投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:2.20 Dynamite 試合速報2 AEW初の金網戦!コーディーはウォードロー、MJFに勝てるのか

イメージ
▼AEWタッグ王座戦 ルチャ・ブラザーズ vs ケニー、ペイジ フェニックス、ペイジから開始、ペイジに飛びついたフェニックスだが、振りほどいたペイジのブート!さらにタッチしたケニーとキック、ブートとコタロークラッシャーの連携。王者組がタッチワークを活かして攻め入る。カミカゼからのコンビネーション、ペイジのシューティングスター、ケニーのムーンサルトが決まるが、介入しようとしたペンタゴンをペイジがコーナートップからの攻撃で排除。 しかし、ルチャ・ブラザーズもこれを切り返すと、コーナーダウンするケニーにコンビネーションでの串刺し攻撃を加えると、両足をフェニックスが固定した状態のところへペンタゴンが臀部へのミサイルキック。その後も、細かいタッチワークでケニーに攻撃を集中させる。執拗にペイジを挑発、介入しようとするペイジにレフェリーの注意が向くとロープを使ってダメージを蓄積する。 ペンタゴンの強烈なローキックでケニーの足が破壊される。しかし、飛び込んで来たフェニックスを剣山で迎撃。ペンタゴンを引き剥がすと、なんとかペイジにタッチ。ペイジは場外のフェニックスとまとめて攻撃して行く。 エプロンでペンタゴンと蹴り合うケニー。ペンタゴンの強烈なハイキックを食らうもニーを突き刺す!しかし、コーナートップからフェニックスの援護射撃!あわやエプロンでのパッケージパイルというところ、なんとか逃れるもフェニックスが場外へのヘッドシザーズホイップ。これを追いかけるようにペイジのムーンサルト!!! お互いにコンビネーションを狙う中で、ペイジはケニーに誤爆してしまう。フェニックスが横回転を加えたプランチャで場外のペイジを襲う。だが、ケニーはこれを耐え切ると、フェニックスにタイガードライバー'91!さらに片翼の天使を狙うが、これはフェニックスが回避。ロープに走ったケニーにペイジが背中に触れてタッチ。フェニックスのキックを避けると、ペイジのクローズラインとケニーのVトリガーのサンドイッチ!!これで3カウント、ケニーとペイジが防衛。ヤングバックスがリングに上がり、ケニーを介抱するがペイジも反対からケニーの腕を引く。しかし、ペイジはリングを降りて、客席からビールを受け取ると、そのまま客席を通って帰ってしまう。 ▼スティールケージマッチ MJFが提示したシングルマッチ

AEW:2.20 Dynamite 試合速報1 ケニー、ペイジの持つAEWタッグ王座にヤングバックスが挑戦決定!

イメージ
▼タッグチームバトルロイヤル 多くのタッグチームが入り乱れる中、SCUの2人がクロスボディ。これを見たHybrid2のジャック・エバンスがコーナートップから飛ぶも受け止められ、そのまま場外に投げられる。T-Hawkがプライベート・パーティーを場外に投げ出そうとするも、コンビネーションで回避。反対に場外へ叩き出される。 これまでリングに入っていなかったダークオーダーがリングイン。さらに、場外からSCUに対して、マイクでクリストファー・ダニエルズについて揺さぶりをかけていく。 CIMAとトレントがリング中央でチョップ合戦。ロープに振ってのドロップキックを回避、フットスタンプからコーナーに担ぎ上げると、アッパーカットからのアイコノクラズム。しかし、背後からPNPに襲われてしまう。場外に投げ出されるもエプロンに逃げると、同じくエプロンに上がったジャングルボーイと殴り合う。助けようとしたルチャ・ザウルスのキックを受けて敗退。場外に落ちたCIMAにダークオーダーがマスクを渡す。 PNP、ブッチャー&ブレイドを相手にニックが躍動、しかし、ブッチャーが一気に担ぎ上げるとそのまま場外に叩き出す。さらに、マット、プライベート・パーティーへジャングル・ボーイを投げつけると、ルチャ・ザウルスとリング中央でしばきあい!!!観客は度迫力の攻防に大歓声。 ブッチャー&ブレイドに襲われたベスト・フレンズだが、場外に投げ出されたトレントをなんとオレンジ・キャシディが肩車。トップロープから出たものの、フロアに足がついていないので回避。リングに戻るとブレイドを場外に叩き出そうというところ、なんとか堪えていたブレイドにマットとトレントがスーパーキックで叩き出す。 マットがPNP2人を相手にする状況、さらに、場外にはサミー・ゲバラ!孤軍奮闘を強いられる。PNPは数の差を活かしてコンビネーション攻撃で畳み掛けるが、マットはなんとか切り抜ける。オーティスを場外に叩き出すもエプロンに。サンタナがぶつかりそうになるもこれを回避。しかし、マットのスーパーキックパーティーが開催。オーティスにヒット、さらにサンタナへも。介入してきたゲバラがスワンダイブで飛びかかって来たのもスーパーキックで撃墜。サンタナをトップロープから叩き出して、マットの勝利!!PPVでケニー、ペイジの持つAEWタッグ王

