投稿

2020の投稿を表示しています

Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ビデオゲームプロジェクトの情報が解禁!制作会社はユークス!ケニーと対戦する志田の姿も!

イメージ
一目でかつてのスティーブ・ジョブズを思わせる、黒のタートルネック、ジーパンの姿で現れ、おもむろにプレゼンテーションを始めるケニー。AEWのこれまでの道程を解説し、共に歴史の始まりを作ろうとアピール。 ファンが望んでいるのはこういうゲームだろう、トレイラーがありますと見せられたのは、チープな16bitの不思議な挙動の映像。   しかし、実際のトレイラーでは、ユークスのロゴが映し出され、ケニーとジェリコが3Dで戦う姿が!さらに志田光が現れ、ケニーと夢の対戦!!!! 映像が戻るが、メインレフェリーのオーブリーが現れ、ケニーに苦言を呈すると突如レフェリーの服を破り捨て、黒のタートルネック、ジーパン姿に!   興行のカードを決め進めていくモバイルゲーム【AEW ELITE GENERAL MANEGER】を勝手に発表!!   さらには、黒のタートルネック、ジーパン姿のブリット・ベイカーが現れ、ケニーからプレゼンター用マウスを奪うと、AEW GAMESロゴのTシャツを発表。オンラインショップでの発売とのこと。   今度は、黒のタートルネック、ジーパンのコーディー・ローデスが登場。ケニーは見せ場を奪われ、嘆き悲しむ。   着飾ったケニーがカジノに入っていく映像、レスラーやレフェリーがポーカーなどに興じている。PPV「DOUBLE or Nothing」にかけたカジノゲームが今冬に登場! ケニー以外の全員が退場。ノーマーシーディレクターで知られる"GETA"氏がプロジェクトに関わっていることを発表!        

AEW:ケニー肝いりのビデオゲーム第一弾がついに明日発表

イメージ
  AEW発足以来、ケニー・オメガが率先してきたと言われるビデオゲーム第一弾の発表が明日8時、AEWのYoutubeチャンネルで行われる事が発表されました。 AEW会長トニー・カーンはビデオゲームに関して、複数タイトルの開発を進めていることを示唆しており、中には興行のカードを決めて進めるようなタイトルもあると言われています。 ケニーは以前から古いプロレスゲーム、どんな年代の人も簡単に操作が出来て、プロレスのダイナミズムを味わってもらえるような体験が出来るタイトルを作りたいと述べており、それを叶えてくれる制作会社を探すところから初めていました。 今回発表されるのは、どのようなタイトルになるかは分かりませんが、ケニーはTwitchでのレポーターや国際的なゲーム大会での仕事、スクウェアエニックスとの仕事など、ゲームに関する様々な仕事を行っており、この発表はプロレス業界だけではなく、ゲーム業界でも取り上げられる事は間違いないでしょう。  

WWE:ベイリー、現NWA世界女子王者との対戦を示唆

イメージ
  SMACKDOWNのスターであるベイリーは近い将来に現NWA世界女子王者であり、AEWにも参戦するセレナ・ディーブと対戦する事を望んでいるようです。 オーストラリア在住の女子レスラー シャッツァ・マッケンジーがツイートで「ディーブが夢の試合リストのトップにいる。パンデミックが明けて世界が再開された後、実現するつもりだ」と書き込んだところ、ベイリーがこれに反応。「私が先だ」とリプライを送りました。 ディーブは2010年にCMパンクのストレート・エッジ・ソサエティに参加していましたが、WWEでの試合はほんの一握りしかありません。土曜日のPPV「Full Gear」ではアリシン・ケイを相手に王座防衛を果たしています。   I’m first — Bayley (@itsBayleyWWE) November 8, 2020   Wrestling.Inc

AEW:トニー・カーン「ダービー・アリンは自分自身でスターになった」

イメージ
  タイトル変更からサプライズ出演まで、PPV「Full Gear」は黒と金のブランドにとって記念碑的な変化に満ちていました。AEW Full Gearメディアスクラムでは、AEW会長トニー・カーンがイベントの成功について話し、特にダービー・アリンのTNTタイトル獲得をハイライトの一つとしました。   「私はダービーの大ファンです、ダービーのデビュー戦がコーディーとの対戦だったので、今回の試合がダービーの王座決定戦となったのは非常に適切だったと思います。我々のエグゼグティブ・バイスプレジデントは人をスカウトして注目させる素晴らしい仕事をしていて、コーディーは最初からダービーと一緒に仕事を死体と思っていましたし、彼と複数年契約を結ぶ事に興奮していました。   そしてすぐに彼がこの会社にどのような価値を与えてくれるのかを見て、契約をさらに延長しました。ダービーは今後何年もここで契約をすることになります。コーディーとの試合の後、ダービーはビッグスターになると思いました。彼に可能性があると思っていましたが、実際は2019年デイトナで介さしたFyter Festまでは分かりませんでした。私はほんとうにダービーを信じています。ファンも、会社の皆も彼を信じていると思う。」 カーンはダービーの勝利がどれほど詩的であったかについて言及しました。チームタズとの確執の種はずっと前に蒔かれたといい、今になって報われるのを見たのは、かなり特別なことです。   「クレイジーなことです、昨夜はチームタズとダービーの抗争の構築が始まって6ヶ月もの時間を数え、彼が試合に勝てた事は本当に適切だと思ったし、その物語はまだ継続しています。 TNTタイトルトーナメントの準決勝で行われた3回目のコーディーとダービーの試合の後で、タズがダービーの望んでいないいくつかのアドバイスを送ろうとし、タズがダービーを見下していた事で、二人の間に遺恨が生まれました。」   ダービーのタイトルの勝利で、彼はチャンピオンシップを獲得した最初の"ホームグロウン"AEWスターであると主張する事が出来ます。カーンはAEWのスカウトされた、見込みのある選手が最終的に会社の中で金メダルを獲得した事に感謝しているが、カーンはダービーの成功は自分自身で作った物だと強調しました。   「彼は自分自身でスターになったんだ。一

AEW:ジョン・モクスリー「インディペンデントレスラーには厳しい時代だが」

イメージ
  昨夜のPPV「Full Gear」でエディ・キングストンを"I Quit"マッチで破りAEW世界王座を防衛したジョン・モクスリーはPPV後、メディアスクラムを行いました。 Wrestling.Incのマネージングエディターであるニック・ハウズマンがこのパンデミックの中注目を集めたいインディーレスラーのためのアドバイスをモクスリーにしました。 「難しい質問だな、インディーズのタレント達は本当に、本当に、本当に大打撃を受けた。 それが先々週、Bloodsport3に出たもう一つの理由だ。2度もブッキングされていたので、本当に責任があると思った。ジョシュ・バーネットは俺に連絡してきてくれたし、あいつは俺が知っている中で、最も賢い男の一人だ。 Bloodsportのメンバーは全員テストを受けた。グループは別々にして、俺も自分のための特別な処置を取った。自分のホテルに泊まって、自分のスペースを確保して、出来る限りの事をした」 「レスリングだけじゃない、何事にも安全を保つ事だ。何かをしようとしている時、スーパーに行く、イベントに参加する、AEWのショーに来る……ショーを出来るだけ安全なものにして、全てのルールを変えれればいいんだけど、それを守らなかったらどうする?個人的な責任を取らされるハメになる、自らがするべきことをする、ソーシャルディスタンスだ。 俺は可能な限りのことをする、人生のどこにいても、出来るだけ自分のバブルの中にいるようにしている。 注目されることに関しては、難しい質問だ。来るまで15時間かけていくか、NXTやAEWでダークマッチがあるか、どこであろうと、あらゆる機会を利用するんだ。頑張ればいい」 「インディペンデントレスラーにとっては厳しい時代だが、出来る限り安全に、出来る限りの事をするんだ。エディ・キングストンのように18年かけて自らを削り続けて辞めそうになった奴でも、17年半で辞めてたら、PPVのメインイベントには辿り着いてない。もし11年かけたって、10年目に辞めたら、11年目に勝つことは出来ねぇんだ」 Wrestling.Inc    

AEW:ケニー・オメガ「シングルス部門に戻るのはとても自然なこと」

イメージ
PPV「Full Gear」で行われたタイトルエリミネーター・トーナメント決勝にて、ハングマン・ペイジを片翼の天使で破り、ケニー・オメガはトーナメントを制しただけではなく、将来のAEW世界タイトルマッチ挑戦権を獲得しました。 同時に、現王者であるジョン・モクスリーはエディ・キングストンを"I QUIT"マッチで破り、ショーを締めくくりました。試合後、ケニーはリングサイドに現れましたが、モクスリーに促されるもリングの中には入らず視察戦を繰り広げました。 バックステージで、アレックス・マーベスのインタビューに答えています。   「これは、最近の記憶の中で感じた事のないことだ。シングルス部門に戻るのはとても自然なことだと感じたよ。 アダム・ペイジには本当に感謝している。彼は僕が思っていた以上に優れていて、最高の選手の仲間入りをしたんだ。今夜のトーナメントは勝ったし、最高の気分だよ。」   今夜のPPVには、インパクト・レスリングのEVP ドン・カリスが現れ、ケニーの試合をコールし、コメンタリーにも参加しました。また、バックステージセグメントにも現れ、ケニーの勝利を祝福しました。     Next in line for the #AEW World Championship is @KennyOmegamanX ! #AEWFullGear pic.twitter.com/pjK8Q6vTeA — All Elite Wrestling (@AEW) November 8, 2020 Wrestling.Inc    

