Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:Wendy's is All Elite!!!!ファストフードチェーン店ウェンディーズがオールエリート??Twitter公式担当が相当のAEW好きか?


 

少なくともファストフードチェーンのTwitterページによると、ウェンディーズはオールエリートです。


Being The Eliteの最新エピソードでは、AEW EVPのケニー・オメガ、マット・ジャクソン、ニック・ジャクソンが、12月21日放送のAEW DynamiteでDeath Triangle (PAC、ペンタエルゼロミエド&レイ・フェニックス)に負けた後、ウェンディーズに行きました。マットはチーズなしでデイヴズ・ダブルを買ったと言いました。ニックとブランドン・カトラーもハンバーガーを食べ、オメガもソーダを手に歩いてきた。彼が一口飲むと、エリートはプラスチック製のウェンディーズのカップで乾杯しました。その後オメガは、マットがダイナマイトでの試合後に足首を骨折しているかもしれないと冗談を言ったことを受けて、精神が壊れていると冗談を言いました。


その後、ウェンディーズのTwitterアカウントが、オメガとジャクソン兄弟がウェンディーズのカップを持っているスクリーンショットを投稿しました。同じ投稿には、AEWの 「All Elite」 のグラフィックをパロディ化した写真が掲載されており、ウェンディーズのロゴを入れて 「Wendy's All Elite」 と書かれていました。

AEWはこの記事についてコメントしていません。少なくとも今のところ、オメガとザ・ヤング・バックスはウェンディーズが好きなようで、気持ちは共通しています。The Young Bucksがこのツイートに反応して「Dave's Double, No Cheese (デイブのダブル、チーズなし) 」と書いた後、Wendy'sも同調して、The EliteがDeath Triangleに勝つのは、彼らのハンバーガーが三角形よりも辺の多い正方形であるからだと述べました。


以前、ウェンディーズはオメガのツイートの1つに反応し、彼が負傷して外出している間に会いたかったと述べた。ウェンディーズはまた、イーサン・ペイジがTNT王座を獲得するのを見たいと述べ、オメガとジョン・モクスリーの爆発的有刺鉄線デスマッチの悪名高い結末をからかった。


Fightfulは引き続き状況を監視し、状況が判明次第情報を提供します。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!