ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:ウーソズがPWI100のタッグチームランキングで1位に!著名タッグチームが次々とリアクションをし、険悪な空気に!!


 

500日以上にわたり、ウーソズは 「スマックダウン」 タッグチームチャンピオンとして君臨し、その在位約300日でRKBroを破り、誰もが認めるWWEタッグチャンピオンとなりました。2020年にはFTRが、2021年にはヤング・バックスがそれぞれ同賞を受賞するなどプロレス・イラストレイテッド誌のタッグチーム格付け期間中の努力も無駄ではありませんでした。


3位に終わったタッグチーム、ブリスコスのジェイ・ブリスコは、 「想像してみてください、もし我々がテレビ放送禁止にならなかったら... Usos my ass#DemBoys」 とツイートしているように、すべての人がウソスがチャートの首位を獲得することに同意しているわけではありません。ブリスコスは数年前のジェイの同性愛嫌悪発言により、WWEやAEWの番組では使用されていません。


2位に終わったFTRのダックス・ハーウッドのようにランキングに満足していないチームはブリスコスだけではありません。'cause this *** FULL of lies(つまるところ、クソ。全部ウソ)"と書かれている。ハーウッドのタッグパートナーであるキャッシュ・ウィーラーは、ランキングに関してもう少し前向きで、 「おめでとう、Uces。私たちは2019年からUceyを感じています」 。このツイートに添付されていたのは、2019年に放送された 「WWE Raw」 のエピソードに登場したFTRとThe UsosのGIF画像でした。


ウオースゾが受け取った反応を受けて、彼らはツイートした: 「たくさんのSalty assタグチームがそこにいますね?...# WeTheOnes"です。500日を超えるUndisputed WWE Tag Team Championとしての在位期間中、New Day、Street Profits、Viking Raidersなど多くのチームからタイトルを防衛することに成功しています。次の防衛戦は2022年12月9日の 「WWE SmackDown」 で行われ、The Brawling Brutesのシェイマス&ブッチと対戦します。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!