投稿

4月, 2023の投稿を表示しています

Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:PoPのサンタナ、膝を怪我して欠場中だが、AEWでの復帰は暗雲??過去には契約が来れるまでのカウントダウンを行っていたことも

イメージ
  2019年にAEWと契約した最初の偉大なタッグチームの一つであるProud and Powerfulは、昨年のBlood and Guts戦でサンタナが膝に重傷を負って以来、活動を停止しています。オーティズはAEWとリング・オブ・オナーのテレビ中継で散発的に試合を続けていますが、タッグパートナー同士の関係はぎくしゃくしているようで、サンタナが怪我から回復した時に何をするのか、プロレスに復帰してもAEWに残るのか疑問視する声も多いです。 Fightful Selectの最近の報道によると、少なくとも現時点では、サンタナはAEWとの契約を継続しているようです。サンタナは現在も同社に在籍しており、負傷していた期間の支払いを受けています。これは、負傷を前にしたサンタナの士気を知る多くのファンにとって驚きかもしれません。元Inner Circleメンバーは、AEWとの契約が切れるまでの数日をカウントダウンしているように見えましたが、その後ツイートは削除され、昨年6月には活動停止となっています。 現在はまだトニー・カーン率いる会社の一員であるにもかかわらず、最終的に完全に回復した時にサンタナが会社に残るつもりなのかどうかは不明です。Fightfulはまた、サンタナの契約は昨年末に切れる予定でしたが、怪我に対処するために彼が不在だったために延長された可能性が非常に高いと報じています。 トニー・カーンは昨年夏以降、サンタナの負傷について公に声明を出していませんが、ファイトフルは、AEW社長が負傷したレスラーに対して契約の性質にかかわらず支払いを続けるという方針に関して一貫していることを示唆しています。 Wrestlling Inc

WWE:やはり新しいタレントの雇用は凍結中?トリプルHはニック・アルディス、タマ・トンガ、ブライアン・ケイジらとの契約を画策していた模様

イメージ
  Fightful Selectは、WWEと新しいタレントの雇用に関する舞台裏のニュースを共有しました。この記事によると、Fightfulと話をしたタレントは、同社が 「雇用凍結」 を経験していると主張しています。というのも、今年に入ってからこれまでのところ、このプロモーションでは主要な登録タレントを採用していません。 Fightfulと話をした情報筋は、ビンス・マクマホンの復帰と売却の話は、いわゆる 「凍結」 の背景にあるいくつかの理由に過ぎないと推測しています。WWEの売却は4月3日に正式に行われ、プロモーションはアリ・エマニュエルのエンデバー・グループによって購入されました。販売後、マクマホンは再び創造性を取り戻したようで、今週初めに報じられたように、彼は今週放送された『WWE・ロウ』に 「個人的に深く関わっていた」 ため、番組が始まるわずか数分前に脚本の書き直しを望む結果となりました。 FightfulはトリプルHが元NWA世界王者ニック・アルディスの加入を希望していると伝えられたが、タマ・トンガやブライアン・ケイジといった名前を含む他の候補者と同様に、マクマホンがWWEの会長に復帰した直後から 「蚊帳の外」 に置かれていました。 ジェームズ・キンボールの解雇は、WWEが興味を示した数人が連絡を取らなかったもう一つの理由でした。Kimballは、2月に非公開の人事違反で解雇されるまで、WWEのタレントオペレーションおよび戦略担当上級副社長を務めていました。 Wrestling Inc

AEW:ウィル・オスプレイが8月開催のイギリス・ウェンブリー・スタジアムへの出場を伺う?「どこへ行ってもイギリスの旗を掲げる男として機会があることを願う」

イメージ
  ウィル・オスプレイはウェンブリー・スタジアムでAEW All Inに興味を示しています。 4月5日放送のAEW Dynamiteの中で、オール・エリート・レスリングは8月27日にウェンブリー・スタジアムでAEW All Inを開催し、イギリスでデビューすることを発表しました。ウェンブリー・スタジアムには最大約9万人のファンが収容でき、このニュースは同社にとって大きな転機となりました。 オスプレイはDark Puroresu Flowsionとの対談で、ウェンブリー・スタジアムでのAEW All Inへの関心について尋ねられました。 「俺はふらっと入ってくる男。世界中の全ての人々とその素晴らしいクルーに愛を。どこへ行っても [イギリス] の旗を掲げる男の一人としての機会があることを願っている。そうすることで、ついに父が誇りに思えるようになるだろう」  オスプレイは2022年を通じてAEWの番組に何度も出場しました。他にもAEWダイナマイトでダックス・ハーウッドとシングルマッチで対戦したり、AEW x NJPW Forbidden Doorでオレンジ・キャシディを相手にIWGP全米王座を防衛しています。 元IWGP全米王者は3月13日のニュージャパン・カップで肩を痛め、現在欠場中。トニー・カーンは、オスプレイは怪我をする前にROH Supercard of Honorに出場する予定だったと語っています。 Fightful

