WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

Marvelous:Momono Mio has its sights set on the champion!Kadokura Rin and Watanabe Tomoko also show their enthusiasm! December 4 WWWA Single One-Day Tournament


 

Momono Mio has its sights set on the champion.


On December 4, the tournament will be held for the AAAW single champion. Each wrestler talks about her enthusiasm, but Mio in particular spouts on Twitter.


One of her goals was to wrestle in the main part of the big match, and at the same time she declared that she would achieve it on this day by becoming a champion. What's more, his previous championship belts were all about wanting to wind up with this guy, wanting to beat him. But with a desire for this championship belt, she told her she would fight. In other words, she has a strong will to fight for herself, not for someone else.


But Mio is not alone in his strong will. Kadokura Rin is equally determined. She has never been blessed with a single champion. This opportunity is the first and last and it's inspiring me.


Against Rin, Unagi Sayaka has the last chance? Are you retiring or something? he chided. But on the other hand, I think back to when I faced Rin at the 60 year anniversary of Kourakuen Hall. I know Rin when he gets serious, so I'm eager to see it.


It's not just young players who are scared. Watanabe Tomoko is about to open a forbidden box. She's a legend. She has experience. She once held the WWWA Tag Team Champion and All Pacific Single Champion. This time, she recalls the original techniques she developed in her history of seizing and defending those belts. What she points out is the rule this time. We need to make the most of a one-day tournament that can be concluded in 10 minutes. I haven't seen any wrestlers mention this rule yet. She may be more calm, calculating, and cunning than I imagined.

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明