Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

IMPACT:デオンナ・パラッツォがベテラン、ミッキージェームズへのリスペクトを語る「何世代にもわたって彼女が尊敬を求め、尊敬を得てきたという興味深いダイナミクスがあります。」


 

デオンナ・パラッツォは、ミッキー・ジェームスとの仕事について語りました。


デオンナとミッキーはライバル関係にあり、IMPACT Wrestlingの歴史に名を残す存在となっています。Hard to Kill 2022では、Texas DeathmatchでIMPACTのペイ・パー・ビューのメインイベントに参加した初の女性となりました。

現在、DAZNのSteve Muehlhausenとの新しいインタビューで、二人の関係を打ち明け、尊敬を示しています。


「ミッキーはプロレスファンと強い連帯を持っています。IMPACTのファン層ではなく、レスリング全般のことです。彼女はこれを20年以上続けています。彼女はやるべきことはすべてやった。どんなレスリングファンも、彼女がしてきたこと、彼女がし続けてきたこと、そして彼女が女子レスリングのために 推進し続けてきたことに感謝するべきでしょう。その飢えをしのぎ、もっともっとやりたいと思って、決して満足しない彼女に感心します。しかし、ミッキーがドアの中に入ってきて攻撃したことで私たちのダイナミクスは生まれました。私はノックアウト王者で、彼女はスコット(・ダモア)や経営陣とリレーションシップを築いていたからです。」


自らの功績と言えば、彼女は女子レスリングでの地位を獲得することにまだ余念がないが、ミッキー・ジェームスの尊敬を得たと心から信じている。


「まだお腹が空いています。しかし、これらすべての異なる理由からです。今でも肩の辺りが寂しい気がします。私は尊敬を勝ち取ろうとしている。女子レスリングで私の地位を獲得しなければいけない。でもミッキーはもうそこにいるのです。」


「何世代にもわたって彼女が尊敬を求め、尊敬を得てきたという興味深いダイナミクスがあります。でも尊敬されたいし、尊敬されている。この自然な突き合わせがあるだけです。私が言ったように、彼女に対する飢えを保ち、私たちが与えられたものに決して甘んじることなく、常に自分自身のために、そして女子レスリングのために彼女が参加しているどの会社のためにも、より多くを求めている彼女を尊敬しています。自分が置かれている立場になりたいと思って育った。私はそこにいないし、ミッキー・ジェームズのような人がいなければそれは不可能だ」 


ミッキー・ジェームズは最近デオンナ・パラッツォを破り、Jordynne Graceに挑戦するHard to Kill 2023に向かっている。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!