投稿

2023の投稿を表示しています

Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:PPV「All In」は興行収益1000万ドル以上を突破!さらに10月1日に故アントニオ猪木を称える新たなPPV「WrestleDream」開催発表、新日のレスラーも多数参加の模様!!

イメージ
  AEW All Inは史上最大のプロレスイベントと宣伝され、同イベントはプロレスとAEWの主要記録を塗り替えました。AEWの発表によると、AEW All Inはヨーロッパで行われたプロレスイベントとしては史上最大の観客動員数を記録し、AEW史上最高の収益を上げたイベントであり、史上最大のプロレスゲートのひとつとなり、1000万ドル以上の収益を上げた。 AEWから: 「AEW:オール・イン・ロンドン」複数のレコードを打ち砕く --Global Pay-Per-View EventがAEW史上最高の収益イベントとなり、ヨーロッパで開催されたプロレスイベントとしては過去最大のものとなる-- 2023年8月27日-オール・エリート・レスリング (AEW) は今夜、「AEW:オール・イン・ロンドン」がプロレス業界全体で複数の記録を塗り替えたと発表した。チケットは完売し世界中に放送され、70カ国以上から81,035人のファンがロンドンのウェンブリー・スタジアムに集結し、ヨーロッパのプロレスイベント史上最大の観客動員数を記録した。 さらに、「AEW:オール・イン・ロンドン」はAEW史上最高の興行収入を記録し、史上最大級のプロレスゲートとなり、1000万ドル以上を稼ぎ出した。 AEWのCEO兼GM兼クリエイティブ部門の責任者であるトニー・カーンは、「「AEW:オール・イン・ロンドン」は記念碑的な業績となり、AEWがここに留まるだけでなく、世界中に強大な力を持っていることを世界に示した。」とし、 「この成功は、素晴らしいメンバーと優秀なスタッフ、そして私と同じくらいAEWブランドを熱烈に信じているWBDの同僚たち、そしてウェンブリー・スタジアムやライブ・ネーションUK、ITVの素晴らしいパートナーたちが、この夢を実現するためにたゆまぬ努力をしてくれていなければ不可能でした。」 「最も重要なことは、AEWの信じられないほど忠実なファンたちに感謝することである。彼らの多くは、イベントに参加するために世界中からロンドンを訪れ、最初から私たちと一緒にいてくれた。この待望の瞬間を皆さんと共に祝い、再び歴史に名を刻む2024年のウェンブリー・スタジアムへの帰還を楽しみにしています。」。 今夜のイベントで発表されたように、「AEW:オール・イン・ロンドン」は2024年8月25日の日曜日にウェン

IMPACT:10月21日PPV「Bound For Glory」にウィル・オスプレイ襲来決定!!ジェリコも倒した男と誰が対戦する???

イメージ
ウィル・オスプレイがIMPACTにやってきます。IMPACT WrestlingはWill Ospreayが10月21日のIMPACT Bound For Gloryに出場すると発表しました。これでオスプレイは2016年以来のIMPACTでの試合となる。 BREAKING: @WillOspreay returns to IMPACT at #BoundForGlory LIVE October 21st from Cicero Stadium in Chicago. Get tickets NOW: https://t.co/hLk1mCN2ck pic.twitter.com/rL7favp9IS — IMPACT (@IMPACTWRESTLING) August 28, 2023 オスプレイにはまだ対戦相手がいません。 オスプレイは現在、新日本プロレスと契約しており、現IWGPイギリス王者です。NJPWとIMPACTは長年に渡りパートナーシップを強化しており、共同でショーを開催したり、IWGP世界ヘビー級チャンピオンのSANADAがIMPACT Emergenceに出場しました。オスプレイはAEW All Inに出場し、クリス・ジェリコを破っています。 Fightful

AEW:竹下がケニーを丸め込んで勝利!!翌週PPV「All Out」で早くもシングルでの対戦をトニー・カーンが電撃決定!!これは日本のファンも大注目の一戦に!!

イメージ
  番組終了後のメディアスクラム 「All In」 の中で、AEWのトニー・カーンCEOは、次の日曜日にシカゴで開催されるイベント 「All Out」 の新しいカードとして、ケニー・オメガ対竹下幸之介を決定しました。 カーンは記者会見でドン・キャリスからの対戦要請に対し、 「喜んで予約する。素晴らしい試合になると思うし、今夜ここ (オール・イン) で見たことを踏まえると、クラシックな試合だった」  カーンが試合を公式化する前、ドン・キャリスは竹下が長年オメガとの 「テスト」 を望んでいたことを明かし、ぜひシカゴで試合が行われることを望んでいると述べました。後に、先にオールインで行われたトリオの試合で竹下がロールアップでオメガを破ったことに満足していなかったのは、竹下がシングルスで勝てることを証明したかったからだと述べている。 他にも、ルチャサウルスがTNT王座を防衛してダービー・アリンと対戦、パワーハウス・ホッブズがミロと対戦、クリス・スタトランダーがAEW TBS王座を防衛してルビー・ソーホーと対戦したりと、All Outでの対戦が予定されている。 Wrestlung Inc

AEW:トニー・カーン、メルセデス・モネは5月に負った足首の怪我がまだ試合の許可が降りていないと明かす。新王者サラヤも彼女が「ついに参加」してくれることを願っていると話す

イメージ
 トニー・カーンが、ウェンブリー・スタジアムでのAll Inの観客の中に、元WWEスーパースターであり元IWGP女子チャンピオンのメルセデス・モネがいることについて報道陣に質問されたのは驚くべきことではありません。カーンは、モネがリングでのアクションについて5月のNJPWストロング女子選手権決勝の足首の怪我に対処している最中であり、「クリア」 されていないことを明らかにしました。 「彼女がここに来てAEW女子世界選手権 (試合) を含む全ての試合を見られるのは素晴らしいことだと思ったが、彼女は怪我をして以来 (レスリングの) 許可が下りていない。彼女にショーに出てもらった方がいいと思っています。そこで起こりうる可能性のあることは間違いなくたくさんあるし、新日本プロレスが彼女と一緒に仕事をして素晴らしい経験をしたことも知っている」  カーンはその後、レスリングをすることも 「すぐに何か」 をすることも許可されていないと繰り返したが、All Inで国際的なトップスターを得られたことは素晴らしいことだと述べました。当時チャンピオンだった志田光、トニ・ストーム、ブリット・ベイカーらが出場したペイ・パー・ビューでAEW女子王座を獲得したサラヤは、ショー後のメディアスクラムでもモネについて語っています。彼女は、モネの前でタイトルを獲得できたことがいかに嬉しかったか、そしてモネがAEWに 「ついに参加」 してくれることを願っていると述べました。 Fightful

AEW:クリス・ジェリコがウィル・オスプレイを襲撃!!!RevProでメイン終了後に突如乱入からのコードブレイカー!!!PPV「All In」に向けて待ったなし!!

イメージ
  クリス・ジェリコがウィル・オスプレイを襲撃!! オスプレイがRevPro Anniversary XIのメインイベントに出場し、鷹木を破った直後、NJPWロイヤルクエストIIIの試合でザック・セイバーJrから挑戦を受け、試合後に観客に向けてスピーチを行った後、オスプレイは覆面の人物に襲われました。 マスクをした男はコードブレイカーを放ち、クリス・ジェリコであることを明かすと、ジェリコは椅子でオスプレイを殴り続けました。 Jericho just attacked Ospreay #rpw #AEWAllIn pic.twitter.com/vrsGfN5OJT — BenGie 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿 (@beng94) August 26, 2023 Chris Jericho just showed up at today’s RevPro & attacked Will Ospreay before their ALL IN match! pic.twitter.com/dRxrZPKB1I — Dark Puroresu Flowsion (@PuroresuFlow) August 26, 2023 ジェリコとオスプレイはAEW All Inで激突することになっています。ジェリコのオスプレイへの攻撃は、オリジナルのオールインでペンタゴンJr.のマスクを被ってケニーを襲撃した時と似ていました。 Fightful

新日本プロレス:RevProで鷹木を破ったオスプレイの前に現れたザックが10.14NJPWロイヤルクエストIIIでIWGP UK王座をかけて対戦を表明!!!

