WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

11.20 AEW DARK 試合結果 RIHOがDARKの試合に初登場!





今日の実況解説は、エクスカリバーとダスティン・ローデス。ダスティンの登場に客席は大盛り上がり。

▼ダスティンはプライベートパーティーがお好き
第一試合は、プライベートパーティーとベスト・フレンズwithオレンジ・キャシディ、タッグトーナメントを終えて、次のタッグ王座挑戦者は誰になるのかというところ。前週2位だったプライベートパーティーはPPVでの敗北によりランキングからは盛れている。ベスト・フレンズはルチャ・ブラザーズ、Proud-N-Powerful(前LAX)、ヤング・バックスがいる。

序盤は、しっかりとした展開。興行全体の第一試合のため、少しずつギアを上げるような形に。 しかし、徐々にタッグでの経験からベスト・フレンズがプライベートパーティーの動きを封じていく。隙をついて状況を逆転したプライベートパーティーがロープに駆け上がりアピールすると、何故かその間にオレンジキャシディが立ちサムズアップ。謎のプライベート・キャシディが成立してしまう。


場外での攻防はベスト・フレンズが握る。二人掛かりでのブレーンバスター後、ハイタッチをするベスト・フレンズの後ろで小さく手を上げて、ハイタッチに加わろうとするオレンジ・キャシディ。チャッキーTは指先だけでタッチする。

解説のダスティンはプライベート・パーティーへの思い入れたっぷりの解説を繰り広げ、エクスカリバーからツッコまれる。最後は、ストロング・ゼロでベスト・フレンズががっちりと勝利。

AEWショップが今週木曜日にオープンするとのこと。





▼ビッグ・スウォールが早くも登場
先週、志田との試合後、バックステージで慌てて契約を申し込まれたというビッグ・スウォールが登場。ブリッド・ベイカー、里歩とのタッグに挑む。

スウォールと里歩から始まった展開。パワーに勝るスウォールはコーナーに詰めた里歩の頭を撫でて挑発。里歩はグラウンドコントロールからカサドーラ、フットスタンプはかわされる。

ベイカーはタッチをせずに1人で試合を進める。そのはず、ベイカーは現在、女子ランキング1位であり、里歩の持つ王座へ最も近いからだ。しかし責め立てるもスウォールはキックアウトし続ける。特に中盤に見せた連打からの蹴り2発をかわされた後に見せた頭突きは強烈。

冴え渡ったのは里歩の各種フットスタンプ 。ベイカーに権利がある状況でも、絶妙なタイミングで介入。セカンドロープから体を出しダウンをする相手へのフットスタンプ、ベイカーのフォールを返した直後にコーナートップから追撃するなど様々なパターンを見せる。

終盤、相手チームの誤爆を引き起こして、ベイカーが試合を決めてみせた。試合後、里歩とハグをし、コーナーへと駆け上がった。

【11.20AEW DARKに登場する #STRONG HEARTS の新たな男とは】

▼#STRONG HEARTSがAEW DARKに!
CIMA率いるユニット #STRONG HEARTSからT-Hawkとエル・リンダマンがAEWへ。キャリアに長けた世界最高峰タッグへの挑戦となる。しかし、T-Hawkの得意のチョップが出るとどよめきが起こる。

ヤングバックスに対して、"The ELITE"コールが度々起きる中、T-Hawkが胸筋を動かした後、ヤングバックスのマッチョマンポーズを真似ると大ブーイング。試合巧者ヤングバックスがコンビネーションから試合を進めるも、T-Hawkのパワー溢れる攻撃がその憩いを止める。

リンダマンも少し緊張した面持ちを見せていたが、要所でスピードとパワーのギアを入れ替え、トップロープ越えのコンヒーロを見せたかと思えば、体格の違う相手にぶっこ抜きのジャーマン!しかし、最後はメルツァードライバーで仕留められた。

明日のAEW Dynamiteは先週起きた大乱闘により特別な試合が予定されているが、 ただではない済まないはず。
FITE TVの登録は非常に簡単なので、是非登録を。


《AEWに関連する話題はこちら》 





コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について