ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

"The OC"に個人的に望むこと

WWEでの"The Club"AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズの名称がひっそりと"The OC"に変更された。OCの意味についてこれまで正式な意味合いというのは語られていなかったが、Official、Original、Onlyというよ うなミーニングに掛けたものらしい。
これに対し、タマ・トンガは「Bullet Clubだけが本物のClubだ」と発言をした。確かに、今のThe OCがオリジナルであるかと言われると疑問がある。
カール・アンダーソンはBullet Clubにおけるオリジナル4と言っても過言ではないだろう。AJは二代目のリーダーだし、カール&ドグのグッドブラザーズはBullet Clubを代表するタッグ屋だった。
一方、新日本のBullet Clubにおけるファレとタマもオリジナル4である。ましてやホームである新日本にいるのは自分達なのだから、WWEにいる彼等がオリジナルであるかのような顔をするのは見過ごせないに違いない。
さ て、ここでオリジナル4と言っているのだから、ここまでに名前が上がっていない人物がいる。そう、Bullet Clubの始まりは一人の男、プリンス・デヴィットの反逆から始まっている。そこに用心棒のファレがつき、さらに同日の棚橋vsアンダーソン戦の後、セコ ンドについていたタマを交え、結託したというのが始まりだ。
プリンス・デヴィットが今、いるのはWWEである。The OCとは全く別に行動しているが、この延々とくすぶり続ける火をきちんと燃やすには、彼、フィン・ベイラーが必要なのではないか。そこで、彼等に願うことが1つある。
ベ イラーが窮地に陥ったタイミングで助けに入ってほしいのだ。そして、それを三ヶ月以上かけて口説くも決裂、AJとのヘルインアセルまでもつれ込んだ後、ベ イラーがターンすれば、Official、Original、Onlyであることの意味合いを観客も重く受け止めれる気がするのだ。
Bullet ClubのネームバリューはELITEの面々がいたタイミングで一度ピークが来ていた。それをWWEは活かさぬままいたのだが、AJの計らいによりまた時計は動き出した。全ての始まりを知るリアル・ロックンローラーだけがこの物語の鍵を握っているのである。

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!