イメージ
  ザック・セイバーJr.が挑戦状を突きつけました。REV PROで開催された鷹木vsオスプレイの試合後に現れたザックはウィル・オスプレイに挑戦状を突きつけ、10月14日のNJPWロイヤルクエストIIIでオスプレイにIWGP UK王座をかけさせました。 @zacksabrejr has challenged @WillOspreay for the IWGP UK Heavyweight Championship for ROYAL QUEST!!!!!! @njpwglobal pic.twitter.com/3J8R7R1R5x — Reece | The Weekly Steelchair (@Devils_RiS1nG) August 26, 2023 Zack Sabre Jr. has just challenged Will Ospreay for the IWGP UK Heavyweight Championship at Royal Quest III, assuming he still has the title for that show!! pic.twitter.com/LCn1MnFTcR — Ciarán (@CiaranRH93) August 26, 2023 オスプレイはAEW All Inでクリス・ジェリコと対戦します。 Fightful

NWA:マックス・ジ・インペイラー、NWAの歴史に名を刻む!!王者ケンジー・ペイジを破り、NWA女子世界TV王者に!!

イメージ
マックス・ジ・インペイラーは、新しいNWA女子世界TVチャンピオンに輝きました。NWA 75で復帰し、ケンジー・ペイジを説得力のある形で破り、世界テレビ女子王座を獲得しました。 ケンジーは7度のタイトル防衛に成功しており、カミーユとの最後の挑戦を望んでいた。それでも、ケンジーにとっては不幸なことに、彼女はノンバイナリー・ナイトメアに遭遇し、マックス・ザ・インペイラーは女子世界テレビ選手権部門のペースを決めることになりました。 #AndNew NWA World Women’s Television Champion! @_theyaremax_ !! @MinisterReal #NWA75 pic.twitter.com/7ed0DpWP90 — NWA (@nwa) August 27, 2023 Max The Impaler just won the NWA Women's TV Championship. #NWA75 pic.twitter.com/JxoqlQVdIR — 𝐃𝐫𝐚𝐕𝐞𝐧 (@WrestlingCovers) August 27, 2023 ケンジーは記録上唯一のチャンピオンであり、2023年4月のNWA 312でタイトルを獲得し、130日以上保持していました。 Fightful

Impact:インパクト1000回目の特別放送にはかつての所属レスラーが登場、脳卒中と背中の手術から奇跡の復活を遂げたディーボン・ダッドリーがブリーレイとの再結託でTeam3Dも復活!?

イメージ
  来月、Impactは、ベルベット・スカイ、アンジェリーナ・ラブ、オーサム・コング、ディーロウ・ブラウン、Team3D (ブリー・レイとディーボン・ダッドリー) を含む複数のかつて所属していたレスラーが特別出演して、"Impact"の1000回を祝う。「インパクト」 のこの画期的なエピソードは、9月9日にニューヨーク州ホワイト・プレインズで収録され、9月14日に放送されます。Impactは今日、Team3Dが画面上で再結成されるだけでなく、約7年ぶりに活動を開始することを明らかにしました。 「速報:チーム3 D (@bullyray 5150と@TestifyDVon) が、ニューヨーク州ホワイトプレインズのウェストチェスター郡センターで9月9日に開催される#IMPACT 1000で、7年ぶりに一緒に活動することが正式に確認できました!」 ディーボンとブリーの最後のタッグマッチは、2016年12月のHouse of Gloryのショーで行われ、HOGタッグ選手権でハーディーズ、Private Party 、EYFBO と対戦しました。この試合はまた、チーム三Dにとってアビスとトミー・ドリーマーを破ったBound For Glory 2014以来のインパクト・タッグ戦となります。 2020年に脳卒中で倒れ、最終的に背中の手術を受けたディーボンは、リングに復帰するかどうかは定かではなかったが、パーソナルトレーナーと一緒に3年間リハビリを続けた結果、再びロープを走る準備ができているようです。彼は以前「ババとよりを戻して『インパクト』の1000話目に出演し、かつての栄光を追体験する機会を得たことは素晴らしいことだと思います。とても楽しみにしています。 」という番組でこう語っています。 Wrestling Inc

AEW:イギリスでのPPV「All In」の翌週にシカゴでPPV「All Out」を開催するのは、アメリカでは3連休のため非常に価値があるとトニー・カーンが明かす。

イメージ
 All Elite Wrestlingは今週の日曜日にイギリスのロンドンのウェンブリー・スタジアムでAll Inと共に最大級のペイ・パー・ビューを行うが、プロモーションはそこで終わりません。その次の週末はもう一つのペイ・パー・ビューのイベント、All Outが開催されます。All Outは9月3日にシカゴのユナイテッド・センターで行われます。 AEW社長のトニー・カーンはThe Hollywood Reporterのインタビューで、2つのペイ・パー・ビューを背中合わせにすることについて質問されました。カーンによると、イギリスは銀行の休日の週末であり、その1週間後には労働者の日のためにアメリカでは3連休になるため、すべては適切な日付のために起こったのだと語りました。CEOはまた、両方の 「ライブイベント資産」 は 「非常に価値がある」 と考えています。 カーンは 「イングランドでは銀行の休日の週末、シカゴではレイバーデーの週末、これは興行的に本当に価値のあるプロレスの資産で、諦めるつもりはなかった。そしてウェンブリー・ショーを予約したとき、シカゴにも『オール・アウト』を続けなければならないということがわかりました。シカゴには私が永遠に続けるという素晴らしい伝統があるからです」  また、ライブイベントのチケットがどれだけ売れたか、そしてそれが売り上げを促進すると信じていることから、同社がペイ・パー・ビュー販売でうまくいくとどう感じているかにも言及しました。カーンはThe Hollywood Reporterに対し、AEWがAll Outイベントのチケット1万枚以上を販売したことを明らかにしました。もちろんAll Inは8万枚以上のチケットを販売し、9万件以上の前払いペイ・パー・ビュー注文を行っています。 Wrestling Inc

WWE:ブレイ・ワイアットへの敬意を示し、ブラウン・ストローマンやカリオン・クロスがFireflyのタトゥーを彫ったことを報告。

イメージ
  より多くのWWEのタレントがブレイ・ワイアットに敬意を表しました。8月25日に放送されたWWEのスマックダウンでは、テリー・ファンクとブレイ・ワイアットに敬意を表し、観客の感情を揺さぶりました。ファンクは8月23日、ワイアットは8月24日に亡くなりました。 スマックダウンはワイアットへの追悼ビデオと黙祷で幕を開け、リング上でランタンがライトアップされました。 ショーの後、WWEのスーパースターであるブラウン・ストローマン、ショッツィ、カリオン・クロス、WWEのLongterm Creative Rob Feeのディレクターが、ワイアットに敬意を表してFireflyのタトゥーを入れています。 Braun Strowman and Karrion Kross getting Bray Wyatt tattoos pic.twitter.com/iYIs0tiqX4 — Vick (@Vick_8122) August 26, 2023 Some WWE Superstars including Braun Strowman, Karrion Kross, & Shotzi all got Bray Wyatt tattoos last night. Beautiful tribute pic.twitter.com/qcLjaOMVDg — Joey Karni from The Angle Podcast (@theangleradio) August 26, 2023 Fightful

WWE:女王様はボディビル大会にも興味あり??シャーロット・フレアーがリング外でのキャリア形成について語る。

イメージ
  シャーロット・フレアーはレスリング以外にも目標を持っています。シャーロット・フレアーは、14回の女子チャンピオン、レッスルマニアのヘッドライナー、ロイヤルランブルの優勝など、WWE史上最も多くの勲章を受けた女性です。シャーロットはリングの外でもジュエリーラインなど様々なベンチャーで活動しています。 「スーパースター・クロスオーバー」 でジョシュ・マルティネスに語ったシャーロットは、リング外でのキャリアについて語りました。 「日ごとに。何かが起こることを願っていますが、それがどんなものかはわかりません。映画やシリーズで主演したいです。オフ期間中、スマイルトレイン(慈善事業団体)のグローバルアンバサダーに就任する機会がありました。それは、私のオフの時間にコミュニティと一緒に仕事をすることで、本当にやりがいがありました。次に何が起こるか分かりません」  ボディビルのコンテンツに登録したことがあるかと尋ねられたシャーロットは、 「まだ登録していませんが、私はボディビル界を愛しています」 と答えました。 WWE TVでシャーロットは現在、イヨが持つWWE女子選手権に目をつけています。シャーロットは8月18日のWWE SmackDownでビアンカ・ベレアと組み、イヨ&ベイリーに勝利しました。 Fightful

WWE:"ゴールド・メダリスト"ゲーブル・スティーブソンがレスリング世界選手権に電撃復帰!!若手のホープ、アミール・ザレとの一騎打ちへの期待高まる!

