Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

新日本:IWGP世界ヘビー級王者ジェイ・ホワイトが近づくオカダ戦に向けて明かす「レインメーカーの時代は終わり、偉大なるアントニオ猪木の名の下にスイッチブレードの時代が続くだろう」


 

CHAOSを裏切り、King of Pro Wrestling 2018でバレットクラブのリーダーとなって以来、ジェイ・ホワイトは、かつてのリーダーであり宿敵であるオカダ・カズチカの代名詞となっている。両者の長年のライバル関係は、1月4日のレッスルキングダム17にて、ホワイトのIWGP世界ヘビー級王座をかけて2度目の東京ドーム戦を行う。


ホワイトはFightfulのSean Ross Sappとのインタビューでオカダとの対戦を語り、WK 17に向けて最大限の自信を見せたが、 「何度も対戦し、何度も同じ側に立ってきた」 と繰り返し、 「これまでの準備の仕方については、先日ニワトリ小屋を作った。そうやってオカダのために準備している」 


ホワイトの奇妙な反応は、頻繁に対戦する相手に備える必要がなかったためである。「勝敗は4-1です、あいつのやることはわかっている。 」とホワイトは念を押した。「The Rainmaker」 は日本で一度もジェイに一対一で勝ったことがなく、2019年にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたNJPW×ROHG 1スーパーカードでの勝利が唯一のものです。


その後、"Switchblade"は彼の鶏小屋関連の準備について喜んで詳しく説明した。「2日前に古い鶏小屋を手に入れた。私は6羽の鶏と2羽のアヒルを手に入れた...しかし、小屋をリフレッシュする必要があった。そのため、新しい小屋を作り、古い小屋を取り壊さなければならなかった。ちょっとした仕事だった...それが私の準備だ。鳥小屋に入れてやりますよ、それがオカダへの気持ちなんだ」 


IWGP世界ヘビー級王者は続けて、オカダに勝利したのは亡くなったばかりのアントニオ猪木に敬意を表したものだと語り、勝利の際にはレスリング界のレジェンドのキャッチフレーズを活用すると述べた。「ついにレインメーカーの時代は終わり、偉大なるアントニオ猪木の名の下にスイッチブレードの時代が続くだろう」 。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!