AEW:"ゴールデンスター"飯伏の行方はAEW進出ではなく、自らのプロモーションを立ち上げて、ボランティア行脚!?選手として、プロレスへ貢献していくことは続ける模様。


 

元IWGP世界ヘビー級王者の飯伏幸太は、1年以上も試合に出られなかった肩の怪我がようやく治り始め、契約満了となる1月に新日本プロレスとの辛辣な関係を終えることになりました。


飯伏の次の一手は、長年のタッグパートナーであるケニー・オメガがオール・エリート・レスリングのEVPであったにもかかわらず、謎に包まれた謎の内部に謎のまま長い間残されていたが、最近 「ザ・ゴールデン・スター」 がダークピューロレスフロウジョンとの対談で彼の状況を明らかにしました。


「将来は自分でプロモーションを立ち上げて、ボランティアをたくさんやるつもりです。AEWや世界中から本当に大きなオファーが来ていますが、老人ホームなどを訪問するのではなく、貢献したいと思っています。もちろんプロレスへの恩返しも考えています。


「私はハッピーです!だから2023年は世界に貢献してプロレスに恩返ししようと思っています。そして何よりもプロレス界を盛り上げていきたい。私も選手です」 。


飯伏はAEWとのフルタイム契約の可能性を閉ざしているように見えるが、以前から少なくとも数試合はプロモーションのために働くことに関心を示していました。特にレスリング元AEW世界チャンピオンの 「ハングマン」 ことアダム・ペイジに興味を示していいました。両者は2018年にROH Supercard of Honor XIIで一騎打ちをしたことがあります。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???