AEW:ダービー・アリンTNT戴冠、試合後SNSで

イメージ
PPV『Full Gear』にてコーディーを破り、ダービー・アリンがAEW TNT新王者となりました。その後、両レスラーはソーシャルメディアで反応しました。   アリンは「俺がボールを奪った、絶対に渡さない」とツイート   元二度のチャンピオンは、優しい言葉を投げかけました。   「私にとっては心が痛むが、アリンにとっては特別な夜だった。ルーキーはもうルーキーではありません。スターなのです。  一匹狼になる事もあるが、今はリーダーです。 今夜ここに来てくれたAEW、ファン、そしてPPVで観戦してくれたファンに感謝します。お前達のチャンピオンになれて光栄だった。」   TNTのツイッターアカウントも概要でチャンピオンを紹介しています。       When I take the ball yer never getting it back. pic.twitter.com/iYnIWkw1S5 — DARBY ALLIN (@DarbyAllin) November 8, 2020   Heartbreaking for me, but a special night for @DarbyAllin - the rookies aren’t rookies anymore. They are stars. You can be a loner, but now you’re a leader. Thank you @AEW and the fans here tonight and watching on PPV. It was an honor to be your champion. pic.twitter.com/AEhAEEzW2n — Cody (@CodyRhodes) November 8, 2020 You know we gotta do the thing #AEWFullGear pic.twitter.com/nQuw7qWSyw — TNTDrama (@tntdrama) November 8, 2020 Wrestling.Inc 

MLW:デイビーボーイ・スミスJr.の契約は12月18日まで?WWEへの移籍を希望か

イメージ
MLWは11月18日より再スタートの準備を進めています。この日はFUSIONの最新エピソードが公開される予定であり、デイビーボーイ・スミスJr.はMLWの復帰に大きな役割を果たす事が期待されています。 レスリングオブザーバーのレポートによると、スミスの契約は残り数週間、12月18日までと見られており、いくつかのプロモーションはフリーエージェントになるであろう彼に興味を持っています。 デイブ・メルツァーは「彼は今週,クリス・ジェリコのハロウィンパーティーにいて、トニー・カーンとも喋っている。だけど、MLWの契約が終わるまでビジネスの話題はしていないだろう」と語ります。 WWEを始め、全日本、インパクトやMLWからの興味はあるようですが、彼はどのプロモーションにも傾いていないようです。 「スミスはWWEへのオファーの関心を持っている。全日本、インパクト、MLWからの関心はあるが、まだ傾いていないし、これはオファーによって基づいて行われる。」 スミスはタイソン・キッドと二度WWEタッグチームチャンピオンになっており、ランス・アーチャーと3度IWGPヘビー級タッグチャンピオンになっており、MLWでは、テディ・ハート、ブライアン・ピルマンJr.とタッグ王者に、2019年MLWで行われたオペラ・カップで優勝をしています。 Sescoops    

AEW:マット・サイダル「PWGの喜びの要素がメガカンパニーに移った気がしたんだ」

イメージ
   2014年にWWEを去って以来、マット・サイダル、ことエヴァン・ボーンはレスリングのメジャー団体のほぼ全てに登場しました。ROH、インパクト、新日本、インディーズなどを渡り歩いた彼はAEWで最後を迎えるのか注目を集めています。 PPVのカジノバトルロワイヤルにサプライズで現れ、この脅威は現実となりました。彼はそれ以来、AEWの常連となっています。クリス・ヴァン・ヴリートショーに出演したサイダルはAEWとのリンクについて語りました。 「ボルチモアでのROHピュアタイトルトーナメントの撮影を一週間終えたばかりで、次のブッキングは10月のROHのテーピングまでないだろうと思っていたから、本当に嬉しいサプライズだったんだ。PPVの前夜に電話があって、出来るかって聞かれたんだ。昔ながらのやり方でね、電話してくれればすぐに行くから」  「2018年にIMPACTを退団してからの2年間、基本的には健康であること、強くあること、その機会が来たときのための準備をする子tに費やしてきた、それが自分が宇宙に注いできたことなんだと感じていたんだ。本当にそれに向かって努力してきたんだ。でも、ポッドキャストに出演して、『そうそう、僕の目標はAEWに出ること』と言わなかったわけじゃないけどね」 レスリングプロモーションに関わる人間として、サイダルは、彼が何を望んでいるのか、会社に何を望んでいないのかを理解しています。AEWは彼がプロモーションで探している全てのチェックボックスを認識しており、彼等の運営の進歩的な性質を強調しました。 「それは、これまでのプロレスのキャリア全体を導いてきた原則に基づいてスタートした団体だからこそ生まれたもので、過去のプロレスで得た物は全て素晴らしいものであり、その全てに感謝をしています。だけど、プロレスがクローズドなものよりもオープンなものになるために、プロレスの先進的な思想家を特集する時が来たんだ。ルールを減らし、創造性を高めるために。トップダウンのヒエラルキーのようなものではなく、コラボレーションがあって、AEWは僕の夢の連盟のようなものなんだ」 「電話を受けた時は「絶対やるよ!」と思ったんだ。興奮してたし、『4〜5、6年ぶりに会った友達と日曜日に一緒に遊べるんだ』と瞬間的に思ったんだよ。それ自体が超エキサイティングだし、PPVでデビュー出来るなんて言うま

WWE:ジェフ・ハーディー「娘がハーディー・ガールズになるなら、俺がトレーナーになるよ」

イメージ
WWEインターコンチネンタル王者ジェフ・ハーディーは引退後、自分の娘以外の人間をトレーニングするつもりはないと話しました。彼は今週BTスポーツの取材を受け、引退後はWWEの創造的な舞台裏で仕事もしたいが、音楽のキャリアも続けたいと言います。   「究極的には、音楽に関わってるのが好きなんだ。でも、人生の残りの期間の中で、密かにプロレスに関わっていると思う。クリエイティビティのように、作家のように、舞台裏だったり、アイデアを提案するだけの人間だったり、何でもいい。」 ハーディーは9歳と4歳の娘がレスラーになる以外は他人のトレーニングを見ないと話します。   「俺は自分の娘でない限り、他人を鍛える事はしない。娘たちがレスリングをしたいなら、ハーディー・ガールズになりたいなら、俺がトレーナーになる。」 「今は女子王座、タッグチーム女子王座があるんだ。何年も前に『女子タッグタイトルがあったらかっこいいな』と言っていたのを覚えてる。そして、今がある。とてもクールだ」     WrestlingInc  

WWE:ドミニク・ミステリオのプッシュはいつまで続くのか

イメージ
WWE会長兼CEOであるビンス・マクマホンがドミニク・ミステリオを高く評価していることは周知の事実です。彼はプロレスビジネスはおろか、WWEにおいて新参者ですが、彼はマンデーナイトRAWのトップスターの一人として位置づけられています。 PWinsider.comによると、WWEの関係者はドミニクがトップ25%、RAWにおけるトップ3、4のベビーフェイスの一つであると考えられています。ドミニクの活躍はこれまでのところ関係者に感銘を与えており、彼はこのまま高く評価され続ければ、プッシュは継続される事となります。 ドミニクはデビュー以来、まだ5試合しかしていません。公式試合はサマースラムでのセス・ロリンズとのストリートファイトマッチでした。この試合はESPNで行われたNFLの2試合に対し、視聴率を高めるためにセッティングされました。 週末、WWEネットワークではドキュメンタリー番組である「WWE Day off」を公開し、ドミニクの試合に感嘆するビンス・マクマホン映しました。ロリンズに破れ、バックステージのゴリラポジションにやってきたドミニクはビンスに感謝の意を伝え、ビンスもまたドミニクのパフォーマンスを祝福しました。   Sescoops          

WWE:カート・アングル、マット・リドルのマネージャーを打診されていた

イメージ
WWEホール・オブ・フェイマーであるカート・アングルは4月のタレント、スタッフの解雇とともに放出されました。しかし5月には、マット・リドル vs ティモシー・サッチャーのケージ戦で特別ゲストとしてレフェリーを務めました。試合後にはリドルはスマックダウンのロスターとしての昇格が発表されました。 Wrestling Incのインタビューで、この際、リドルのマネージャーとしての役割をWWEは打診してきたが、カートがこれを断った事を明かしました。しかし、WWEと彼はまだ良い条件だと話します。   それはWWEはアングルに対し、トレーニングセンターでコーチになることを打診していたというのです。   「トリプルHには、センターに実際に行く事はあまりないが、電話やZOOMでレスラーと話したり、映像を見たり、テクニックやプロモについて彼等と話をすることについて話しました。僕にとっては簡単なスケジュールだった。 何も実現しなかったけど、それでいいんだ。彼等は数ヶ月前にそのアイデアを持ち出してきたんだけど、それでいいんだ。僕は今いる場所でいいし、彼等が僕をあちこちで使い続けたいと思うなら、それでいいんだ。」   Wrestling News.Co    

AEW:サンダー・ローザ「ここではみんな自分の物語を書いているようなもの」

イメージ
NWA女子王者でTJPWインターナショナル・プリンセス王者であるサンダー・ローザがAEW Dynamiteデビュー直後にトーク・イズ・ジェリコポッドキャストに登場しました。 彼女はAEWへの出場機会、PPV"ALL OUT"での志田との試合について話しました。(ALL OUT開催前に収録されています) 「最初にAEWから連絡があって、現在の契約状況について聞かれたの。私はNWAと契約しているため、他の場所では働けません。」 「だから、私は首脳部に連絡したの。正直言って期待はしてなかったけど、テキストメッセージを受け取って何となく分かったわ。電話が来て『お前はALL OUTに出るんだ』って言われた。誰かにALL OUTに出たいか聞かれたかって?やるわ、気にしない。私の個人的なキャリアから言えば、常に人々が私の才能を見て、私の全てを見てくれるのを待っていたの」 「メールを送って、お願いして、お願いして、お願いして、ということをする前に、私の頑張りを見てもらいたい。そうすると、『彼女は、会社にとって一緒に仕事をするのが素晴らしいことなんだ』と言ってくれる。まさしくそうなったわけだけど、本当に嬉しい」   ローザはNWA女子王者が別のプロモーションでその団体のタイトルに挑戦する事の意義について話しました。   「そう、女子プロレスにとって、NWAの歴史の中で、他のレスラーが他の会社に行って、他のチャンピオンと戦った事は無いとおもう。」 「だから、これが前例になるし、私は賛成している。私は歴史を作り、ビジネスに変化をもたらす事が全てで、それは運によってか、あるいはそれが起こるのをみているだけよ」   ローザはコブラ・ムーンというリングネームでルチャ・アンダーグラウンドで北米デビューを果たしています。かつての経験とAEWでの経験を比較しました。 「それはとてもクールなことだったの。今まで働いていた全ての会社と全く違う。」 「ルチャ・アンダーグラウンドでは5人のライターがいたけど、ここではみんな自分の物語を書いているようなものなの。ライターがいて、ストーリーがあって、これをしなければいけない、これを伝えなければならない。それだけ。ここは違うの」 「ここでは、人々は自分の創造性を発揮して、何ができるか試してみる事が推奨されているのだと思う。何か違う事をしたいと思