AEW:2.13 Dynamite 試合速報2 インナーサークルの新メンバーにジェフ・コブ!!

イメージ
▼バックステージ 戴冠したナイラが戻って来ると、トニー・カーンが祝福のハグ。ケニーも祝福を述べるが、バックステージは気乗りしない空気。興奮したナイラはケニーを罵倒すると、今日が始まりの日と述べる。 後ろに見える女子選手の顔は浮かない。 映像によってジェフ・コブの参戦が発表される。 . @RealJeffCobb is all elite. Welcome to #AEW pic.twitter.com/K6ilanx58W — All Elite Wrestling (@AEWrestling) February 13, 2020 ▼MJF vs ジャングルボーイ MJFの入場には大きなブーイング。ジャングルボーイの素早い動きにも完璧についていくMJF。さらに伏せたジャングルボーイに対し、フレアーウォークでからかう余裕。しかし、鮮やかなアームホイップからドロップキックでジャングルボーイは流れを作る。 MJFはジャングルボーイの脇腹への攻撃を集中させる。しかし、なんとか活路を作ったジャングルボーイはトペの連発でMJFの動きを止める。リングに戻すもカウントは2。 MJFを担ぎ上げようとするが脇腹が痛んで上げれない。MJFはジャングルボーイを掴むと、コウモリ吊り。ジャングルボーイはこれを丸め込んで切り抜ける。 場外にウォードローが現れると、MJFに指輪を渡す。MJFはそのままジャングルボーイを殴りつけると、クロスローズで3カウント。 ジャケットを脱いだウォードローがジャングルボーイを担ぎ上げ、F5!!! 来週、コーディー vs ウォードローのスティールケージマッチ、タッグ・バトルロイヤル、ルチャ・ブラザーズ vs ケニー、ペイジのAEWタッグ王座戦、翌週はケニー vs PACのアイアンマンマッチ、さらにPPVでダスティン vs ヘイガーが決定。ヘイガーはAEWでの初戦となる。 ▼モクスリー vs サンタナ ジェリコがゲバラ、ヘイガーを引き連れ、会場のバルコニー席に登場。大歓声の中、客席から現れたモクスリーを先に入場したサンタナは襲撃。しかし、モクスリーはパワーでなぎ倒す。さらに場外へ落ちたサンタナへコーナートップから飛び込んでダメージを追わせる。だが、サンタナは鉄階段の角でモクスリーの残る左目を叩き付けようとする。なんとか逃

AEW:2.13 Dyanamite 試合速報1AEWの危機を救ったのはオレンジキャシディ!!

