新日本:フリップ・ゴードンは親友マーティー・スカルに二度目のチャンスを与えてもいいんじゃないかと擁護。「誰もが変わることができると信じている。それを証明しているのは10年前や5年前の自分ではないからです。」


 

マーティー・スカルは、酒に酔った10代の少女との性的関係をめぐるスキャンダルでキャリアが頓挫した後、レスリング界で影の存在となっています。それでもフリップ・ゴードンは、スカルは2度目のチャンスを与えるべきではないかと、擁護の声を上げています。


イギリス生まれのスカルは、2015年にIPW:UKのショーに参加していた16歳の少女を性的に利用したとして告発され、2020年にキャリアを停止しました。スカルは告発の後に声明を発表し、出会いがあったことを認めたが、合意に基づくものだと信じていたと述べました。


この話が浮上する前、スカールはリング・オブ・オナーや新日本プロレスの著名人であり、ROH世界テレビ王座やIWGPジュニアヘビー級王座などでキャリアのピークを迎えていました。この話が流れた後、彼は昇進から外され、他の主要なプロレス団体では好ましからざる人物となっています。カナダのオンタリオ州ミシサガでのBattle Arts Professional Wrestlingプロモーションなど、小規模なインディーリーグで時折活動している程度です。


ゴードンは"WrestleBinge by Sportskeeda"のインタビューで、メキシコでScrullとタッグチームパートナーをしていたことを振り返り、二人はコスタリカでの次のプロモーションでレスリングをするだろうと述べました。


「私たちがそこでタッグを組んでいるのかどうかは分からないし、お互いにレスリングをしているのか、別の人とレスリングをしているのかも分からないが、私たちは両方とも予約されています。カードを見ていない。ちょっと意外だと思います」 


ゴードンはスカルがプロレス界に入ってからずっと良い友人だったとしています。


「BTE IIの最初のエピソードで、彼は文字通り背中からシャツをくれた。彼は文字通りそういうタイプの友人で、私が彼を知ってからずっとそうだった。私が怪我をした時、彼は真っ先にメールをくれて、『おい、ストレスを感じるな、焦らないで、これを解決しよう。』って。だから、そういう友達がいるのは本当にかっこいい」 


ゴードンは、スカルと彼自身はキャンセル文化を受け入れていたと見ています


 「誰もが2度目のチャンスを得るに値するし、誰もが変わることができると信じている。それを証明しているのは10年前や5年前の自分ではないからです。私は向上と成長を続けており、それこそが人生であり、成長であると考えています」 。


また、自身の誕生日でもあるコスタリカへの進出は、Scrullの存在のおかげで特別なものになるだろうと付け加えました。


ゴードンは 「彼に会うたびに、『よお、俺のホーミーだ』という感じだ」 と話している。「そして人生とは友人や家族に会い、人々の顔に笑顔を与えることだ。それが可能になれば、我々にさらなる力が与えられる」 と述べました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???