AEW:マット・カルドナ、新日への出場を問われ"100%"と答える

イメージ
元WWEのザック・ライダーとして知られ、4月15日のWWEから解放されたマット・カルドナは現在、AEWで活躍をしていますが、AEWとの契約は短期的な契約と見られています。 パンデミック中の日本旅行は厄介で、検疫期間が設けられています。2週間を失う事は難しく、今は日本への渡航を予定はしていないものの、彼はいつでもチャンスに備えています。 ツイッターでのQ&Aの中で、新日本プロレスへの出場を検討しているかと聞かれると、彼は"100%"と解答しました。 現在、フロリダに在住し、AEWの収録をしているジャクソンビルには問題なく辿り着いています。日本は別の話ではあるものの、物事がクリアになれば、彼は機会が与えられ次第、新日本プロレスに関わる事になるでしょう。 AEWとの契約により、多くのスターはAEWのロスターの一員として、日本で試合を行う事ができます。制限として、他のテレビ放送会社のために米国内で競争することが出来ません。ミロもこのような特権を持っており、マット・カルドナも同じような特権を所持していると見られています。   100% https://t.co/c1bGkOkDO1 — Matt Cardona (@TheMattCardona) September 12, 2020 RINGSIDENEWS

AEW:エディ・キングストンが語るLAX再結成の可能性について

イメージ
  LAXは長きに渡り、TNA、IMPACTを牽引してきたラテンアメリカ系の凶悪ユニットです。エディ・キングストンはポッドキャストに出演し、元メンバーが集まるAEWでLAX再結成の可能性について語りました。   「いや、俺は断固として思っている。サンタナ、オルティス、ディアマンテとAEWでLAXの改革を行いたくはない。サンタナ、オルティスはクリス・ジェリコと組むのに忙しい。俺は前に進まないと行けない、ディアマンテも。グループを維持することは出来ないんだ。」 「俺はクリス・ジェリコがインナー・サークルでやっていることには同意できないかもしれないが、でも彼は俺の息子達の世話をしてくれている。これは脅しではないが、もしジェリコが俺の息子達に手を出したら?その時はやる。でも、今は?」   もしも、自身がインナー・サークルに加わることになったら、という質問にはこう答えています。   「俺達が集まる必要は無い。彼等がインナー・サークルを脱退する必要も無いだろう?俺が参加する理由も無い」     Sescoops    

AEW:元WWEスーパースター ミロがAEW参戦サプライズから一夜明けコメント

イメージ
 ルセフとして知られる元WWEスーパースターであるミロは、昨夜のAEW Dynamiteでの衝撃的な登場を”全ての言葉を意味する”と自身のYoutubeチャンネルでフォローアップしました。「ただのプロモではなく、自分の実際の気持ちだった」と明かしました。  デビューが近付くにつれ、テンションが上がっており、AEWで唱われた"The Best Man"は単なるギミックではなく、自分が"世界最高のプロレスラーである"と話します。   「他の場所と違って、AEWでは実際に観客がいるんだ。約1000人の観客がいて、ファンの前にいるのは素晴らしい感覚なんだ。」と登場の瞬間、鳥肌が立っていた事を話しました。 キップ・セイビンに紹介され現れたミロはAEWのセグメントでこうマイクしています。「同じ家の元、ガラスの天井の下、イメージの真鍮の指輪、てめぇのケツにぶち込んでやる」と過激なニュアンスでWWE離脱をアプローチしています。 WrestlingNews.Co      

NEWS:テッサ・ブランチャード帰還!カイリーレイと女子タイトル防衛へ

イメージ
テッサ・ブランチャードは今週土曜日、数ヶ月ぶりにリングで試合をすることが発表されました。自身の保持するWarrior Wrestlingの女子タイトルをかけて、現在IMPACTに所属するカイリー・レイと防衛戦を行います。 テッサは、6月にIMPACTとの関係を解消し、彼女の持つインパクト世界王座は剥奪されました。パンデミック発生以降、テーピングに登場せず、婚約者のダガと暮らすメキシコから必要なプロモを送らなかった、と言われています。 インパクト離脱時にはWWEなどの他のプロモーションが彼女との契約に興味を持っていると報じられましたが、同時にSpeakingOutの流れで数多くの女子選手から過去の発言、いじめなどの告発を受けています。その舞台の一つは来日中のスターダムで発生していたとも言われています。 サミ・キャラハンとのインタージェンダーマッチで、男女の垣根を越えた熱戦を見せる一方、バックステージでの問題行動も度々報告されており、フリーランスとなった彼女がどのような選択をするかは注目が集まっています。 WrestlingNews.Co

WWE:ジェフ・ハーディー、"ウィロー"をWWEユニバースに紹介したいと発言

イメージ
BT Sportのインタビューでジェフ・ハーディーは"ウィロー"をWWEユニバースに紹介したいと発言しました。 TNA時代にこの面白いキャラクターを紹介し、受け入れられましたが、TNAがキャラクターを二度復活させようとしましたが、ハーディーは離脱を繰り返してきました。     「数年前、俺はジェフ・ハーディーになって、ウィローと呼ばれる人間になっていた。ウィローは一種のレスリングにおけるペルソナだった、俺のもう一つの夢なんだ。俺はWWEユニバースにウィローを持ってきて何が起こるか見てみたいと思ってる。ウィローと"The Fiend"の間に何かクレイジーでクールな事が起こりそうな奇妙な予感がする」   WrestleingInc    

WWE:サードパーティー禁止に対し、ペイジが反抗の模様

イメージ
既知の通り、WWEはタレントに対し、Twitchなどのサードパーティーサービスの利用を禁止する通達を出しました。様々な憶測を呼んでいますが、ペイジは昨日の彼女のストリームで自身のTwitchアカウントに対し、いくつかの変更を行うことを宣言しました。 Twitchアカウントは既に「OfficialPaigeWWE」から「SarayaOfficial」にチャンネル名を変更、グラフィックも変更される予定となっています。   「みんなが知っているように、これは全て現行されることになっています。Saraya-私の本名に変更されます。私達のTwitchを無くすつもりはないわ、私達はここに残るの。どこにも行かない。Twitchは私達の家です。私はTwitchの女王だから、私のストリームを無くす事はありえない。私達はここいます。みんな、私が持っている、サラヤだよ、サラヤに変更します。理解してくれてありがとう。サラヤに慣れるには少し変な感じになると思いますが、それはそれでいいんです。」   WWEは声明として、パフォーマーのステージ名に投資をしており、契約書の文言に関わらず、当社の成功のためには最大の資産を保護し、個人レベルではなく、全社的に第三者とのパートナーシップを確立することが不可欠であり、その結果、関係者全員により多くの価値を提供することになります、と述べています。 これはF4WOnlineが報じており、WWEのシニアディレクターでタレントリージョンズのマーク・カラノからタレントへWWEが実名の権利を所有していることをタレントに伝えたと言われています。これが事実である場合、単純な名前の変更だけでは問題が発生する可能性があります。 WWEは期日までに行動しない場合、契約の解除、罰則を宣言しています。   WrestlingInc  

コロナが起こした地殻変動、女子プロレスAssembleは一体何を生むのか

イメージ
  ここ1週間、様々な団体公式からすごい事が起こると煽っていた話のベールがついに明かされた。Women’s Pro-Wrestling Assembleとして各団体が協力、10月1日に興行を行うことが発表された。 やはり特筆すべきは、その参加団体の数となによりも北斗晶がその名前を連ねたことにある。    【コロナの影響】 当然、この話は様々な状況の積み重ねが生んだ事は言わずもがなである。おそらく発端はスターダムのブシロード入りにより生まれた長与の宣戦布告にあると思うのだが、コロナによるパンデミックの拡大によって世界的な情勢の変化が巻き起こった。 おそらく同じようなコンセプトの大会、スターダムだけではなくて、女子プロレスには様々な選手がいることを自分の知名度を使ってもっと大きく知らしめようとしていたのだろうとは思うのだが、目的を大きく変えることになった。 選手も、ファンも顔を合わせる事が出来ない環境の中で、多くの団体や選手がインターネットを使った繋がりを深め、OGなども参加したZOOM配信など自分達の持つ影響力を利用して、より多くの人達に楽しんでもらう、という精神が垣間見えた。 特に感じていたのは、旧ジャパン女子の選手達の繋がりである。今はOZ、WAVE、PURE-Jと分かれているものの、それぞれのトップは旧ジャパン女子の先輩、後輩。なかなかリングでの絡みはないものの、顔を合わせれば普段と違う雰囲気になるのを見せてくれた。 元々、配信や企画力に定評のあるGAMIの絶妙な立ち回りも見事だったが、尾崎がこのタイミングでグッズ紹介の配信をしたり、今出来る最大限のことをやった姿勢は、特筆すべきであった。 最初、この話題が出た時にOZが名前を連ねていることに違和感があった。女子プロレスの歴史の中でもOZというのはかなり特殊な立ち位置に存在していて、尾崎率いる正危軍が実権を握るという逆転的なプロレスをしている団体なわけで、個が確立された世界である。 それを超えて参加を表明したのは、このコロナの状況によって今出来る最大限のこととは何か、何をファンが求めているかを察知した成果なのではないだろうか。   【長与が旗を振る、ということ】 近年のプロレスファンは長与千種という現象を垣間みる事は多くはないのかもしれない。クラッシュ・ギャルズは社会現象だった、というのは言葉では分かりやすいが、

