投稿

2023の投稿を表示しています

AEW:Dynamiteでジェイ・ブリスコ追悼マッチ開催!マーク・ブリスコがジェイ・リーサルとシングル!ワーナーの新たなトップがブリスコの出場に許可を出した模様。

イメージ
  日本時間1月26日放送の『AEWダイナマイト』で、マーク・ブリスコが亡き兄のジェイ・ブリスコーへのトリビュートマッチでAEWデビューすることになりました。 悲劇的なことに、プロレス界は2023年1月17日火曜日、ジェイ・ブリスコ (ジャミン・ピュー) を交通事故で失いました。 ジェイの弟マークは1月25日にAEW Dynamiteでデビューする予定で、リング・オブ・オナーにおける兄の最も重要なライバルの一人であるジェイ・リーサルと対戦します。 トニー・カーンはこの試合をツイッターで発表し、リング・オブ・オナーの元世界チャンピオンへの敬意を表したものと見られると述べました。 Tomorrow 1/25 Lexington KY Live on TBS 8pm ET/7pm CT Wednesday Night #AEWDynamite Mark Briscoe vs Jay Lethal Requested by both men to celebrate the life + legacy of the late great Jay Briscoe on his 39th birthday, his longtime friend/rival Jay Lethal vs his brother Mark Briscoe pic.twitter.com/uzeQ0L4t5h — Tony Khan (@TonyKhan) January 24, 2023 ジェイとマーク・ブリスコはトニー・カーンとリング・オブ・オナーと契約していたにもかかわらず、AEWテレビに正式に出演することはありませんでした。FightfulのSean Ross Sappは、ワーナーブラザーズディスカバリーの新しいボスがAEWにマーク・ブリスコの予約を許可したと報じました。亡くなった翌日のDynamiteでは、番組開始時にジェイの写真が表示された以外は、選手が喪章をつけたり、技を見せたりするだけに留まっていましたが、これはワーナー・ブラザーズの意向だとトニー・カーンが明かしていました。一方で、ROH名義でトリビュートショーを撮影しており、この時にもこのショーの続きがあることを示唆しており、この試合はそれに当たると考えられます。 Fightful

AEW:Dynamiteでのジェイ・ブリスコへの反応はワーナーメディアへの意向を含んでいた模様、放送後のトリビュートショーはROH解説陣を緊急招集して対応した

イメージ
  火曜日の夜、ジェイ・ブリスコの悲劇的な死を受けて、AEWとROHオーナーのトニー・カーンは、適切なトリビュートショーを行うためのブレインストーミングを始めました。しかし、PWInsiderは、放送パートナーのワーナーメディアが過去にジェイとマーク・ブリスコがAEWの番組に出演することを望んでいなかったため、昨夜のDynamiteでAEWができることは限られていたと認めました。 もしAEWが状況を完全にコントロールできていたら、ジェイ・ブリスコのためにDynamiteでもっと多くのことが行われていただろうと伝えられています。ワーナーメディアは10年前にジェイが同性愛嫌悪的なツイートをしたことで彼に対し乗り気ではなかったが、その後謝罪して反省の意を示し、エフィのようなLGBTQ+のパフォーマーからも尊敬されています。番組には試合が始まるとジェイへのトリビュートのグラフィックが含まれていた;ジェイに言及した腕章をつけたレスラー数人;とレスラーが彼の特徴的な動きをいくつか使用しています。 昨夜のDynamite後のジェイに捧げられたショーは、リング・オブ・オナーの古典的なイベントであり、ブリスコスが何度も戴冠を重ね、ホームと呼ぶプロモーションと同じように設定をされました。ROHの解説者であるイアンとコールマンは、番組の解説をするためにカリフォルニア州フレズノのビルに急送されました。ROHのリングアナウンサーであるボビー・クルーズなども連絡を受けたが、間に合いませんでした。 ジェイ・ブリスコのトリビュートショーは、間もなくWatchROH.comとYouTubeで公開されます。カーンは、ブリスコを祝うのはこれが初めてであるとライブの観客に語ったので、別のトリビュートショーが予定されているようです。 Wrestling Inc

AEW:Dynamiteの視聴率は10月26日以来の最高視聴率!しかし、1年前と比べると、主要視聴者層で30%もダウンの大ダメージか??

イメージ
  Wrestlenomicsは1月18日の視聴者情報を共有し、水曜日のエピソードの合計平均視聴者数は969,000人で、基本的には前週と同じですが、厳密には 「Dynamite」 の10月26日以来の最高視聴率です。 しかし、重要な人口統計学的観点から、ダウンしました。視聴率は0.31 P 1849で、18歳から49歳の平均視聴者数は402,000人でした。 Dynamiteは水曜日の夜のケーブルテレビのオリジナル番組で3位にランクインしました。ケーブルテレビで他を圧倒したのはESPNで放送された2つのNBAの注目試合の報道だけでしたが、 MTVの 「ザ・チャレンジ」 で1位を獲得しました。 昨年の同時期と比較すると、水曜日のDynamiteの視聴率は、番組全体の視聴率が数か月ぶりに最も高かったにもかかわらず、低下しています。昨年の『ダイナマイト』の平均総視聴者数は1,032,000人で、水曜日よりも六パーセント多かったです。主要な視聴者層はかなり落ち込んでおり、1年前のエピソードの視聴率は0.44 P 18-49で、昨夜よりも30%高くなっています。 Wrestling Inc

ROH:ジェイ・ブリスコの家族の容態に関する最新情報、家族へのドネーションのお願い(ショッキングな内容を含みます)

