WWE:ビンス・マクマホン復帰を相談するも、気持ちは報われず。関係者からは否定的な意見が溢れ、相談した親しい人間からも引退を忠告された模様。


 

ビンス・マクマホンはWWE復帰を望んでいるが、その気持ちは報われていないようです。


12月13日にウォール・ストリート・ジャーナルに掲載された新たな記事によると、ビンス・マクマホンはWWEへの復帰を検討していると親しい人々に伝え、引退するように忠告されたといいます。これにより、性的不品行と性的暴行に関する訴訟がさらに2件発覚しました。1件は新たに起こされたもので、もう1件は元WWE審判のリタ・チャタートンによるものです。


FightfulはすぐにWWE内の多くのスタッフやタレントから話を聞きました。あるWWEのタレントは、このニュースを 「疲れ果てている」 と言い、マクマホンが去る前には良好な関係を築いていたにもかかわらず、ビンス・マクマホンのWWE在職期間が後方にあることに期待を寄せています。また、ビンス・マクマホンが復帰した際に再雇用された人材を心配しているという人もいました。


Fightfulが話をした上層部は、それほど心配していませんでした。Said upは、Vince McMahonが去った後、株価が上昇し、視聴率が上昇し、一般的な士気が回復したと述べています。「ビンスがどんな状況でも復帰するのは本当に身勝手な行動だろう。彼が去った理由、その後のビジネスの進め方、それは実に身勝手なことだろう。しかし、利己的な活動が、そもそも彼を去ることにつながったのです」 。その情報筋は、社内で議決権を持っているにもかかわらず、ビンスが復帰するとは信じていないと述べました。


ある長年のスタッフによると、マクマホンが去ってから士気は10倍になったといい、彼が戻ってくるとは思っていないといいます。10年以上働いている従業員は、マクマホンの家族が積極的に引退を勧めるだろうとも考えているといいます。同じ情報筋によると、マクマホンが復帰すればWWEブランドに取り返しのつかないダメージを与えると考えており、WWEが内部的に崩壊すると考えていた数人の懐疑論者は間違っていたことが証明されたと述べ、ある著名人はそのことを認めています。


この記事が発表されたタイミングは、近年権力を握ったある関係者にとって興味深いものでした。マクマホンが関係者に復帰の可能性について語ったところによると、その情報筋は追加の法的問題の情報が公開されたタイミングが偶然ではないと考えており、ビンス・マクマホン・バイスのドキュメンタリーの公開とも重なっています。


Fightfulは12月13日に十数人のスタッフ、タレント、従業員とウォール・ストリート・ジャーナルについて話をしたが、マクマホンは以前の役職に戻ることは望まれていないという意見がほぼ一致しました。


FightfulはRita ChattertonとWWEにコメントを求めている。彼女からの返答はなかったが、事情に詳しい人物から、和解を模索している間はコメントも返答もしないだろうと言われました。


WSJの報道が出てから1週間ほどで、この感覚はさらに加速しました。少なくとも10人以上のWWE関係者と話をしたが、ビンス・マクマホンが戻ってくることを望む者はいませんでした。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???