AEW:ジョン・モクスリー「俺にとってレッスルマニアより毎年の相撲ホールの方が大事だ」

イメージ
AEW現世界チャンピオンであるジョン・モクスリーはレスリングオブザーバーラジオに出演し、AEWへ出るきっかけとなった最初の口頭での約束について明かしました。トニー・カーンとコーディ・ローデスは直接、モクスリーの自宅へ訪れ、非常にプライベートな状況で議論を行ったようです。   「AEWは、物事が起きただけで、それは運命のようなものだった。俺は色んな不安を抱えていたが、『これはあまりにも運命的なことなんだ。これは運命なんだ』と思った。トニーとコーディが家に来て、俺達はプロレスについて、俺達が考えていたプロレスのあるべき姿について話し合ったんだ」 「そして、あいつらはTNTの話をしてくれた。これは現実で、実際に起こりそうなことなんだ。これは単なる嘘の約束ではないんだ。それが本当なら参加するよ、その日のうちに約束したんだ"やるよ"と」   モクスリーは、WWEを離れ、彼の様々な武勇伝を覚えているファンやメディアによって分析をされていました。しかし、彼の目標は新日本と何らかの形で仕事をすることでした。彼は新日本のショーを見ていつでもファンだったと語りました。なお、モクスリーは現在、新日本と契約下にないものの、双方の関係は良好で、仕事に関する口頭の契約は結んでいます。 「俺がやっていたことは、全て、巨大な顕微鏡のスポットライトの下で行われていたんだ。何をするにしても、皆が見ている中で、最も明るいスポットライトの下にいたんだ。多くの奴が俺に失敗を望んでいたのは知っている。だがそれは実際には起こらなかった。だから、失せろ」 「俺は新日本との契約はしていない。新日本との契約は6月からレッスルキングダムまであったけど、特定の試合に限ったものだった」 「日本に行きたいと思っていたし、日本でレスリングをするのが好きだった。夏のショーに行く時はいつも6月か7月に相撲ホールでダブルショットするために行っていた。相撲を取って、ロープの上でクリーンブレイクができるのが好きなんだ。あちらのファンが大好きで、リスペクトとスタイルが大好きで、毎年楽しみにしているんだよ」 「俺にとってはレッスルマニアより毎年の相撲ホールの方が大事だ。なぜなら、日本でどんな反応が返ってくるかは分かっていたからだ。ここで働けそうな気がしていたんだ。だから、日本に行きたいと思っていたし、日本の合法的な会社で

AEW:NBA殿堂シャキール・オニール、コーディとの試合を所望

イメージ
  NBAホール・オブ・フェイマーであるシャキール・オニールはTNTで放送されるInside the NBAに出演するため、ワーナーメディアと複数年の延長に署名したとThe Athleticが報じています。 Pro Wrestling Sheetはレポートで、この契約にはAEWに関する内容が含まれており、オニールは元AEW TNTチャンピオンであるコーディとの対戦を望んでいると言われています。 「コーディと戦いたい。書いて、印刷して、彼にメールしてくれ。そして、AEWに電話してくれ」 オニールは長年のレスリングファンとして知られ、WWEのイベントにも数度登場。レッスルマニア32ではアンドレ・ザ・ジャイアンと記念バトルロイヤルにも参加しています。数年前、ビッグ・ショーとの試合に望みましたが、試合は揮いませんでした。 AEWとコーディはこのオニールが再びレスリングをしたいと思っていることについて、コメントをしていません。   Wrestling Inc

WWE:Thunderdomeで早くも問題発生、ベルベティーン・ドリームに対するメッセージが表示される

イメージ
  PPV"Summerslam"のサーシャ・バンクスの入場シーンにて、サンダードームで導入されたファンの顔が表示されるシステムに問題が発生しました。本来、カメラで映し出されるべき箇所に"Fire Velveteen Dream"と書かれたメッセージが映し出されました。 これは、ベルベティーン・ドリームに対する告発が出る度に、インタビューやメディアに対して、トリプルHが発言しないことに対する抗議として、ソーシャルネットワーク上でトレンドとなっています。 木曜日に行われたNXTのTakeOver.XXXのメディアコールでトリプルHは、WWEは常に動いているし、この問題に関して何かを言うことはないと、リアクションしています。 一週間前、告発者の一人が、WWEからは疑惑の調査に対して、何の連絡も受けていないと告げられています。ドリームは不適切なメッセージや写真を未成年の子に送信した疑いで告発されています。 また、リア・リプリーが問題のシーンの画像が載ったツイートにいいねを残しています。    WrestlingNews.Co

AEW:有観客でのライブイベントの再開を発表、最初は10%のキャパシティから

イメージ
  8月27日のDynamiteからAEWのライブイベントは州と地方の規制やCDCのガイドラインに準拠しながら、ソーシャルディスタンスを保ったファンが限定的に参加出来るようになることが発表されました。 チケットは、AEWの収録で使用されている屋外円形劇場デイリーズ・プレイス・アンフィシアターでのショーで発売され、10~15%のキャパシティに対応する予定です。8月27日の最初のショーでは最大10%、そこから順調に進み、安全ガイドラインが守られていれば、15%のキャパシティに拡大されるとのことです。 AEWは注意事項として、以下のアナウンスを行っています。 "ゲストは鼻と口を覆うフェイスカバーを着用、区画ごとのメンバー以外とは物理的な距離を置く事が求められています。また、ゲストはコロナやコロナの症状を持っている、または諸症状を持っていると知っている人と密接な接触をしたことがある場合は、ショー当日の参加を控えていただきます。全てのゲストには入場前に体温スキャンを行います。利用可能な手指消毒ステーションの数が増え、物理的な距離感を保つために床のマーキングも使用されます。また、昨年より産業用扇風機を設置し、野外会場の空気の循環をさらに改善します。"   AEW社長兼CEOであるトニー・カーンはこのようにコメントしています。   「ファンの方々からは、私達と一緒にいられなくて寂しいとのお声をいただいております。安全対策が強化され、屋外の会場では、ファンの皆さんが再び私達と一緒にライブに参加してくれる事を楽しみにしています。私達は心を込めて敬意を払っています、ご安心ください。私達AEWファミリー、ファンの皆様の健康と安全は、引き続き私達の最優先事項です。私達のリーダーシップチームと医療スタッフは最新の州と地方の規制、CDCのガイドラインに準拠し、屋外でのオープンエアーの設定で、物理的に離れた限られた人数のファンのために調整をしました。8月27日のDynamiteが待ち遠しいです。ALL OUTへの道はAEWの歴史の中で新たな章の始まりとなるでしょう」   SESCOOPS

AEW:ブロディ・リー「ワイアット・ファミリーの3人が同じ週末にメジャータイトルを争うのは素晴らしい」

イメージ
  ブロディ・リーは今週土曜日のDynamiteでTNT選手権を行いコーディ・ローデスに挑戦し、きっかけを提供しようとしています。 リーは3月にAEWでデビュー、"The Exalted One"としてダークオーダーのリーダーというキャラクターを表しました。5月のPPV"Double or Nothing"でモクスリーの持つAEW王座に挑戦をしましたが、この試みは失敗しました。 損失は壊滅的ではありませんでしたが、認識と現実はプロレスでは遠い親戚です。リーはエントランスランプでモクスリーのパラダイムシフトを食らい、血塗られたリングに戻るとモクスリーに締め上げられ窒息、レフェリーストップによって試合は終了しました。 しかし、次々と新たな事が起こるビジネスの中では、敗北の度にモンスターはオーラの一部を失っていきます。次に何が起こるのかという疑念がリーを襲い、モクスリーとの試合で受けた切り傷やアザよりも遥かに長く彼に固執し続けていました。   「モクスリー戦の後、自分を疑っていた。世界タイトル戦での敗北は今までの経験した事の無い現実だった。」 「FTRのダックス・ハーウッドがバックステージで特別な事を言ってくれた。"自信喪失のブロディは必要ない"、"ケツを蹴って生意気なブロディが必要だ"って。彼の言う通りだ、それが手に入れるべき物だ。コーディには後から謝ろう」   この土曜日のコーディとの試合は、二人の元WWEスーパースターの戦いとして見られる可能性があります。彼はレッスルマニア31の開幕、インターコンチネンタルタイトルマッチでの成功にモクスリーやコーディと共に絡んでいました。現在、40歳のジョン・フーバーはブロディ・リーとして自分自身の異なる側面を披露することを示しています。    「ここは俺が入りたい場所だ。ケータリングに戻って座っているのではなく、誰かのケツを蹴り飛ばしたい。そこにコーディがやってきた。俺は自分のマークをつけに来た。俺がAEWに所属していることを示すための重要な試合なんだ。」 「モクスリーは俺の事をよく知っていて、今までとは違うレベルの暴力を覚悟していた。コーディが準備が出来ているかどうかは分からない。今週の土曜日に見せてやる。」   元WWEではルーク・ハーパーとして知

ROH:テレビ制作再開、スカルは謹慎続行・クリエイティブにはデリリアスが復帰

イメージ
  今週初め、ROHがテレビ制作を再開すると発表しました。マーティー・スカルが担っていたブッカーとしての仕事は、馴染みある名前が担うこととなりました。 デイブ・メルツァーはデリリアスとして知られるハンター・ジョンストンがクリエイティブのヘッドとして戻ってくるとレスリングオブザーバーニュースレターの最新版で報告しました。スカルは「謹慎中」という扱いになり、プロモーションでの責務を負いません。 2019年末にスカルは新たな契約を結んだ際に、デリリアスからクリエイティブの役割を引き継ぎました。今年6月にROHはスピーキングアウトに関する調査を行うとしており、スカルは2015年に性的な暴行があったと告発されたものの、ROH側は最新の調査を報告はしていません。 デリリアスはスカルがブッカーとして動く前はその役割を担っており、実際に動き始めた後もクリエイティブチームには残っていました。告発の後、テレビの制作、フォーマットの作成、整理をデリリアスは担当していました。   今月下旬にはテレビのテーピングが始まり、トーナメントと8つのショーが行われる予定となっています。   Wrestling News.co    