AEW:鈴木みのる、近い将来、クリス・ジェリコとの試合を模索??過去にジェリコも鈴木と日本で試合がしたいと熱望していた

イメージ
  鈴木みのるは今でもレスリングを愛しています。 彼はレスリング界で最も装飾され尊敬されている伝説の一人であり、もう一人の装飾され尊敬されている伝説とのシングルマッチを模索しています。Wrestling With Honorでの取材で対戦したい相手はいるかとの質問に答えました。 「まだたくさんいると思う。だが、近い将来、クリス・ジェリコと戦えることを願っている」 AEW×NJPW Forbidden Doorでジェリコ、サミー・ゲバラと組み、エディ・キングストン、海野翔太&ウィーラー・ユウタ組を破りました。ジェリコは以前、日本で鈴木と対戦したいと語っていました。 インタビューで、鈴木はIWGP世界ヘビー級チャンピオンになるという目標をまだ持っているかと聞かれました。 「もちろん、俺はまだIWGPを目指している。それが新日本プロレスで戦い続ける理由の一つだ」  IWGP世界ヘビー級タイトルは現在、オカダが保持しています。鈴木はNEVER無差別級6人タッグチャンピオンをエル・デスペラード&成田蓮と組んでいます。 Fightful

AEW:スカイ・ブルーがALL ELITE!!AEWと正式な契約に!現在はペイジ、トニー・ストームらOutcastsと抗争中!

イメージ
  スカイブルーはオールエリート。 トニー・カーンは、スカイブルーが正式にAll Elite Eliteと契約したことを発表しました。 彼女はAEWオリジナル対ペイジらOutcastsのストーリーラインでオリジナルと関係しています。 テレビ中継された最新の試合は3月22日放送のAEWダイナマイトで、トニ・ストームに敗れました。 Fightful

WWE:UFC代表ダナ・ホワイトがエンデバーによるWWE買収について語る「ニューヨークでマクマホンに会った時、エンデバーとのビジネスについて知りたがっていた」

イメージ
  プロレス界のトップニュースは、エンデバーが所有する新たに設立された会社の屋根の下で、WWEとUFCを統合するという合意のニュースが続いています。週が進むにつれ、より多くの情報が明らかになり、金曜日には、UFC代表のダナ・ホワイトが以前よりも詳細に交渉に加わりました。土曜日夜に行われたUFC 287のペイ・パー・ビューを宣伝する番組 「The Pat McAfee Show」 に出演したホワイトは、合併について聞かれ、それがWWEの助けになると感じていることを明かしました。 「これは (EndeavorのCEOである)アリの素晴らしいところの1つであり、彼がなぜこれほど素晴らしいパートナーなのか、そしてなぜこれほど一緒に仕事ができるのかということです。彼が入ってきてUFCを買ってくれたし、彼らは私に残ってほしいと言ったし、アリはあなたにビジネスをさせてくれる人の一人だ。あなたがしていることをさせてくれる。前回ニューヨークでマクマホンと実際に会ったとき。彼らはエンデバーとのビジネスがどんなものか知りたがっていて、彼らに信じられないほど肯定的なことしか言えなかった。アリはあなたにビジネスを任せてくれる人の一人で、彼が必要なら電話を取って電話すれば、彼は何でもできる」  ホワイトは、合併によってUFCが大きく変わるとは考えていないが、ライセンスやスポンサーシップなどの分野に関してはエンデバーのコネがWWEに利益をもたらすと付け加えました。ホワイトはまた、エンデバーがUFCで行ったように、この種の取引は 「WWEを次のレベルに引き上げる」 ことができると強調し、特にエンデバーが過剰に支払った買収時の世論のコンセンサスと比較して、彼の会社の価値が劇的に上昇したことを挙げました。 Wrestling Inc

