ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:トニー・カーンがウィリアム・リーガルの離脱を認める!息子チャーリー・デンプシーと働くことを優先、裏にはカーンの母が2度脳卒中で倒れたエピソードが。


 

数ヶ月間のように感じられた数週間の後、2022年の最新のビッグストーリー、ウィリアム・リーガルの物語、そして彼がAEWに留まるのか、それともWWEに戻るために去るのかが幕を閉じました。


AEWとROHのオーナーであるトニー・カーンは、今週土曜日に行われるリング・オブ・オナーのペイ・パー・ビューでのインタビューで、リーガルがWWEに復帰することを認め、彼の息子である 「NXT」 レスラーのチャーリー・デンプシーとより密接に仕事ができるよう、契約の選択肢を取らないようAEWに要請しました。リーガルはすぐにWWEに復帰しますが、カーンはリーガルが現在もAEWに在籍しており、ホリデーシーズンまでプロモーションに残る見込みであることも認めました。


この事実は、カーンはまた、最近母親がここ数ヶ月で2回脳卒中を起こしたことを明らかにしました。脳卒中とリーガルのAEWへの要請が重なったのはごく最近のことで、カーンとリーガルは実際に母親が入院している病院の外でカーンが座っている間に電話で状況について話し合いました。カーンはリーガルと二人の会話に前向きでした。


カーンは、リーガルがAEWでの残りの数週間にAEWで何をするのかを明確にしませんでした。ブラックプール・コンバット・クラブのリーダーは、MJFに裏切られ、ダイナマイト・ダイヤモンド・リングを使って背後から残忍な攻撃を受けた後、先週の 「ダイナマイト」 でAEWから書き出されたようです。リーガルはブライアン・ダニエルソンに付き添われて会場から担架で運び出されました。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!