AEW:クリス・ジェリコ、マット・ハーディーとサミー・ゲバラの事故について語る

イメージ
  クリス・ジェリコは、マット・ハーディーとサミー・ゲバラに起きた事故についてYoutubeストリーム"Saturday Night Special"にて感想を述べました。 それは、先週、AEW Dynamiteの中で発生しました。乱闘の中で、サミーは興奮して、本来投げる予定だったものよりもはるかに重い椅子を投げてしまい、マットは手で受けるつもりだったが額に大きな裂傷を負い、重大な出血をしました。 当初の予定では、マットはカッティングをする予定はなく、流血するアングルではなかった、とのことです。 ジェリコは、これに触れ、"ハッピーインシデント" と呼ばれている事を明かしました。 「マットはサミーからの椅子でのショットで多くの縫い傷をもらった、この業界じゃ"ハッピーインシデント(幸せな事件)"と呼んでるものだ」 彼は、過去に番組中に、ショーン・マイケルズの奥さんを本気で殴ってしまった時の事を思い出しました。 「間違って誰かを傷つけてしまった時の気持ちは最悪だ。でも、彼女が問題ない、無事だと分かった時に、それはハッピーインシデントで、突然この確執が全く違うレベルにまで発展したんだ。サミーとマットもそう、ありがたいことにマットは無事だ。でも、今は血が流れているし、マットは復讐以上のものを望んでいると思う。このアングルに多くの異なる層が加わることになる思うんだ」 事件後、バックステージでサミー自身も動揺していたし、非常に厳しい叱責を受けたという話が出る一方、マットは早くもこのハッピーインシデントを自身のYoutubeチャンネル、Being The Eliteでも活用し始め、「サミーは俺を殺そうとしたが、俺は死ななかった」また、怪我のショックによりこれまでのマット・ハーディーのキャラがめまぐるしく人格が入れ替わるように出て来て、ヤングバックスを戸惑わせるなど、より深い対立へと導こうとしています。 Wrestling News.Co      

WWE:RETRIBUTION侵攻、マスクの下の人物は何者なのか憶測が飛び交う

イメージ
  金曜、WWE スマックダウンのRETRIBUTION侵攻でマスクをし、チェーンソーでリングを破壊した男女が一体誰なのか、先週、RAWで行われた駐車場でのエピソードと同じ人物達が使われたのか、ネット上では様々な憶測が飛び交っていました。 ポッドキャスト"Sunday Night's Main Event"にてデイブ・メルツァーが報じた所によると、スマックダウンで破壊活動を行ったのはRETRIBUTIONのメンバーが明らかになった際に、実際に現れるレスラーではないとのことでした。これは直接的な情報源から仕入れたもののようです。 トマソ・チャンパとドミニク・ディジャコビッチがRETRIBUTIONに所属しているのではないか、という憶測が、先週ソーシャルメディアの彼等のアカウントがブラックアウトされた後に流れました。しかし、スマックダウンに現れたマスク姿の人物はチャンパやディジャコビッチに似ていない事が指摘されていました。多くの意見は否定的で、サイズ感が小さく、ディジャコビッチよりも、シン兄弟のサイズ感、体格に近いという意見が多くありました。 また、その中の女性メンバーの髪型などから、ヴァネッサ・ボーンがスマックダウン侵攻の際にいたのではないかという噂が出ています。メルツァーはこれに対し、トレーニング生を攻撃する中で、男性が女性を攻撃しているようにみえないような配慮があったのではないかと憶測しています。 ボーンは数ヶ月前からWWE NXTからメインロスター招集のための計画がされており、スマックダウン侵攻で彼女が加わる事について様々な憶測があります。WWEがこの侵攻で使用したからといって、メンバーが明かされた時に使用されるかどうかは分からないということを再度注意する必要があります。 RETRIBUTIONのメンバーに関しては、WWE上層部によって秘密にされており、すぐに明かされることはないだろうと報じられています。彼等がどのくらいの期間を経て、このマスクの人物達を明かしていくのかはまだ何も語られていません。   Wrestling Inc  

AEW:MJF「毎週水曜日にトップロープを飛び越えるか飛び降りるかして注目集めようとする奴ら」

イメージ
  MJFはAEW世界王者ジョン・モクスリーとの"キャンペーン"を継続するためにポッドキャスト"Busted Open"に立ち寄った。彼の最近のプロモは、過去の話題になったアングルとの比較を引き起こし、様々な理由で話題を呼びました。このスピーチは今も継続的に言及され、MJFとモクスリーのPPV"ALL OUT"での激突に向け、議論のトークポイントとなっています。   この議論で、MJFのスタイルの違いは何か、"Wednesday Night War"の視聴率と低下の責任は誰にあるのか、彼のボス、トニー・カーンを喜ばせる事が持ち上がりました。 水曜日の夜を常に曇らせる大きなトピックは、もちろん視聴率です。誰がこれの変動に影響を与えているかなど、MJFが直接触れました。持ち出された名前は、コーディ・ローデスでした。   「見て欲しいんだ、コーディ・ローデスは私のキャリアの、ある時点で、看過することはできない存在だ。私は尊敬していました。そして、我々はお互いの歴史を十分に認識しているし、彼がすぐに離れてしまうような男ではない事も知っている。あの時のことは反省している、もう二度と彼と真っ正面から対決するなんてことはしたくない、そこまでして彼を殴りたくはなかった。そう、元には戻せない。起こってしまったんだ」 「申し訳ないとは思ってる、しかし、キャリアを飛躍させるためには必要な事だった。コーディは素晴らしい事をしている。自分の視聴率の数字を叩き出している、私もそう。しかし、残念ながら、私が述べたように、この会社には自分のポジションを手放したくない人間のヒエラルキーが存在している。私は、あなた方が見たように、多くのプロパガンダを垂れ流す男の隙を突いてツイートした。」   視聴率の話題へと話が戻り、MJFは数字が全てを物語っていると言います。   「私は彼の大ファンではないが、ウェイド・ケラー(プロレスリングトーチニュースレター運営、ポッドキャスター)は一度だけ正しいことをした。1分1分を数字で示してくれた。数字は嘘をつけない、統計は統計、数字は数字、その1分1分……私はこの水曜の夜だけではなく、プロレスのテレビ全般で最大のドローを演じた1人だ」  MJFは自身が成功している理由について様々な自論を持っ

WWE:AJスタイルズ「俺もあいつも引退する前にエッジと試合をしなければならないんだ」

イメージ
  WWEインターコンチネンタル王者AJスタイルズは、先週、自らのTwichストリームでファンからの質問に答えました。彼のキャリアの中で好きな試合はなんだったかを聞かれ、WWEとTNA/IMPACTから一つ選びました。   「アンブローズ/モクスリー、彼とやったTLCマッチはかなり素晴らしかった。俺の衣装が裂けたんだ。前に別な場所でも言ったんだけど、あの時、タイツに穴が開いたのは衣装の故障じゃなくて、文字通り椅子が貫通して裂けたんだ」   「TNAでは、まちがいなく、"elevation X"マッチだ。あまりにも異形でクレイジー、それにライノがとても素晴らしかったんだ。あの試合は全てが素晴らしかった。基本的には "elevation X"マッチは足場の試合みたいな感じだけど、高かった。本当に高かった。 」   今後の試合について、スタイルズはNXT世界王者キース・リーと対峙すれば、思い出に残る試合になるだろうと語っています。また、NXTに降りてNXTロスターと戦うことも辞さないとファンに伝えました。   「NXTの素晴らしいところは分かるだろう、俺がそこに行くと、今までと違う顔合わせを見る事が出来るようになる。俺はそこに行ってプロレスをすることを辞さないよ」   スタイルズはWWEホールオブフェイマーであるエッジとの1on1での対戦にこだわっています。もちろん、エッジが怪我から復帰するまで待つ必要があります。   「俺もあいつも引退する前に、エッジと試合をしなければいけないんだ。それは俺たち2人が望んでいる事だと思う。彼は上腕三頭筋を痛めているし、早く回復する事を願っている。俺もそうしたいし、彼もそうしたいと願っていると思う。素晴らしいことだ、今でも楽しみにしているよ、エッジ」   エッジは過去に"ザ・フェノメナル・ワン"との試合を望んでいる事を声高に語っています。以下はエッジの会話の詳細です。   『AJスタイルズとエッジは実現しなければいけない。25年間同じ業界にいて、俺たちは一度も触れたことがない。どうしてそんな事が出来る??ローマン・レインズのような奴は特別だ、あいつはリーダーだし、他のリーダーを必要としている。それが俺にも出来る事なんだ。ランブルでもそれを少し感じた。セス・ロリンズはもっと上がら

