Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:サラヤは女子タッグ部門の拡大を希望、舞台裏には番組に出ていない女子選手が大勢いて、彼女たちの活躍の場を増やせるかもしれないとアピール。


 サラヤは女性部門の拡大を望んでいます。


AEWの女性部門は新たな契約を獲得して成長を続けており、同部門のテレビ放映時間の増加につながっています。AEWダイナマイト・グランドスラムでデビューしたサラヤほど目立った契約はないでしょう。

サラヤはフォーブスのAlfred Konuwaに、女子部門の拡大とAEW女子タッグタイトルの導入の可能性について尋ねられました。


「女性だけの番組には絶対に賛成です。タッグ部門もありそうな気がします。女子タッグ選手権とかね。レスリングに大量の選手権を積むべきではないと思いますが、女子のタッグ部門にも余裕があります。舞台裏には番組に出ていない女性がたくさんいて、それが番組に出る機会を与えてくれるかもしれない。彼女たちと一緒にできることは常にたくさんあり、舞台裏にどれだけの才能があるのか人々は気づいていない」 


AEWは2022年、現在Death Triangle (Penta El 0 Miedo、Rey Fenix、PAC)が開催しているAEW Trios Championshipを導入し、タッグチーム部門を更に拡大しました。


サラヤは1月11日放送のAEWダイナマイトでタッグマッチを行うことになっており、謎のパートナーを連れてきてジェイミー・ヘイター&ブリット・ベイカーと対戦します。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!