イメージ
  ゲイブル・スティーブソンがマットに戻ってきます。ユナイテッド・ワールド・レスリングは2023年世界選手権の参加者を発表し、ゲーブル・スティーブソンはフリースタイルレスリングの出場者リストに名を連ねました。9月16日から9月24日までの開催です UWWから: 125 kg級のゲーブル・スティーブソン (USA) は、実質的なブランクの後に復帰することになっている。21歳のセンセーションは東京オリンピックで波紋を呼び、その勝利でレスリング界を驚かせた。彼は、現世界チャンピオンのタハ・アクグル (TUR) と3度の世界チャンピオンであるヘノ・ペトリアシビリ (GEO) を破り、オリンピックの栄光への道を歩んだ。 オリンピックで金メダルを獲得した後、スティーブソンはWWEでのキャリアを追求するためにレスリングから一時引退した。しかし、彼はその後、念願だったオリンピックの金メダルをもう一つ追加した。 スティーブソンの不在の間、若手のアミール・ザレ (IRI) が階級の有力者として台頭してきた。ザレはオスロで金メダルを獲得した後、ベオグラードでリオ五輪チャンピオンのアクグルに王座を譲った。大いに期待されていたザレとスティーブソンの対決は、ソーシャルメディア上で何度もやり取りされた後、ファンが待ち望んでいる。 スティーブソンは2020年にフリースタイルレスリングでオリンピック金メダルを獲得し、2017年にはジュニア世界選手権で金メダルを獲得した。 スティーブソンはNXT Great American BashでWWEのリングデビューを果たし、バロン・コービンとダブルカウントアウトを行った。 Fightful

AEW:ルビー・ソーホーが語るThe Outcastsへの参加「Riott Squadが出来たときと同じように、誰か他の人を必要としている時に私の人生に入り込んできた」

イメージ
  アウトキャストとオリジナルのライバル関係は、2023年のAEWテレビと女子部門で大きな役割を果たしました。ルビー・ソーホーは、AEWのペルソナに自分の足跡をつけたことでそれと自分自身との両者の板ばさみになり、より独創的な存在になったものの、最終的にソーホーはサラヤとトニ・ストームのアウトキャスト加入を支持しました。 ソーホーはSappenin'で、The Outcastsへの参加と別の3人グループの結成について話しました。 「最初は別の3人グループに入ることに非常に不安を感じていました。なぜなら、以前にもそうしていたし、生涯の友人もできたし、彼女たちのことをとても愛しているし、同じ経験をするかどうかもわからなかったからです。どちらのグループも、ちょうど必要な時に来てくれたことに気づきました。リヴ (リヴ・モーガン) やサラ (サラ・ローガン) と一緒に、誰か他の人を必要としているときに、同時に深いところに投げ込まれるようなことがあったんだ。誰もが同じことを感じていて、誰もが超新参者で超怖がっているので、みんなパニックになっています。サラヤとトニーと一緒に、もう一度レスリングを楽しみたいと本気で思っていた絶好のタイミングで、彼らは私の人生に入り込んできた。仕事を楽しみたかった。バックステージに来たら笑いたかった。リングに上がっている間、表のサラヤと真顔を保てない回数は信じられないほど多い。彼女は毎週私を壊している。彼女は表に出るとヒステリックだ。楽しみが多すぎる。2人とも完璧なタイミングで来てくれたし、キャリアを通して彼女たちに囲まれていたのはとても幸運だった」  ソーホーは以前、リヴ・モーガン&サラ・ローガンと共にWWEのRiott Squadに所属していました。サラヤとトニーはAEW All Inで活動し、志田光、ブリット・ベイカーとAEW女子王座を賭けた4者対決を行う。 Fightful

AEW:All Inでのナイジェル・マッギネスのリング復帰は白紙に???予定ではブライアン・ダニエルソンとの試合だったものの、ダニエルソンの腕の骨折が支障か

イメージ
  ナイジェル・マッギネスはレスリングへの復帰を準備していると報じられているが、AEWのペイ・パー・ビュー 「All In」 では実現しそうにありません。Fightful Selectによると、解説者はAll In media junketで、8月27日に母国イングランドで行われる同番組でレスリングをするつもりはないと主張した模様です。 マッギネスは、ブライアン・ダニエルソンの負傷が支障したと述べています。マクギネスは最近、ポッドキャスト 「AEW Unrestricted」 で、ウェンブリー・スタジアムでのダニエルソンとの試合のために引退から復帰すると語っていましたが、ダニエルソンは6月のAEW x NJPW Forbidden Doorでオカダと対戦し腕を骨折したが、マッギネスはポッドキャストでダニエルソンは彼と対戦するには 「チキン野郎」 と冗談を言いました。 以前の報道では、措置は取られているものの、元リング・オブ・オナー王者のリング復帰が認められたかどうかは確認されていませんでした。47歳の彼の最後の試合は2011年12月、テレビ中継された最後の試合は2010年9月、TNAでの試合となります 。また、マッギネスはAll In media junketでFightfulに対して、自分はコメンテーターとしてより優れていると信じていると語りました。2022年10月のWWEリリース後、2023年4月にAEW/ROHと契約しています。 Wrestling Inc

新日本:大張社長、女子レスラーの参加に関して見解を明かす「いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべき」

イメージ
  NJPW代表取締役社長がNJPWの女性部門の成長についてコメントしました。 新日本プロレスは、Wrestle KingdomのイベントやNJPWとSTARDOMの共催イベントでSTARDOMの試合が行われたり、NJPW STRONGが独自の女子タイトルを持つなど、近年より多くの女子プロレスを番組に迎え入れてきました。 NJPWの大張社長は、マンスリープロレスの取材に対し、NJPWにおける女性の地位向上について語りました。 「日本のプロレスの多くの伝統は、大相撲に由来しています。日本の大相撲には女子力士はいません。その一方で、五輪参加者の男女比はほぼ5対5です。世界は変化し、変化の速度は指数関数的になった。男性のみのプロレスという時代遅れの考えには固執できない。プロレスは世界を映す鏡とよく言われます。すべてのレスラーとすべての試合は感謝されるべきであり、いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべきである。そのビジネス価値を最大化できるのであれば、その方がはるかに良いです。」   「これはまずアメリカで実現し、日本で実現すると思います。STARDOMがブシロードのグループ会社になってからの数年で、日本のプロレスファンの考え方は世界標準に近づいていると思います。初めて東京ドーム公演にSTARDOMのレスラーを参加させた際、ファンや社内外のパートナーから大きな批判を受けました。しかし今では当たり前のことになっています。」  2022年11月、NJPWとSTARDOMは、番組のヘッドラインを飾るIWGP女子タイトル戦のために、KAIRI vs.岩谷と共にHistoric X-Overを共同プロモーションした。 Fightful

WWE:WWE公式がブレイ・ワイアットのグッズ販売の純利益の全てを彼の家族にドネーションすることを発表。WWEショップから購入することが出来ます。

イメージ
  ファンはブレイ・ワイアットの家族を助けることができます。 WWEは、ブレイ・ワイアットのグッズ販売の純収益はすべて彼の家族に渡ると発表しました。ワイアットには4人の子供がいたが、うち2人はジョジョ・オッファーマン(元WWEリングアナウンサー、プロレスラー)との子供です。 「ブレイ・ワイアットの死を受けて、WWEは純益の全てをJoJo Offermanと彼の子供たちを支援するために寄付する」  該当のグッズは下記リンクから探すことが出来ます。 WWEショップでブレイ・ワイアットのグッズを見つけることができます。 ワイアット (ウィンダム・ロタンダ) は8月24日、惜しまれながらこの世を去りました。Fightfulのショーン・ロス・サップは、心臓の問題が悪化したブレイが今年初めにCOVIDを手に入れたことを公表することを許されました。ブレイの健康状態は順調だったが、不幸にも心臓発作を起こして亡くなりました。 ファンは ここ をクリックすることで彼のレスリング仲間からの思い出を見つけることができます。 Fightful

MLW:新日本プロレスとの新たな提携を発表、9月3日のPPVでトニー・デッペンvsKUSHIDA!!先日開催のオペラカップではデイビーボーイ・スミスJr.が二度目の優勝を果たす

