWEのスーパースターでAEWの"Le Champion"であるクリス・ジェリコはレッスルマニア・バックラッシュで行われたゾンビ・ランバージャックマッチについてソーシャルメディアで反応しました。

先日、1週間前に行われたAEWのブラッド&ガッツマッチにWWE関係者が満足していないと報じられ、ウォーゲームススタイルの試合に対し「業界を30年後退させた」と述べ、議論を呼びました。これは暴力的な表現がTNTの標準的なラインを大きく超えたことによるものと見られています。

WWEその1週間後にPPVでミズ vs ダミアン・プリースとの試合で「ゾンビ」をランバージャックに見立てたセグメントを採用したことは注目すべきですが、このアングルと試合にはネット上で賛否両論が起こっています。ほとんどのファンは2021年にWWEがこれをテレビで放映するということに困惑したり、怒っていたりしました。

クリス・ジェリコもこの試合にオンラインで反応をしており、「ゾンビ…ゾンビ?わお、こいつは業界を30年後退させた」と先週、自分達に送られたコメントを揶揄してみせました。

この試合は、元WWEスーパースターであるデイブ・バティスタの新作主演映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」の宣伝として行われており、試合後、ゾンビ達はミズに襲いかかり、カメラはゾンビ達がミズが食べられてるかのように切り取りました。しかし、心配されていたミズは無事だったようですが、彼が人間の脳を食べるようになったという噂があります。パートナーであるジョン・モリソンの安否は分かっていません。

ハリケーン・ヘルムスはこの試合のファンだと公言しています。

Sescoops

ROH:PPV「Best in the World」でのファン参加を発表、7月からライブイベントを再開する4番目の団体に

0 件のコメント :


 ROHは今年7月からファンを復帰させる事を発表しました。7月11日開催のPPV「Best in the World」で2020年2月以来となるファンの帰還を行うことを発表しました。

このイベントはボルチモアのEmployers Insurance Arenaで開催され、座席はグループ同士、6フィート(約1.8m)離れた場所に配置されます。

ROHのCOOジョー・コフはファンが参加するライブイベントの再開を決定した事について、以下の声明を発表しました。

「才能のあるアスリートのみんな、ファンの皆さん、そしてお互いの安全を守るために役割を果たしてくれた皆さんに、心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います。困難な1年であったことは間違いありませんが、私達は自身が最も得意とすることを引き続き強化していきたいと考えています。地球上で最高のレスリングを目撃し、お気に入りのスターをライブで直接見る事の出来るスリルに勝るものはありません。私達はファンの安全、健康、幸福をROHの最優先事項として、これからも続けたいと思っています。」

ROHは7月にファンとのライブイベントへの復帰を発表した4番目の会社になります。AEWは7月7日のDynamite収録、WWEは7月中旬からのライブツアー、MLWは7月10日にフィラデルフィア2300アリーナよりライブショーを行います。

Sescoops

AEW:PPV「Double Or Nothing」初回チケット即完売でチケット追加、100%収容での開催を宣言

0 件のコメント :

 

AEWはPPV「Double Or Nothing」のチケットを重版しました。昨日早くにチケットマスターから発売しましたが、すぐに完売となり、その後すぐにこのビッグイベントのチケットをさらに数百枚リリースしました。

記事を書いている時点では530ドルのチケットが2枚のこっていますが、フロアとリングサイドの席は既に全て売り切れています。上段のエリアには、まだ数百席が残っており、49ドルから85ドルまで様々な価格帯のチケットがあります。

金曜日夜のイベントについては、会場の全てのエリアでまだ数百席が残っており、29ドルから329ドルまでの様々な価格帯があり、中にはAEW VIPエクスペリエンスが含まれているものもあります。また、土曜日に開催される「Double Or Nothing Fan Fest」の一般入場券は39.75ドルのものが残っています。チケットマスターでは一般入場券のファミリー4パックを1枚29.75ドルで販売しています。

AEWはこのPPVをデイリーズ・プレイスにて100%のキャパシティで開催します。

以下は既に発表されているカードになります。

AEW世界王座戦
PAC vs オレンジ・キャシディ vs ケニー・オメガ

AEW女子世界王座戦
ドクター・ブリット・ベイカー vs 志田光

カジノ・バトルロワイヤル(AEW世界王座挑戦権)
クリスチャン・ケージ、マット・サイダル他

コーディ・ローデス vs アンソニー・オゴゴ

"ハングマン"アダム・ペイジ vs ブライアン・ケージ

Wrestling Inc