Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEWの秘策はまだあったとは、さらに日本女子プロ界にも影響するビッグニュースが!







WWE ではTVショーやPPVで、本編の前、または後ろに放送には乗らないダークマッチと呼ばれる特別試合が組まれる場合がある。例えば、本編はベルトを狙う ヒールの襲撃によって憎々しい感じで終わっても、そこからさらにベビーの他のメンバーが乱入して6メンタッグが行われることもある。来た人向けのボーナス トラックのようなものだ。
AEWのDynamiteでは,本編の前に1試合、後に3試合も行われる実質的なビックマッチだったのだが、なんとこのダークマッチも収録されており、AEWのYoutubeで全て無料で公開されたのだ。なんとその時間丸々1時間!
AEW はこれまでのPPVでも前半を無料、後半を有料で公開するなど、自分達のレスリングに注目してもらえるような施策を様々な方法で打ってきた。昨日更新した コミコンでのジェリコ襲撃もその1つだったわけだが、このAEW DARKの豪華さはそれをさらに上回るものだと言える。

今、AEWが契約している選手の多くは、ヤングバックスやCodyが実際にアメリカインディで触れたり、話を聞く中で、独創的で才能に溢れたメンバーが集まっている。ダークマッチは特にそういうメンバーに触れることが出来る非常に良い機会ではないだろうか。
ダー クマッチの第一試合は、ダーリー・アレンvsCIMA。顔の半分にフェイスペイントを施したダーリーはまるでマーベルのコミックスから現れたようなダーク ヒーローで、ハイフライヤーとしての素質を見せながらホットスポットはレベルサ、綺麗な背面飛びという独特の感性を持っている。一方、CIMAは闘龍門出 身のベテラン中のベテラン、今年40歳になるOWEの要は老獪さと厳しさを織り交ぜた攻めを見せる。
先週行われ たダークマッチ故に勝敗こそ分かっているものの、まだ荒削りながら才能を見せるダーリーとそれをいなしながら確実に攻めるCIMAという構図は興行の第一 試合、しかも、期待値の高いAEWのTV放映を行う興行の最初の試合としては非常にレベルが高く、AEWの標榜するアスリート性と新たなプロレス像を提示 していた。
その他にも女子の試合なども行われたのだが、タッグトーナメントに関わるタッグチームが入り乱れた タッグ4WAYは、是非、新日でバレッタとチャッキーTの不可思議な友情に惹かれたファンには絶対に見てほしい。ベストフレンズと謎の関係を結ぶオレン ジ・キャシディのキャラクターや、まだ日本で爆発していないペンタゴンJrとフェニックスのルチャ・ブラザーズの圧倒的な技術力の差は、ヤングバックスだ けじゃないアメリカマットの現状をまざまざと味わうことになる。
 
正直、このダークマッチが毎度の興行でどの程度行われるかは分からないが、実際に会場に行った人はWWEと見比べた時にその満足度は全く異なるのではないだろうか。
また、日本からAEWを見ようと思った時も実はそんなに難しいことはない。PCからもクレジットカードを使って登録出来るが、実はFITE TVのアプリから登録すると、Google PlayやApp Store経由での課金を行うことが出来る。
AEWだけを月額登録する場合にはAEW Plusという専用チャンネルを契約することで視聴することが出来る。
アプリからAEWの画像をタップし「Watch FREE with AEW Plus」をタップすると、AEW Plusを契約するかその回だけを購入するかを選択することが出来る。月額540円で毎週の放送が見れるのでオススメだ。
 
さて、こんな記事を書いている最中、AEW関連でとんでもないニュースが飛び込んできたのである。
先週、AEW初の女子王座を里歩が戴冠したのは覚えていると思うが、今週のDynamaiteのカードが発表され、激震が走ったのだ。



ビー・プレストリー、さくらえみ vs 里歩、ブリット・ベイカー決定!
なんと我闘舞雲を離脱し、師匠さくらえみとの別れを果たしたはずなのに、自分がベルトを巻いた途端、アメリカまで来てしまったのだ。元々、東南アジアは元よりイギリスやアメリカでの試合もしてきたさくらだが、AEWでの直接対決がこんなにも早く行われるとは驚いた。
しかも、対戦相手のビーは言わずと知れた現ワールド・オブ・スターダム王者。タッグパートナーは元WWEというとんでもないカードである。

 夜中にさくらはこんなツイートをしている。
AEW への参戦のためにアメリカへ渡る志田光の自主興行でタッグで当たることになっているが、志田のパートナーでUFCファイターでもある朱里や前に記事でお伝 えした中島との髪切りマッチを控える奈七永などと比べたら、自分に話題性がないと言っておきながら、一夜明けたらこの状況。しかも、最新ツイートでは、英 語で里歩に「私達の物語は新しい段階に突入だ!」と言い出す始末、なんともさくららしい。
SareeeのWWE 挑戦の際も日本の女子プロレスというまだ世界にはコンテンツとして広まっていないものの魅力というのは、選手が実際にアメリカに渡ることによってその注目 度をどんどんと増しているというのは事実だと思う。またインターネットによってそれを視聴する事が容易になったというのも事実だ。
しかし、では国内にだけいて、日本の女子プロレスの発展を考えるだけでそれが叶うかと言われたら難しい部分もある。当然、目の前のお客さんが増えないのに世界なんて口にしても無理だと考えるのも確かだろう。
だが、さくらえみの評価は確実にこの1戦で大きく変わる可能性がある。そうすると、女子プロレス団体に数多あるベルトよりもさくらえみという名前が世界レベルで知れ渡る可能性がある。実際、先週の放送時、アメリカのTwitterトレンドに里歩の名前が入っていた。
果 たして、女子プロレスのベルトを持っている王者達はこのインパクトを越えれるというのだろうか。今週の週刊プロレスでSareeeは自分はベルトを持って いる王者だから王者としての戦いをしていて、その上で東スポの女子プロレス大賞を狙うと発言しているが、これ以上の話題を提供出来ているだろうか。
このさくらえみAEW参戦という投石は大きな波紋を呼ぶかも知れない。

《AEWに関連する話題はこちら》 
 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!