イメージ
  MLWは9月3日のMLW Fury Roadを皮切りに、NJPWと協力関係を結ぶことに合意しました。 新しい関係は、MLW Fusionの8月24日のエピソードで、KUSHIDAがこの新しいパートナーシップのキックオフとして9月3日に開催される『Fury Road』でトニー・デッペンと対戦することが発表されました。 BIG ANNOUNCEMENT 🚨 SEPT 3 NJPW x MLW 🚨 🔥 #MLWFury 📍Philly | Sept 3 | @FITETV 🌐 https://t.co/qFqQJOUqM3 pic.twitter.com/3YtPKNWHCK — MLW (@MLW) August 25, 2023 It's going down. DEPPEN vs. KUSHIDA. 🔥 #MLWFury 📍Philly | Sept 3 | @FITETV 🌐 https://t.co/qFqQJOUYBB pic.twitter.com/ZjCkth1EM8 — MLW (@MLW) August 25, 2023 MLW Fury Road 2023 MLW World Heavyweight Championship:  Alex Kane (c) vs. Willie Mack Weapons of Mass Destruction Match for National Openweight Championship : Jacob Fatu (c) vs. Rickey Shane Page Kiss My Foot Match:  Matt Cardona (w/ MSL) vs. Mance Warner Winner Receives A Title Shot:  Maki Itoh vs. B3CCA “Hot Sauce” Tracy Williams vs. Ichiban KUSHIDA vs. Tony Deppen Sessions by Saint Laurent with Mystery Guest Fightful

AEW:AEW公式がヤングバックスとFTRが並んでインタビューを受ける未編集版の動画を投稿、FTRキャッシュの銃器事件への影響か。PPV ALL Inへの参加は未だ未確定の模様

イメージ
  先週の金曜日、フロリダ州オーランドでAEWスターのキャッシュ・ウィーラーが銃器による加重暴行容疑で逮捕されました。彼は7月27日に起きたとされる事件で、別の運転手に拳銃を向けたとされています。 ウィーラーの罪状認否において、裁判長は被告側の2,500ドルの公債請求に同意し、ウィーラーに対し、事件に関与したとされる被害者や目撃者と一切接触せず、武器の所持も禁じるよう命じました。 木曜日、AEWのソーシャルメディアアカウントは、FTRとヤングバックスの両方がレネと座っている未編集のセグメントのビデオを共有しました。ダックスは 「彼らが見せたくなかったバージョン」 というキャプションでビデオを再共有しています。 以下で見ることができる未編集版では、ウィーラーは 「私にとって次に何があるのかわからない」 と述べて自身の法的状況をほのめかしています。 The version they didn’t want you to see. https://t.co/KyDJA5A5Sd — Uncle Dax FTR (@DaxFTR) August 24, 2023 ウィーラーが逮捕されたため、ウィーラーとハーウッドによるニックとマット・ジャクソンとのAEW世界タッグタイトル戦について行われないのではないかとの憶測が流れています。しかし、旅行に制限はないので、ウィーラーは国外への旅行が許可されています。この試合はイングランドのロンドンにある池の向こう、ウェンブリー・スタジアムで今週の日曜日に行われます。また、この記事を書いている時点では、逮捕されてもAEWでの仕事には停職や釈放の影響はありません。AEW社長のTony KhanはAll Inメディアとの電話会見の中で、Wheelerの法的状況について 「非常に結論の出ない状況」 であり、会社は 「全体の状況を注視している」 とコメントしています。 Wrestling Inc

WWE:ナタリア、NXTへの移籍についてステップダウンとは思わないと明かす、自身のキャリアにおける重要な試合にNXTでのシャーロット・フレアーとの試合を上げる。

イメージ
  ナタリアはNXTに行くことに問題はありません。 この数週間、多くのWWEロウやスマックダウンのタレントがNXTに登場しており、その中にはブロン・ブレイカーでタイトルを防衛したWWE世界ヘビー級チャンピオンのセス・ロリンズも含まれていました。ナタリアはNXTにも精通しており、2022年5月にはNXTブランドでコーラ・ジェイドと競合しました。 WrestleBingeのBill Apterから、NXTへの再進出を受け入れるかどうかを尋ねられたナタリアは、 「NXTへの進出を提示されたことがあるたびに、それをステップダウンとは見ない。私のキャリアの中で最も重要な試合の一つは、トリプルHからNXTに行ってシャーロット・フレアーという新人と一緒に仕事をしないかと誘われた時でした。2014年のことで、本当に、サウジアラビアでのレイシー (エヴァンス) との試合以外にも、2014年にシャーロットと行った試合が私のレッスルマニアの瞬間でした。この試合は自分のキャリアの中で最も特別な試合で、リングで自分にできることを示すことができただけでなく、誰も本当に知らなかったか、まだ誰も信じていなかった真新しい女性を相手に「これが彼女の能力ですが、私の能力を見てください。 」と言うことができたからです。シャーロットとのこの試合は、今日でもブレット・ハート対ロディ・パイパー、ブレット・ハート対ミスター・パーフェクト、カート・アングル対レイ・ミステリオのように語り継がれている歴史に残る試合の一つでした。シャーロットとの試合はとても特別で、それはNXTで起こった。私は去年、コーラ・ジェイドと凄いライバル関係にありました。ショーンは私がコーラと格闘するために降りてくることを望んでいた。NXTに行けて光栄です。 「この1週間、メインイベントに出演していました。誰かに「あ、メインイベントに出てるけど、RAWに出たくない? 」と言われましたが、当社には自分が上だと感じる領域はありません。メインイベント、NXT、スマックダウン、どんなクォーターであれ、WWEは特別です。私にとっては、自分の中で再建の段階を経るだけです。今はリア (リプリー) と競争している気すらしない。実際に自分と競争していると感じています。自分が大丈夫であることを自分に証明しなければならない。この種の話をすることが重要なのは、多くの場合

WWE:肩の負傷で離脱していたリヴ・モーガンが劇的復帰!!MITBでWWE女子タッグ王座奪還へ向かう!!

イメージ
  5月12日に放送された『WWE・スマックダウン』でリヴ・モーガンが肩を負傷し、番組を休まざるを得なくなりました。この怪我により、彼女とラクエル・ロドリゲスはWWE女子タッグチームのタイトルを明け渡すことになりました。 モーガンは6月23日放送の『WWE・スマックダウン』でテレビに復帰し、ロドリゲスと再会して当時のWWE女子タッグ王者ロンダ・ラウジー&シェイナ・ベイズラーと対決しました。 5月の帰国前にトロント・サン紙のインタビューに応じたモーガンは、 「おそらくあと4週間は外出するだろう」 と語っていましたが、6月24日のライブイベントでリングに復帰しています。 モーガンは 「初めての怪我なので、最初のうちは間違いなく劇的だった。傷つくことに慣れていないし、休みを取ることにも慣れていませんが、一度行くと止まらないので、この休みに感謝しながら、持っている間は楽しむようにしています。」 モーガンはロドリゲスと組み、WWEマネー・イン・ザ・バンクでラウジー&バズラーと対戦します。 Fightful

AEW:AEW x NJPW Forbidden Doorのバックステージにクリス・ヒーローの姿??今後はAEWの裏方として参加か。

イメージ
  クリス・ヒーローはAEW x NJPW Forbidden Doorのバックステージにいましたクリス・ヒーローは、 「#ForbiddenDoorでちょっとしたコーチングをしているだけ」 というキャプション付きで、アナウンサーのクリス・チャールトンと一緒に写っている写真をソーシャルメディアに投稿しました。 Just doing a little coaching at the #ForbiddenDoor pic.twitter.com/b19LYU7JzS — Chris Hero (Is Back) (@ChrisHero) June 26, 2023 Fightful Selectは6月17日にヒーローに関する以下のレポートを公開しました。Fightful Selectが入手した情報によると、クリス・ヒーローは少なくともバックステージではオール・エリート・レスリングに参加する可能性があると見られています。今夜シカゴで行われるAEW Collisionデビュー戦の舞台裏で、同社と試験的に協力する予定だと聞いています。 ヒーローは引退したわけではなく、現在はウェスト・コースト・プロの仲人を務めていると以前語っていました。 Fightful

AEW:『ファイナル・カウントダウン』の使用は一回10億ドル??AEW x NJPW Forbidden Doorでのブライアン・ダニエルソンの入場はトニー・カーンのアイデアだったと明かされる。