WWE:衝撃のレスナー暴走はビンスの強権ではなく、一ヶ月前から予定されていた?しかし、RAWの評価は非常に低いものに。

イメージ
先週の今頃、ほとんどの人はコーディ・ローデスがレッスルマニアの週末を世界一で終えると考えていました。しかし、WrestleMania 39のメインイベントでローマン・レインズに敗れ、続いてゴムチキンを投げつけられ、翌日の夜には 「WWE Raw」 でブロック・レスナーに大破させられました。レスナーの殴打事件は、2人の間のプログラムの始まりであり、現在進行中のものです。 Fightful Selectは、このプログラムが今週の 「Raw」 の少なくとも1ヶ月前から計画されており、実際には両者は常に反目する予定だったと報じています。その結果、ローデスが関わっていたいくつかの計画はこの月曜日に変更されましたが、レスナーとローデスの確執はその結果ではなく、 「Raw」 でクリエイティブに戻ったビンス・マクマホンが非常に敵対的な反応を示したことによるものではありませんでした。 さらに、レスナー自身がこれらの計画を少なくとも1ヶ月前からよく知っていたことも注目されました。実際、元WWEチャンピオンは、ヒールターンの兆しを示すために、その間にプレゼンテーションを変更していました。レスナーの行動に加えられた変更の中には、 「野獣の化身」 が、オモスとの対決の前にオモスから手を引くなど、WrestleManiaに向けたライバル関係の中で、特定のセグメントでオモスとの関わりを拒否することが含まれていました。多くの関係者は月曜日よりずっと前に方向性を知っていたようです。 Wrestling Inc

AEW:4.5 Dynamiteの視聴率は5%の増加!!ジェイ・ホワイト襲来の瞬間はYoutubeで81K再生の異例のペースに!!

イメージ
WrestlenomicsのBrandon Thurstonによると、4月5日のAEWダイナマイトは877,000人の視聴者を集めました。この数字は3月29日の833,000人から5%増加しています。 水曜日の視聴率は、18歳から49歳の層で0.30 (視聴者数391,000人) を記録し、先週水曜日の0.28 (視聴者数355,000人) から6%上昇しました。 Showbuzz Dailyによると、AEW Dynamiteは水曜日のP 18-49でケーブルテレビのオリジナル番組の中で6位にランクインしました。ESPNのNBAの試合(ロサンゼルス・レイカーズ対ロサンゼルス・クリッパーズ)がケーブルテレビのチャートで最高位にランクインしています。 YouTubeで最も視聴されたAEWダイナマイト (4/5) ビデオ FTRはあなたの新しいAEW世界タッグチームチャンピオン (283 Kビュー) 「スイッチブレード」 ジェイ・ホワイトがオールエリート (81 K再生) ニューヨーク州ロングアイランドがMJFの日を祝う (44 K) ジェイミー・ヘイターとRIHOがAEW女子世界選手権で激突 (14 Kビュー) Blackpool Combat Clubが世界のプロレスラーの手本となる (13 Kビュー) Fightful

AEW:ジェイ・ホワイト契約の裏側!トリプルHとウィリアム・リーガルは獲得に興味、WWEはクリエイティブプランも作成されていた??

イメージ
  水曜日の夜の 「AEWダイナマイト」 の前に、ジェイ・ホワイトは間違いなくプロレス市場で最も切望されたフリーエージェントでした。これで 「スイッチブレード」 がオールエリートであることが分かり、その過程でWWEが彼を逃したと報じられました。Fightful Selectはその後、ホワイトのAEWとの契約状況に関する詳細と、WWEとの交渉が最終的に契約に至らなかった潜在的な理由を知りました。 Fightfulはホワイトがトニー・カーンのプロモーションと複数年契約を結んだだけでなく、先週末のWrestleMania 39開催前に契約が成立していたことも認めました。これは、ホワイトがコネチカット州スタンフォードに向かっていないことをWWE内部の情報筋が知っていたということでもあります。「スイッチブレード」 は、2月に新日本プロレスのBattle in the Valleyでエディ・キングストンと最後に対戦したが、Loser Leaves NJPW戦で敗れました。しかし、Fightfulによると、1月のNJPWのWrestle Kingdom 17の頃にWWEが興味を示し、その後の数週間はホワイトとの契約に自信を持っていたといいます。 WWEの最高コンテンツ責任者であるトリプルHとグローバルタレント開発担当副社長のウィリアム・リーガルが途中で興味を示しましたが、上層部は同社が 「プロセスに沿って適切にコミュニケーションを取っていなかった」 ことを明らかにしました。また、ビンス・マクマホンが今年の初めに復帰したことと、その後の主要メンバーの雇用が著しく欠如していたことにより、交渉が決裂した可能性も示唆しました。Fightfulによると、ホワイトのためのクリエイティブプランはすでに暫定的に作成されており、一方で先週のように一部のWWE関係者は、結局Whiteと契約するのではないかという希望を捨てていませんでした。 Wrestling Inc

AEW:【追記】渦中のジェイ・ホワイトがAEWのリングに登場!!ジュース・ロビンソンと結託し、リッキー・スタークスを襲撃!!