イメージ
  プロレス界は火曜日の夜、ジャミン・ピュー (ジェイ・ブリスコ) を38歳で交通事故で失うという悲劇に見舞われました。 水曜日、ジェイの妻アシュリーは車に乗っていた娘たちについても最新情報を提供し、グレイシーは背中の手術を受けており、ジェイリーは重傷を負っているが安定していると述べました。ジェイとアシュリーにはギャノンという息子もいます。 木曜日の夕方、ピュー家の友人たちは、グレイシーとジェイリーに関するアシュリーからの以下の最新情報を伝えました。 「現在、少女たちは安定していますが、二人とも回復までに非常に長い道のりがあります。12歳のグレイシーは当初ナンティコーク (病院) に入院した時、腰から下は何も感じられなかった。彼女はL 2脱臼と脊髄の圧迫による背中のL 3とL 4骨折と診断された。ナンティコークが彼女を安定させた後、彼らは彼女を別の病院に移送し、彼女は太ももに戻ったが、膝より下は何もなかった。」 「彼女は水曜日の午前3時頃にMRIと手術のためにまっすぐに運ばれた。医師は脊髄の圧迫を和らげることができ、手術は期待通りに進んだ。脊髄に外傷を負った場合、それは待ちのゲームとなる。腫れと外傷があるので、待たなければなりません。太ももの感覚は残っているが、まだ動きはない。グレイシーは今日、足がピリピリしていた。彼女の進歩は今後数ヶ月間、日々の基礎となるだろう。彼女はかなりひどい打撲を負っているが、現時点では他の怪我は診断されていない。」 「ジェイリーはナンティコークで脛骨と腓骨の開放骨折と診断され、手術を受けました。外固定器を装着し、彼女を病院に送り返した。彼女は首のC 7骨折と診断され、首の装具を装着されており、6週間装着される。また、背中にL 3とL 4の骨折があり、約12週間はバックブレースで管理できる。彼女はシートベルトから右鎖骨を骨折し、右肋骨も骨折している。肺の内部ではなく、肺と胸壁の間の空気である小さな左気胸がある。現時点では介入できるほどの規模ではないため、彼らはそれを監視しているだけであり、それは幸いなことである。」 「今日、彼女は腹部に自由液のある腸穿孔と診断され、胃の部分に内出血があった。彼らはそれを知っていて、それを見ていたが、今日、それを特定し、どこにあるかを見つけることができた。その手術は見事に成功し、出血も抑えられ、彼女は回復した

AEW:Dynamite放送終了後、ROHとしてジェイ・ブリスコへの追悼特別番組を撮影。トニー・カーンがROHの配信サービスHonor ClubとYoutube公式で無料で配信すると明かす。

イメージ
 プロレス界は1月17日火曜日、交通事故で死亡したジャミン・ピュー (ジェイ・ブリスコー) を悲劇的に失いました。38歳でした。 ブリスコーは弟のマーク・ブリスコーと共に現役ROHタッグチームチャンピオンの1/2を占め、ROH殿堂入りしていました。ジェイはROHに欠かせない選手で、ROH史上初の試合に出場し、ROH世界タイトルを二度、ROHタッグチーム・タイトルを弟と13回獲得しています。 Dynamiteの中で多くの選手が喪章をつけ、入場や試合の中で彼らを代表する技を見せるなどしていましたが、Dynamite放送終了後、トニー・カーンがTwitterを更新し、ジェイ・ブリスコへの追悼特別番組を今夜集まってる選手とクルーで撮影し、ROHの配信サービス、Honor Clubで無料公開すると明かしました。 Thank you all watching Wednesday Night #AEWDynamite on TBS tonight! We're just getting started, we have a great live show for you all, + after the live show we'll film a special ROH tribute to the late great Jay Briscoe which will be available soon free to everyone on Honor Club. — Tony Khan (@TonyKhan) January 19, 2023 Free for everyone means free, it will be free (not behind a paywall) on Honor Club, + we'll post the tribute show in entirety on ROH YouTube as well, also free to everyone, as tonight this crew will come together to shoot a special ROH event in honor of the late great Jay Briscoe — Tony Khan (@TonyKhan) Jan

TOPICS:1.16女子プロレスニュースとりまとめ!岩田美香、朱祟花に見つかる!!!王座奪取はならず!!

イメージ
  【仙女:岩田美香、朱祟花に見つかる。王座奪取はならず】 愛美、岡優里佳の欠場により急なカード変更があったものの、ノンタイトルマッチでのタイトル戦で2ヶ月の間に4度目の橋本との対戦でようやく薄っぺらいけどクセになると言わしめたウナギ・サヤカのファインプレーもあったビッグマッチ、メインの朱祟花vs岩田の一戦は、大技に頼らないごつごつとした試合展開に。試合後、仙女には橋本しかいないと思ってたけど、岩田美香見つけちゃった、と発言。最初は認めてもいなかった同期を認めてみせた。 【 #SENJO BIGSHOW速報】 メインイベント⁰センダイガールズワールド選手権試合⁰朱崇花 vs 岩田美香 終了後… 🔽配信チケット 📺 https://t.co/aIWBcaGsY0 pic.twitter.com/MUIBkML5AQ — センダイガ-ルズプロレスリング-SENDAI GIRLS PROWRESTLING- (@senjo2006) January 15, 2023 【PURE-J:大空チエ、Leonに対し、ボコボコにすると発言!】 特別亀アリーナでの道場マッチ、久令愛とPURE-J初参戦のアイスリボン朝陽の対戦など注目が集まる中、メインでは、中森華子、谷ももvsLeon、大空ちえの一戦。惜しくも破れてしまったものの、大空は次週対戦するLeonに対し、ボコボコにすると発言。ここ最近、女子プロレス各団体でベテランvs若手の下剋上が盛んだが、ここPURE-Jでも狼煙が上がるのか? 今日のエンディングで、ちえの口から、来週のシングルで私をボコボコにする発言が👀‼️ それぐらいの度胸で向かってこないと面白くないけど、もし試合中にその威勢を感じなかったらきっちり叩き潰すからな。 覚悟を持ってぶつかってこい! #PUREJ https://t.co/DUMXBzaDyM pic.twitter.com/rKEADHi5aP — Leon (@leon3purej) January 15, 2023 【OZアカデミー:シングルタイトル次期挑戦者決定トーナメント開催!?】 45歳以上のレスラー参加で話題を呼んだOZだが、今度はAKINOが持つ認定シングル王座の挑戦権をかけたトーナメントの開催が決定した。OZのレギュラー選手だけでなく幅広い団体から幅広く選手が参加すること

TOPICS:1.14女子プロレスニュースとりまとめ!川畑梨瑚が中島の持つシングル王座に挑戦を表明!!明日仙女ビッグマッチ、朱祟花vs岩田美香のセンダイガールズワールド王座の行方は!!