イメージ
▼ケニー、ペイジ vs SCU ケニーとフランキー・カザリアンで試合が開始した瞬間、トロンに現れるダークオーダーの面々。襲撃の予告をしてきたのを見たセコンドのクリストファー・ダニエルズが連中を探しに行くとバックステージへ下がる。  SCUが巧みなコンビネーションでケニーをいたぶる。ペイジの介入によりペースを取り戻すかと思われたが、カザリアンがエプロンのペイジの足を引き阻止。しかし、ケニーもスカイを場外へ落とすと、マットを叩き場外弾を予告。だが、スカイにこれに阻まれる。リングに滑り込んだスカイが場外へトペ。しかし、それを追いかけるようにケニーも特大のコンヒーロ!!! ケニーのカミカゼからペイジとの連携に入ったが、膝を立てられ迎撃。コーナートップに上がったペイジもカザリアンが場外に押し出し、フェンスに激突してしまう。コンビとしての経験が勝るSCUは絶妙なタイミングでThe ELITEの連携をカットしていく。 カザリアンのボディシザーズを耐え切ったケニーだが、ダメージの深いペイジはエプロンに戻れていない。スカイがリングに引き戻すも、ケニーはなんとかペイジにタッチを繋ぐ。ペイジは1人で2人を蹴散らす。この活躍に観客も大歓声。ケニーを呼び込んでの連携は阻まれ、ローンバトルを強いられるペイジ。 互いのフィニッシュを読み合う展開。しかし、ケニーの足を場外のスカイが掴む。だが、この窮地を切り抜けたケニーはペイジを呼び込み、Vトリガーとバックショット・ラリアットのサンドイッチ!!!!これで3カウント!ペイジは客席でビールを受け取ると、そのまま客席に雪崩れ込む。 失意のSCUの元へダークオーダーが襲来。さらに、ブッチャー&ブレイド、ハイブリッド2がSCUを囲むも、SCUの元へは ベストフレンズ、ヤングバックスが滑り込む。全員が入り乱れる乱戦の模様になるも、ダークオーダー達をリングから排除。ヤングバックスに対し、さらに襲いかかろうとするダークオーダーだが、入場口から現れたのはオレンジキャシディ。目の前でポケットに手を入れると、引っ込みのつかなくなったダークオーダーはリングに入るもヤングバックスのスーパーキックで撃退される。 リングに上がったオレンジキャシディはヤングバックスとベストフレンズを戯れる。 サンタナの口から語られる彼のこれまでの歴史、1

AEW:2.6 Dynamite 試合速報2 コーディーへ下される鞭打ち!!MJFの卑劣な願望

イメージ
▼ジョーイ・ジャネラ vs キップ・セイビン 長きに渡り、抗争を繰り広げる両者。強烈な打撃戦からジャネラの荒々しい攻撃をセイビンは細かな心理戦で翻弄する名勝負。エプロンを走ったジャネラの膝をセイビンが蹴り飛ばすと、勢い余ったジャネラが鉄階段に顔面を打ち付け動けなくなってしまう。 しかし、セイビンの高低差を活かした猛攻をジャネラは耐え切るとトペ。ペノロペが詰め寄るがジャネラは関わらない。だが、隙を突いたセイビンはジャネラを蹴り飛ばすと、ロープに飛び乗りコンヒーロ、これを抱えたジャネラは場外でのジャーマン!!

AEW:2.6 Dynamite 試合速報1 初登場の坂崎ユカに大歓声!!

