WWE:"神童"ロクサーヌ・ペレスがマンディ・ローズの413日に及ぶNXT女子王者を破り、新王者に!!喜びのコメントも!「あらゆる少女たちが証明しているのです。あなたはNXT女子チャンピオンになれる」



マンディ・ローズは413日に及ぶWWE・NXT女子政権を、ロクサーヌ・ペレスは阻止しました。

チャンスをNew year's evilに持ち越される予定でしたが、マンディの計画的な攻撃を受け、ロクサーヌはその場でタイトルに挑戦することになりました。


マンディとロクサーヌは12月13日のカードのヘッドラインを飾ることになり、Pop Rocks(ロクサーヌのフィニッシャー、コード・レッド、ヨシタニックと同型)で叩きつけロクサーヌ・ペレスは初のNXT女子王座を獲得することができました。感情的ではあったが、ロクサーヌはトレーナーのブッカーTと共に新しいタイトルを頭の上に掲げ、解説で彼女を祝福しました。


Rok-Cとしてのロクサーヌ・ペレスはROH Women's Championとしてその年をスタートし、現在はNXT Women's Champion(WWEデビューは4月15日、9ヶ月で王者に)としてその年を終えようとしています。彼女がリング・オブ・オナーの女子チャンピオンだった時、マリア・ケネリスは彼女を非常に信頼していたので、業界のどの女子チャンピオンに対しても彼女を対戦させることに抵抗はなかっただろうと語っていました。


NXT Exclusiveでペレスはこの勝利について語り、彼女がしてきたすべてのことが彼女をここまで導いたと述べました。彼女は、自分の夢を叶えたのだから、すべての試練には価値があると述べました。ペレスはまた、他の小さな女の子たちにも同じことができることを示すために、自分の勝利を望んでいると述べています。


「2016年ごろ、ちょうど手首のここにあります(ロクサーヌの右手首にはずっとつけている願掛けの紐がある)。私がレスリングを始めた年です。私は14歳でした、その日、私は 「WWEに行けるようにできる限りのことをする」 と言ったのです。何があってもそこにたどり着きます。今までの人生はレスリング中心だった。私がしたことはすべてここにいることであり、この選手権のためだった。きっと見たでしょう、私はそこで泣き崩れました。すべてに価値があった。すべての試練、苦難、浮き沈み。すべてのものにそれだけの価値があった。これは、自分に何を言っても、心の中にどんな疑いがあっても、それは起こりうるということを、あらゆる少女たちが証明しているのです。あなたはNXT女子チャンピオンになれる」 


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???