国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月20日水曜日

11.20 AEW DARK 試合結果 RIHOがDARKの試合に初登場!

0 件のコメント :




今日の実況解説は、エクスカリバーとダスティン・ローデス。ダスティンの登場に客席は大盛り上がり。

▼ダスティンはプライベートパーティーがお好き
第一試合は、プライベートパーティーとベスト・フレンズwithオレンジ・キャシディ、タッグトーナメントを終えて、次のタッグ王座挑戦者は誰になるのかというところ。前週2位だったプライベートパーティーはPPVでの敗北によりランキングからは盛れている。ベスト・フレンズはルチャ・ブラザーズ、Proud-N-Powerful(前LAX)、ヤング・バックスがいる。

序盤は、しっかりとした展開。興行全体の第一試合のため、少しずつギアを上げるような形に。 しかし、徐々にタッグでの経験からベスト・フレンズがプライベートパーティーの動きを封じていく。隙をついて状況を逆転したプライベートパーティーがロープに駆け上がりアピールすると、何故かその間にオレンジキャシディが立ちサムズアップ。謎のプライベート・キャシディが成立してしまう。


場外での攻防はベスト・フレンズが握る。二人掛かりでのブレーンバスター後、ハイタッチをするベスト・フレンズの後ろで小さく手を上げて、ハイタッチに加わろうとするオレンジ・キャシディ。チャッキーTは指先だけでタッチする。

解説のダスティンはプライベート・パーティーへの思い入れたっぷりの解説を繰り広げ、エクスカリバーからツッコまれる。最後は、ストロング・ゼロでベスト・フレンズががっちりと勝利。

AEWショップが今週木曜日にオープンするとのこと。





▼ビッグ・スウォールが早くも登場
先週、志田との試合後、バックステージで慌てて契約を申し込まれたというビッグ・スウォールが登場。ブリッド・ベイカー、里歩とのタッグに挑む。

スウォールと里歩から始まった展開。パワーに勝るスウォールはコーナーに詰めた里歩の頭を撫でて挑発。里歩はグラウンドコントロールからカサドーラ、フットスタンプはかわされる。

ベイカーはタッチをせずに1人で試合を進める。そのはず、ベイカーは現在、女子ランキング1位であり、里歩の持つ王座へ最も近いからだ。しかし責め立てるもスウォールはキックアウトし続ける。特に中盤に見せた連打からの蹴り2発をかわされた後に見せた頭突きは強烈。

冴え渡ったのは里歩の各種フットスタンプ 。ベイカーに権利がある状況でも、絶妙なタイミングで介入。セカンドロープから体を出しダウンをする相手へのフットスタンプ、ベイカーのフォールを返した直後にコーナートップから追撃するなど様々なパターンを見せる。

終盤、相手チームの誤爆を引き起こして、ベイカーが試合を決めてみせた。試合後、里歩とハグをし、コーナーへと駆け上がった。

【11.20AEW DARKに登場する #STRONG HEARTS の新たな男とは】

▼#STRONG HEARTSがAEW DARKに!
CIMA率いるユニット #STRONG HEARTSからT-Hawkとエル・リンダマンがAEWへ。キャリアに長けた世界最高峰タッグへの挑戦となる。しかし、T-Hawkの得意のチョップが出るとどよめきが起こる。

ヤングバックスに対して、"The ELITE"コールが度々起きる中、T-Hawkが胸筋を動かした後、ヤングバックスのマッチョマンポーズを真似ると大ブーイング。試合巧者ヤングバックスがコンビネーションから試合を進めるも、T-Hawkのパワー溢れる攻撃がその憩いを止める。

リンダマンも少し緊張した面持ちを見せていたが、要所でスピードとパワーのギアを入れ替え、トップロープ越えのコンヒーロを見せたかと思えば、体格の違う相手にぶっこ抜きのジャーマン!しかし、最後はメルツァードライバーで仕留められた。

明日のAEW Dynamiteは先週起きた大乱闘により特別な試合が予定されているが、 ただではない済まないはず。
FITE TVの登録は非常に簡単なので、是非登録を。


《AEWに関連する話題はこちら》 





0 件のコメント :

コメントを投稿