AEW:ルーシュが語るAEWでの6ヶ月間「ルーシュは最高のオファーがあればどこにでも行き、彼らが俺を本物のインゴベルナブレとして扱うことを誰もが知っている。」


 

ルーシュはAEW Double or Nothingで初めてAEWの番組に出演し、旧友のアンドラーデ・エル・イドロと手を組みました。彼はAEWの番組に残ったが、9月30日まで正式に会社と契約していませんでした。

RUSHはAEW TVで定期的に取り上げられ、プリストン・ヴェンスやダーク・オーダーとストーリーに関わっています。


Lucha Libre Online (Luis Pulidoによる翻訳) の取材に対し、ルーシュはAEWでのこれまでの活動について尋ねた。


「正直、俺はAEWに魅了され、畏敬の念を抱き、幸せだ。それほど多くの機会はありませんでしたが、その機会に最大限の努力をしてきた。6ヶ月間そこにいて、LFIで多くのことをしてきた。LaFacciónIngobernableが到着し、一群のカブロンを作った。ルーシュは最高のオファーがあればどこにでも行き、彼らが俺を本物のインゴベルナブレとして扱うことを誰もが知っている。まだ勉強中で準備中なので自慢はしない。アメリカは全く違う世界で、レスラーになれないのは知っている。マイクを手に入れて英語を話す方法を知っておく必要があり、それが俺がしていることだ。"トロ・ブロンコ"ルーシュは自らがどこに行っても品質が良く、AEWの観客全員がルーシュが介入することを知っていた。その結果、皆が「こんなことができるのか」と驚くことになったんだ」 


ルーシュ&ドラリスティコに勝利したブレイク・クリスチャン&ARフォックスを攻撃したROHファイナルバトルでの行為により、最近AEWから1週間の出場停止処分を受けました。

プリストン・ヴェンスは金曜日のAEW Rampageでジム・ロスと対談し、なぜダークオーダーに背を向けルーシュに同調したのかを説明しました。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???