イメージ
  トニー・カーンは、将来のある時点でファンが再びAEWで 「ファイナル・カウントダウン」 を聴くことができるかもしれないとからかいます。 6月25日、スペシャルドリームマッチでオカダ・カズチカと対戦したブライアン・ダニエルソンがAEW x NJPW Forbidden Doorのヘッドラインを飾りました。ヨーロッパの 「ファイナル・カウントダウン」 を楽曲として使用するダニエルソンの登場自体が特別な瞬間でした。この曲は『リング・オブ・オナー』での在職以来初めてクラシック曲を使用しました。 AEW x NJPW Forbidden Doorのポストショー・メディア・スクラムの最中、ダニエルソンはこの曲の使用について尋ねられたが、彼はその曲を要求すらしなかったと述べました。代わりに彼は、カーンがそのアイデアを思いついたと述べました。 「彼らは1回のプレイで10億ドルを要求しています (笑) 。正直言って、頼んでもいません。トニーがそのアイデアを思いついた。本当にかっこいいと思いました。出かける直前にちょっと腹が立って、『ファイナル・カウントダウン』の演奏が聞こえてきた。文字通り笑顔になりました。『Ring of Honor』で最後に披露して以来、この曲を聴いたことがないと思うのが当然だ」  スクラムの後半で、カーンはペイ・パー・ビューの 「ファイナル・カウントダウン」 を得るプロセスについて尋ねられた。彼はこの曲は高価な曲だと述べており、以前からこの曲に取り組んでいました。カーンは、レスラーの契約と同じくらい高額な1回限りの興行契約でしか手に入れることができなかったが、それだけの価値があると思ったと述べました。 「とても高価な曲だよ、ファイナル・カウントダウン。ペイ・パー・ビューに向けてしばらく取り組んでいたのは、素晴らしい瞬間であり、試合に特別なものを与えると信じていたからだ。ファイナル・カウントダウンといえばブライアンがいつも連想されるし、オカダ対ダニエルソンでみんなが欲しがっていたピースをみんなが欲しがっていたのは、このケーキの上に乗ったチェリーだと思ったんだ。ファイナル・カウントダウンには興奮しましたが、1つのショーの契約しかできなかったようなものでもありました。非常に高額な一夜限りのもので、レスラーの契約と同じくらい高額だったが、それだけの価値があり、ショー

AEW:ウィロー・ナイチンゲールがジュリアのNJPW STRONG女子王座への挑戦を受諾!!

イメージ
  ウィローは挑戦を受け入れます。 6月25日のSTARDOM SUNSHINE 2023で、ジュリアは海外に出てNJPW STRONGに出場したいと発言しました。また、現役NJPW STRONG女子チャンピオンのウィロー・ナイチンゲールと対戦したいとも語りました。 NJPW x AEW Forbidden Doorに続いて投稿されたビデオで、Willowは挑戦を受け入れました。 「Forbidden Doorの朝起きて、AEW世界女子選手権でトニ・ストームと対戦する準備をしていたが、Twitterにログインしてジュリアの発言を見たの。新日本STRONG女子チャンピオンになることは、私にとって非常に大切なことであり、心の底から大切なことだし、もちろん、最高の人たちに対してそれを守りたいと思ってる。私はここアメリカではよく知られていますが、日本の女子レスリング界について何か知っている人なら、ジュリアが誰なのか正確に知っています。だからジュリア、君の挑戦を聞いているよ、君とケンカして、日本のファンにウィロー・ナイチンゲールの本当の姿を見せられるのを楽しみにしているよ」  Fightful

Wrestling:カイリー・レイは2024年4月に復帰を予定、今年4月にイサイアス・ベラスケスとの間に子供が出来たことを発表

イメージ
カイリー・レイはすでに正方形のリングへの復帰を計画しています。 カイリーは4月、パートナーのイサイアス・ベラスケスとの間に子供が生まれることを発表しました。The Wrestling Perspective Podcastのデニス・ファレルは、妊娠後の彼女のキャリアについて、彼女のキャリアに関するゲームプランがあるかどうか、そしてそれは彼女が望む場所であるかどうかを考えているか、カイリーに尋ねました。 カイリーは 「妊娠に関して言えば、これも初めての出産です。だから、2ヶ月の回復期間を撮影していたのは、ちょっと世間知らずだったと思います。半年くらいだと聞いています」  7年のベテランである彼女は、今でも週に1回はトレーニングをしているといいます。 「まだレスリングをやりたいのはわかっている。私は今でも週に1回はトレーニングに行き、ウォーミングアップやできる訓練をしています。他の人とスポットやドリルをするとは限らないし、それは事故が起こりうるからだ;神は恐ろしいことが起こることを禁じている。私は自分のできることを絶対に制限していますし、腹がここまで出てくるとそれはもっと減るでしょうし、もう前に進むことはできません。私が一貫してトレーニングを信じているのは、何をしていても使わないと失うと思うからです。妊娠期間を通して、それが理にかなっているなら、あまり多くを失わないようにしています。私はそのセットドリフトにしがみついている。楽しみ、成長し、学び、努力し続けるだけでいいと思います。正しい間違いを言うのではなく、自分が犯した間違いから学びたい」 と語りました。 カイリーは1月にリングに復帰したいと考えているが、最近になって子供ができてから二か月では不可能であることを知り、2024年4月の復帰を希望している。 「未来は予測できない。何が起ころうと、私はまだレスリングを愛していることを知っているし、おそらくいつもそうするだろう。できる限り続けていきたいと思います。私は当初、1月にワーキングマッチに復帰したいと言っていたが、それは不可能だと聞いている。だから2024年4月に向けて調整しています。そしておそらく赤ちゃんはそこから何が起こるかに足を踏み入れるだろう」  「言っていいのかわからないけど、私はちょっと、責任とは言いたくないけど、助けが必要なときや圧倒されたときに手を差し伸

AEW:イギリスで開催予定のAll In2023が6万6500枚のチケットを売り上げ、2016年のレッスルマニア32以来の大記録に!?

イメージ
 AEW All Inはプロレス業界の記録を塗り替え続けています。 デイブ・メルツァーは最新のWrestling Observer Newsletterで、現在All Inは、ウェンブリー・スタジアムから始まる同社の最初の英国イベントのために約835万ドルのゲートで販売された66,500枚のチケットであると報告しました。その結果、プロレスイベントの有料入場者数としては、WWEがテキサス州ダラスのAT&Tスタジアムで開催した 「WrestleMania 32」 以来の記録となりました。 議論の余地があると言う人もいるかもしれませんが、2016年のWWEの発表によると、入場料1730万ドルで入場者数101,763人を記録し、1987年のレッスルマニアIIIの入場者数記録を更新しています。WWEは2022年にAT&Tスタジアムに戻ってWrestleMania 38を開催したが、これは二夜に渡るイベントとなりました。第一夜は77,899人、第二夜は78,453人を動員し、総入場者数は156,352人でした。 All Inは、AEWが2019年に設立されて以来、最も多くの人が参加したイベントになる予定です。それまでの最高観客動員数は2021年、ニューヨーク市のアーサー・アッシュ・スタジアムで開催された「AEWダイナマイト:グランドスラム 」での推定20,177人でした。そのエピソードでは、ブライアン・ダニエルソン対ケニー・オメガとブリット・ベイカー対ルビー・ソーホーが、その夏のいくつかのメジャー・デビューに続いて登場しました。 AEWの2番目に観客数が多かったショーは、2022年に新日本プロレスと共同でプロモーションしたペイ・パー・ビューのForbidden Doorでした。この出来事はシカゴのユナイテッド・センターから発信されました。 この記事の執筆時点では、AEWはウェンブリー・スタジアムでの英国デビュー戦の試合を発表していません。ファンは今週の日曜日にトロントで行われる2回目のForbidden Doorイベントに続いて、トップストーリーの方向性を知ることが期待できます。 Wrestling Inc

STARDOM:何故Forbidden Door2にSTARDOMの選手はラインナップされなかったか、AEWのCEOトニー・カーンが明かす「重要なのは日付を見つけること」

イメージ
  トニー・ストーム vs ウィロー・ナイチンゲールを含む、AEW x NJPW Forbidden Doorカードのほとんどが発表されたことで、イベントに参加するSTARDOM選手への扉は永久に閉ざされたように見えました。当初、このスーパーショーにSTARDOMが出演するという噂がありましたが、イベントが近づくにつれてそのニュースは遠くなり、ビザの問題からSTARDOMのタレントが出演するかどうかについても議論されてきました。 木曜日の午後、Forbidden Doorのメディアとの電話会議で、AEWオーナーのトニー・カーンはスターダムのタレントが番組に出演しないことについて質問されました。カーンによると、すべてはスケジュールの問題だと明かされました。ただし、彼はすぐに、どこかでSTARDOMと協力したいと言っています。 「イベントを並べたとき、STARDOMが『Forbidden Door』と同じ日にイベントを予定していたことを知りました。彼女たちがこのショーに参加することを非常に困難だと思ったし、私はプロモーターとしてそれを完全に理解している。将来的にはもっとSTARDOMと一緒に仕事をしたいと思っています... STARDOMが一緒に仕事をすることに興味を持っていることは理解しています。重要なのは日付を見つけることです」 。 STARDOMは、Forbidden Doorと同日にショーを行い、東京・国立代々木競技場第二体育館でStardom Sunshine 2023を行います。カードには元WWEのスター選手であるKAIRIが登場し、ヘッドラインはLoser Leaves Unitのスティールケージでの12人の女性タッグマッチが行われます。 Wrestling Inc

新日本:Forbidden Door2前最後のAEW Dynamiteをなんと当日夜にNJPW Worldで太っ腹放送!!実況解説、村田、元井の布陣で日本語実況付きの大盤振る舞いが決定!!