イメージ
  【シードリング:世代闘争は敗れるも、川畑梨瑚が中島の持つビヨンド・ザ・シー王座に挑戦!】 1.13新木場で行われた新年初興行、1試合目に中島、水波、松本浩代vs海樹、青木いつ希、川畑と顔ぶれの世代闘争となる6メンが組まれるも、ベテラン組からは試合後厳しいコメントが出る形に。しかし、メインのバトルロイヤルで川畑が中島をオーバー・ザ・トップロープで敗退させ、中島の持つビヨンド・ザ・シーシングル王座への挑戦を表明、2.16の新木場大会で対決が決まった。 やっと。 やっとシングルで貴方の目の前に立てる 私の打たれ強さは貴方から学びました 初めてのシングルがタイトルマッチ。 2.16新宿。 #SEAdLINNNG #中島安里紗 pic.twitter.com/bItlEZZpH9 — 川畑梨瑚 (@r_728dance) January 13, 2023 【アイスリボン:1.14道場マッチ、JTOのHisoKAが初参戦!】 本日14時開催のアイスリボン、初参戦のHisoKAはトトロさつきと対戦。GLEATで話題の鈴木ユラが星いぶきとのシングル、もし3月までの防衛戦までにシングルで負ければタッグ王座即返上とタッグパートナーの志田光に言いつけられているいぶきにとっては注目度も強さも桁違いの相手を前にすることに。 【1/14㊏アイスリボン1254】14時開始❗️ ①トトロさつき vs HisokA ②朝陽&咲蘭 vs 谷もも&キク ③星いぶき vs 鈴木ユラ ④弓李&大空ちえ vs 松下楓歩&海乃月 詳細⇒ https://t.co/iwo0MFlLWX #iceribbon #PUREJ #pw_jto #AlmaLibre pic.twitter.com/8Pf1dY8MXl — アイスリボン《公式》 (@ICERIBBON_jp) January 12, 2023 【YMZ:本日18時から西新井大師西スタジオ、中・コントラ・ナカの行方は!】 ひょんなことから互いの名前の"なか"をかけた中森華子vsナカ・シュウマの決着がついに。PURE-Jの後輩である大空ちえから中森の苦手なものがリークされるなど、混迷を極めている。メインではヤス・ウラノ、松澤さんvs十嶋くにお、真琴のタッグマッチ、ウラノvs十嶋だけで海外からギークが来そうなのに、そこに

WWE:AEWはWWE買収のプールに入っている?ウォール・ストリート・ジャーナル姉妹サイトがコムキャスト、UFC所有エンデバー、サウジアラビア公共投資基金と並んで示唆

イメージ
  ビンス・マクマホンがWWEへの復帰を目指しているとウォール・ストリート・ジャーナルが報じてから1週間が経ちました。この記事以降、マクマホンは目標を達成し、取締役会に復帰した後、エグゼクティブ・チェアマンの役割を担うようになり、同時にステファニー・マクマホンがWWEの共同CEOを辞任しました。火曜日の夜に噂されていたセールの混乱を加えれば、これ以上正気を失うとは思わないでしょう。 ウォール・ストリート・ジャーナルの姉妹サイトであるBarron'sの新しいレポートは、その可能性を示唆しています。事情に詳しい情報筋はバロンズに対し、AEWはWWEの 「買い手候補のプールに入っている」 と語りました。この情報筋はさらに、AEWオーナー兼CEOのトニー・カーンと父親でジャクソンビル・ジャガーズのオーナーであるシャヒド・カーンは、単独ではWWEを買収しようとしない可能性が高いため、売却を完了させるために資金面でのパートナーを探すだろうと述べました。 しかし、AEWはWWE買収の懸賞の本命からは程遠いと言えます。また、バロンズは、WWEがメディア権利契約を結んでいるNBCユニバーサルとピーコックを所有するコムキャスト、UFCを所有するエンデバー、サウジアラビア公共投資基金も売却先候補として挙げました。後者はすでにWWEに深く愛着を持っており、火曜日に会社が売却されたことを示唆する議論のある報道がなされた際には、WWEの買い手として噂されています。 トニー・カーンはソーシャルメディア上でWWEの現状を冗談交じりに言及し、非常に注意深く見守っていることを認めましたが、彼自身やAEW関係者からは、プロモーションがWWEの買収に関心を持っていることを公に示すものは何もありませんでした。もしAEWへの売却が実現すれば、カーンが他のプロレス企業を買収するのは、1年近く前にRing of Honorを買収して以来2度目となります。 Wrestling Inc

PWG:BOLA2023覇者"スピードボール"マイク・ベイリーが大会を回顧「PWGはスターになるための場所です。彼らの歴史を見れば、世界最高のレスラーが揃っています。」

イメージ
  「スピードボール」 マイク・ベイリーがバトル・オブ・ロサンゼルスの優勝を振り返りました。 マイク・ベイリーはバトル・オブ・ロサンゼルスの最新の勝者です。リコシェやアダム・コールなど、同大会で優勝した現代のスーパースターのリストに彼の名前を加えました。 ベイリーはスポーツ・イラストレイテッドのインタビューで、自身の勝利とPWGがレスラーをスターにするのに役立つと感じていることを振り返った。 「PWGはスターになるための場所です。彼らの歴史を見れば、世界最高のレスラーが揃っています。完全にこの世のものとは思えない才能だ。今年の 「BOLA」 で一番気に入ったのは、競い合う人たちの多様性です。舞台裏では、非常に多くの言語が話されていたため、非常に混乱した。バンディードと日本語を話すようになったのは、私たちが混ざっていたからです」。 このトーナメントで優勝するために、ベイリーはいくつかの異なるプロモーションから4人を倒さなければならなかった。ジョーダン・グレイス、シュン・スカイウォーカー、ブライアン・キース、竹下幸之介らが 「スピードボール」 を前に陥落しました。マイクは初戦の後、ジョーダン・グレイスとの試合を振り返って、勝算は難しく、勝つという考えは手の届かないものだと感じたと語った。 「ジョーダン・グレイスと15分以上試合をした後、「これをあと3つも?」と思った。その瞬間、乗り越えられないと感じました。まるで、テコンドーの大会に出場した時のようでした。午前9時に出発し、一日中そこにいて、試合と試合の間にどのくらいの時間があるかわからなかった。」 「私にとって一番辛いのは、いつも涼しくなることです。幸運なことに、準決勝の試合から決勝まであまり時間がなかった。セミの前は涼んで休んでリラックスしていましたが、その後はウォームアップして、最初の2試合のダメージを全部感じることができました。だから、アドレナリンを維持する必要があるので、一秒たりとも冷静になったり集中力を失ったりすることはできないとわかっていた。」。 最後はベイリーがAEWの竹下幸之助を下した。ベイリーはこの試合を振り返って、 「まだ試合の一番難しい部分が来ていないのに、その瞬間は現実離れしていた」 と振り返った。 「決勝戦終了直前、外に出て、最後のスプリングボードムーンサルトを竹下に放ったとき、大きな安堵感を

