STARDOM:ジュリアロングインタビュー!DDMへの思い、白のベルト、中野たむ「DDMの最初の2年は、往年のレアル・マドリードやシカゴ・ブルズのようなオールスターチームだったと思います。」



12月29日、両国相撲ホールからスターダム・ドリーム・クィーンダム2022が開催され、スターダムは今年最大の興行を控えています。

2021年に始まったこのショーは、ワールドオブスターダムのチャンピオンである朱里とワンダー・オブ・スターダムのチャンピオンである上谷沙弥の両者による一年間の独占につながりました。両チャンピオンはSTARDOMに君臨しており、新年に向けてそれを維持することを目指しています。上谷はディアナの梅崎遥との対決、朱里は元タッグパートナーのジュリアとの対戦となります。


ドンナ・デル・モンドのリーダーは2022年の5 STARグランプリで優勝し、2019年のSTARDOM加入以来目をつけていたタイトルを追い求め、今年は朱里とワールド・オブ・スターダム選手権で2度目のチャンスを手にしました。オールスタードリームシンデレラで中野たむに敗れたことで、Wonder of Stardom王座だけでなく髪も失ったジュリアにとって、トップに返り咲くまでには長い道のりがありました。敗戦後は怪我に苦しみ、味方の離脱を見届け、数々の戦いを経験して限界に達しました。

朱里との対戦がメインイベント 「Stardom Dream Queendom」 に設定されたことで、ジュリアはついに世界チャンピオンとしてSTARDOMに君臨するチャンスを手にしました。

試合に先立ち、Fightfulのスコット・エドワーズがジュリアにインタビューする機会があり、スターダム・ドリーム・クィーンダムでの試合、タム・ナカノとのライバル関係、昨年のスターダム・ドリーム・クィーンダムでの小波とのリターンマッチなど、数々の話題について語りました。

ジュリアの言い分はこうだ!

プロレスラーになろうと思ったきっかけは何ですか?

元々はハリウッドでメイクの専門家になるのが夢でした。その夢を叶えるためには、ヘアメイクスクールに通うための学費を稼ぐ必要がありました。とても高かったのでクラブのホステスの仕事を得た。そのクラブのお客さんにプロレスのショーに連れて行ってもらい、プロレスが大好きになって一人で見に行きました。

ある日、アイスリボンというプロレス団体を見に行ったら、藤本つかささんに「レスリングをやりませんか。 」と誘われて、興味があったので練習に参加しました。ヘアメイク学校を卒業後、プロレスデビューを決意しました。

プロレスラーになりたい人に何と言いますか?

戦闘経験はありませんでした。しかし、プロレス道場で学んだ技術とトレーニングがあれば、格闘家としてのキャリアを持っている人には勝てる。夢の仕事ですね。しかし、ほとんど練習しなくても誰でもできる穏やかな職業だと勘違いしてはいけない。厳しいトレーニング、厳格な上下関係 (キャリアが長い人や地位が高い人に対しては、言葉や態度で敬意を示すことが求められる) 、自己生産性が求められる。

軽い気持ちでプロレスのスタートラインに立つ人もいます。早い段階で逃げたり、挫折したりする人をたくさん見てきました。デビューしても辛いことがたくさんあります。しかし、それを乗り越えた人だけが経験できる喜びや達成感がある。プロレスとはまさに謎のエンターテインメントであり、深くて難しく、正解はない。だからこそ、この人生で自分の足跡を残そうと全力を尽くすのです。プロレスがもっと好きになるよ。

スターダム・ドリーム・クィーンダムでは、ワールド・オブ・スターダム選手権のメインイベントで朱里と対戦する。もちろん、彼女は個人的に知っている人であり、親密な絆を持っていた。元仲間、タッグパートナー、友人との試合に臨む気持ちはどうですか?

今までも、そしてこれからも、彼女を超える人はいないでしょう。彼女は私のレスリング人生を一変させたと思う。キャリアや年齢を問わず、全ての力士から尊敬される大切な人であり、もちろん尊敬の念でいっぱいです。

2022年、朱里と別々の道を歩むことは、本当に大きな決断でした。しかし、いつかはすべてのために戦わなければならないといつも感じていました。彼女を尊敬しているが、譲れないこともある。彼女が特別な人であることは間違いありませんが、頂上にたどり着くにはこの大きな壁に直面しなければなりません。私はその壁を粉々に砕かなければならない。

ワールド・オブ・スターダム選手権で優勝したら、特に防衛したい人はいますか?

