WWE:ショーン・マイケルズがウィリアム・リーガルAEW離脱にコメント、しかし詳細には触れず


 

短期間ではあったが忘れがたいAEWとの戦いを経て、ウィリアム・リーガルが再びWWEのバックステージに立つことがほぼ正式に決まりました。この土曜日のリング・オブ・オナー決勝戦のペイ・パー・ビューに関する昨日のメディアとの電話で、AEW社長のトニー・カーンは、現在 「NXT」 でチャーリー・デンプシーとしてレスリングをしている息子と仕事ができるように、年末にリーガルの契約を延長しないことに同意したと認めました。


今日の 「NXT」 Deadlineプレミアム・ライブ・イベントのメディア・コールの間、WWEのタレント開発担当上級副社長であるショーン・マイケルズはリーガルの状況を明らかにはしませんでした。

「スティーブン・リーガルを大いに尊敬している。これ以上の情報を提供しても、これ以上私を興奮させるものはない。私は注目しています」 


リーガルは年末までAEWと契約しており、昨夜放送されたAEW Dynamiteにも事前収録のビデオで出演しているので、マイケルズの口の堅い反応は驚くに値しないでしょう。このコーナーでリーガルはFull Gearでの自分の行動を説明し、Blackpool Combat Clubの仲間に別れを告げ、彼をAEWテレビから永久に消したようでした。


カーンによると、リーガルのリリースの一部は、彼が2023年を通してWWEのスクリーンに登場することができないという事実を条件としています。しかし、リーガルに関するカーンの発言を信じるならば、リーガルは単に昔の友人と一緒に制作し、息子と一緒に仕事をしたいだけだと述べているので、これはあまり問題にならないはずです。デンプシーは以前 「NXT UK」 のメンバーだったが、この夏にブランドが閉鎖されました。それ以来、彼はアメリカへと渡り、メインの NXTブランドで競い合うようになり、リーガルがすぐに彼に加わることは避けられないように思われます。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???