WWE:2023年1月18日に開催予定だったメジャーショーが延期、原因はインドでの配信局が他の会社と合併するため!?メルツァー曰く合併完了後の4月以降にイベントが延期される模様


 

来月インドのハイデラバードで予定されていたWWEのショーは延期されました。


WWEは2023年1月18日にインドでメジャーショーを行うと先月報じられました。このイベントは、2021年にタンパベイのサンダードームで撮影されましたが、インド市場向けに制作された番組『WWEスーパースタースペクタクル』の2年後に開催されるはずでした。2021年1月26日のインド共和国記念日に放送されました。


デイブ・メルツァーは、金曜日のWrestling Observer Newsletterで、2023年のショーは延期されたと報告しました。WWEのインドでの放送パートナーであるSony SixはZeeと合併するため、合併が完了するまでライブイベントを延期することを決定しました。


「インドのハイデラバードで予定されていた1/18ショーは、ソニー・シックス (WWEのテレビパートナー) がインドのタレントや他の大スターを中心に構築される大きなライブイベントのためにWWEを連れてきていたが、これで中止となった。インドでZeeと合併するSony Sixが、合併が完了するまでショーを見合わせることを決定した。合併は4月に完了する見込みなので、ショーは4月以降に開催されるだろう」 


メルツァーは続けて、元々はインドでのビッグショーに向けてヴィアー&サンガ対クリードブラザーズのNXTアングルが健康問題により延期されたと述べました。彼はここ数週間、手の軽い怪我に悩まされています。


インドでのライブイベントは、WWEとソニー・シックスとの契約の一環です。両者は2020年に五年間の延長契約を結び、その中には 「より大きなライブイベント」 を開催してインドに戻ることと、WWEスーパースターが国内をツアーしてファンと交流することが含まれていました。


Wrestling observer

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???