岩谷麻優がいます。彼女はスターダムの象徴で、大きなショーで何度か彼女と試合をしたことがありますけど、全てノンタイトル戦でした。スターダムの外から来た私にとって、スターダムのシンボルとタイトルマッチを行うことは目標の一つです。彼女との試合は、私が想像していたものとはいつも違う。それが面白いのです。自分の予想を超えた動きや技にどう対応するか。対戦が楽しみです。海外の皆さんにも楽しみにしてもらいたいです。

私も林下詩美と戦いたい。岩谷と同じくスターダムにデビューした名レスラーです。。スターダムで戦って3年になるが、詩美とはシングルで一度も対戦したことがない。私が白のチャンピオンとして戦っていた時、彼女が赤のチャンピオンとして戦っていたことも理由の一つだと思います。彼女との最初の試合がビッグショーのタイトルマッチになれば、とてもスリリングでエキサイティングなことでしょう。

最後にリップサービスをするとすれば、プロレスの世界に誘い込んでくれたのは藤本つかさです。現在出産のため休職中ですが、まもなく復帰するそうです。タイミングが合えば、タイトルに挑戦してほしい気がします。彼女には感謝の気持ちも恨みも多く...リングで会いたい。

5 STARグランプリでは、なんとかSTARDOMの頂点に返り咲いた。これだけ多くの試合が行われ、トーナメントを突破するのはどのくらい難しかったのでしょうか。特にあなたの後は、残念ながら、昨年は怪我で大会を出なければなりませんでした。

昨年の怪我は本当に悔しかった。医者からは最悪の場合は命に関わると言われ、レスリングを続けるかどうかを考えなければならなかった。でも戻ってきた。不在の間に何度も試合を見直し、自分を見つめ直した。その怪我のおかげで心身ともに成長でき、過酷な5 STARを克服できたと思います。今年の大会では小さな怪我 (手の骨折) はありましたが、とても快適で大きな怪我はありませんでした。

5 STARグランプリ最終日の夜、あなたはキャリアの大きな部分を一晩で体験する。まずは鈴希すずとのエモーショナル対決、そして中野たむとのクラシック決勝。この2人はあの夜、あなたを次のレベルに押し上げるのに最適な相手だったと思いますか?

はい、その通りです。その通りです。すずは私と人生を共にしてきた唯一の後輩であり、私にとってとても大切な存在です (アイスリボン時代に寮で同室) 。

そして、たむは最終的にジュリアに勝つために必要なすべてを与えたライバルである。一日でこの二人に立ち向かったことは、私にとって大きな意味がありました。でも、すずとは古典的な名勝負ができると思っていますし、今後も中野たむとの熱戦を期待しています。

中野たむについて、あなたのライバル関係はここ数年、STARDOMの大きな部分を占めています。髪の毛が抜けるほどの戦いをしている。彼女との関係や、彼女がどうやってあなたを後押しし、あなたがどうやって彼女を良くしたのか、少し教えてください。

彼女とは顔を合わせるだけで感情が高ぶってしまうほど正反対の性格です。彼女のすることはすべて私と正反対だ。彼女のプロデュースの仕方、実践のスタンス、ユニットリーダーとしてのメンバーの扱い方、若手の育成の仕方、すべてが本当に。

しかし、全くの正反対だったからこそ、お互いの嫌悪感を隠すことなく表現できたし、周囲からもライバルと認識されやすかったからこそ、彼女とのライバル関係がスターダムで大ヒットしたのだと思います。

彼女と私の共通点があるとすれば、自分の気持ちを正直に伝えていることです。ファンが番組を楽しんでくれれば、嫌な奴だと思われても構わない。日本の女の子には珍しいタイプで人気があると思います。日本人女性の多くは、自分に正直であることよりも、本音を隠して誰からも好かれることの方が大切だと考えている。

なつぽいはドンナ・デル・モンドを去り、コズミック・エンジェルスを選んだ。その後の反応を見たり聞いたりしているうちに、彼女はあなたに背を向けたのですが、今の彼女に対するあなたの気持ちはどうなのでしょうか。なぜ彼女が決断したかわかりますか。