イメージ
  ジェイ・ホワイトがAEWに現れました!! Look who just kicked off this huge episode of #AEWDynamite LIVE on TBS: it's #Switchblade @JayWhiteNZ ! pic.twitter.com/7IMj48WUt9 — All Elite Wrestling (@AEW) April 6, 2023 リッキー・スタークスとジュース・ロビンソンのシングルマッチでオープニングが始まった瞬間、ジェイ・ホワイトのエントランステーマがヒット!!リングに滑り込んだジェイがリッキーを襲撃し、ジュースとハグを交わし、リユニオンを宣言しました。 トニー・カーンは長年の夢だった、というサプライズを放送中に発表すると言っていましたが、冒頭から世界中が驚く展開となりました。 【追記】トニーのツイッターが更新され、ジェイが正式に契約したことが発表となりました。 Switchblade @JayWhiteNZ is ALL ELITE! Tune in now to Wednesday Night #AEWDynamite LIVE on @TBSNetwork ! pic.twitter.com/GIHAyN2cLo — Tony Khan (@TonyKhan) April 6, 2023

WWE:エンデバーへの売却により株価が2019年以来の高値を更新、これによりビンス・マクマホンは一夜で1億9800万ドル稼いだことに

イメージ
  火曜日、WWEの株価は大幅に上昇しました。4月4日、WWEの株価は97.23ドルで取引を終えた。これは2019年4月24日の終値98.50ドル以来の高値である。月曜日の終値から7.93ドル (8.88%) 上昇しました。 4月3日、WWEとエンデバーは売却の合意を発表しました。この売却により、WWEとUFCは合併し、新たな株式公開企業を設立します。売却と合併は2023年後半に完了する見通し。上場企業の新社名は決まっていませんが、現在はTKOと記載されています。 フォーブスは、ビンス・マクマホンが火曜日に株価上昇で1億9800万ドルを稼ぎ、現在31億ドルの価値があると報じています。 Fightful

AEW:胸筋断裂による手術で半年欠場中のアンドラーデ、3年の契約はそろそろ切れるが行方は?シャーロットはWWEで再び一緒に仕事をすることを希望

イメージ
アンドラーデ・エル・イドロは昨年、状況が好転していました。 AEWに登場したオリジナル・ロス・インゴベルナブレスのルーシュと手を組み、両者はオールアウト2022のカジノ・ラダー・マッチに出場しました。しかし、昨年9月の試合がアンドラーデにとって最後の試合となっています。彼は胸筋を断裂し、それ以来欠場が続いています。彼がいつリングに復帰するかという問題だけが今問われるべきではありません。もう1つは、彼がAEWにどれだけ長く在籍するかです。彼はWrestleCon中のLucha Libre Onlineとのインタビューで、近い将来契約が切れると述べています。 「私はまだAEWに所属しているので、それを明確にしたい。契約はもうすぐ切れますが、私はまだAEWに所属しています。胸が破れたので、まだ回復していません。11月に手術を受け、4ヶ月ほど休んでいましたが、復帰間近で100%になったと感じています」 。 2021年夏にAEWと契約した後、アンドラーデは三年間の契約に合意したと述べました。その時間のかなりの部分が負傷しているので、彼の契約条件は調整される可能性があります。アンドラーデはまた、失われた時間を取り戻し、AEWにもう少し留まることを望むかもしれません。また妻のシャーロット・フレアーがWWEで再び一緒に仕事をしたいと言っていますが、ペンが正式に紙と出会うまで確実なことはわかりません。 Wrestling Inc