イメージ
 新日本プロレスのファンの中には、今週の日曜日に行われるAEW×NJPWの合同ペイ・パー・ビューを前に、簡単に追いつく方法があるようです。 NJPWは、水曜日の 「AEWダイナマイト」 をNJPW Worldで日本の加入者向けに放送することを (Twitterで) 発表しました。番組では日本語による解説が行われ、村田アナと元井氏が明日のアクションをコールします。 ※アメリカでの本放送は日本時間朝9時から、NJPW Worldでは夜7時から日本語実況にて放送。FITE民は朝から反応してるのでネタバレを踏みたくない人はTwitterを閉じておくのが良いと思われる。 来週6/22(木)1️⃣9️⃣時より《生配信》決定! #AEWxNJPW #ForbiddenDoor 直前 AEW Dynamite をみんなで見よう! 現地時間6/21(水)放送の【 #AEWDynamite 】#23-25 を日本語実況版として放送当日にお届け! ※ 実況:村田アナ 解説:元井さん ※ 日本語字幕は付きません #AEW #NJPW #njpwworld pic.twitter.com/hqsd90UDbP — njpwworld (@njpwworld) June 15, 2023 特にNJPWファンは、NJPWの長年のスター鈴木みのるが活躍することになっている明日の 「ダイナマイト」 に興味があるかもしれません。彼はクリス・ジェリコとサミー・ゲバラと組んで、アクションアンドレッティ、ダリアス・マーティン、ARフォックスと対戦する予定です。 また、ブライアン・ダニエルソンが 「ダイナマイト」 に出演し、対戦相手のオカダ・カズチカと言葉を交わします。ダニエルソンと対決するためにオカダが現れるかどうかは未知数だが、確かにその可能性は高いと思われます。 報道によると、ケニー・オメガとヤング・バックスは今週の番組には出演しませんが、現在のストーリーを進めるためにプレテープで特集されます。「ダイナマイト」 への出演はまだ発表されていないが、CMパンクは明日も出演する見込みだと報じられています。 今週末のForbidden Doorでは、今年のWrestle Kingdomからの再試合でオメガ対ウィル・オスプレイが行われるほか、期待されていたダニエルソン対オカダ・カズチカが予定されていま

AEW:今週のDynamiteでブライアン・ダニエルソンがオカダ・カズチカを呼び出す??Forbidden Door2前最後のテレビ放送にオカダは現れるのか??

イメージ
  Forbidden Doorに先駆けてAEWにオカダ・カズチカが出演するかもしれません。 AEWは、ブライアン・ダニエルソンが今週水曜日のダイナマイトでオカダを呼び出す、と発表しました。エピソードはシカゴで行われ、Forbidden Door前の最後のDynamiteです。 TOMORROW at Wednesday Night #AEWDynamite , @bryandanielson will call out @rainmakerXokada live on TBS, ahead of the historic Okada vs Danielson Dream Match at #ForbiddenDoor on PPV THIS SUNDAY! Don’t miss Wednesday Night Dynamite LIVE on @TBSNetwork at 8pm ET/ 7pm CT TOMORROW! pic.twitter.com/Msh8upd47b — Tony Khan (@TonyKhan) June 20, 2023 Wrestling Observer

AEW:明日のDynamiteにヘルニア手術から復帰のエディ・キングストンが登場!!KENTAの王座に挑戦&G1出場決定の世界で一番熱い夏に向けて何を語る??

イメージ
 4月に行われたRing of HonorのSupercard of Honorでクラウディオ・カスタニョーリに敗れて以来、ヘルニア手術を行っていたエディー・キングストンはAEWやROH TVからほとんど姿を消していました。 しかし、自称 「マッドキング」 は、失われた時間を取り戻す準備ができており、キングストンの既知の敵の多くに対処することを意味すると言えます。そして、AEWの火曜日の午後のTwitterによると、キングストンは水曜日の夜に"Dynamite"することを宣言しています。 「先週AEW Dynamiteで復帰し、シカゴのWednesday Night Dynamite LIVEでMad King Eddie Kingston TOMORROWからのメッセージをお届けします!」 After making his return last week on #AEWDynamite , we will hear from Mad King #EddieKingston TOMORROW on Wednesday Night Dynamite LIVE from Chicago! Don’t miss Wednesday Night #AEW Dynamite TOMORROW at 8pm ET/ 7pm CT LIVE on @TBSNetwork ! pic.twitter.com/XpHFQgtBib — All Elite Wrestling (@AEW) June 20, 2023 キングストンは、水曜日の"Dynamite"でBlackpool Combat ClubがThe Eliteに敗れた後のカスタニョーリへ乱入し、AEWに復帰しました。キングストンは、旧友でありライバルでもあったジョン・モクスリーと対面する前に、さらに因縁深いカスタニョーリをレイアウトしました。エリートはキングストンとの間で事態がエスカレートする前にモクスリーを攻撃し、竹下幸之助はキングストンをレイアウトするために駆け下り、直後にケニー・オメガとウィル・オスプレイが登場する、怒涛の展開の中で行われました。 キングストンの復帰は、AEWとROHのスター選手たちにとって忙しい夏の幕開けとなり、彼は再びAEWとROHのテレビ界から姿

AEW:AEW CollisionでのCMパンクの大演説にバックステージのケージはガタガタ音を立てたとFightfulが報じる、"ソフト"発言は尾を引くか??

イメージ
  CMパンクは先週の土曜日の夜、イリノイ州シカゴで行われた 「AEW Collision」 の初回放送でオール・エリート・レスリングに復帰しました。Fightful Selectによると、放送開始時にパンクのプロモーションによって 「ケージがガタガタ音を立てた」 と伝えています。 この記事では、パンクがマイクに巻かれていたAEWキューブを外したことに、舞台裏の人物が注目していたと指摘しています。パンクは以前、スタンフォードのプロモーションで働いていたときにWWEのマイクキューブを使ってこのようなことをしていました。パンクが 「出るべきものを出している」 と感じる人もいれば、「ハングマン」 アダム・ペイジとの関係が露呈した後、ロッカールームにいる一部のファンに人気のある選手に関して 「へなちょこ(ソフト)だ」 とコメントしたのは偽りがないと考える人もいたといいます。なお、パンクとペイジの間には秘密保持契約は結ばれていませんが、パンクとThe Eliteには、現実に起きたとされる口論に関して秘密保持契約が適用されています。 (ペイジとパンクはパンクが離れる直前、ストーリーがあったが、ペイジが試合中に誤って怪我をさせたところから、パンクが強い恨みを持っておりかなり関係が良くない) カーテンの向こう側の人々が注目したパンクのプロモーションのもう一つの台詞は、彼が自分のことを 「ワン・ビル・フィル」 と呼んだことです。内部では、五年間で10億ドル前後と噂される「ワーナー・ブラザース・ディスカバリーとの包括的なAEW放送契約の可能性 」のことを指しているのではないかと推測されていると同報告書は述べています。リングの真ん中で行われたパンクの「偽造バックス( counterfeit bucks )」 発言に関しては、ザ・ヤング・バックスが軽い気持ちで受け止めたことが示唆されている。 パンクはイリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナで今週放送される 「AEWダイナマイト」 に出演すると噂されており、新日本プロレスのKENTAと今週末のペイ・パー・ビュー 「AEW x NJPW Forbidden Door」 で対戦する可能性が報じられています。 Wrestling Inc

AEW:新作モバイルゲーム「AEW:Figure Fighters」は24年リリース!!フィギュアになったAEWのレスラーが3Dアニメーションで試合!?Eメール登録受付中

イメージ
All Elite WrestlingとWarner Bros.Discoveryは、新しいモバイルゲーム 「AEW:Figure Fighters」 を発表しました。このゲームは2024年にリリースされる予定です。このゲームは無料でプレイでき、3 DアニメーションでAEWのレスラーたちがリング上で戦います。 AEWおよびWBDから: Warner Bros.Discovery SportsとAEWは新しいカジュアルモバイルゲーム「AEW:フィギュアファイター」の開発を発表した。この無料ゲームはAEWのレスラーたちがリング上で戦う3 Dアニメーションバージョンが提供され、ファンはファンダムを拡大して番組を愛することができる。ファンは好きなレスラーを集めてレベルアップしたり、さまざまなゲームモードでプレイしたり、数々のチャレンジをこなしたりできる。 このゲームの開発は、Immutable Xとの継続的なパートナーシップに支えられ、ゲームにおける革新へのWBD Sportsのコミットメントを促進する。 「AEW:フィギュアファイター」は開発初期段階にあり、2024年のリリースを予定している。 www.AEWFigureFighters.com で最新の更新プログラムとお知らせにサインアップしてください。 Fightful

AEW:メルツァー曰く、今週のDynamiteにもCollisionにもケニー・オメガの生出演はなし!!Collisionの会場は翌日Forbidden Doorの開催地と同じだが……………??

