AEW:サラヤは女子タッグ部門の拡大を希望、舞台裏には番組に出ていない女子選手が大勢いて、彼女たちの活躍の場を増やせるかもしれないとアピール。


 サラヤは女性部門の拡大を望んでいます。


AEWの女性部門は新たな契約を獲得して成長を続けており、同部門のテレビ放映時間の増加につながっています。AEWダイナマイト・グランドスラムでデビューしたサラヤほど目立った契約はないでしょう。

サラヤはフォーブスのAlfred Konuwaに、女子部門の拡大とAEW女子タッグタイトルの導入の可能性について尋ねられました。


「女性だけの番組には絶対に賛成です。タッグ部門もありそうな気がします。女子タッグ選手権とかね。レスリングに大量の選手権を積むべきではないと思いますが、女子のタッグ部門にも余裕があります。舞台裏には番組に出ていない女性がたくさんいて、それが番組に出る機会を与えてくれるかもしれない。彼女たちと一緒にできることは常にたくさんあり、舞台裏にどれだけの才能があるのか人々は気づいていない」 


AEWは2022年、現在Death Triangle (Penta El 0 Miedo、Rey Fenix、PAC)が開催しているAEW Trios Championshipを導入し、タッグチーム部門を更に拡大しました。


サラヤは1月11日放送のAEWダイナマイトでタッグマッチを行うことになっており、謎のパートナーを連れてきてジェイミー・ヘイター&ブリット・ベイカーと対戦します。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???