WWE:WWE売却、ステフとトリプルHは売却の可能性に反対していたとの噂??一方、売却へ向け、財務、法務、戦略的コミュニケーションアドバイザーとして外部専門家を招集。

イメージ
  WWE売却の可能性に関する新たな報道です。 Axiosによると、ステファニー・マクマホンとトリプルHはWWEの売却の可能性に反対しました。トリプルHはチーフコンテンツオフィサーであり、Stephanieは火曜日に共同CEOを辞任しました。 現在のところ、WWEが同社を売却するかどうかは不明です。WWEは木曜日の夕方にプレスリリースを発表し、 「戦略的な代替案の検討を支援するために外部アドバイザーを雇った」 と発表し、メディアの権利に関する交渉が近づいていることに言及しました。 WWEは、会社と株主の価値を最大化するための戦略的代案の検討に関連して、WWEの経営陣をサポートするために、財務アドバイザーとしてThe Raine Group, LLC、リーガルアドバイザーとしてKirkland&Ellis LLP、戦略的コミュニケーションアドバイザーとしてAugust LLCと契約することを発表しています。 プレスリリースでは、 「WWEは、プロセスが終了するか、または会社がさらなる開示が適切または必要であると判断するまで、これ以上コメントするつもりはない」 とされています。 ビンス・マクマホンは1月6日に正式に取締役会に復帰し、来るべきメディア権利交渉を主導するために復帰する必要があると主張しました。ヴィンスは同社の支配株主であす。しかし、同時に他の株主から集団訴訟を起こされる可能性が浮上しています。 Fightful

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明

イメージ
  WWE取締役会の動きに関する最新情報です。WWEが8 Kで提出した新たな資料によると、マンジット・シンとイグナス・ラフードはビンス・マクマホンの復帰に反対して辞任したことが確認されました。 申請書には 「ラフード氏とシン氏は、当社の戦略的選択肢を模索するという取締役会の決定には同意したが、現時点ではマクマホン氏の復帰には同意しなかった」 と記載されています。 1月6日金曜日、マクマホンは正式に取締役会に復帰しました。元WWE共同社長のミシェル・ウィルソンとジョージ・バリオスも参加した。JoEllen Lyons Dillon、Jeffrey R.Speed、Alan M.Wexlerは取締役から外され、LahoudとSinghは辞任しました。 シンは、2022年6月に性的不正行為と口止め料の疑惑がウォール・ストリート・ジャーナルによって報じられた後、マクマホンに対する取締役会の調査を主導しました。 マクマホンは火曜日に取締役会長として投票されました。この発表は、ステファニー・マクマホンがWWEの共同CEOを辞任すると発表した直後に行われました。 Fightful

WWE:ビンス・マクマホンの復帰、デラウェア州の株主が集団訴訟を提案、無効で不公平な規約改定を行い取締役会の決定を妨害、規約変更の無効を訴え。数千人の株主が原告になる可能性??

イメージ
ビンス・マクマホンがWWEの取締役会に復帰したことで、デラウェア州の株主の1人から集団訴訟が提案されました。 ブルームバーグの報道によると、Vince McMahonは株主のScott A.Fellowsから訴えられています。裁判文書によると、Fellowsは、マクマホンが権力を乱用してWWEと取締役会に 「自分の意思を押し付ける」 ために 「無効で不公平な規約改正」 を行い、取締役会が重要な決定を行うことを 「妨害」 したとして訴えています。また、集団訴訟には数千人の株主が含まれる可能性があるとしています。原告は、規約変更の無効を含む救済を求めています。 文書によると、マクマホンは会社の総議決権の約81%を支配しています。1月6日金曜日、マクマホンは正式に取締役会に復帰しました。この文書に含まれているプレスリリースでは、彼の復帰は、今後のメディア権利交渉を支援するためであり、パートナー候補が話し、大株主の支持を得ることを知っていると述べています。 訴訟では、マクマホンの復帰に関して次のように述べています。   2022年12月下旬、マクマホンは取締役会に対し、会長職に復帰するよう書面で要求した。マクマホンは、自分がエグゼクティブチェアマンとして戦略的レビュープロセスを指導すること、さもなければ会社を人質に取ることを主張した。彼は、自分が主導しなかったプロセスに干渉し、支援や承認を差し控えると主張した。マクマホンはさらに、期限切れとなるWWEのメディア権利契約を尊重するいかなる交渉も支持しないと脅した。WWEのメディア権は同社の生命線である。メディア権利協定は2024年に期限切れとなり、2023年初頭に再交渉が予定されていた 書面による同意により、マクマホンは取締役会を妨害し、取締役会が会社の最も重要な資産のいくつかを尊重する重要な時間的制約のある決定を行うことを阻止しようとしている。彼はまた、それを阻止する力と称するものを活用して、自身を取締役会長に再任した。 マクマホンは、彼が行使すると主張した力を欠いている。デラウェア州一般会社法 ( 「DGCL」 ) 第141条 (a) は、会社の事業と業務に関して重要な決定をする取締役会の権限の不可侵を認めている。理事は、受託者としての義務を果断に履行する義務を負う。 ブルームバーグによると、マクマホンとWWEの広報担当者

TOPICS:1/11女子プロレスニュースとりまとめ!アクトレスガールズ認定シングル王座トーナメント組み合わせ決定!!新世代の台頭なるか??

