Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:エリック・ビショフがTHE ELITEを酷評!!「高校生みたいな単なるクソの集まり、ガキ。彼らのターゲットになってる人間に私が出来ることはない。未熟、彼らは子供。同じ部屋にいれない。」


 

「After 83 Weeks with Christy Olson」 のQ&Aパートで、WWE殿堂入りしたエリック・ビショフは、The Eliteのケニー・オメガとヤングバックスが彼らとCM Punkを取り巻く状況をからかっていることについて質問されました。


「子供っぽいですね。高校生みたいな単なるクソの集まりだと私以外にも思いませんか?これに少しでも興味を持つことを許さない。彼らのターゲットとなる人たちが、私にできることに関係していると想像してみてください。どうでもいい、何が起ころうが、私は気にしない。同じ部屋にいるのは苦痛だ。変です。他に何を言っていいかわからない。まず、未熟である。彼らは子供です。私はそれよりずっと大人で、紳士で、古くて良い靴を履いている」 。


オメガとヤング・バックスは、パンクとエース・スチールとのオールアウト・ペイ・パー・ビュー終了後のバックステージでの乱闘で出場停止処分を受けた後、フルギアのペイ・パー・ビューでAEW復帰を果たしました。


11月24日放送の 「AEWダイナマイト」 では、The Eliteがシカゴの観客とパンクの両方を揶揄しました。AEW世界トリオ選手権のベスト・オブ・セブンシリーズ第2戦で、バックステージでの口論中にエース・スチールがオメガにしたとされる行為を指していると思われる行為で、オメガはパックの腕を噛みました。


 試合後、マット・ジャクソンはDouble Or Nothingでの 「ハングマン」 アダム・ペイジとの試合中にパンク自身のミスをあざ笑いました。オメガはパンクのフィニッシャーであるGTSも使用しており、『ダイナマイト』終了後にはオメガはツイッターでKENTAにフィニッシャーを感謝していま。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!