DDMに参戦している選手の中で最もレスリングのキャリアが長かったのはなつぽい。それでもDDMでは 「幼い愛らしい子」 というイメージが付いていた。コズエンに行くことで、 「かわいい赤ちゃん」 タイプと見られなくなるかもしれない。セルフプロデュースのアイドル的な魅力も理解できるし、新ユニットにもフィットしていると思う。でも、同じような魅力を持ったメンバーでいっぱいのユニットでは、強い存在感を維持するのは難しいかもしれないので、彼女のことも心配です。私には関係ないことかもしれない。なつぽいのご多幸をお祈りします。

鈴希すずが『STARDOM』に出演したときの最初の反応はどうでしたか?今の彼女をどう思いますか。

あなたは大きな壁を乗り越えて、私と戦うためにここに来た。「よくもここに来たな。 」と思いました。彼女は本当に私の注意を引き、私は彼女をその壁に叩きつけた。「これをやりたかったんでしょう? 」と思いました。

今は完全にスターダムにいると思います。外敵としての立場を保ちながら、スターダムのファンに支えられている。彼女の魅力は大きいと思います!

『オールスタードリームシンデレラ』に続き、ほぼどん底からの再スタートとなった。この1年半、STARDOMのトップに返り咲いたのはどのような状態だったのだろうか。

髪もベルトも失い、どん底に陥っていた。大きなショーのメインイベントの締めにマイクを渡されて久しい。会場でマイクを持っていると、自分の声の反響がとても気になります。久しぶりにその感覚を味わった時、トップに戻った気がした。同時にメインイベンターとして観客を見渡す感覚も覚えていましたが、広い会場なので空席が気になりました。会場の広さに関係なく、空いている席を埋めたい。スターダムのメンバーがみんなで頑張ればできると思います。

リングの中でスタイルが変わったのが目立ちました。Wonder of Stardom Championの頃のスタイルは、ずっと几帳面で技術的でした。これで、信じられないほど肉体的で暴力的なインリングスタイルが完成しました。これは自分がすべきだと感じた変化だったのか、それとも自分にとって自然に起こったことだったのか。レスラーとして成長するために勉強したレスラーはいますか?

私のレスリングスタイルはいつも暴力的です。スターダムに来た当初は、控えめで礼儀正しいレスリングスタイルをしていた部分もありました。だから、もっと暴力的なスタイルに変える必要性を感じるよりも、本当の自分を表現できるかどうかが問題だったと思います。

ファンになってから石井智宏選手や柴田勝頼選手が好きでしたが、成長の参考にはしなかった。私にとってプロレスとはこういうもので、本当の自分である自分のプロレススタイルを示している。

Wonder of Stardom王座を振り返ってみて、この王座でやりたかったことをすべて達成したと思いますか?

すべての目標を達成することは不可能です。目標を達成したら、すぐに次の目標を設定しなければ、人を楽しませることはできません。白のチャンピオンの時、白のベルトを赤のベルトより輝かせるという目標を持っていました。ベルトの重要性も重要な要素である。しかし、レスラーの真剣な思いを伝えることは、ベルトの価値よりも観客の興味を引くと思います。しかし、白のベルトはいつかまた挑戦したい目標です。

昨年行われたスターダム・ドリーム・クィーンドムでの小波との試合は信じられないほど特別でした。その試合はあなたの心の中で特別な位置を占めていますか?

スターダムに来てから最初にジュリアの居場所を作ったのが木村花さんでした。バックステージにはコナミとジャングルキョナがいた。東京サイバースクワッドの皆さんから大変な歓迎を受けました。あまりにも迷惑だと思った時もありました。でも今は全てに感謝しています。ありがとう、小波。

ドンナ・デル・モンドは、今年初めにグループに大きな変化が起こり始めるまでの3年間、STARDOMを支配した。朱里、MIRAI、なつぽいなどが進むのを見て、どんな気持ちになりましたか?

DDMの最初の2年間は、アベンジャーズのようなヒーローの集まりとしてよく賞賛された。メンバーは全員ユニットリーダー級だった。往年のレアル・マドリードやシカゴ・ブルズのようなオールスターチームだったと思います。その2年間は奇跡的なものであり、皆さんの心に残ることを願っています。各人が自分の進む方向を徐々に考えていくのは当然だと思います。当時、DDMが奇跡的なスーパーユニットであることを証明するために、各メンバーは自分で成果を出す義務があった。

キャリアで一番誇りに思う試合は何ですか?