イメージ
  【アクトレスガールズ:2月17日から開催のシングルトーナメントの組分けが決定!!】 青野未来、澄川菜摘、松井珠紗、夏葵、入江彩乃、皇希の6人が選出されたシングルトーナメントの組分けが決定しました。2月17日に入江vs皇希、夏葵vs澄川、それぞれの勝者と2月23日に松井、青野と準決勝、勝ち進んだ2名で決勝が行われ、優勝者にはシングル王座が送られます。 1月10日の北沢タウンホール大会ではメインで青野未来、皇希、夏葵が邪道衆に勝利。青野に対し、キャリア20年のMARUが「貴方がいまの#アクトレスガールズのエースです」とTwitterに投稿し、健闘を讃えました。 戦ってわかった。 貴方がいまの  #アクトレスガールズ  のエースです。もっとやりたかった。 もっと。 https://t.co/pICqVQ989W — 🐰MARU🐰1/29新木場 (@marumaro0130) January 10, 2023 【プロミネンス:ついに世羅りさのキャリーケースが破壊される!!】 1月9日の新木場大会で、キャリークラッシュマッチが行われ、散々この流れを引き起こしておきながら、自身のキャリーケースは守り抜いてきた世羅りさのキャリーケースが無残な姿になりました。試合は、高瀬みゆき、藤田あかね、世羅りさ、狐伯、宮崎有妃で行われ、ぐしゃぐしゃになるどころか、キャリーケースが引き裂かれるという事態に。世羅はこれに対し、終わりじゃないと明かしています。 どうせ最悪壊れても凹むくらいだと思っていた… まさか引き裂かれるとは… 昨日はゴミ袋に荷物入れて帰りました ゴミだと思われて捨てられそうになりました キャリーケースはゴミになりました 今はキャリーを見たら壊したい衝動に駆られます あの場にいた全員許さん… #プロミネンス pic.twitter.com/lQyyTExcbG — 世羅りさ (@Sera_Risa) January 10, 2023 【マーベラス:門倉凛退団、夫のカナダ行きに着いていくことを発表】 昨年、結婚を発表した門倉凛が夫の仕事の関係でカナダに拠点を移すことを決め、マーベラスを退団することとなりました。引退ではなく、今後もタイミングが合えば参戦をする、引退式を行う場合はマーベラスで行うことなどが発表されました。 『皆様へご報告』 pic.twitter.com

WWE:リック・フレアーはビンス・マクマホンの復帰を大歓迎「クビになった奴らを知っているか?しかし、彼らはレスリングについて何を知っていたのだろうか?それが私の答えです。」

イメージ
リック・フレアーはビンス・マクマホンを愛していると言い、WWE会長が戻ってきたことを喜んでいます。 マクマホンは7月22日に引退したが、その背景には性的不正行為と口止め料の疑惑があり、WWEの取締役会が調査していました。1月5日、マクマホンはメディア権利契約の交渉に参加できるよう、WWEに復帰するための行動を起こしたと発表しました。WWEは翌日、彼の取締役会への復帰を認めました。1月10日、ステファニー・マクマホンがWWEを辞任し、ビンス・マクマホンが取締役会長に選出されたことを発表しました。 1月10日にWWEの売却に関する報道が過熱し始める前に収録された自身のポッドキャスト 「To Be The Man」 で、フレアーはマクマホンの復帰についての考えを聞かれました。フレアーは個人的にマクマホンを愛していることを明らかにし、彼が戻ってきたことを喜んでいます。彼はマクマホン家との歴史を引き合いに出しました。レジェンドはまた、彼が戻ってきたいと思っていることについてマクマホンを非難しないと述べ、1月23日のRaw 30 th Anniversary Showにヴィンスが登場したら観客が熱狂するだろうと述べました。 「まず第一に、その場所で誰が好きかということではない。個人的にはビンス・マクマホンが大好きです。だから彼が戻ってきてくれて嬉しい。私は1976年に彼の父親の下で働き、休みも含めてマクマホン一家と長い間一緒にいました。命のない私に命を与えてくれた。彼とハンターは私を連れ戻し、100回も話し合った。私は彼のために世界中のすべての時間を持っている。私は正直、彼が生きてビジネスを息継ぎしていると信じており、彼はただ「これは全部自分のものだ。それは」と自分に言い聞かせていました。私は彼を責めない。『Raw』でテレビに出て30年。考えてみてください。信じられない。彼がフィラデルフィアのあのドアを出て、そこに立って、あの通路を闊歩して『帰ってきた』と言ってくれることを願っています。『場所がおかしくなるでしょうね (笑) 。保証します、それが評価になります [笑] 。見逃せないのは分かっている」 共同司会者のコンラッド・トンプソンは、マクマホンがRaw 30 th Anniversary Showでスクリーンに登場することを必ずしも考えていなかったことを認め、フレアーはビン

WWE:シャーロット・フレアーに王座を奪われたロンダ・ラウジーがスマックダウン出演を問われるも「今週は誰も何が起きているのか分からないと思うし、ましてやこれから数週間は分からない」

イメージ
 ロンダ・ラウジーがWWEで起きていることについてコメントしています。 火曜日の夕方、ステファニー・マクマホンは、ニック・カーンを唯一のCEOとして残し、WWEの共同CEOを辞任すると発表しました。1月6日に取締役会に復帰したビンス・マクマホンは、満場一致で執行委員長に選出されました。 ステファニーが辞任を発表する前、ラウジーは自身のゲームストリームに出演し、2月3日に放送されるWWEのスマックダウンに出演するかどうか尋ねられました。 「わからない。わかりません。もしかしたらあなたは気付いていないかもしれないけど、現在のWWEはすべてがほんの少し流動的です。今週は誰も何が起きているのか分からないと思うし、ましてやこれから数週間は分からない」  12月30日放送の『スマックダウン』で復帰したシャーロット・フレアーにWWE・スマックダウン女子王座を奪われたラウジーは、1月6日放送の『スマックダウン』には出演しませんでした。 現在もWWEの大株主であるビンス・マクマホンは、今後のメディア権利交渉と会社の売却の可能性を支援するために、取締役会に復帰する意向を発表しました。1月7日、WWEは売却の可能性を支援するためにJPモルガンを雇ったと報じられました。 現在のところ、WWEは会社の売却を発表していません。 Fightful

WWE:ドラゴン・リーのWWE行きにAAAのブッカーであるコナンが相談を受けていたことを明かす「バンディードも同じジレンマに陥り、WWEに行くかAEWに行くか迷っていた」

イメージ
  12月28日、ドラゴン・リーがWWEと契約することを発表しました。発表はAAA Noche De Campeonesで行われました。 AAAのブッカー、コナンは自身のKeepin'It 100ポッドキャストで、リーがWWEと契約することを決めたことについてコメントしました。 「彼は私に質問をし、彼にアドバイスをしただけです。私は彼にどこに署名すべきか助言しなかった。彼は現実的な事実だけを上げた、バンディードも同じジレンマに陥り、WWEに行くかAEWに行くか迷っていたが、ドラゴン・リーは「人が多すぎて立ち往生してしまう.... WWEに行く。 」」 「彼は全てを吹き飛ばすだろう。WWEでは全部は見ないし、毎週見ているわけでもない。最後に見たのは、たぶん2、3ヶ月前なんだけど、 NXTでは)彼のようなレベルの人は誰もいない」  リーがいつNXTブランドを始めるかは不明です。 リー&ドラリスティコはFTR (ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー) からAAAタッグチーム選手権を獲得し、リーはその夜にWWEと契約することを発表したが、その後タイトルを返上した。 Fightful