イメージ
デイブ・メルツァーによると、今週水曜日のAEW Dynamiteにも土曜日のAEW Collisionにも、ケニー・オメガは生出演しないとのことです。 今週水曜日のショーはイリノイ州シカゴのウィントラスト・アリーナから発信され、土曜日のショーはカナダのトロントのスコシアバンク・アリーナ (日曜日のペイパービュー、Forbidden Doorと同じ会場) で行われます。 先週のダイナマイトの最後で竹下幸之助にリベンジしようとしていたところをオスプレイに奇襲されています。 Wrestling Observer

WWE:ベイリーの中にはまだNXTのベビーフェイスの頃の感情が??The Bumpのインタビューで真相を明らかに。

イメージ
  ベイリーはここ数年、ヒールの仕事で多くの賞賛を得てきましたが、彼女の 「ハガー」 のギミックを楽しんだファンにとって、この話題はうれしい驚きかもしれません。ベイリーは最近の『The Bump』のインタビューで、自分の悪役の中にハッピーゴーラッキーな性格の要素がまだ残っていることを強調し、将来のある時点で時計を戻す予定であることを示唆しました。 「深いところにまだ私を突き動かし、押してくれる小さな部分がある。私の心の中には、年老いて不機嫌だからこそ、すべてに価値があると言う小さな部分があります。私を信じず、私を見ることもできず、私が必要なものを持っていないと思っているこれらの愚か者にとって、私はこの無意味なことのために年を取りすぎている」  「だけど、あの古いNXTベイリーの小さな欠片がそこにあって、『大丈夫だよ、おい。それだけの価値はある。これが君の夢だ。続けて、10歳の時にやろうとしたことをやりなさい。』」 ベイリーの最終的な動機は変わらず、競争相手を昇格させ、彼女が見つけたよりも良い状態で業界を去ることです。多くの人は、WWE初の女子グランドスラムチャンピオンはすでに成功していると主張するでしょう。 34歳の彼女は2度目のマネー・イン・ザ・バンク優勝という形で、帽子にもう一つの羽を付けようとしています。7月1日、ベイリーとDamage CTRLの仲間であるイヨ・スカイは、ベッキー・リンチ、ゾーイ・スターク、ゼリーナ・ベガ、そしてまだ明かされない参加者と、このつかみどころのないブリーフケースを狙います。このブリーフケースを調達することで、6人の女性のうちの1人が、新たに考案されたWWE女子世界選手権とWWE女子世界選手権を追求できるようになります。 WRESTLING INC

WWE:故ウマガの息子がブッカーTの団体でプロレスデビュー!!"BloodLine"などをタグ付けして、アクションを予感か?

イメージ
故ウマガの息子であるジラ・ファトゥはテキサス州ヒューストンのブッカーのリアリティ・オブ・レスリングでトレーニングを積んでおり、7月15日のROWサマー・オブ・チャンピオンズで正式にプロレスデビューします。ブッカーは自身のツイッターでファトゥのデビューに対する意気込みを語り、 「BloodLine」 や 「SamoanDynasty」 というハッシュタグをつけて、ファトゥにWWEでのキャリアを準備させることが目標であることをほのめかしました。 ‼️ The Debut of Zilla Fatu ‼️ Saturday, July 15th in Humble, Texas at the Humble Civic Center come see the must anticipated debut of @Zillafatu !! #SummerOfChampionsIX #BloodLine #SamoanDynasty 8233 Will Clayton Pkwy Humble, TX 77338 🎫 Tickets 🎫 https://t.co/UZFA0DCNEi pic.twitter.com/8nHLfLi26C — Booker T. Huffman (@BookerT5x) June 20, 2023 7月15日のイベントには、ファトゥの他にも 「WWE NXT」 のスーパースター、トリック・ウィリアムズ、WWE卒業生のアリシア・フォックス、ベテラン審判のニック・パトリックらも出演が決まっています。 ファトゥがWWEの 「The Bloodline」 に参加するというアイデアは想像できないことではありません。最近になってウーソズが脱退して以来、ファンの間ではローマン・レインズとソロ・シコアが新たなメンバーを加える可能性が浮上しており、MLWのスターであるジェイコブ・ファトゥとランス・アノアイ、NJPWのスターであるタマ・トンガとタンガ・ロア、さらにはRikishiのもう一人の息子であるサミコ T.ファトゥまでもがBloodlineのメンバー候補として挙がっています。さらに、The Rockの娘であるエイヴァ・レインは、現在 「WWE NXT」 ブランドの一員であり、最終的にはThe Bloodlineのメンバーとしてメインメンバーに招集され

WWE:プエルトリコでのSmackdownとBacklash、入場売上で100万ドル突破!プエルトリコでの初のテレビ生中継イベントを成功に

イメージ
 WWEがプエルトリコを席巻してからまだ1週間しか経っていません。先週の金曜日と土曜日に SmackDownとBacklashを開催し、プエルトリコのファンを大いに喜ばせました。そして、それらのファンは、週末の間にWWEが大金を稼ぐのを助けたようです。 WWEはプレスリリースで、 SmackDownとBacklashが共に100万ドルのゲートを稼ぎ出したことを明かしました。SmackDownは14,282枚のチケットが売れて1048000ドルを稼ぎ、Backlashは15,145枚のチケットが売れて1447000ドル以上を稼いだと発表しました。WWEによると各番組の観客動員数はそれぞれ16,496人と15,552人に達し、使用料を差し引いた純売上高はそれぞれ1.016ドルと1404000ドルを超えたとのことです。 Backlashは2005年1月のNew Year's Revolution以来となる、プエルトリコでのWWE PLEまたはペイ・パー・ビューの開催を代表して、WWEのためのプエルトリコ旅行を成功させたといえます。さらに、これまでプエルトリコではテレビ中継されないライブイベントしか開催されておらず、最後のイベントが行われたのは2021年10月だったため、Smackdownの生中継はこの種のWWEのイベントとしては初めてのことでした。 SmackdownとBacklashは、主にプエルトリコ出身のタレントを中心に作られており、ゼリーナ・ベガは『スマックダウン』の女子タイトルでレア・リプリーに挑戦して失敗し、ダミアン・プリーストはプエルトリコ出身のレコーディング・アーティスト、バッド・バニーとサンファン・ストリート・ファイトと呼ばれるバックラッシュの名勝負で戦いました。この試合には、プエルトリコのレスリング界の伝説とされるカリートとサビオ・ベガの元WWEタレント2人が出場しました。 Wrestling .Inc

AEW:PoPのサンタナ、膝を怪我して欠場中だが、AEWでの復帰は暗雲??過去には契約が来れるまでのカウントダウンを行っていたことも

イメージ
  2019年にAEWと契約した最初の偉大なタッグチームの一つであるProud and Powerfulは、昨年のBlood and Guts戦でサンタナが膝に重傷を負って以来、活動を停止しています。オーティズはAEWとリング・オブ・オナーのテレビ中継で散発的に試合を続けていますが、タッグパートナー同士の関係はぎくしゃくしているようで、サンタナが怪我から回復した時に何をするのか、プロレスに復帰してもAEWに残るのか疑問視する声も多いです。 Fightful Selectの最近の報道によると、少なくとも現時点では、サンタナはAEWとの契約を継続しているようです。サンタナは現在も同社に在籍しており、負傷していた期間の支払いを受けています。これは、負傷を前にしたサンタナの士気を知る多くのファンにとって驚きかもしれません。元Inner Circleメンバーは、AEWとの契約が切れるまでの数日をカウントダウンしているように見えましたが、その後ツイートは削除され、昨年6月には活動停止となっています。 現在はまだトニー・カーン率いる会社の一員であるにもかかわらず、最終的に完全に回復した時にサンタナが会社に残るつもりなのかどうかは不明です。Fightfulはまた、サンタナの契約は昨年末に切れる予定でしたが、怪我に対処するために彼が不在だったために延長された可能性が非常に高いと報じています。 トニー・カーンは昨年夏以降、サンタナの負傷について公に声明を出していませんが、ファイトフルは、AEW社長が負傷したレスラーに対して契約の性質にかかわらず支払いを続けるという方針に関して一貫していることを示唆しています。 Wrestlling Inc

