WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

新日本:2023年にオセアニアカップ開催を発表!ニューサウスウェールズ政府による地域イベント振興助成金の手助けを得て、南部都市ワガワガで開催。地域観光への貢献を期待される。


 NJPWは2023年に史上初のオセアニアカップを開催します。


12月12日、NJPWは2023年に初開催されるオセアニアカップにニューサウスウェールズ州政府と協力することを発表しました。この4日間のイベントは、ワガワガ経済の刺激策として宣伝されており、ショーによる観光の恩恵を受けることになります。NJPWの大張社長は公式声明の中で、このコラボレーションによって今後のイベント開催地候補としてWagga Wagga(ウェールズ南部の都市)を地図に載せることができると述べました。また、オセアニアブランド 「NJPW TAMASHII」 を立ち上げたことも要因として挙げました。


Wagga Wagga経済は、NSW政府の地域イベント促進基金のおかげで、2023年に地元の店、カフェ、企業で大金を費やすことになる観光客の流入で刺激的な後押しを受けるでしょう。Wagga WaggaのDuty MLCは、GLO Sportsへの助成金は新日本プロレス初のオセアニアカップイベントが地域の観光を促進し、地域経済を刺激することを保証すると述べました。


「この資金は、このイベントが町への訪問を増やし、地元企業を支援し、パンデミックや自然災害後の経済回復を促進することを可能にする。NJPWは、ファンエンゲージメントセッション、著名な伝説のレスラーの登場、障害者や世界中のエリートプロレスラーのための包括的なイベントを取り入れた4日間のイベントを開催する。」


大張社長もこのコメントにこのように返しています。


「この象徴的なイベントは、Wagga Waggaを世界地図に掲載し、今後のイベントの絶好の場所として展示することで、地域経済を加速させるだろう。」

「2022年にオセアニアブランド 「TAMASHII」 を立ち上げ、2023年にNSW州ワガワガで史上初のプロレスをオーストラリア内陸部に持ち込んだことを誇りに思います。」とOhbari氏は述べた。「NJPWの闘志を示すことができて本当に興奮していますし、特にNJPWを支援してくれたビジネスとスポーツにおける日本の偉大な友人であるNSW政府に感謝したいと思います。」


GLO SportsのマネージングディレクターであるCam Vale氏は、NJPWとNSW政府のパートナーシップを促進できることを誇りに思うと述べました。「GLO Sportsは、NJPWのような有名スポーツブランドを地域のNSWにもたらすパートナーシップを促進できることを誇りに思っています。私は幸運にもキャリアの中でDestination NSWと何度も一緒に仕事をしてきており、NJPWのイベントが地元のビジネスやコミュニティの関係者を巻き込む機会に興奮しています。ワガワガをこのようなシグネチャーイベントの絶好の場所として紹介します。」


ポール・トゥール副首相兼地域NSW担当大臣は、地域イベント促進基金は既存の地域イベントの成長を支援し、新たな主要な国内外イベントを地域NSWに誘致していると述べました。


「資金はNSWの地域全体に展開され、地元のイベントが力を増すのを助け、NSWの地域を地図に載せる」 と述べた。「地方でイベントを開催すると町に人が集まり、客は地元の店でお金を使ったり、地元のレストランやカフェで食事をしたり、地域のビジネスや経済を活性化させたりすることがわかっています。」

「開始以来、地域イベント促進基金は85のイベントの実施と開発を支援しており、100万人以上の訪問者がこれらのイベントが開催される地域地域を旅行している」。


4000万ドルの地域イベント加速基金は、成長する地域センターを支援し、地域経済を活性化し、地域コミュニティのためのサービスとコミュニティインフラを改善することを目的とした20億ドルの地域成長基金の一部です。


オセアニアプロレスとスターキャストは、2023年後半にオーストラリアで合同イベントを開催することを発表しました。Cam Valeは共同プロモーターの一人となり、NJPWオセアニアカップにつながったパートナーシップの主要なプレーヤーの一人でもある。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明