WWE:情報錯綜!!WWE買収劇はまだ正式に売却完了していない??アリエル・ヘルワニらが噂を否定。「会社の非公開化の取引に近づいているという話は真実ではない」

イメージ
新たな報道では、会社の売却に関してWWEとサウジアラビアの公式な買収は否定されています。 前述の通り、1月10日の複数の報道で、WWEがサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンドに買収されたことが示されました。このニュースは複数のメディア、特にDAZNのSteven Muehlhausenによって報じられたが、まだ公式には発表されていません。 後にカシディ・ヘインズは、買収は原則的に合意されたと述べています。 レスリングとMMAのジャーナリストであるアリエル・ヘルワニは、現在のところWWEがどの団体にも売却されるような取引はないと報告しています。ヘルワニはTwitterで次のように述べています。 「昨夜の報道ではそうではなかったようですが、現時点ではWWEをサウジアラビアのPublic Investment Fundや他の団体に売却する契約はありません。 「この組織はまだあらゆる選択肢を模索しているという。開発中」。 Wrestlenomicsのブランドン・サーストンも、情報筋が当初の売却報道は事実ではなかったと述べています。 「知っているであろうWWEの誰かに聞いたところ、昨夜Twitterに広まった、WWEとサウジアラビアが会社の非公開化の取引に近づいているという話は真実ではないと言った。」 FightfulのSean Ross Sappは、HelwaniとThurstonの両方のツイートを共有しました。サップは以前、WWE内部の誰もサウジアラビア売却の報道を認めておらず、一部は信じていないと伝えています。 👇👇👇👇 https://t.co/ySjH5GHpsh — Sean Ross Sapp of Fightful.com (@SeanRossSapp) January 11, 2023 Wrestle Talk

新日本:ロッキー・ロメロが語るケニー・オメガ参戦までの経緯「ケニーとヤングバックスのAEW出場停止処分は間違いなく事態を一時停止させたが、超迅速に軌道に乗せることができた」

イメージ
  ケニー・オメガは1月4日のレッスルキングダム17でウィル・オスプレイと対戦し、新日本プロレスに復帰することになりました。 オメガにとっては、NJPWレッスルキングダム13で棚橋弘至にIWGPヘビー級王座を奪われて以来の対戦となります。AEWとNJPWは設立当初から何らかの形で協力関係にありましたが、オメガはNJPWに対抗するために帰国せず、怪我のためAEW×NJPW Forbidden Door 2022を欠場しました。 オメガ対オスプレイ戦の種は何年も前からソーシャルメディアやインタビューで植えられており、2022年8月にAEW Trios Titleトーナメントに参加するためにオメガがリングに戻った時から期待が高まり始めました。ヤング・バックス (ニック&マット・ジャクソン) と組んだオメガは、オージー・オープン (マーク・デイビス&カイル・フレッチャー) と組んだオスプレイとトーナメントの準決勝で対戦しました。 Rocky RomeroはFightfulのSean Ross Sappに、オメガのNJPW復帰の経緯を詳しく語りました。 「ケニーはストーリーラインがどこに行きたいのか知っていましたが、パズルのピースは実際にはまとまっていませんでした。ケニーは (NJPWとウィル・オスプレイと一緒に仕事をすることを) 予見していたようなもので、おそらくいつ実際にそうなるかわからないが、来年にはそうなるかもしれないと考えていました。ケニーは怪我をしたため、禁断の扉を見逃した。彼はおそらく、いつなのかわからず、ずっと先を考えていたのでしょう。」 「それはまさにケニー・オメガの天才性を示している。彼は常に長期的に考えているようなものだ。みんながチェッカーをしているのに、彼はチェスをしているようなタイプだ。明らかに、会話が始まれば、これはWrestle Kingdomでの対戦になるのだろうか?ええ、たぶん、たぶん。ボールが転がり始めて、突然エリートとパンクのようなことが起こり、今では誰も知らないようなことになったが、もし彼が戻ってきたら、おそらく時間内にレッスルキングダムをやることができるだろう。6週間も8週間も誰も知らなかった、それが何であれ、それは永遠のように感じられた。これはWrestle Kingdomの重要な試合の1つであるため、誰もがかなりス

新日本:オカダ・カズチカショートインタビュー「オスプレイvsケニーは凄い試合になると思うし、個人的に楽しみ。でも、3年経って、東京ドームの多くのファンはケニー・オメガを知らないでしょう。」

イメージ
  Wrestle Kingdom is on us、2023年1月4日東京ドーム、Wrestle Kingdomメインイベントでは 「スイッチブレード」 ことジェイ・ホワイトが新日本のエース、オカダ・カズチカを相手にIWGP王座戦を行います。ホワイトとオカダはシングルで5回対戦し、ホワイトが4勝し、アメリカの地で全勝しています。3年ぶりに日本のファンが声を出して応援できるようになり、新日本にとって今年最大のショーに間に合いました。 Fightfulは、特にレッスルキングダムについてオカダと簡単に話す機会がありました。 Fightful:ジェイ・ホワイトは、あなたへの心配はほとんどないので、ニワトリ小屋を作ってあなたに備えていると言った。あの発言をどう思いますか。 オカダ:「一度しか勝ったことがないですね。だから彼が心配していないと言うなら、それは確かでしょう。彼にはチャンピオンとして自信を持つ権利がある、彼が負けたときにその自信過剰を言い訳にしないことを願うだけですね」  Fightful:ジェイは日本の地で4対0であなたは不利だと言えます。それはあなたにとって気になることですか? オカダ:「もちろん。勝つと確信した初戦で彼に負けました。今はのんびりしていられない。不安は確かにありますが、少しの不安は良いことです。」  Fightful:レッスルキングダムは、10月中旬以来の1対1の試合になります。タッグマッチ以外に、キレを保つための特別な準備はありますか? オカダ:「特別な準備はしていませんね。World Tag League&Super Jr.tag Leagueではレスリングをしなかったですし。PRの仕事やテレビ出演でとても忙しかったですけど、それでも一生懸命トレーニングし、リングに上がってもマットやリングロープを感じることができました。だから、Wrestle Kingdomへの準備は万全です。試合が始まれば、オカダ・カズチカの絶対的な最高のショーケースが見られる。」 Fightful:NJPW STRONGプラットフォームについてのあなたの考えと、それが米国でどのように進展したでしょうか。 オカダ:「正直、NJPW STRONGは見たことないんですけど、今年のG 1で初代ストロングオープンウェイト王者のトム・ローラーと対戦しました。確かにSTRON

