WWE:実は強行していたベッキー・リンチのウォーゲームス復帰「実は肩はまだ調子が悪い。でも、中途半端には出来ない。そんなのはThe Manでもないし、人々がお金を払って見に来たベッキー・リンチでもない」

 


 Becky LynchはWarGamesの試合に出場するWWE Survivor Seriesでリングに復帰しました。リンチはビアンカ・ベレアとの対戦で肩を離断して以来、レスリングをしていませんでした。


リンチは見事に復帰し、ベイリー、ダコタ・カイ、IYO SKY、レア・リプリー、ニッキー・クロスを相手にチーム(Belair、Asuka、Alexa Bliss、Mia Yim)のピンフォールを奪いました。


The Vergeのインタビューで、リンチはリング復帰について語りました。


「WarGamesのようなワイルドなキャパシティの中で、再び観客の前に出ることができたのは素晴らしいことでした。それは今までやったことのない試合であり、非常に手ごわい試合だ。リングが2つ、巨大な檻があって何でもあり。実を言うと、まだ肩の調子が悪い。だから、緊張していたと言うのは、ちょっと控えめな表現かもしれない。しかし、いったん外に出て、群衆の前に出て、そのエネルギーを感じると、他のことはすべて忘れてしまう。こんな気持ちは他にない」 


フィニッシュでは、リンチがケージの上から飛び降り、テーブル越しにSKY&Kaiにレッグドロップを叩きつけました。


「恐ろしくもあり、苦痛でもあった。緊張しながらも 「この試合で覚えてもらえるものが欲しい」 と思ったんだ。もし私が戻ってきたら、私は自分の体を危険にさらさなければならないし、それを中途半端にすることはできない。なぜなら、そんな私はThe Manでもなければ、人々がお金を払って見たBecky Lynchでもないからだ。頭の中では誰かをペシャンコにしたいと思っていたし、テーブルから脚を落としてバカを潰したいと思っていた。チャンスが来て、行くべき時が来たら、まあ、やるしかない。上の方にいても、自分との一瞬をためらう瞬間があるのがわかります。落下した時はもちろん痛かったですが、ダコタ・カイにとってはもう少し辛かったかもしれないけど。」 


リンチは月曜日のWWEロウでリングに戻り、ブリスとクロスとのトリプルスレットマッチに出場しました。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???