10.01 .2022です。5 STAR GPファイナルvs中野たむ。私たちの技術は日々更新されています。その集大成をこの試合で示すことができました。木村花戦とヘアカット戦は多くの人に褒められていますが、今振り返ってみると、見ているミスの方が恥ずかしくなります。今後もベストマッチは続くと思います。

KAIRIはIWGP女子王者となりました。現在、ワールド・オブ・スターダム選手権に目が向けられていますが、将来的に新しいタイトルを目指したいと思っていますか?そしてKAIRIとの対戦の可能性も?

自分から見て勝ちたいベルトに見えたら挑戦するかもしれない。現段階では何とも言えません。チャンピオンのKAIRIは我々に何を示そうとしているのか?初防衛の相手が中野タムなので、試合そのものが楽しみです。そのベルトが欲しいかどうかまだわからない;近いうちにKAIRIと戦いたい。彼女は世界のトップブランドで戦ったという素晴らしいオーラを持っている。また日本のレスリングに適応したと思いますし、尊敬しています。しかし、ジュリアと対峙したとき、彼女は上谷や若者たちと同じ態度をとることができるだろうか?彼女に聞きたいです。彼女のオーラは素晴らしいが、私も彼女に負けるつもりはない。

レスリングやトレーニングをしていない時は何をするのが好きですか?

サウナがとても好きなので、長い休みがあるとそこに行くのが大好きです。また、DDMの新メンバーの桜井まいさんからサムギョプサルの素晴らしさを教えてもらいました。韓国料理の一種である豚バラ肉のグリルです。まいは色々なこだわりを持っていて変な人で、そのこだわりの多くはジュリアには全く合わないが、サムギョプサルはジュリアの心を掴んでいます。

ワールド・オブ・スターダム選手権で優勝する以外に、レスリングでも外でも、今後の目標は何ですか?

大阪で発表したように、女子プロレスラーのキャリアが終わったら支援する会社を作りたいと思っています。これは日本の女子プロレス団体に入門した人たちの生活をより華やかにする可能性があり、入門希望者を増やすための大きな試みであり、ファンに愛されるレスラーが増えるきっかけになればと願っている。海外の皆さんにもこのプロジェクトを応援していただきたいと思います。まだ全く始まっていない私のプロジェクトですが、今後このようなことが起きた場合は応援してください。

世界中のファンに伝えたいことはありますか?

近い将来、海外で試合をしたい。海外ファンの皆様、お待ちください!



1つ1つの質問に時間を割いて思慮深い答えを提供してくれたこと、そしてファンにレスラーとしての彼女、そして人としての彼女が誰なのかを見せてくれたことに感謝する。

また、プロモーションで忙しい時期にこのインタビューを実現させてくれたSTARDOMに感謝します。

12月29日、Stardom Dream Queendomにて、ジュリアが世界スターダム選手権に挑戦。番組は東部標準時午前3時に始まり、PPVで視聴できる。

カードの内容は以下の通り。

ワールド・オブ・スターダム選手権:朱里(c) vs.ジュリア
Wonder of Stardom優勝:上谷沙弥 (c) vs梅崎遥
スターダムの女神選手権:meltear (中野たむ&なつぽい) (c) vs.7 Up (高橋奈七永&優宇)
アーティスト・オブ・スターダム選手権:大江戸隊(渡辺桃、スターライトキッド&鹿島沙希) (c) vsプロミネンス(世良りさ、鈴希すず、柊くるみ)ハードコアマッチ
高速王座決定戦AZM (c) vs清水ひかり
KAIRI vs.林下詩美
スターダムNo .1決定戦舞姫 (舞香&ひめか) vs新時代 (MIRAI&爽麗亜美) vs BMI 2000 (刀羅ナツコ&ルアカ)
H&M (岩谷麻優、向後もも、羽南)対同級生(葉月、飯田沙耶、コグマ)
ピンクカブキ (ウナギ・サヤカ&白川未奈) vsドンナ・デル・モンド (桜井まい&テクラ)
スターダムランブル


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???