WWE:早速漏れ出るビンス体制への不満?RAWで放送ギリギリにRAW女子王座の試合がキャンセルになったか。

イメージ
  WrestleMania終了後の月曜日に放送された 「WWE Raw」 は視聴者から大酷評されたが、WWEのタレントたちも同じように感じていたようです。ビンスが再び責任者となり、番組の放送に合わせて変更が行われていることを示唆する報道と放送外の映像の両方から推測するに、これは必ずしも驚くべきことではありませんが、火曜日の午後、Fightful Selectはその詳細についての新しいレポートを発表しました。 この記事によると、数ヶ月間はタレントの契約があることが保証されており、エンデバーによるWWE買収の発表の後、マクマホンは会社に戻って仕事をしているにもかかわらずクリエイティブな仕事には参加せず、ポール・"トリプルH"・レベスクが引き続きエントランスセットの後ろにある 「ゴリラ・ポジション」 で番組を制作することになるとのことです。しかし、月曜日、マクマホンは明らかに物事を進めており、 「ゴリラ」 を引き継いで、ショーの間に変更を加えただけでなく、レッスルマニアの週末にすべてのWWEのショーでなんらかの仕事をしていました。これは、数時間前に放送されたCNBCのインタビューで、マクマホンが創作プロセスに入ることはないと発言した後のことです。 番組の変更は、午後6時のタレント会議の後に始まり、2時間後には 「Raw」 が開始されたが、これはレベスク政権下では以前になかったような遅い時期の変更でした。「RAW」 女子王座の次期挑戦者を決める試合は遅れて削除され、代わりにWWE女子タッグタイトルの最有力候補を決める試合が行われ、ベイリーはリングサイドでの役割から外されました。Fightful Selectは 「登録女性の何人かが調整に不満を募らせた」 と指摘しています。 Wrestling Inc

WWE:巨大企業誕生に厳しい目、法律事務所Ademi LLPがエンデバーとの取引において、公正な価格で株式を得たか調査に乗り出す。

イメージ
  法律事務所がWWEを調査しています。Ademi LLPは、WWEがエンデバーとの取引で公正な価格を得たかどうかを調査していると発表しました。 以下、発表内容 ミルウォーキー、2023年4月3日/PRNewswire/--Ademi LLPは、エンデバーとの取引における受託者義務違反やその他の法律違反の可能性について、WWE (ニューヨーク証券取引所:WWE)を調査している。 https://www.ademilaw.com/case/world-wrestling-entertainment-incに参加する方法や、Guri Ademi (フリーダイヤル866-264-3995) に電話する方法については、こちらをクリックしてください。費用や義務は一切ありません。 Ademi LLPは、WWEの財務見通しと見通しは素晴らしいと主張しているが、それでも取引では、エンデバーが新会社の51%の支配権を持ち、既存のWWE株主が新会社の49%の権益を持っているため、WWEの株式価値は一株あたり約106ドル (終値配当の前) に過ぎないと評価している。この取引契約では、WWEが優位な入札を受け入れた場合に大幅なペナルティを課すことで、不当に競争入札を制限している。WWEのインサイダーは、コントロールの変更の一環としてかなりの恩恵を受けることになる。 我々は、WWEの取締役会の行動を調査しており、彼らが (i) すべての株主に対する受託者としての義務を果たしているか、 (ii) WWEに対して公正かつ合理的な価格を得ているかどうかを調査している。 WWEの普通株式を所有しており、追加情報を入手したい場合は、グリ・アデミ (gademi@ademilaw.comまたはフリーダイヤル:866-264-3995またはhttps://www.ademilaw.com/case/world-wrestling-entertainment-inc) までお問い合わせください。 当社は、買収、合併、および個人株主権に関する株主訴訟を全国で専門としています。詳しくはお気軽にお電話ください。弁護士広告。過去の結果は同様の結果を保証するものではない。 4月3日、WWEはエンデバーとの取引契約を発表し、WWEはエンデバーに売却され、UFCと合併して新たな株式公開企業を設立すると発表しました。 Fi

WWE:"スイッチブレード"ジェイ・ホワイトはWWEには移籍しない?複数人の関係者が証言か

イメージ
  元NJPWスターで元IWGPワールドチャンピオンのジェイ・ホワイトがWWEに移籍することはなさそうです。 PWInsiderによると、ロサンゼルスで行われたレッスルマニア39の週末に、ホワイトに関して 「全く話し合いはなかった」 とのことで、 「複数のWWE関係者やタレントとの会話から、ホワイトがWWEに縛られているようには見えないと言われている」とされています。 1月、ホワイトはNJPWとの契約が切れた時点でFA権を取得する見込みだと報じられました。元Bullet Clubのリーダーで、New Year's Dashでヒクレオに敗れた敗者が、Battle in the ValleyでEddie Kingstonに敗れて新日本を去りました。 一時は、NJPWを離脱した30歳の 「スイッチブレード」 との契約に、WWEとAEWの双方が興味を示していたと報じられています。 ニュージーランド出身の彼は、過去に2度AEWでレスリングを行っており、昨年6月のForbidden Doorの前に1度、そしてPPVで4 wayでIWGPタイトル防衛に成功しました。 Wrestling Observer