イメージ
試合結果は前編と後編に分かれています。 後編はページ下部から進む事が出来ます。 ▼今週もモクスリーが客席から登場 客席から現れたモクスリーに観客は大歓声。 PNPのオーティスはサンタナを伴って入場。さらに、ジェリコのテーマがヒット!入場ゲートに現れたジェリコはゲバラとヘイガーを連れて、解説席へ。 モクスリーはオーティスだけでなく、場外にいるサンタナの様子を警戒しながらのファイト。しかし圧倒してみせると、客席は大モクスリーコール。場外のサンタナへ椅子を抱えて威嚇。だが、隙をついたサンタナが足を払って流れを変える。オーティスは眼帯をつけている右から顔面を鉄柱に叩き付けていくと、モクスリーは動けなくなってしまう。客席から”オーティスサック”の大合唱。 リング中央、キャメルクラッチの体勢からモクスリーの顔面を腕でこすって痛めつけるオーティス。これを逃れたモクスリーはフィギュアフォーレッグロックに捉える。なんとか堪え、場外へ逃げたオーティスだったが、モクスリーはすぐさまトペ!!これはサンタナにヒットするも、飛びかかってきたオーティスも柵を飛び越えて観客席へ叩き込む。 強烈な場外へのコンヒーロで流れを変えたオーティスだったが、介入しようとエプロンに上がったサンタナと体がぶつかってしまう。この一瞬を逃さなかったモクスリーがパラダイムシフト!!これで試合を決める。ゴング後、サンタナが襲いかかるもパラダイムシフトで叩き返す。さらに、ジェリコから奪った車、フォードGTのキーをちらつかせると、その鍵部分が出た状態で握る。まるで自らにやられた仕返しとばかりにサンタナの目を突く。慌ててリングに飛び込むインナーサークル。客席でおどけてみせるモクスリー……… ▼SCU vs ベストフレンズ ベストフレンズは現在、ランキング5位。SCUは現在1位であり、ここで勝利すれば、ランキングが大きく変動する可能性がある。ベストフレンズはオレンジ・キャシディを連れて入場。キャシディは自分のグッズを持ち込むファンをイジり倒す。 トレントとカザリアンで開始、オーソドックスなレスリング、合間にチョップ合戦を交えて意地の張り合いを見せる。タッチしたチャッキーTとスカイは鮮やかな腕の取り合い。タックル合戦はチャッキーTに軍配。だが、キックのコンビネーションからのドロップキックでス

STARDOM:今からでも遅くないスターダム 番外編 Ep.3 花月総理の旅立ち、GAEAの復活

イメージ
1.26大阪大会、ジャングル叫女に破れ、花月はスターダムを離れた。最後は所属選手全員との円座という、ユニットの関係を離れた姿に、誰もが様々な思いを抱くこととなった。 最後に選んだのは、"アイコン"岩谷とのタッグ、そして、かつてから今後のスターダム、そして女子プロレス界を牽引する存在にならなければいけないと発破をかけてきた渡辺桃、ジャングル叫女の2人。試合は、そんな花月の気持ちに答えるかのように、叫女が脅威の粘りを見せた。

WWE:The Rivivalドーソンのツイートにジョーイ・ジャネラが反応?

イメージ
The Rivivalのスコット・ドーソンがTwitterにて『タッグチームレスリングはお金を生まない』という旨のツイートを残しました。NXTで3年の活動の後,デビュー戦でThe New Dayを破り、その後タッグ王座を獲得していますが、幾度となくブランド内での彼等の位置づけに対して意見をし、昨年はリリースを要求しましたが、受け入れられませんでした。

WWE:来日経験ありキャンディ・フロスがNXT UKと契約

イメージ
スターダム来日経験のあるキャンディ・フロスがNXT UKと契約した。プログレスレスリングでキャリアを始め、18歳の時に来日。まだ20歳にして、印象的なピンクの髪の毛の彼女は非常にポップな存在と見られている。 その他数人の選手と今回契約に至ったとされており、グレート・カリが育てたとされるインド人選手のPC入りと共に米英で新たな動きが起きそうだ。

AEW:トニー・カーン、AEW Dynamiteの最近のセグメントに関し、TNTから特別な許可を得ていたと語る

イメージ
AEWの社長兼CEOであるトニー・カーンはモクスリーとジェリコの最近のセグメント、また、MJFが着用していたTシャツについてTNTから特別な許可を得ていたと語りました。 モクスリーとジェリコのセグメントについては、1月15日のAEW Dynamiteの放送でインナーサークルのメンバーであるサミー・ゲバラとのシングルに勝利した後、モクスリーを囲んだジェリコはジャケットについていたスパイクを外し、モクスリーへ突き刺しました。以後、モクスリーはアイパッチ、または包帯を着用しています。この際のスパイクが見える角度についての承認を得たと言われています。