ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:サーシャ・バンクスのWWEリリースは数ヶ月前に交渉されており、11月最終週には新日本との契約に合意していた!?


 

メルセデス・バーナードとして知られるサーシャ・バンクスは、多くの憶測の対象となっている。しかし、ようやくいくつかの詳細が明らかになった。


Fightfulによると、メルセデスのWWE脱退は 「数ヶ月前」 に交渉されたもので、おそらくWrestling Inc.のラジャ・ギリが報道したときだといいます。しかし、WWEはこれを公式には認めておらず、彼女は同社の公式ウェブサイトに掲載されたままです。


また、サーシャ・バンクスが1月1日にレスリング関連の予約を取ることができたことも改めて伝えられました。これはFightful Selectがこの秋に報じています。これは契約上のものであり、WrestleCadeが彼女を予約しようとする唯一のレスリング関連の作戦ではないことを知らされました。一部のコンベンションでは、1月1日までに彼女をブッキングすることを期待して、プロレスのコンベンションであるという専門性を回避するために、自分たちを 「エンターテイメント」 コンベンションにリブランディングすることさえ考えていたようですが、結局、それは実現しませんでした。


さらに、新日本プロレスとの契約が11月の最終週には合意に達していました。Fightfulが話を聞いたこの取引に詳しい関係者は、AEWとサーシャに関してはまだ何も聞いていないと言っているが、それは実現しないという意味でもないとも述べています。


サーシャ・バンクスは最近トレーニングを受けた人たちに、2022年末までレスリングをしないと言っていたそうです。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!