AEW:トニー・カーンが1.4AEW Dynamiteで披露される新セットの詳細について語る「スポーツに基づいたプレゼンテーションであり、私たちは常にそれを目指しています。」

イメージ
  トニー・カーンは新しいAEWセットについてもう少し詳しく説明しています。 AEWはすでに、AEWダイナマイトとソーシャルメディア上の新しいグラフィックを宣伝するために、別のカラースキームを放映する新しいコマーシャルで、いくつかの生産変更を明らかにしました。同社は1月4日放送の『AEWダイナマイト』で新しいセットやその他の製作変更を発表する予定です。 AEWのトニー・カーン社長は、Sports Guys Talk Wrestlingのインタビューで、新デザインについてさらに詳しい情報を提供できないかと尋ねられました。 「スポーツに基づいたプレゼンテーションであり、私たちは常にそれを目指しています。素晴らしいプロレスショーだし、新しい時代を反映してセットを変えたかったし、素晴らしい外観になると思う。素晴らしいセットですね。新しい試合や新しいストーリー、楽しみにしていることがたくさんある素晴らしいレスリングになることに変わりはないだろう」  新しいセットとデザインはAEW Revolutionのようなペイ・パー・ビューにも引き継がれるのかと聞かれたカーンは、 「そうかもしれないと思うが、Revolutionは伝統的に独自のカラースキームを持っている。伝統的に、今あるセットやデザインで実際にうまく流れるような緑の未来的な外観を持っていました。そのような色の変化のために設定されています。現在のグリッドマトリックスは、とても一貫性があり、他の何よりもRevolutionに似ています」  Fightful Selectには、1月4日に行われるAEWの新製品発表時に行われる変更と行われない変更の詳細が掲載されています。 Fightful

WWE:サーシャ・バンクス、WWEやビンス・マクマホンへの感謝をツイート

イメージ
  サーシャ・バンクスは火曜日の午後、ツイッターでWWEやビンス・マクマホンなどに感謝の意を表しました。 Thank you @WWE — Mercedes Varnado (@MercedesVarnado) January 4, 2023 「ありがとう、WWE」と、バンクスはツイッターに記しました。続けて、 ウィリアム・リーガル、トリプルH、WWEユニバース、"#Krew"、ビンス・マクマホン、サーシャ・バンクスに感謝の意を表しました 。 水曜日の朝に行われるWrestle Kingdom 17のイベントを前に、サーシャが日本に来ています。バンクスは新日本プロレスと複数の日程で契約を結んだと報じられており、スターダムの日程も1つ含まれています。サーシャは2023年初めにフリーエージェントになると予想されていました。 5月に行われたWWE Rawのライブ版に先立って両者が退場した後、ナオミと共にバンクスもWWEから無期限出場停止処分を受けました。その結果、WWE女子タッグチームのタイトルを剥奪されました。7月の体制変更後、バンクスは復帰に向けてWWEと交渉したが、金銭面で大きく隔たりがあったと報じられています。 サーシャはここ数カ月の間に 「Mone'Banks」 、 「Bank Mone」 、 「Mercedes Mone」 、 「Mone'Talks」 、 「Statement Maker」 の商標を申請しています。 Wrestling Observer

TOPICS:1.3女子プロレスニュースとりまとめ、スターダムでトライアングルダービー開幕!Rebel×Enemyがジュリアを撃破!!試合後に鈴季すずが赤のベルト挑戦を表明!!

イメージ
  【STARDOM:トライアングルダービー開幕!赤の王者ジュリア敗北も2/4大阪で鈴季すずと一騎打ち!】 ジュリアのアイスリボン退団に際し、様々な思惑が渦巻いた雪妃真矢と顔を合わせることとなったメイン。揃いのコスチュームをまとうRebel×Enemyに敗北するも、マイクを持った赤の王者の前に現れたのは鈴季すず!赤のベルトへの挑戦を表明すると、ジュリアはこれを快諾し、さらにサプライズがあると発言!! 復帰した白川未奈がザイヤ・ブルックサイド、マライア・メイと快勝を納めると、バックステージで敗北した月山和香を呼び寄せ、自分もコズエンでなかなか勝てなかった、中のたむの3月までに勝てなければ追放という言葉も理解が出来るから、一緒に特訓をしようと呼びかけました。 【1.3横浜武道館大会‼】 鈴季すずが現れ、ジュリアのワールド王座への挑戦を表明! 鈴季すず『なんで一発目負けちゃってんだよ?お前がそんなチャンピオンなら鈴季すずが奪ってやる!』 ジュリア『初防衛戦は絶対すずって決めてた。場所は2月4日の大阪!ちなみにすんげーサプライズがあるから!』 pic.twitter.com/D9E8Q1Hy0g — スターダム✪STARDOM (@wwr_stardom) January 3, 2023 【アイスリボン:3/12高崎「群馬リボン」開催!星いぶきはシングルを勝利!】 メインで柳川澄華と組み、YuuRI、海乃月雫と対戦し、勝利を納めた朝陽が3月12日に地元凱旋となる「群馬リボン」の開催を発表しました。チケットは1/29新木場大会から発売になります。タッグ王者である星いぶきは前回、王座を防衛したもののパートナーである志田から半年間なにをしていたんだと叱責され、3月までの間、シングルで負けたらタッグ返上を言い渡されていましたが、石川奈青との対戦を勝利で終わらせました。 なお、この前日に参戦予定だったアクトレスガールズの青野未来、なるの中止が突如、発表され、アイスリボン側の選手からもTwitterで疑問の声が上がっていました。 【仙女:1/8新宿FACE大会、チーム200キロvs安納サオリ、朱祟花!】 仙女の新年1発目の興行は新宿FACEから、メインではチーム200キロvs安納サオリ、朱祟花!青木真也との壮絶な試合でさらに注目度を集める橋本と連日連夜のEVE王座防衛戦を行う優宇の前

WWE:シナ復帰ケビン・オーエンズとタッグ、シャーロット・フレアー復帰即王座奪取他盛りだくさんのスマックダウンは視聴者数が大きく増加!