WWE:やはり新しいタレントの雇用は凍結中?トリプルHはニック・アルディス、タマ・トンガ、ブライアン・ケイジらとの契約を画策していた模様

イメージ
  Fightful Selectは、WWEと新しいタレントの雇用に関する舞台裏のニュースを共有しました。この記事によると、Fightfulと話をしたタレントは、同社が 「雇用凍結」 を経験していると主張しています。というのも、今年に入ってからこれまでのところ、このプロモーションでは主要な登録タレントを採用していません。 Fightfulと話をした情報筋は、ビンス・マクマホンの復帰と売却の話は、いわゆる 「凍結」 の背景にあるいくつかの理由に過ぎないと推測しています。WWEの売却は4月3日に正式に行われ、プロモーションはアリ・エマニュエルのエンデバー・グループによって購入されました。販売後、マクマホンは再び創造性を取り戻したようで、今週初めに報じられたように、彼は今週放送された『WWE・ロウ』に 「個人的に深く関わっていた」 ため、番組が始まるわずか数分前に脚本の書き直しを望む結果となりました。 FightfulはトリプルHが元NWA世界王者ニック・アルディスの加入を希望していると伝えられたが、タマ・トンガやブライアン・ケイジといった名前を含む他の候補者と同様に、マクマホンがWWEの会長に復帰した直後から 「蚊帳の外」 に置かれていました。 ジェームズ・キンボールの解雇は、WWEが興味を示した数人が連絡を取らなかったもう一つの理由でした。Kimballは、2月に非公開の人事違反で解雇されるまで、WWEのタレントオペレーションおよび戦略担当上級副社長を務めていました。 Wrestling Inc

AEW:ウィル・オスプレイが8月開催のイギリス・ウェンブリー・スタジアムへの出場を伺う?「どこへ行ってもイギリスの旗を掲げる男として機会があることを願う」

イメージ
  ウィル・オスプレイはウェンブリー・スタジアムでAEW All Inに興味を示しています。 4月5日放送のAEW Dynamiteの中で、オール・エリート・レスリングは8月27日にウェンブリー・スタジアムでAEW All Inを開催し、イギリスでデビューすることを発表しました。ウェンブリー・スタジアムには最大約9万人のファンが収容でき、このニュースは同社にとって大きな転機となりました。 オスプレイはDark Puroresu Flowsionとの対談で、ウェンブリー・スタジアムでのAEW All Inへの関心について尋ねられました。 「俺はふらっと入ってくる男。世界中の全ての人々とその素晴らしいクルーに愛を。どこへ行っても [イギリス] の旗を掲げる男の一人としての機会があることを願っている。そうすることで、ついに父が誇りに思えるようになるだろう」  オスプレイは2022年を通じてAEWの番組に何度も出場しました。他にもAEWダイナマイトでダックス・ハーウッドとシングルマッチで対戦したり、AEW x NJPW Forbidden Doorでオレンジ・キャシディを相手にIWGP全米王座を防衛しています。 元IWGP全米王者は3月13日のニュージャパン・カップで肩を痛め、現在欠場中。トニー・カーンは、オスプレイは怪我をする前にROH Supercard of Honorに出場する予定だったと語っています。 Fightful

AEW:鈴木みのる、近い将来、クリス・ジェリコとの試合を模索??過去にジェリコも鈴木と日本で試合がしたいと熱望していた

イメージ
  鈴木みのるは今でもレスリングを愛しています。 彼はレスリング界で最も装飾され尊敬されている伝説の一人であり、もう一人の装飾され尊敬されている伝説とのシングルマッチを模索しています。Wrestling With Honorでの取材で対戦したい相手はいるかとの質問に答えました。 「まだたくさんいると思う。だが、近い将来、クリス・ジェリコと戦えることを願っている」 AEW×NJPW Forbidden Doorでジェリコ、サミー・ゲバラと組み、エディ・キングストン、海野翔太&ウィーラー・ユウタ組を破りました。ジェリコは以前、日本で鈴木と対戦したいと語っていました。 インタビューで、鈴木はIWGP世界ヘビー級チャンピオンになるという目標をまだ持っているかと聞かれました。 「もちろん、俺はまだIWGPを目指している。それが新日本プロレスで戦い続ける理由の一つだ」  IWGP世界ヘビー級タイトルは現在、オカダが保持しています。鈴木はNEVER無差別級6人タッグチャンピオンをエル・デスペラード&成田蓮と組んでいます。 Fightful

AEW:スカイ・ブルーがALL ELITE!!AEWと正式な契約に!現在はペイジ、トニー・ストームらOutcastsと抗争中!

イメージ
  スカイブルーはオールエリート。 トニー・カーンは、スカイブルーが正式にAll Elite Eliteと契約したことを発表しました。 彼女はAEWオリジナル対ペイジらOutcastsのストーリーラインでオリジナルと関係しています。 テレビ中継された最新の試合は3月22日放送のAEWダイナマイトで、トニ・ストームに敗れました。 Fightful

WWE:UFC代表ダナ・ホワイトがエンデバーによるWWE買収について語る「ニューヨークでマクマホンに会った時、エンデバーとのビジネスについて知りたがっていた」

イメージ
  プロレス界のトップニュースは、エンデバーが所有する新たに設立された会社の屋根の下で、WWEとUFCを統合するという合意のニュースが続いています。週が進むにつれ、より多くの情報が明らかになり、金曜日には、UFC代表のダナ・ホワイトが以前よりも詳細に交渉に加わりました。土曜日夜に行われたUFC 287のペイ・パー・ビューを宣伝する番組 「The Pat McAfee Show」 に出演したホワイトは、合併について聞かれ、それがWWEの助けになると感じていることを明かしました。 「これは (EndeavorのCEOである)アリの素晴らしいところの1つであり、彼がなぜこれほど素晴らしいパートナーなのか、そしてなぜこれほど一緒に仕事ができるのかということです。彼が入ってきてUFCを買ってくれたし、彼らは私に残ってほしいと言ったし、アリはあなたにビジネスをさせてくれる人の一人だ。あなたがしていることをさせてくれる。前回ニューヨークでマクマホンと実際に会ったとき。彼らはエンデバーとのビジネスがどんなものか知りたがっていて、彼らに信じられないほど肯定的なことしか言えなかった。アリはあなたにビジネスを任せてくれる人の一人で、彼が必要なら電話を取って電話すれば、彼は何でもできる」  ホワイトは、合併によってUFCが大きく変わるとは考えていないが、ライセンスやスポンサーシップなどの分野に関してはエンデバーのコネがWWEに利益をもたらすと付け加えました。ホワイトはまた、エンデバーがUFCで行ったように、この種の取引は 「WWEを次のレベルに引き上げる」 ことができると強調し、特にエンデバーが過剰に支払った買収時の世論のコンセンサスと比較して、彼の会社の価値が劇的に上昇したことを挙げました。 Wrestling Inc

WWE:衝撃のレスナー暴走はビンスの強権ではなく、一ヶ月前から予定されていた?しかし、RAWの評価は非常に低いものに。

イメージ
先週の今頃、ほとんどの人はコーディ・ローデスがレッスルマニアの週末を世界一で終えると考えていました。しかし、WrestleMania 39のメインイベントでローマン・レインズに敗れ、続いてゴムチキンを投げつけられ、翌日の夜には 「WWE Raw」 でブロック・レスナーに大破させられました。レスナーの殴打事件は、2人の間のプログラムの始まりであり、現在進行中のものです。 Fightful Selectは、このプログラムが今週の 「Raw」 の少なくとも1ヶ月前から計画されており、実際には両者は常に反目する予定だったと報じています。その結果、ローデスが関わっていたいくつかの計画はこの月曜日に変更されましたが、レスナーとローデスの確執はその結果ではなく、 「Raw」 でクリエイティブに戻ったビンス・マクマホンが非常に敵対的な反応を示したことによるものではありませんでした。 さらに、レスナー自身がこれらの計画を少なくとも1ヶ月前からよく知っていたことも注目されました。実際、元WWEチャンピオンは、ヒールターンの兆しを示すために、その間にプレゼンテーションを変更していました。レスナーの行動に加えられた変更の中には、 「野獣の化身」 が、オモスとの対決の前にオモスから手を引くなど、WrestleManiaに向けたライバル関係の中で、特定のセグメントでオモスとの関わりを拒否することが含まれていました。多くの関係者は月曜日よりずっと前に方向性を知っていたようです。 Wrestling Inc