Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:NXT Deadlineで行われたアイアン・サバイバーチャレンジはショーン・マイケルズがウォーゲームスに代わる新たなルールとして産みの苦しみを味わったと明かす。


 

「アメリカン・ドリーム」 ことダスティ・ローデスが魅惑的な新しいマッチ・コンセプトの基礎を築き、それは1987年に当時のNWAのジム・クロケット・プロモーションズでデビューしました。WarGamesとして知られるこのデュアルケージ構造は、後に人気を博し、ワールド・チャンピオンシップ・レスリング (WCW) のような他の著名なプロモーションでも登場し、2017年には 「NXT」 TakeOver:WarGamesとして知られる年間ペイ・パー・ビューでWWEデビューを果たしました。


WarGamesは5年連続で、WWEの開発ブランド 「NXT」 の後期テーマの定番となりました。しかし今年、最高コンテンツ責任者のトリプルHは、Survivor Series WarGamesではNXTではなく、RAWやスマックダウンのメンバーでこの形式を採用したため、NXTは早急に新しいマッチコンセプトを設定しなければなりませんでした。タレント開発部門のシニア・バイス・プレジデント、クリエイティブ・ショーン・マイケルズは後に、アイアン・サバイバー・チャレンジとして知られるNXTの通常のウォーゲーム機能に代わる 「革命的な」 新しいマッチタイプを発表しました。


土曜日のNXT Deadlineで新しい規定が発表された後、マイケルズはWarGamesを失ったことで NXTが12月にプレミアム・ライブ・イベントを開催するチャンスを与えられた時に 「少しクリエイティブになる」 ことと何かを考えることを余儀なくされたことを認めました。マイケルズは番組終了後の記者会見で、 「別のコンセプトや、人々が注目したくなるような面白いものを考えられるかどうかを試したかった」 と認めました。


マイケルズはDeadlineのイベントで魅力的なマッチを作るために NXTの必要性を繰り返し、WarGamesは 「非常にタフな形式」 であるため、 「もう少し技術的なもの」 を作ったと述べました。さらに、10月22日に行われたHalloween Havocイベントの後、関係者は次のイベントが 「本当に規定に基づいている」 ことに乗り気ではありませんでした。その結果、男女のアイアン・サバイバー・チャレンジの試合がDeadlineで行われたが、カードとイベント名全体がそれをテーマにしたものではなかった。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!