ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:アスカがフェイスペイントなしで試合に出場!?華名時代の"殺人ピエロ"再来への予告か?



1週間に及ぶアスカのキャラクター変更が具体化し始めています。


ウィスコンシン州ミルウォーキーで行われた12/12のWWE RAWで、アスカは7年ぶりにフェイスペイントなしでプロレスをし、試合前の入場口もいつものような元気な姿ではありませんでした。アスカは踊りながらリングに向かったものの、マスクを外す時はかなり激しい表情をしており、対戦相手のリア・リプリーを待っている間は観客をただ見つめていました。入場や試合中に観客の前でプレーすることで知られるアスカは、月曜日は明らかに自分ではなく、リプリーに敗れた終盤にはドミニク・ミステリオに緑色の霧を吹きかけたました。




負けた後、落胆したアスカは頭を下げてリングに残り、アナウンサーたちは最近の負けの傾向を認めました。


SNSのファンは、明日香がフェイスペイントを外したのは、日本のインディーサーキット時代の古い殺人ピエロのキャラクター、華名に徐々に姿を変えていく証ではないかと考えています。ここ数週間、アスカはソーシャルメディア上で華名の写真や動画を次々と公開し、原点回帰を示唆しています。WWEでは、ザ・カブキ・ウォーリアーとしてカイリ・セインと組んで以来、悪役を演じることはありませんでした。2020年にマネー・イン・ザ・バンクのブリーフケースで優勝して以来、彼女はベビーフェイスであり続け、それに続いてベッキー・リンチは彼女のRAW女子王座を返上し、明日香のチャンピオンを宣言しました。


アスカは12/5の 「WWE・ロウ」 でベイリー、レア・リプリーとのトリプルスレットマッチで惜しくも敗れた後、キャラクターの変更を示唆し始めました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!