国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月30日土曜日

AEW:11.30 最新ランキング更新、女子ランキングにビーが登場!

0 件のコメント :

今週のDynamiteを経て、更新されたランキングを早速見ていこう。

▼Men's Division

1. ジョン・モクスリー シングル: 3-0-1 オーバーオール: 3-1-1

2. PAC シングル: 4-2-1 オーバーオール: 4-3-1
3. ケニー・オメガ シングル: 4-2 オーバーオール: 7-4
4. コーディ・ローデス シングル: 4-1-1 オーバーオール: 5-2-1
5. MJF シングル: 2-1 オーバーオール: 3-1



男子は、ケニーが劇的な勝利を収めたことで一気に3位に浮上。ペイジとの直接対決を制したMJFが一気にランキングに入ってきたのは注目である。目の前には宿敵となったコーディの姿が。今週の放送ラストでAEW王者と睨み合ったモクスリーは1位につける展開。

Women's Division

1. 志田光 シングル: 3-1 オーバーオール: 4-2
2. さくらえみ シングル: 1-1 オーバーオール: 3-3
3. ブリット・ベイカー シングル: 3-2 オーバーオール: 6-3
4. ナイラ・ローズ シングル: 2-3 オーバーオール: 3-3
5. ビー・プレストリー シングル: 1-2 オーバーオール: 3-2
志田、さくらが上位をキープ。一見、試合数や成績で見ると、さくらが何故この位置なのかと思うが、実際に試合を決める確率が非常に高く、この位置をキープしている。引っ張られるようにビー・プレストリーがランキングに登場。スターダムでの絡みはまだ少ないだけに、AEWでビーと里歩のシングルがあれば注目を集めることになるだろう。

Tag Team Division

1. Proud-n-Powerful
サンタナ タッグ: 3-1 オーバーオール: 4-1
オーティス タッグ: 3-1 オーバーオール: 4-1


2.ヤング・バックス
マット・ジャクソン タッグ: 4-3 オーバーオール: 7-4
ニック・ジャクソン タッグ: 4-3 オーバーオール: 7-5


3. ベストフレンズ
トレント タッグ: 4-3 オーバーオール: 6-5
チャッキーT タッグ: 4-3 オーバーオール: 5-4


4.ルチャ・ブラザーズ
ペンタゴンJr.  タッグ: 4-4 オーバーオール: 5-6
フェニックス タッグ: 4-4 オーバーオール: 6-5
3.プライベートパーティー
イサイア・カシディ タッグ: 4-4 オーバーオール: 4-6
マーク・クエン タッグ: 4-4 オーバーオール: 4-6
タッグチームはオーバーオールの成績により大幅な変動があった。無類の強さを誇るPNPが一気に躍進。その一方で、ヤングバックス、ベスト・フレンズはルチャ・ブラザーズとのシングル、タッグの戦績によって大きく順位を変えている。ルチャ・ブラザーズは反対に下落する形に。
タッグはここへ、ザ・ブッチャー&ザ・ブレイドが加わり、さらなる混迷を極めていくことになる。シングルでもヘイガーやウォードローなど本格的に試合を行っていない選手もまだまだいる。
気になるのは、AEWへの不満をツイートし、今週のDynamiteの収録に行かなかったジョーイ・ジャネラだが、その夜GCWの会場に姿を現し、ジョン・モクスリーとの対決を表明。既にこのカードは来週のDynamiteで行われることが決まっている。ケニーとも危険極まりない試合を見せたジャネラだが、モクスリーとの一戦はそれ以上に過酷な内容になることは間違いなし。





0 件のコメント :

コメントを投稿