AEW:マット・カルダナ「ロッカールームでの自分は学校の新入生」

イメージ
   元WWEスーパースターのザック・ライダーこと、マット・カルダナはポッドキャスト"Buted Open"に出演しました。AEW副会長のコーディ・ローデスをサポートしたAEWデビューを振り返り、彼はヘイターに対して執念深い態度を取るよりも、自分のサポーターが正しい事を証明したいと話しました。   「デビューは最高だったよ。デビュー前は緊張していた、今までのキャリアの中で一番緊張していた。なぜなら、この全く新しい環境で、ヘイターの間違いを証明することを気にしてない、自分のサポーターに正しいことを証明したい。彼等に誇りに思ってもらって、自分自身も正しいことを証明したいんだ」 「このビジネスが素晴らしい時だけを愛してはいけない。最悪な時にだって愛さなくちゃいけない。どん底に落ちた時、俺は何度も経験してきた。信じてほしい。だけど、デビュー作のような一夜は、甘く愛しく、もがいて、引っ掻いて……だからこそ素晴らしい作品になったんだ」   カルダナはファンとしてみていた時にAEWを絶賛していたことを明かしました。   「まぁ、90日間の期限が切れた。けど、聞いてくれ、AEWは最高だよな?それは否定出来ない。」 「最終的には、ファンであることには変わりない。家出AEWをテレビでみたいたけど、何年も前から『次の大きな流れが来る!次の大きな流れが来る!』と何度も言っても来なかったよな?でも、AEWが来てくれて、さらにそこを飛び越えてくれた。もちろん、どこかに行けるようになった今、俺のナンバーワンスポットだったんだ。」 また、カルダナはAEWのロッカールームでの経験についても語りました。彼はその経験を『学校の新入生』と表現しました。   「『学校の新入生』ってことで緊張したんだ。レスリングをみたことがあるやつも、SNSで見た事があるやつも、みんな知ってるけど、実際には知らないやつばっかりだった。分かるだろ?」 「知り合いに自己紹介するのは変な感じ。何年もレスリングを見て来た人もいたけど、でもみんな歓迎してくれたし、招き入れてくれたし、まるで自分が前々からそこにいるような気分にさせてくれたんだ」   Wrestling Inc

AEW:現在、鋭意製作中のAEWビデオゲームについてケニーが語る

イメージ
   ケニー・オメガがVENN.TVでのインタビューで現在、鋭意製作中と噂されるAEWのビデオゲームについて答えました。    「まだ公式には発表できないけどね、自分の責任の上で言うと、現在鋭意製作中。この新しいビデオゲームの制作にたくさんのクリエイティブを利用しています。みんな、好きになると思うし、ファンのみんなが期待している事が実際に実現すると思うよ。」   ケニーは、それがかつてのWWEノー・マーシー、レッスルマニア2000のようなものになることを望んでいます。 「昔のノー・マーシーゲームのようなものを、新しいものにしたいんだ。レッスルマニア2000、ノー・マーシー、ヴァーチャルプロレスリングが好きだった人は、過去のゲームと同じ感覚、楽しさ、ピックアップ、プレイ能力を再現したいと思っています。楽しみにしてください。近い将来に何かをお届け出来るよう、鋭意制作中だよ。」 CBR.com のインタビューでより詳細について語られています。 「自分の好きなレスラーを操作しているような、あるいは、自分のキャラクターを操作しているような、リングにいるような感覚が必要だと思います。ただ動きが遅いシュミレーションというよりは,自分の好きなレスラーを操作しているような感覚が必要です。非常にシンプルなシステムで、ピックアップしてプレイ出来るようにしてほしい、ただ動きや構造はメリハリをつけて、プロレスの試合のようなキャラクターの動きがある試合ができるような、奥深い可能性を秘めたものにしたいですね」 「でも、最終的にはゲームは楽しくなければいけません。自分の好きなキャラを使って、そのキャラの動きを全部屋って、相手をやっつけるゲームが欲しいです。でも、ゲームをしない友人を誘っても、簡単な説明でコントローラーを手に取って、自分の動きや運命を自分でコントロールしている感覚になってもらいたいんだ。」 「文字通りの言葉を鵜呑みにして、ゲームがどんなものかを決めつけて欲しくない。『ストリートファイター』のような格闘ゲームでは、トップレベルでプレイするには非常に難しい参入障壁があると思っています。ほぼ不可能です。ストリートファイターのような奴になって、それをすることは出来ない。かなりの練習時間と研磨が必要なんだ。フレームやアドバンテージなどを計算するためには、その場で数学の魔術師のようにならなければ

WWE:ベガ、Twitchでの放送中に襲撃される

イメージ
  ゼリーナ・ベガが自身のTwitchチャンネルにて、ケイラ・ブラクストンとの放送中に、ドアベルが鳴り、ビアンカ・ベレールに襲撃されるという事件が発生した。 この両者は、先週のRAWでベレールの夫モンテス・フォードが試合中に昏倒、医師から毒殺されたと宣言され、その相手がベガであるとベレールは考えていました。 WWEのスーパースターは通常、ソーシャルメディアでは本当の人格を提示しているので、放送外でWWEの内容を引き継ぐのは非常に珍しく、より多くのTwitch購読者獲得するための素晴らしい方法だと思われます。   Bianca Belair attacked Zelina Vega while streaming on Twitch (Twitch: AtoZonYouTube) pic.twitter.com/sXUQMmubL3 — frank | #MFFL (@TheNextBlGThing) August 8, 2020   Wrestling News.Co

新日本:タマ・トンガが語る新たな活動、EVILの合流について

イメージ
 新日本のタマ・トンガは数ヶ月間に渡りリングを離れていましたが、NJPW STRONGの数日前に語ったように、彼はリングに戻るのが待ちきれません。また、彼は自身のポッドキャスト"Tama's Island"を立ち上げ、多忙な日々を送っています。   「"Tama's Island"はこのパンデミックのために立ち上げたんだ。俺は今、アメリカ東海岸フロリダにいる。今は海外旅行もなくて、空いてる時間を埋めようとしてて、とにかく忙しい。時間がない、俺の心をこのポッドキャストに集中させてて、すごく上手くやれてる」  「ロス・バーマンが共同司会をしていて、多くのファンが疑問におもっていることを俺に質問してくれる、タイムラインの空白や意識のギャップを埋めてくれるんだ。俺のタイムラインだけじゃなくて、バレットクラブのタイムラインもね。ファンが知りたがってる質問とか、俺が思ってもいなかった質問にも答えられる。今まで考えもしなかったこともあるし、俺が求めていたものだ。楽しくて仕方ないね。」    数日前に行われたギャローズとアンダーソンのインタビューでも彼等は新日本には必ず戻ると宣言しました。この事をタマも答えました。   「もちろんだ、俺たちは家族だ。これは5年前に仕組まれていたことのように思う。カール・アンダーソンと話していたことなんだ。バレットクラブは人生で、家族なんだ。兄弟がまた日本に来て、ロックンロールするんだ。」 「(WWEでの最後の試合、ギャローズのやってるPPVについて)俺は大好きだ。彼等の生み出した聖地だぜ。自由にやれてるのが最高だ。プラットフォームとロックンロールはまだまだ前進していくんだ。誰もがWWEを辞めて同じようにはやることは出来ない。彼等がやっているのはメディアにいい影響を与えてると思う。」 「ギャローズからテキストメッセージが来て『お前がいなくて寂しいよ!ところで、新日はいつオープンするか知っているか?』って来たから『すぐだよ、すぐ!早く来いよ!』って返したんだ」   ギャローズとアンダーソンはインパクトとの間で新日本にも出場出来るという契約の内容を肯定しています。しかし、インパクトと新日本の間には問題が存在しており、それがすぐに十分な形で機能する状況ではないようです。   「素晴らしいことだと思って

AEW:AEW vs IMPACT!?急転直下のタッグ世界最高峰戦は実現可能か

イメージ
元WWEスーパースターで現在、AEWに所属するFTR(ダックス・ハーウッド、キャッシュ・ウィーラー)とIMPACTのThe North(イーサン・ペイジ、ジョシュ・アレキサンダー)はビッグ・インタープロモーションによるタッグマッチで対決したいと考えており、IMPACTの共同副社長スコット・ダモアは実現を叶えたいと考えています。 ハーウッドが水曜日に開催された12人マッチから自分が攻撃を加え、ウィーラーと連携を決める動画クリップにコメントを加え、このシーケンスが自分とウィーラーを偉大なタッグチームにしていると述べました。 Real quick; this is what makes us a great tag team. Not fancy double teams. Not 30 second sequences. Keeping the fresh man in, using your partner, knowing where each other is at all times, feeding him & he executes. That’s all. Back to the ice! #FTR ✌🏼 https://t.co/d1ApZyk1E9 — Dax FTR (@DaxHarwood) August 6, 2020 「これが俺たちと偉大なタッグチームにしている理由だ。派手なダブルチームではない。30秒のシーケンスではない。タッチワークを駆使し、パートナーを使い、常にお互いの居場所を把握し、公使する。それだけだ。温故知新だ。」と彼は書きました。 これに対し、ペイジはこう返しました。 This is why we need to work .... ASAP — Ethan Page played by Julian (@OfficialEGO) August 6, 2020 「俺たちが共に仕事をする必要がある理由はこれだ………早急に」 ダックスも同意し、それをじつげんするためには上司と話す必要がある、と返しています。 IMPACT共同副社長、スコット・ダモアはこのやり取りに対して、支持、両チームのシリーズ戦を提案するため、AEWのクリス・ジェリコをタグ付けして、どうやって実現するかを尋ねました。 Well Dax, you kno

AEW:Wednesday Night War、今週は大差をつけて勝利

イメージ
"水曜日の夜の戦争"第43週は、Showbuzz Dailyによると、NXTが753,000人の視聴者を得ましたが、AEW Dynamiteは901,000人の視聴者を得ました。 AEWはケーブルトップ150で5位、NXTは27位にランクイン、視聴率ではAEW58位、NXTは64位となっています。 AEWは90.6万人の視聴者を集めた3月14日のPPV"Revolution"直後のエピソード以来の視聴者数であり、18-49歳の視聴者数では92.8万人の視聴者を獲得した2月5日のエピソード以来、最高の数字となっています。 また、18-49歳層では0.36の人口統計となっており、先週より0.06伸ばしています。NXTは先週0.18、今週0.20という数値となっています。 AEW社長兼CEOトニー・カーンはTwitterで今週のエピソードを見たファンに感謝を述べています。 Thank you everyone who watched #AEWDynamite last night! Thanks to you we were top 5 in the 18-49 demo again + our biggest overall audience since pre-pandemic! With Fulham winning the Play-Offs & back in the Premier League + this Dynamite rating, it’s the best week I’ve ever had. — Tony Khan (@TonyKhan) August 6, 2020 "昨夜の AEW Dynamite を見てくれた皆さんありがとうございました。皆さんのおかげで18-49歳層で再びトップ5に入る事が出来ました。+全体層の視聴者数では、パンデミック前以来の最大の数字を記録しました!"フルハムがプレイオフを制してプレミアリーグに戻って来た事+このDynamiteの視聴率で今までで最高の週になったよ" Wrestling Inc

