ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

MLW オペラカップにMJFが登場!アレックス・ハマーストーンとの対戦を発表


AEWにてコーディの股間を蹴り上げ、一転ヒールターン(そもそも彼はヒールなのでやっぱりかという気持ちの方が強いのだけども)をして、観客から水をかけられるという事態にまで発展させた稀代の天才MJFがMLWのトップレスラーであるアレックス・ハマーストーンと対戦します。

▼オペラカップとは


かつてアメリカ国内で世界ヘビー級選手権への挑戦者を決定する過酷なトーナメントとして、数日間に渡り開催されたレスリングトーナメントでした。優勝者には挑戦権と共にトロフィーが授与されますが、その歴史を遡ること50年前、カナダの英雄スチュ・ハートがトロフィーを獲得して以来開催されておらず、トロフィーはハート家に展示されていたのです。


MLWには"ハート・ファウンデーション"ハート家の血を引く者、関わりのある者を集めたユニットが集まっており、テディ・ハート、デイビーボーイ・スミス・Jr.などがいます。

テディはスチュの死後、このトロフィーを継承、MLWへ寄付をし、オペラカップの復活となりました。

【関連】AEW旗揚げにより混迷する北米マット デイビーボーイスミスJr.の旅の行き先

▼ NOAHに参戦、アレックス・ハマーストーン


MLWは現在、NOAHと提携しており、今年のシングルトーナメントにはMLW全米オープンウェイト王者 アレックス・ハマーストーンが直接乗り込んできました。


 筋骨隆々の王者とNOAHの無骨な衝突は話題となりました。しかし、アレックスとMJFは共に"ザ・ダイナスティ"というユニットメンバーであり、これはメンバー同士の初めての対決となります。

【関連】NOAHはいつになったら掛け違えたボタンに気付くのか

この決定にはハートファミリーの狙いがありました。ハートファミリーとザ・ダイナスティの物語は今のMLWの中心にあり、全米オープンウェイト王者のアレックス、ミドル級王者のMJF、MJFとタッグ王座を巻くリチャード・ホリディと多くのベルトはザ・ダイナスティが独占状態にあります。

ユニット同士で争うことで世界ヘビー級への挑戦権は1つ失われることとなります。これにホリディは異を唱え、弁護士でもある彼の父親まで出してきましたが、結果アレックスとMJFの試合は決定されました。

▼MLWとAEWの関係

現在、MLWにはMJFだけでなく、ジミー・ハヴォックも出場しています。これについてMLWのCEOであるコート・バウアーは競争相手ではなく、協力関係にあると述べています。

日本のファンにとって、MLWとAEWの良い関係が生まれてくれば、デイビーボーイ・スミスJr.をAEWで見れる日が来るかもしれませんし、彼自身もその興味については好意的な態度を見せています。またロウ・キーもMLWに参戦していることから、かつてゼロワンやドラゴンゲート、新日本で彼のファイトにハマった人は楽しみかもしれない。










コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!