WWE:王国の崩壊?RAWの視聴率ダウンが止まらず……………しかし、3時間目の視聴者数は回復、メインのセス・ロリンズvsラシュリーには注目が集まったか??


 

昨夜のRAWはUSA Networkで過去最低の視聴者数と並んで147万人を記録し、同ネットワークで史上3番目に低い視聴率0.37を記録しました。


視聴者数は2021年7月5日のRAWと並び、USA Networkにおける同番組の最低記録となりました。Syfyに移動されたエピソードがあり、今年の初めにオリンピックに対して139万人の視聴者を獲得しました。


今週のマンデーナイトフットボールの試合も、ニューイングランド・ペイトリオッツ対アリゾナ・カーディナルスの平均視聴者数が1025万人、18-49で2.89人を記録し、内訳はESPNが912万人、2.47人、ESPN 2が113万人、0.42人でした。ケーブルテレビではNFL関連番組に次いで第7位だった。女性18-49で9位、男性18-49で7位、18-34で7位、女性12-34で7位、男性12-34で8位でした。


注目すべきは、視聴率のパターンが過去二週間とは全く異なっていたことです。過去二週間は、最初の時間帯が高く、約30年の番組の歴史の中で最大の下落率を記録しました。


今週のRAWは非常に低く始まり、2時間で増加し、3時間で減少したが、3時間は先週の過去最低を大きく上回りました。つまり、このエピソードのアンカーを務めたセス・ロリンズ対ボビー・ラシュリーの試合は、数週間よりもはるかに良い視聴者を維持したことになります。


RAWの視聴者数は前週比4%減、18-49は9%減、18-34も同様でした。


1年前と比較すると、Rawの視聴者数は6%減、18-49は3%減、18-34は19%増でした。実際に番組が放送されている家の割合で見てみると、この年の変化は好ましいもので、視聴者数は1%の減少、18-49は3%の増加、18-34は26%の増加にとどまっています。


最初から3番目の時間の減少は、女性ではわずか4% (18歳から49歳) 、男性では10% (18歳から49歳) 、女性では12% (12歳から34歳) 、男性では14%増加し、50歳以上では5%減少した。


Wrestling Ovserber

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???