AEW:女性レスリングファン向け会員プラットフォーム『AEW Heels』の開始を発表

イメージ
AEW最高ブランド責任者、ブランディ・ローデスは女性のレスリングファン向けの会員制プラットフォーム『AEW Heels』の立ち上げを発表しました。 年間49ドルを払う事で、バーチャル・ミート&グリーディング、業界の専門家とのビデオ会議ディスカッション、AEWタレントとのQ&Aセッション、カスタマイズされたグッズなどへのアクセスを得る事が出来ます。 第一回目のイベントは8月7日に予定されており、メインレフェリーの一人であるオーブリーエドワーズとのQ&Aセッション、ブランディとのソーシャルメディア戦略ディスカッション、法律部門のパートナーであるキーシャ・アン・グレイとの職場での尊敬をエンパワーメントに関する特別セッションなどが予定されています。 女性ファンは https://alleliteheels.com で AEW Heels を購読することができます。 「AEW Heelsは、世界中の女性ファンを讃え、インスピレーションを与えるためにデザインされた、他に類を見ないコミュニティです。私達の新しいプラットフォームで、AEW Heeldのコミュニティを接続し、これまでで最高の女子プロレスファンになるための時間を作るための次のステップを楽しみにしています」とブランディは述べています。 Wrestling Inc

新日本:ロッキー・ロメロが語るコロナ禍での興行、ROH、AEW

イメージ
新日本プロレスはキャパシティに制限をかけてプロレスの興行を再開させた最初のプロモーションの一つです。ロッキー・ロメロはポッドキャスト"The Restling Inc Daily"にてその雰囲気について語っています。 「今のところ良い感じに再開出来ていると思う。安全である限り、ショーはまた続くだろうし、一番大事なのは、レスラーやスタッフが安全であるという事だと思う。みんな本当にいい仕事をしているし、ファンのみんなもこの数週間で起こった出来事を叫びたくても、叫ばないようにしてくれているんだ」 ロメロはこの数週間のストーリーについて、それらの興奮はファンが冷静さを保ち、叫ばないようにするのが難しいことを話しました。 「(叫ばない事を)尊重してくれたファンに感謝します。彼等はライブショーの一部であり続けたいと思ってくれているし、しばらくはこの状況が続くかも知れない。どのくらいの期間かは誰にも分からないし、世界がそうであるように、僕等も週単位でやっていくと思うんだ。だから、あと半年、1年後もこんな感じなのかもしれない。だけど、どちらにしても、ファンが戻って来れることが出来てよかったと思うよ」 「ノーファン・ライブはかなり良かったと思うけどね。新日本スタイルは、他のスタイルよりもリングの上の対戦相手と何が起きているかが重要だから、ノーファンのための最高のスタイルだと思うんだ」 プロモーションは常にレトロに行くし、今日のレスリングの風景に異なる時代からの要素をもたらすのが好きです。ロメロは80年代、90年代後半から今日の時代の新日本に応用することがどうか尋ねられました。 「それに根ざした要素はあると思う。今の新日本は80年代に非常に根ざしていると思うんだ。きちんと分解してみると、常に善人と悪品の要素があって、それが超重要なんだ。異なる事が面白いんだ。昔は悪い奴が良い奴に干渉するとブーイングを浴びていた。でも今は純粋なプロレスファンが「なんでクリーンフィニッシュじゃないんだよ!」って言うんだ。ヒートを買うという事は同じなのに、純粋なプロレスファンこそ理解をしていない。彼等はクリーンな試合を見たいと思っているから、また来てくれてるんだ。表現の仕方が違うだけで、ファンとしての受け止め方も違う。でも大体同じ、80年代に合うようなキャラクターやものがたくさんあるけど、

IMPACT:ギャローズ&アンダーソンが明かすAJスタイルズの復帰案、その他の元WWEスーパースター

イメージ
カール・アンダーソンとドク・ギャローズは、AJスタイルズがインパクト・レスリングに戻ってくるのを見たいと考えています。 ギャローズはインパクトへ移籍を決めた時、スタイルズと電話をしたと明かしました。WWEのスケジュールは非常に多忙であり、互いにどうするべきかについてはAJにアドバイスを求めた事は一度も無い、と話しました。 その上で、アンダーソンは彼等の究極の野望を語りました。彼等は、AJスタイルズがかつてトップスターの一人として数年を楽しんだインパクト・レスリングにAJを呼び戻したいと考えている、と明かします。 「最終的にはAJスタイルズをIMPACTに戻すように説得するつもりです。毎日、毎日、メールをして戻ってくるように言い続けています。」 AJスタイルズは、彼等2人のリリースを問題とし、ポール・ヘイマンのいるRAWからスマックダウンへ移籍、WWEインターコンチネンタル王座を獲得しています。また、自身の番組の中でも、今後のプランとしてWWEでのエージェントになるという事も考えている旨を話しています。 アンダーソンとギャローズは、EC3、ブライアン・マイヤーズ、エリック・ヤング、ヒース・スレーターなどその他の元WWEスターとの話題も続けています。 ギャローズは彼等の友情のために、一緒にビジネスの選択肢を議論していたことを明かしました。ギャローズは外の世界で彼等が成功するために、しばしば彼等の助言を求められていた。特にスレーターは14年もの間、WWEのシステムの一部として働いていたので、助けを求めて来たと話しました。 「彼等は必ずしも、外がどんなものか分かっている訳ではない方、必要な時に俺たちが一緒に助けることは気にしてない。俺等は多分、すごく大きな役割を担っていたと思う」 アンダーソンは、インパクトのファンが自らを証明しようとしているタレントの流入により、何か特別なことが起こるのではないかと感じていると話します。彼はスレイターとマイヤーズに注目すべき2人として取り上げ、特にマイヤーズの能力は十分に発揮しているところを、ほとんどの人がまだ見ていないと付け足しました。 EC3がメインイベントで活躍している事、エリック・ヤングがインパクト世界王者であることを認めており、アンダーソンはこういったスキルを持った選手がいることが、インパクトにとって「エキサイティングな時期」であ

AEW:クリス・ジェリコ引退後のプランを明かす、ケビン・オーウェンズとの友情

イメージ
クリス・ジェリコは"Sarday Night Special"の最新エピソードで将来の引退に関する計画について話しました。話題の中で、2015年引退に向けてひっそりとヒントを開始しようとしていたものの、ケビン・オーウェンズと遭遇した事で、ジェリコ自身のプロレスへの情熱が復活し、引退するプランを取りやめた事を明かしました。 嵐のようなスケジュールとハウスショーでどのように競うかを熟考した末、彼がどのように「再び楽しめるようになったか」を話します。特にハウスショーでの楽しみに関しては真剣に考え込みました。それは(その他の圧力が無い)楽しみだったので。 「俺は戻って来て、楽しみ始める事が出来た。ケビン・オーウェンズに出会ったんだ。俺たちは素晴らしいケミストリーを持っていたし、すぐに意気投合した。彼は俺によく似ていて、物事を真面目に受け止めず、でも仕事には真面目だった。反応を得ようと思えば、自分がバカになることを恐れないんだ。ジェリコとオーウェンズが親友のような間になるのは、その時だ。"これは凄い!"と思ったよ」 クリス・ジェリコの今後の引退予定は、リング上の試合を終えた後どうなるか、具体的な時期は決まっていないと話しました。また、引退してもビジネスの一部であり続けたいと話、コメンタリーやコンサルタントになることを願っているようです。しかし、エグゼクティブ・バイス・プレジデントの役職や、ライターになって昇進することには興味がないと強調します。サタデー・ナイト・スペシャルやポッドキャスト「Talk is Jaricho」のような番組の司会を続けたいと考えている事、そのためのより多くの機会を追求したいと考えている事を明かしました。 SESCOOPS AEW:クリス・ジェリコ「ザック・ライダーのギミックは死んだ」 新日本プロレス:タマ・トンガ、新日とインパクトの提携に期待を寄せる

WWE:マット・ハーディー、RAWアンダーグラウンドへのリアクション

イメージ
WWE RAWの今夜の放送の少し前に、シェーン・マクマホンの復帰がWWE公式SNSから発表され、このビッグアナウンスは多くのファンの推測とイジりを巻き起こしました。さらに、RAWではシェーンから"ファイトクラブ"を思い出させるコンセプトである「RAWアンダーグラウンド」へファンを招待しました。 「RAWアンダーグラウンド」では2016年からWWE NXTに所属している7フィートの長身の巨人ダバ=カトーが登場、デビュー戦にしてあっさり徒渉を収めました。放送の終了時にはドルフ・ジグラーらを排除するハート・ビジネスの面々とともにシェーンはこの新しいコンセプトを来週まで待てない、と述べ、その場を去りました。 同じ頃、元WWEスーパースターであるマット・ハーディーがTwitterに露手、RAWアンダーグラウンドに反応を示しました。直接言及はしていませんが、ファンに取ってはRAWアンダーグラウンドへの反応と見るには十分です。ハーディーは"「Being The Elite」でファイトクラブのなりすましを観ることに興奮してる"と述べています。 Pretty excited for the Fight Club spoof that’ll happen on #BTE . — The #MULTIFARIOUS Matthew Hardy (@MATTHARDYBRAND) August 4, 2020 このツイートはTwitter上でファンの反応を大きく分割し、大量のリプライを発生しています。この発言を賞讃をする人もいれば、常にWWEへの批判で飯を食うAEWを非難する人もいました。 RAWアンダーグラウンドは確かに赤のブランドに新鮮な何かをもたらしました。コロナ禍で低迷する視聴率のヒットをさぐっている状況では殊更に。WWEが今後もRAWアンダーグラウンドをファンの注目を集めるために続けていくのか、はたまたこのコンセプトは不発弾で終わり、しばらくしたら大箱の中に叩き込まれることになるのでしょうか。 Sportskeeda

