国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

11.15 デストロイヤー追悼興行 武藤とSANADAが激突………?白覆面の魔王が見せる一夜の夢

0 件のコメント :



3月7日に死去した"白覆面の魔王"ザ・デストロイヤーの追悼興行が11.15大田区総合体育館で開催されることが決まっており、メインの試合に関しては日本を代表するマスクマンと足四の字固めの使い手にオファーしたいと発表されていた。
決定したカードは、武藤、ライガー、宮原健斗vsSANADA、KAI、BUSHIの豪華極まりない一戦となったのだ。



ザ・ デストロイヤーといえば、力道山との試合で視聴率64%を記録、アントニオ猪木、ジャイアント馬場と数々の名勝負を繰り広げながら、テレビタレントとして も様々な番組に出演。60、70年代のプロレスを彩り続けた大スターであり、日本において足四の字を定着させた第一人者でもある。
そのメインに組まれたカードが、特別な興行である以上に大きな意味合いを孕んでいるのだ。
【武藤塾塾生】
今、 SANADAとBUSHIが並んでいるのを見たら、多くの人はロスインゴベルナブレスデハポンじゃないかと口にするだろう。しかし、彼等は、プロレスラー になる前、一般向けのトレーニングプログラムとして始まった武藤塾で遭遇、これは全日本プロレスの新人オーディションも開催されており、06年に1期生と して顔を合わせているのだ。
そして、この同期にKAIもいる。アニマル浜口ジムで3年トレーニングをし、武藤塾入門、メキシコに送られた後、08年の日本デビュー戦で後のSANADA、BUSHI組から勝利をしている。
実際、当時はホープと呼ばれており、真田とKAIどちらが未来を切り開くのか、切磋琢磨する関係性ではあったのだが、不器用で実直なKAIと器用で頭のいい真田を比べた時にKAIにもどかしさを覚えたことは少なくない。
武 藤のW-1についていくも、なかなか殻を破れないKAIだったが、一戦がその姿を変えた。元々ファン時代に大仁田厚に憧れ、新日のみならず、DDTや埼玉 プロレスといった辺境の地まで網羅していたKAIが14年、憧れの大仁田との電流爆破マッチを経験。ここから自分の好きなプロレスを存分に発揮するように なると、翌年には武藤を破り、W-1のチャンピオンになった。今はW-1を退団し、フリーとして、W-1に上がりつつ、ゼロワンや全日本にも上がってい る。
今では自由な旅を楽しむインディーレスラーという大仁田の道を追いかけるKAIだが、大仁田もまた元全日のレスラーであり、KAIは武藤全日とは異なる文脈を持った全日のレスラーと言える。そんな男が再び同期と肩を並べるなんて誰が思っただろうか。



 
【日本代表に挟まれる"今"の全日】
ライガーと武藤が並ぶのは必然とも言える。武藤の人工関節置換手術から実質的な復帰試合の1つとなった新日MSG大会でのバトルロイヤル、ムタと顔を合わせたライガーの姿に全世界が熱狂をした。
さらに、武藤がプロデュースするマスターズで馳と共にライガーが組み、第三世代と試合することが発表されると、先週の週刊プロレスでは二人で退団し、"リバプールの風になった"あの男をマスターズに呼ぶと武藤が意気込んでみせた。
そこに割って入るのが、"今"の全日本プロレスの顔、宮原健斗である。絶対王者、令和の三冠王者の実力は何度もお伝えしている通り、今の新日本プロレスですら後楽園ホールの動員数で全日本プロレスを越えることが出来ないことで証明している。
今の全日がどれだけ充実しているかをまだ多くの人が知らないだけで、デカくて強い奴らが怪物のような試合をするプロレスはまた違った迫力に満ちている。その頂点に立つ宮原が、あのオカダ、飯伏が認める天才SANADAと再び肌を合わせるのだ。
………そう、再びである。
宮原は全日本プロレスの出身ではない。佐々木健介の健介オフィスでデビューをしたレスラーだが、宮原のデビュー戦の相手は誰でもない、SANADAなのだ。
全日、TNA、W-1、新日、様々なリングを渡り歩き、まさに今、最も世界が痺れるセクシーなレスラーSANADAと、新日の牙城すらも切り崩し棚橋をもって「本当に宝、僕を越える存在」と言わしめた絶対王者宮原が遭遇するのである。
【武藤とSANADA】
武 藤というレスラーは多くのレスラーに影響を与えた、棚橋もそうだし、内藤も、SANADAももちろんだ。皆、足殺しや試合の組み立て方で大きな影響を受け て、少しずつ自分のプロレスというものを構築する作業をしてきた。棚橋は未だにドラゴンスクリューを要所で使うし、内藤も得意な戦術は足殺しである。
SANADAは試合中の立ち振る舞い、レスラーとしての在り方にその匂いを感じる。もちろん、あのラウンディングボディプレスの間は血統を感じる瞬間なのだが、アメリカンプロレスに根付く緩急や自己表現の自由さがエッセンスを噛み砕いて取り込んでいる。
行 ける時には、武藤が開く大きな宴会にもきちんと顔を出すSANADAだが、W-1を離脱した時には大事にしてきたのにという隠せない本音を吐露していた。 ましてや武藤の性格だ、美味しいところを持っていかれるのは一番癪だ。宮原との遭遇も楽しみだが、この師匠とどんなコンタクトになるのかも目を離せない。
 
今日、TAKAYAMANIAで激突するNOAHのGHC王者清宮とDDTのエース竹下。全日の絶対王者宮原と日本プロレス界の天才SANADA。激動のリングが止まらない。

0 件のコメント :

コメントを投稿