WWE:ロクサーヌ・ペレス戴冠の裏で前王者マンディー・ローズ突然の解雇!!!原因はマンディーが許可されていないSNSを使用したためか??交代劇は土壇場での決定になった模様


 

プロレスの世界では、物事はすぐに変わります。マンディ・ローズやロクサーヌ・ペレスに聞けばよいでしょう。火曜日の夜、ローズの 「NXT」 女子チャンピオンとしての413日間の在位は、ペレスのおかげで終わりました。しかし、前チャンピオンにとっては、そこからさらに悪いニュースになりました。24時間もたたないうちに、FanTimeを介して彼女のページで公開していた内容(示唆的な内容であり、WWE側の立場が厳しい内容に置かれるようなものであった。OnlyFansやFanTimeでSNSを開くことはWWEとして禁じており、契約外行動と言われているのはこの部分。それらのSNSはセクシャルなコンテンツでお金を稼ぐ人間も多い)のために、WWEはローズをリリースすると報じました。そのため、突然のタイトル変更が突然の決定のように感じられたとしても、完全に間違っているわけではありません。


Wrestling ObserverのDave Meltzerは今日の午後、この件についてツイートし、 「今日のマンディ・ローズの解雇には多くのことがあり、昨夜のタイトル変更は彼女が解雇されたという事実に基づく土壇場の決定であり、当初の予定ではなかった」 と述べました。この時もローズは413日間という驚異的な記録を保持し、 「NXT」 の歴史の中ではアスカ (522日間) とシェイナ・バズラー (416日間) に次ぐ3番目に長い現役女子チャンピオンとなりました。だから、この連続放送が突然終わるのを見るのは、プレミアム・ライブ・イベントでさえもそうではないが、状況が加われば今ではずっと理にかなっています。


ペレスに関して言えば、このタイトル獲得は週末に行われた 「NXT」 Deadlineでの勝利であり、ゾーイ・スターク、キアナ・ジェームス、コア・ジェイド、インディ・ハートウェルを抑えて史上初の女子アイアンサバイバーチャレンジを制し、最終的に女子タイトルへの挑戦を決めました。「神童」 と呼ばれる21歳の彼女の夢はすでに実現しつつある。突然の急旋回を取り巻く状況は不透明かもしれないが、それは確かにペレスの問題ではありません。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???