WWE:テッサ・ブランチャード、WWEと接触か

イメージ
テッサ・ブランチャードは世界王者でありながら、インパクトレスリングから放出されました。若干25歳の3代目プロレスラーには、WWEを含めて多くの選択肢があります。 以前、WWEとブランチャードは完璧にフィットすると考えられており、彼女がリリースされるや否や、彼女に対し打診をしたという噂もありました。最近の噂では、周囲の人間がテッサを雇うために、バックステージでビンスのお伺いを立ててるという話もあります。 しかし、リングサイドニュースでは、まだそれはいずれも上手くは言っていないと考えています。状況を知るライターの情報によると、ブランチャードとトリプルHがお互いにオープンなコミュニケーションを取っているという情報を提供されています。まだサインはされていません。 また、テッサは婚約相手と結婚するまでメキシコを離れないと見られていますが、いずれはアメリカの別な会社に行くと見られています。エボリューションⅡはまだ実現していません。リングサイドニュースでは他者がその可能性があったと告げた時にも、行われていない事を明かしています。ブランチャードのデビューの舞台が一つ減ったことになります。 テッサ・ブランチャードは最終的にはWWEに到着するかもしれませんが、まだ先のことになるようです。 RingsideNews

WWE:ナタリア、カイリとの別れを惜しむ言葉

イメージ
ナタリアがカルガリーサン誌のコラムでカイリとの別れを惜しんでいます。以下、内容。 別れを告げるのが苦手で、いつも"また後でね!"と言ってしまいます。初めて家を離れて、引っ越しをした時のことを思い出します。ウェイトレスで貯めたお金以外はあまり持っていなかったし、家族との仲が違い分、多くのものを置いていかなければいけないことは分かっていました。ですが、自分の中でプロのレスラーとして成長する準備は出来ていました。私はスーツケース1つ分の服を持ってフロリダに行き、夢を実現させるために全く新しい生活を始めました。いつ家に帰れるかも分からないまま出るのは大変だったけど、その体験を特別なものにしたのは、WWEのスーパースターになるという夢を生きる機会を得たからでした。 今週、WWEはカイリ・セインと別れを告げました。WWEで夢を追いかけるために日本を離れた後、たった数年で成し遂げたカイリと彼女の全てを、これ以上、誇りに思うことは出来ません。彼女は元WWE女子タッグ王者であり、元NXT女子王者であり、2017年メイ・ヤング・クラシックではシェイナ・ベイズラーを破って、優勝しているのです。 私がカイリと出会ったのは、ベス・フェニックスと一緒に観たメイ・ヤング・クラシックが最初でした。彼女は私にとって特別な存在だったのです。彼女の試合を見て、私はベスに「カイリはとてもリングの上の才能がある、観客と繋がる方法も持っていて、これは本物だわ」ベスはこう返しました「観客はカイリがどれだけのハートを持っているか、彼女がリングの上の出来事をどれだけ愛しているかを感じているから、カイリを愛しているのよ」 世の中、誰にとってもこんなに大変な時代になってしまったんですね。また。こういう未曾有の時代だからこそ、自分にとって本当に大切なものがなんなのかがはっきりしてくるような気がします。家族のこと、キャリアのこと、健康のこと、人生の新たな目標を達成したいという思いでも、私達は自分の心が幸せになる事を目指して頑張らなければなりません。カイリがいなくなるのは寂しいです。あなたの旅路を私達と共有し、あなたの方法で私達、女子部門に貢献してくれてありがとう。あなたの次の航海が待ち遠しいです。 calgarysun

WWE:リック・フレアーが語るコロナ禍でのWWEと若き才能達、オートンとの物語

イメージ
リック・フレアーの名はプロレス界のGOAT"The Greatest Of All TIME"として知られ、業界の代名詞となっています。何度目かの臨死体験の後ですら、"Nature Boy"になることは出来ません。2度のホール・オブ・フェイムになった男は忙しさをキープしたまま、幾つかのベンチャービジネスに関与しています。 【クロスオーバーな層へのアプローチ】 ウーリフィックのカメオ出演、ビッグゲームの前の奨励会、ラップビデオへの出演、アニメシリーズへの出演、有名人のスロットアプリへの出演。無料で遊べるモバイルゲームでは、ギフトカード、フレアブランドのアパレル、ESPNの番組のサイン入りDVDが当たるユニークな機会が提供されています。 「今の私は、クロスオーバーな層に向けたタイプの男として、より認知されていると思います。ポップカルチャーであろうと、レスリングであろうと、ファルコンズやジョージア大学のようなスポーツチームのモチベーションアップであろうと等しくね。今年はフロリダ、ジョージア、オーバーンのために何かする予定だ、3校とも義理の子供がいるんだ。私にとっては今は楽しむ事が全てなんだ」 これらの全ての事の上に、完璧なパフォーマー、リック・フレアーはエボリューションのサポートをし、ランディ・オートンをトップネームにするために戻ってきました。2008年にWWEのリングからは引退した彼ですが、再び戻り関与できることに喜びを感じています。 「一部の人は、家に帰って傍観して座っているだけで幸せだろう。私は常に何かをしているのが好きなんだ。ランディとRAWに何度か出演した時は最高の時間だったよ。71歳になってもテレビに出てWWEに関われている事は、私にとって大きなことなんだ。」 【現在のWWEに集まる若い才能について】 WWEに集まるたくさんの若い才能の前に戻って来て、豊富な知識を貸すことに対し、フレアーはこう答えています。 「子供達はとても尊敬して接してくれる、いい感じだよ。違和感を感じることはない、自分が彼等の中の一人になれていると感じている。誰かに質問されても、何を言っているのか分かるようにチェックしています、どの番組も見逃さない。だから、その場にいる間に質問が出て来ても、知的に答えれるし、少なくとも自分の意見を述べる事が出来る。私

AEW:クリス・ジェリコ「ザック・ライダーのギミックは死んだ」

イメージ
ザック・ライダーとしてよく知られるマット・カルダナは、あるタイミングで最も面白いWWEのキャラクターの1人だったが、いくつかの理由から高みに到達する事が無かった。クリス・ジェリコは彼が常に優れた職人であると信じており、AEWで彼と一緒に仕事がしたいと述べています。 "Saturday Night Special"に出演したジェリコは、カルダナにはWWEにいるには創造性と才能があふれ過ぎていて、何年も前にWWEを去るように言った、と明かしました。 「お前はもうただのパンチングバッグになるには飽き足らない時が来てるんだ。あいつは100万ドルの金になる男で、自分の仕事がどのようにすべきか方法を理解している。あいつはリングの中で特別な男なんだ。想像力に満ち溢れている。自信が必要で、あいつにはチャンスが必要なんだ。コーディとトニー・カーンがそのチャンスを与えてくれたことに本当に興奮してるし、あいつと一緒に仕事がしたいと思っているんだ。」 また、ジェリコは、ザック・ライダーのギミックにも触れ、すでに死んでいると発言しました。 「それはヘイガーがAEWへやってきた最初の夜みたいなものだ。観客は「We,The People」と唱え始めたが、俺はそれは終わったと言った。あれは粗悪なクリエイティブからの粗悪なアイデアだったし"Long Island Iced-Z"(ザック・ライダーのギミック)も同じだ。ZRは死んで葬られた。あいつは終わった、これは全く別物で、マット・カルドナがどれだけヤバいかを見せてやる」 Sportskeeda

AEW:ブライアン・ピルマンJr.、AEWはまるで家族みたいだ、と語る

イメージ
ブライアン・ピルマンJr.はポッドキャスト"The Shining Wizars Wrestling"に語りました。AEWでの状況、2世レスラーであることについてなど様々な話題に触れています。 AEWの話になると、彼はいち早くAEWを褒めちぎりました。その環境はまるで家のように感じたと加えています。 「家族のような雰囲気だよ、AEWにはとても素晴らしいチームがあって、多くのメンバーはインディーで一緒に育った友人だよ。インディーの最初の数年は、何度もロッカールームを共有した。俺たちは通じ合ってる。凄くアットホームな感じで、まるで家族みたいだ」 「とても良いチームだし、環境もいいし、多様性に富んでる。これまでの人生の中で、最も多様性に富んだ職場環境の一つだと思う。AEWは多くの素晴らしい事をしているんだ。」 ブライアンを特別にしているのは、彼が2代目レスラーであるという事実です。父の名を語り継いで遺産を築いたのは、コーディ・ローデスも慣れ親しんだ事です。その兄弟愛のようなものが、AEWへの契約を得たり、パンデミックによる経済的損失から立ち直るために、援助となったのかもしれません。これらの絆について語っています。 「2代目、3代目レスラーという経験は、何らかの形で彼等を知ったり、経験をしたりすることになる。ロードで、あるいはショーで、AEWのようなビッグタイムショー、ロッカールームでかれらに会う。誰もがレスリングにおける自分のストーリー、旅行を持っているし、我々、2代目もまたそれぞれ小さくて別々の物語を持っています」 「でも、全ては何かから始まっているんだよね?家族の誰かがプロレスに関わる何かを為してたから、その物語、旅を続ける義務を感じているんだ。共通点が多いからこそ、2世レスラーはとても仲が良いんだと思う。」 親の遺志を継ぐ事が、彼等の大きな負担となっています。彼は成功するためには、自分のアイデンティティーをつくらなければいけないことを知っています。彼のやり方は、一部の人にとって驚くべき方法かもしれません。 「俺は父親がなにをしてきたかをあまり勉強してこなかった、という点で、ちょっと利口だったかもしれない。多くのことをピックアップすることで、父親に近付き過ぎる事を恐れていたんだ。結局、俺の勉強の仕方や俺自身の成長の仕方は、父親の人生の全てが遺伝学的