イメージ
  12月30日のWWEスマックダウンの速報値が発表されました。 WrestlenomicsのBrandon Thurstonによると、WWE SmackDownの視聴者数は速報値で2441000人でした。これは、2376000人の視聴者を記録した12月23日のWWEスマックダウンの最終視聴者数を上回ります。先週の金曜日は、9月23日以来の最高視聴者数を記録しました。 金曜日のエピソードの予備的な人口統計評価は示されていません。12月23日のエピソードでは、18歳から49歳の層で0.55の評価を得ました。 YouTubeで最も視聴されたWWEスマックダウンのトップ5 (12/30) 動画 -John Cena&Kevin Owens vs.Roman Reigns&Sami Zayn (190万ビュー) -シャーロット・フレアーが復帰、ロンダ・ラウジーからタイトルを奪う (821 Kビュー) -ハウディがブレイ・ワイアットを攻撃 (811 Kビュー) -Guntherがタイトル挑戦をしたBraun Strowmanを罰する (418 Kビュー) -ドリュー・マッキンタイア、ザ・ブラッドラインによるシェイマスへの攻撃を阻止 (384 K再生) Fightful

WWE:サントス・エスコバルがレガド・デル・ファンタズマの拡大を示唆??

イメージ
レガド・デル・ファンタズマは2023年に事業拡大を目指しています。 WWEのデジタルエクスクルーシブでレガド・デル・ファンタズマ(サントス・エスコバル、ホアキン・ワイルド、クルス・デル・トロ、ゼリーナ・ベガ)について取材を行い、ベガは何も情報を提供しなかったが、エスコバルは2023のプランのヒントを提供しました。 エスコバルは 「レガド・デル・ファンタズマが新年を迎えるにあたり、我々の完璧な事業は2023年も繁栄し続けるだけでなく、拡大していくだろう」 と述べました。 エスコバルが最後に出場したのは12月2日放送のWWE・SmackDownで、SmackDown World Cupの決勝でリコシェに敗れました。デル・トロ&ワイルドは12月16日放送のWWE・スマックダウンに出場し、バイキング・レイダーズ (エリック&アイバー) も出場したUndisputed WWE Tag Team Title number one contenders triple threat boutでHit Row (アシャンテ・アドニス&トップ・ドーラ) に敗れました。 Fightful

AEW:大絶賛のジェイミー・ヘイターvs志田光のAEW女子王座戦のプロデュースは元ROHのBJウィットマーが担当!バックステージでも好評のプロデューサーに。ジェイミーのタイトル獲得も高評価との噂

イメージ
  ジェイミー・ヘイターと志田光は12月21日にDynamiteでキラーAEWのメインイベントを行ったが、誰がこの試合に協力したのかが明らかになりました。 今週のAsk Grapsodyでは、ウィル・ワシントンがROHのベテランBJウィットマーがこの試合をプロデュースしたことを明かしました。さらに、AEW Full Gearのトニー・ストームvsジェイミー・ヘイターの試合をプロデュースし、好評を博したと言われています。ウィットマーは舞台裏で話をしたタレントから一貫して称賛されているが、ウィロー・ナイチンゲールも最近のGrapsodyとのインタビューでウィットマーの功績を認めています。 Fightfulは舞台裏で、メインイベント自体だけでなく、ジェイミー・ヘイターのタイトル獲得についても満場一致で好意的な反応を得ていると明かしました。さらに、ブリット・ベイカーとレベルも、自分たちがいる場所にシームレスに移行したことで高く評価されており、彼女を取り巻く行為について多くの称賛を受けています。 Fightfulが話を聞いた人々は、内部的にはヘイターのタイトルが成功を収めていると考えており、彼女がタレントとしてどのように振る舞ってきたかを考えていました。 Fightful

TOPICS:1/1女子プロレスニュースとりまとめ、リアスクライブの夢咲あむがアイドル×プロレスの二刀流宣言!他

イメージ
【アイスリボン:リアスクライブの夢咲あむがアイドル×プロレスの二刀流宣言!】 現在、リアスクライブとしてアイドル活動をしている夢咲あむが練習生となることが発表されました。叔父の影響で小さい頃からプロレスを見ていたと語っています。 本日発表させていただきました☺️ みんな驚いたと思います。 アイドルとプロレスと両立するのはとても大変だと思いますがこれからリアスクライブ、そしてアイスリボンの夢咲あむとして日々努力して参りますので皆様どうか応援よろしくお願いします‼️ https://t.co/OTH5YNLEJD — 夢咲あむ🃏♠️【リアスクライブ】 (@amu_yumesakiii) December 31, 2022 【本間多恵、2週間程の休養を発表】 以前の怪我の影響で、右膝に入れていたボルトを除去する手術を行うと発表。リハビリを含め2週間ほどの休養となる見込みです。 【ご報告】 いつも本間多恵を応援してくださり有難うございます。 私事ですが年明けに右膝のボルトを抜く手術を行います。術後トレーニングなどで2週間強リングから離れますが2023年更にパワーアップして戻ってきます。 お楽しみに待っててくださいませ。 皆様、良いお年を♡ pic.twitter.com/MoalnzaePZ — TAE HONMA 本間多恵 (@420Tae) December 31, 2022 【アイスリボン:安納サオリが朝陽を破り、5度目の防衛成功!】 12月31日後楽園で行われたRIBBONMANIA2022にて、アイスリボンのエースの座を狙う朝陽がICE×∞王者安納サオリに惜しくも破れる結果に。タッグ王者星いぶき、志田光はまなせゆうな、トトロさつきから防衛。志田は次回3月の防衛戦までいぶきがシングルで1度でも敗北すれば、タッグ返上を宣告しました!次期挑戦者は真琴、星ハム子に決定! 【試合結果🔊速報】 アイスリボン後楽園ホール大会 「RIBBONMANIA2022」12月31日 ◆第6試合 ICE×∞選手権試合30分1本勝負 [王者]⭕安納サオリ (19分38秒 タンタンドル) 朝陽❌[挑戦者] ※第34代王者5度目の防衛成功 #iceribbon pic.twitter.com/cOQWZyfUDr — アイスリボン《公式》 (@ICERIBBON_jp) Decembe